アナル ティクス。 アナリティクスアナルティクス問題

アナルティクスという恥ずかしい誤記を無くそう グーグル・アナリティクス(Google...

アナル ティクス

使用目的 [ ]• サイト訪問者の動向を把握することで、訪問者の欲求を知り、サイト内の人気ページや不人気ページ、問題のあるページを知り、サイトを改善することで訪問者の満足を高め、訪問者数を伸ばす。 商用サイトであれば業務に寄与し、サイトであれば収益を伸ばす• と連携させ、Ad Planner内でAnalysticsの実測データを公開することで、広告主に対し広告出稿に際する検討用により正確なデータを提供できる アクセス情報 [ ] 利用者と対象サイトを登録して対象サイト内にタグ埋め込むことで、基本的なアクセス情報として以下のものが入手できる。 訪問者数• 閲覧ページ数• 滞在時間・訪問回数・訪問頻度• 訪問者のサイト内移動経路• 訪問者の• 訪問者の来訪前経由サイト• 訪問者の最初に開いたページと最後に開いたページ• 訪問者の使用PC等の、の種類、回線の種類、、アクセスしてきた国・地域• 広告クリック数と収益 動作形式 [ ] Google Analytics(以後「GA」と表記)では、タグ埋め込み型やWebビーコン型とも呼ばれる手法を用いている。 タグ埋め込み型 対象サイト内にGAへのタグを埋め込んでおく。 訪問者が対象サイト内を移動することで訪問者のPCから閲覧情報がGAサーバーへ送信される。 Webサーバー側で訪問者のを収集しておく「サーバー型」や、ネットワーク上のを取り込んで分析する「型」のように、専門知識や専用装置が必要なく容易に導入できる。 無料範囲 [ ]• 広告などは一切表示されない• 1,000万ページビューまでが無料である• データ保持期限は無制限に設定できる 対象サーバーに起因する制限 [ ] ブログサービスの中には、ブログ側でGAのトラッキングタグを埋め込むことが出来ないものがあり、GAを利用できない。 「」「」「」「」「」「 」では使用できず、「」ではベーシックとプラスで利用できない。 注記 [ ] [].

次の

Google Analytics

アナル ティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供している無料で高機能なアクセス解析ツールです。 しかし、無料であるがゆえに、自分で設定しなければならず、こんな疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。 そもそも設定が面倒、分析に自信がない、時間が割けない方は無料診断を利用するのもオススメです。 Googleアカウントを持っていない場合は、「アカウントを作成」をクリックして先にGoogleアカウントを申し込みましょう。 ログイン後、次の画面で「申し込み」をクリックします。 次にサイトの設定項目を入力します。 トラッキング方法 2つ方法のうち、より高機能な「 ユニバーサルアナリティクス」を選びましょう。 ウェブサイト名 サイト名を入力します。 ウェブサイトのURL サイトのURLを入力します。 業種 サイトのタイプを選びます。 レポートのタイムゾーン 日本を選びます。 データ共有設定 説明を読んで各自判断して下さい。 チェックをつけておいても問題ありません。 最後に「トラッキングIDを取得」ボタンを押し、表示された利用規約に同意します。 トラッキングコードの設定 利用規約に同意したら、「トラッキングコード」が表示されます。 トラッキングコードとは? トラッキングコードとは、Webサイトへの訪問者のデータを取得するために各Webページに埋め込んでおく コード(プログラム)のことです。 トラッキングコードを正しく実装することではじめてアクセス解析のためのデータの取得が開始されます。 つまりトラッキングコードを実装することは、Googleアナリティクスを使ってデータを取得するには欠かせないプロセスなのです! 上述の通り、Webサイトへ訪問した閲覧者のデータをGoogleアナリティクスで収集するにはトラッキングコードと呼ばれる短いコードをブログなどの各ページに記述する必要があります。 ここではトラッキングコードを実際にWebサイトにどのように記述するのかについて解説します。 ここに上記のトラッキングコードをコピーして貼り付けます。 アクセス解析の対象となる全てのページに記述して下さい。 ファイルをアップロードすればトラッキングコードの設置は完了です! トラッキングコードがちゃんと設置されたか確認するためには トラッキングコードが設置できていない場合、Googleアナリティクスの「トラッキングコード」画面で「 ステータス: トラッキングがインストールされていません」と表示されてしまいます。 トラッキングコードを設置すると自動的にGoogleアナリティクスの方で検知され「 ステータス: データを受信しています」と変わります。 ただし特に問題がない場合でもステータスが変わるまでに少し時間がかかることがあります。 ステータスに変化がなくても正しくトラッキングコードが設置されていればすぐにデータの取得は開始されています。 必ず設定しておきたい!後で分析がカンタンになる必須設定2つ 分析に便利な必須設定を2つご紹介します。 Webマスターツール(Search Console)との連携 Webマスターツールとは、Googleが公式で提供するウェブ担当者・管理者のためのツールです。 もちろん無料で利用することができます。 今後Webサイトを長期的に運用していくには必須のツールです! Webマスターツールと連携することで、自分のサイトの状態や、Googleにどのように認識されているのか、外部リンク&内部リンク、サイトパフォーマンス、そしてGoogleからの警告など、サイト運営において重要な情報を見ることができます。 最初の段階で必ず設定しておきましょう。 下のほうにあるフォームに、導入したいWebサイトのドメインを入力しましょう。 「おすすめの方法」「別の方法」という2つのタブがあり、自分のやりやすい方法で確認をとることができます。 サイトマップの登録 サイトマップとは、Webサイトのページ構成を伝えるファイルのことです。 サイトマップを作成し、送信することで、Googleのウェブクローラーがサイトを正しく巡回できるようになります。 もしWordPressを使用しているのであれば、Google XML Sitemapsなどのプラグインを利用すれば、簡単に作成することができます。 もし、WordPressを使用していなくても、下記のツールなどを使用すれば自動で作成することができます。 サイトマップを作成したら、Googleウェブマスターツールにサイトマップを追加します。 xmlなど)を入力し、「サイトマップを送信」ボタンをクリックします。 無料の自動分析ツールも連携しておくと便利 最近ではGoogleアナリティクスのデータを自動分析し、成果アップにつながる改善箇所を提案するツールも登場しています。 Googleアナリティクスを扱い慣れている人間でもデータを集計をすることは一苦労なので、とくに慣れないうちは自動分析に頼ることも有効です。 参考: 設定したら最初に見たい分析項目の基礎7つ Googleアナリティクスの初期設定をしたら、まず最初にサイトがどのくらいの規模なのか(どのくらい多くのユーザーに見られているかなど)、下記指標をみることでおおかた知ることができます。 「標準レポート」から「サマリー」を選ぶと、簡単に見ることができるので、ぜひとも確認してみてください。 なので、最後にちゃんとGoogleアナリティクスが正常に作動しているかどうか確認しましょう。 そのためには「リアルタイムレポート」を確認すればOKです。 《リアルタイムレポートを確認する方法》 リアルタイムレポートでは、ユーザーの行動をリアルタイムで確認できます。 Webサイトの分析や改善をするにも、「データを分析するにも、どの数字を見ればいいのか」や、「改善するにもサイトのどの部分が悪いのか」がわかっていないといけないので、正しい設定方法を身に着け、見るべき分析項目を押さえておくことが必須なのです! 本記事を読むことで、Googleアナリティクスの初期設定方法に関しては一通りマスターしていただいたと思います。 とはいっても、「せっかく設定方法を覚えたのだから、ちゃんと有効活用したい!」と思う方が多いのではないかと思います。 次回は実際にどうやって分析をするのか、Googleアナリティクスの使い方についてご紹介したいと思います! が、サイトを運用していく上で、どのくらいのセッションが目標を完了しているのかを把握することで、今後のモチベーションになるかと思います。 ぜひこまめにチェックしましょう。 一緒に導入しておくべき分析ツール(PR) Googleアナリティクスを導入したものの、実際に使いこなしてデータを集計するのはなかなか苦労するものです。 そんなときは、Googleアナリティクスのデータを自動分析し、成果アップにつながる改善箇所を提案する、人工知能「」が便利です!無料で使えるので、Googleアナリティクスと一緒にぜひ導入してみましょう。 そもそも設定が面倒、分析に自信がない、時間が割けない方は、無料診断の活用もオススメです。

次の

Googleアナリティクスの使い方講座。初心者でもすぐ…|Udemy メディア

アナル ティクス

使用目的 [ ]• サイト訪問者の動向を把握することで、訪問者の欲求を知り、サイト内の人気ページや不人気ページ、問題のあるページを知り、サイトを改善することで訪問者の満足を高め、訪問者数を伸ばす。 商用サイトであれば業務に寄与し、サイトであれば収益を伸ばす• と連携させ、Ad Planner内でAnalysticsの実測データを公開することで、広告主に対し広告出稿に際する検討用により正確なデータを提供できる アクセス情報 [ ] 利用者と対象サイトを登録して対象サイト内にタグ埋め込むことで、基本的なアクセス情報として以下のものが入手できる。 訪問者数• 閲覧ページ数• 滞在時間・訪問回数・訪問頻度• 訪問者のサイト内移動経路• 訪問者の• 訪問者の来訪前経由サイト• 訪問者の最初に開いたページと最後に開いたページ• 訪問者の使用PC等の、の種類、回線の種類、、アクセスしてきた国・地域• 広告クリック数と収益 動作形式 [ ] Google Analytics(以後「GA」と表記)では、タグ埋め込み型やWebビーコン型とも呼ばれる手法を用いている。 タグ埋め込み型 対象サイト内にGAへのタグを埋め込んでおく。 訪問者が対象サイト内を移動することで訪問者のPCから閲覧情報がGAサーバーへ送信される。 Webサーバー側で訪問者のを収集しておく「サーバー型」や、ネットワーク上のを取り込んで分析する「型」のように、専門知識や専用装置が必要なく容易に導入できる。 無料範囲 [ ]• 広告などは一切表示されない• 1,000万ページビューまでが無料である• データ保持期限は無制限に設定できる 対象サーバーに起因する制限 [ ] ブログサービスの中には、ブログ側でGAのトラッキングタグを埋め込むことが出来ないものがあり、GAを利用できない。 「」「」「」「」「」「 」では使用できず、「」ではベーシックとプラスで利用できない。 注記 [ ] [].

次の