ミレーナ デメリット。 過多月経の治療について。ピル、IUS(ミレーナ)、MEA、子宮摘出のメリット・デメリットまとめ

ミレーナ体験記。痛い?pmsへの効果はある?費用はどのぐらい?すべて書きます。

ミレーナ デメリット

子宮内黄体ホルモン放出システム「ミレーナ」 避妊や月経痛の緩和、月経リズムを整える目的で服用される低用量経口避妊薬「ピル」。 しかし、飲み忘れや副作用の心配がつきもので、また常用喫煙者や40歳以上は服用を制限されることもあります。 そんな中、女性を中心に注目を集めているのが、子宮内黄体ホルモン放出システム「ミレーナ」です。 飲み忘れがなく血栓症などの副作用が少ない上に、喫煙歴関係なく、年齢制限もないというメリットが多くあり、加えて2014年からは医師の診断によって健康保険の適用も受けられるようになりました。 新たなる生理トラブルの治療と避妊方法として話題となり、すでに世界100カ国以上で延べ1千万人を超える女性が使用しているそうです。 しかし、安全面やメリットばかりが取り上げられていますが、デメリットはないのでしょうか? そこで、成城松村クリニック院長の松村圭子先生に、ミレーナについてお話を伺いました。 本体に付加された黄体ホルモンが少しずつ放出されて、子宮内膜の増殖を抑えて受精卵を着床しにくくします。 さらに子宮の入口の粘液を変化させ、精子の進入を妨げることで妊娠を阻害します。 子宮内膜が厚くならないので、月経血量が減り、過多月経や月経困難症などの生理トラブルも緩和されるんですよ。 さらにエストロゲンが含まれていないので、血栓症などの副作用の心配もありません。 そのため、高血圧の人や喫煙者、40歳以降の女性など、ピルの服用が難しい人にも適しています。 また、一度装着すると5年間は入れっぱなしでいいので、ピルのように毎日飲む手間や飲み忘れの心配がなくなります。 費用に関しても、過多月経や月経困難症などの場合は保険適用となり、1万円程度なので割安です。 避妊目的の場合は自費になりますが、それでも5年間ピルを飲み続けることや、コンドームの費用を思えば、トータルコストは抑えられるでしょう。 そもそもコンドームがこんなに使われているのは日本くらいです。 コンドームは正しく使用していても、避妊効果はピルやミレーナほど高くありません。 子宮の中に異物を入れるということに抵抗がある人も多く、使用するには勇気がいると思います。 「どこでも手に入る、手軽なコンドームがあるのだから、わざわざ病院で装着しなくても……」という思いがあるのかもしれませんね。

次の

ミレーナ(IUS)経験者の方

ミレーナ デメリット

避妊リング、IUDとIUSの違いは? 避妊リングの種類にはIUDとIUSがあります。 IUD IUD(Intrauterine device:子宮内避妊用具)とは、リングやループの形状をした避妊器具を子宮の中に装着させる避妊方法です。 装着すると生理の量が多くなる傾向があります。 IUDには、通常のIUD、銅付加IUD、薬剤付加IUDなど、いくつか種類があり、 銅付加IUDは精子の運動を抑えて精子と卵子の受精を妨げる働きがあるため、より高い避妊効果を発揮すると考えられています。 黄体ホルモンは子宮内で働き、子宮内膜の増加を抑えて内膜が薄くすることで着床しにくくしています。 OC(低用量経口避妊薬)による避妊効果と、IUD(子宮内避妊用具)での長期避妊という2つの作用で避妊効果が得られ、IUSはIUDに比べて生理の量が少なくなる傾向があります。 IUDのメリット・デメリットと副作用について IUDとIUSのメリットとデメリットは以下の通りです。 IUDのメリットとデメリット IUDのメリットは、一度装着すると 長期間(約2~5年間)避妊を継続できることです。 効果は授乳中でも発揮します。 また、男性に頼らず、女性主体で避妊を行えることもメリットといえるでしょう。 デメリットは、装着や除去の際に医師の力が必要になることです。 また、妊娠や出産経験のない女性は、医師と相談の必要があります。 また、副作用として月経異常、過多月経、月経時期以外の出血、腹痛、疼痛、おりものなどが起こる可能性があります。 その他、骨盤内炎症性疾患、子宮外妊娠、IUDの脱出や穿孔(子宮壁に入ってしまうこと)のリスクがあります。 IUSのメリットとデメリット IUSは、IUDと同様に女性主体の避妊、 長期間に渡る避妊効果、避妊を考える必要がなくなる等のメリットがあり、生理の量が減るため生理痛の軽減効果が期待できます。 また、全身へホルモンの影響が少ないこともメリットとして挙げられるでしょう。 デメリットは、装着や除去の際に医師の力が必要になることと、装着後間もない時期に生理以外の出血が続くことがあることです。 また、副作用として月経出血日数の長期化、月経サイクルの変化、IUS除去後の出血、腹痛などが起こる可能性があります。 その他、発熱や下腹部痛、おりものの異常、急な出血、疼痛、性交痛、腹部膨満感、IUDの脱出や穿孔などが生じる可能性もあります。 避妊リングは保険適用になるの? 避妊リングの挿入にかかる費用は、 原則的には保険適応とはならず自費で行われます。 医療機関によって費用に差はありますが、 一回の挿入で3~5万円程度の負担となり、その後の定期的な検査や抜去、入れ替えにかかる費用も自己負担となります。 このため、 月経困難症や月経過多の治療のための使用では保険適応になる場合があります。 まとめ:高い避妊効果が期待できるが、副作用などのデメリットへの理解が必要 一度装着すれば数年間効果を持続できて得られる、大きなメリットを持ったIUDとIUSですが、デメリットや副作用がないわけではありません。 ささいなことであっても、何か異変に気づいたときは、すぐに医師に相談してください。

次の

過多月経・月経困難症に対するIUS(ミレーナ)の効果|世田谷区の産婦人科なら冬城産婦人科医院

ミレーナ デメリット

子供が2人いるのですが、最初の子を生んだときに 入院していた病院で助産師さんから「避妊リング」のことを聞きました。 助産師さんは当時の私よりも少し年上で、 彼女自身もIUDという避妊リングを入れているとのことでした。 避妊といえば男性用避妊具かピルしか知らなかったので それ以外の選択肢があるということ、 そしてそれを実際に利用している人がいることにびっくりしました。 その後、2人目を出産したあと、「ミレーナ(IUS)」というものが 避妊だけじゃなく、重い生理痛の軽減にも効果があることを知りました。 避妊だけじゃなくて生理痛軽減の効果もあるなんて。 試してみたい!と思ったのですが、体験談を調べてみても出てくるのは 「痛い」という言葉ばかり。 痛いのが大の苦手なので長らく躊躇していましたが、 勇気を出して実際に入れてみると快・適! 生理痛どころか、生理そのものから解放されました。 (装着してから二年半が経過しました。 ) 生理って本当に面倒ですよね。 「生理はデトックス」とかいうのをたまに聞きますが、 いやいやいやいや。 生理がないとマジで快適すぎるから。 ですが、こんなに素晴らしいミレーナがほとんど知られていない。 体験談もあまり出て来ない。 なので、当時の自分のような人に役立つように 詳しい体験記を書くことにしました。 ぜひ読んでくださいね(^^)。 トップブロガーあぽりさんの紹介で有名になったミレーナってなに?どの病院でもできるの? ミレーナは、子宮の中に入れて作用させるものです。 専門家ではないので、詳しくはこちらのサイトを見ていただければと思います。 bayer. html 素人の私の解釈では「月経過多、月経困難症を軽減させるもの」 「避妊に効果があるもの」というイメージです。 月経困難症とはつまり生理痛です。 後述しますが、私の場合生理痛とそれに伴う症状が劇的に良くなりました。 (個人の感想です。 ) ミレーナ(IUS)はどの病院でもできる? 子宮に入れて作用させるリングにはミレーナ以外にもいろいろあります。 私は生理痛軽減の効果があるミレーナ(IUS)が良かったので、 ミレーナを装着してくれる病院を探してみました。 このような結果になりました。 A病院(電話で確認) IUDはやっているがミレーナ(IUS)はやっていない。 B病院(診察してもらったついでに来院で確認) ミレーナはこれまで扱ったことはないけど、希望するなら対応します。 でもミレーナを装着するなら事前に性病検査をするので別途3万円必要です。 C病院(診察してもらったついでに来院で確認) ミレーナ、何件も扱っているし、なんなら今から装着しましょうか? ということで、ミレーナを扱っている病院とそうじゃない病院があるので、 事前に電話で確認してみるといいと思います。 ネットでの情報では、一度内診してもらってから 後日装着とのことだったのですが、 C病院では1回目の内診でそのまま装着でも大丈夫とのことでした。 ですが、いきなりで心の準備ができていなかったので 後日C病院で装着してもらいました。 ミレーナを装着したら、その後定期検診が3ヶ月後、半年後にあるので なるべく通いやすい病院がいいです。 気になる費用はいくらぐらい?保険適用になるのはどんな人? ミレーナ、以前は保険適用じゃなくて10万円ぐらいしていたそうなのですが、 月経困難症(生理痛が重い)や月経過多(生理の量が多い)だと 保険適用扱いになるので、トータルで1万円かかりませんでした。 ちなみに、月経困難症かどうかは診察で聞かれます。 口頭で答えたら信用してもらえました。 (つらさはほかと比較しようがないですしね・・・。 ) 装着時期はいつ?生理中は避けるべき? 事前にネットで調べた情報では「月経開始後7日以内」と書いてあったのですが、 C病院ではそれ以外の時期でも大丈夫と言われました。 月経開始後7日以内(生理中)が装着が痛くないんだったと思います。 また、出産後は6週間経てば装着できます。 実際痛いの?腹痛はいつ頃くるの? これが!私が事前にすごく知りたかった情報です。 なにしろ痛いのが怖いので、何ケ月も躊躇していました・・・。 ですが、実際はほとんど痛くなかったです。 ミレーナは基本的に経産婦さんにおすすめされている方法です。 一度子宮口が全開になったことがある経産婦さんだと 装着が痛くないそうなのです。 帝王切開の場合はどうなのか気になりますが・・・。 (一応私も帝王切開なのですが、子宮口は8センチまで開きました) また、ミレーナ装着後の腹痛もなかったです。 拍子抜けしました。 ミレーナ装着その後。 出血はいつまで続く? ミレーナ装着して半年ぐらいは不正出血があるそうです。 私の場合、ミレーナ装着してからすぐに生理が軽くなり、 その後生理がなくなりました。 (マジで快適です) ですが、確かに半年ぐらいはいきなり不正出血があることがありました。 ミレーナの効果は?PMSには? 生理が来なくなった。 先ほど書いた通り、生理が来なくなりました。 これが、本っっ当に快適です。 生理が来ない今、あった頃はよく毎月耐えてたなと思います。 もう生理がある生活には戻れる気がしません・・・。 (生理が来なくなるかどうかは個人差があります) 毎月一回寝込んでいたのが寝込まなくなった。 私、生理が来ていた頃は毎月必ず生理前後に 3日間ほど寝込んでいたんですよね。 ミレーナを入れてからは寝込むことがなくなりました。 これが本当に良かったです。 生理前後で寝込んでいたのは生理が体にすごく負担だったのかなと思いました。 出血を伴う臓器の破壊と想像が毎月行われていますもんね・・・。 PMSはやっぱりある。 肉体的なツラさはないのですが、 精神的なツラさはあります。 いわゆる生理前のイライラ。 出血はしないですが、体の中でホルモンのバランスは日々変化しているようです。 ミレーナの副作用やデメリットは?太るの? 私が感じている限りは副作用はありません。 デメリットもありません。 装着前と比べて太ったということもありません。 男性用避妊具を買わなくてよくなったのでむしろ快適です。 外れたらわかる?ずれる原因は? まれに、ミレーナが知らないうちに外れてしまう人がいるそうです。 ですが、ミレーナはある程度の大きさなので気付きます。 月経量が多くてどろっとした血のかたまりと一緒に出てしまうと 気付かないこともあるそうなので気をつけてください。 みんな気になるアノコト。 違和感ある?当たると痛い? ミレーナのことを調べていたときにあまり出てこなかったけど 知りたかった情報、それはずばり「なかよし」について! ミレーナ装着するとなかよしが痛い?違和感ある?など 気になっていました。 実際になかよしをしてみての感想ですが・・・。 「私は」全然痛くないです。 予想外だったのですが、パートナーがたまに「痛い」と言います。 ミレーナを装着しての一週間ほどはミレーナについている紐が硬いので たまに痛がる男性がいるということですが、 私のパートナーの場合、入れてかなりたっても角度によっては痛いそうです。 (病院の先生に相談してみましたが、 ミレーナの位置はちゃんとあっているしどうしようもないそうです・・・。 ) 交換時期は?定期検診は? 交換時期は装着から5年以内です。 装着後検診も受けずに10年とか経ってしまうと かなりまずいことになるらしいので気をつけてください。 また、定期検診は装着の1ヵ月後、3ヵ月後、6カ月後、1年後、 それ以降は一年に1回以上必要です。 毎回内診でチェックしますが、定期的に見てもらっているので安心です。 ついでにがん検診を受けることもあります。 避妊の効果はどのぐらい?妊娠はできるようになる? 避妊にも効果があるというミレーナですが、500人に一人は ミレーナをつけていても妊娠してしまうそうです。 その確率で妊娠するってすごいですね! また、ミレーナは避妊に効果があります(装着してすぐに効果あるそうです)が、 妊娠したくなったらミレーナを外せば子宮が元の状態に戻るそうです。 ミレーナ快適過ぎ。 (個人の感想です) ミレーナ、快適すぎです。 生理がないんです。 プールも行きたいときに行けます。 お風呂もいつでも快適。 ナプキンもいりません。 男性用避妊具もいりません。 快適です! 以上、ミレーナの体験記でした。 すべて個人の感想になりますのでご了承ください。 読んでいただいてありがとうございました(^^)。

次の