今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます。 英語ビジネスメールで「今後ともよろしくお願いします」って?

【定型文あり】「今後とも」の意味と正しい使い方、類語や英語表現を解説!

今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます

「お願い申し上げます」の意味と使い方 「お願い申し上げます」の意味 「お願い申し上げます」の意味は、「お願い」を目上の人に対して使う時に、「申す」という謙譲語と「上げる」という敬意を表す補助動詞が連続する敬語として使われている言葉です。 つまり、「お願い」を「申し上げる」ということを更に「ます」をつけて丁寧に表現しています。 目上の人に対して自分を謙って、相手を敬いお願いを進言するという意味になります。 「お願い申し上げます」の使い方 目上の人や取引先にお願いごとをする場合に使います。 「返事をください、よろしくお願いします」という意味の内容を「ご返答いただけますよう、宜しくお願い申し上げます」というように、「お願いしたい」という気持ちを自分を謙って伝えたい相手に対して使います。 年賀状での挨拶やメール、文書または口頭でも使うことができます。 具体的な使い方としては、「何卒宜しくお願い申し上げます」、「ご検討をお願い申し上げます」のように「お願いしたい」気持ちをあらわす表現の言葉を前に付けて使うと気持ちが伝わりやすくなります。 「お願いいたします」との違い 「申す」と「いたす」として考える 「お願い申し上げます」と同じ意味としてよく使われている「お願いいたします」ですが、この二つは細かく分けるとどのような違いがあるのでしょうか?「お願い申し上げます」は「お願い」と「申す」に分けて考えて「お願いを申す」という意味の謙譲語であることに対して、「お願い致します」は「お願い」と「いたす」に分けて考えてみましょう。 「いたす」は「する」の謙譲語として使い、その後にくる「ます」は丁寧語です。 つまり「お願いいたします」は謙譲語と丁寧語を合わせて「お願いする」という意味の言葉となります。 このことから考えると、「お願い申し上げます」は自分が相手に対して「お願い事を申し伝える」という意味である事に対し、「お願いいたします」は相手に対して「してほしお願い」となり「お願いします」というストレートな意味になることがわかります。 使い分けるシーン 「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の使い分けとしては、目上の人に対しては、謙譲語として自分を謙って相手を敬い丁寧に伝えるという意味の「お願い申し上げます」と伝えるのが相応しいでしょう。 また「お願いいたします」は「お願いします」の謙譲語と丁寧語を合わせた言い方なので、目上の人に使っても間違いではないのですが、ビジネスにおいては「お願い申し上げます」と表現しましょう。 「お願いいたします」は平仮名で また、「お願いいたします」をメールや文書で表記する場合は、漢字で「お願い致します」と変換してしまわないように注意しましょう。 「致す」を漢字で表現してしまうと動詞としての働きとなりますので、謙譲語としての「いたす」とは違った意味合いをもつ事になります。 謙譲語の助動詞として表現したいときは「いたします」はひらがなで表現するように注意しましょう。 「お願い申し上げます」の例文 年賀状で使う場合 年賀状で「お願い申し上げます」使う場合、挨拶としての要素が強いので、定型的な文章を付けて使います。 本年も何卒よろしくお願い申し上げます• 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます• 本年も何卒ご贔屓の程宜しくお願い申し上げます メールや文書の場合 メールや文書で「お願い申し上げます」を使う場合は、必要に応じて「何卒」や「宜しく」を付けると気持ちを伝えやすい表現になります。 ご検討のほど何卒お願い申し上げます• ご査収のほどお願い申し上げます• お取り計らいのほど宜しくお願い申し上げます 口頭で伝える場合 口頭で伝える場合も、メールや文書と同様、伝えたいお願いや気持ちを伝える言葉を付け加えて使います。 宜しくお願い申し上げます• ご検討お願い申し上げます• 今後とも宜しくお願い申し上げます 「お願い申し上げます」の類語 目上の人に対して「お願いしたい」気持ちを伝える言葉として「お願い申し上げます」は非常に完成された文章ではありますが、似た言い換え表現での類語としては以下のような言い換え方もできます。 宜しくお願いいたします• 是非ともお願いしたく存じます• 上記の要領を遵守の程お願いする所存でございます まとめ 「お願い申し上げます」の細かい意味と使い方をみてきました。 何気なく使っている「お願いいたします」との細かい違いもわかりました。 どちらもほぼ同じ意味で使われていますが、ビジネスにおいては同僚や気軽に話せる相手には「お願いいたします」を使っても問題ありませんが、目上の人や取引先に対しては、自分を謙って相手を敬う言い方として「お願い申し上げます」を使う方が相応しい表現の仕方です。 ビジネスシーンにおいては、相手の立場と自分との関係をよく考えた上で、敬語の持つ細かい性質をうまく使い分けながら、言葉を使う必要があります。 目上の人や大切な取引先に対して、使うべきでない間違った敬語を使ってしまったり、失礼にあたる言葉を使ってしまわないように注意することが必要です。 ビジネスマンの最低限の心得として、日々敬語への理解と知識を拡げていく努力をしましょう。

次の

「ご指導ご鞭撻」の意味・使い方と例文・言い換え表現

今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 今後とも弊社をどうぞ宜しくお願い申し上げます。 今後ともよろしくお願いいたします。 こんな感じで、微妙に言い回しが違ったりしますが、 実は、ズバリそのものの英語フレーズって無いんですよね・・・。 でも、ズバリではないものの、やはり英語にも「今後もよろしくお願いします」的なお決まりのフレーズはあります。 私は会社の国際部門に勤務していて、日常的に様々な国の人たちとビジネスメールをやり取りしています。 この記事では、そんな私がよく見かける、そして私自分もよく使っている、 英語ビジネスメールで使われる「今後ともよろしくお願いします」的な定番フレーズを2つ お話します。 初めまして、晴山と申します。 この度、貴社との新しいプロジェクトを担当することになりました。 まずは弊社の提案書を送りますので、内容をご確認ください。 以上、 今後ともよろしくお願いします。 このように「初めまして」の場面で使われる感じです。 ですので、すでに何度もやり取りしている相手に「I look forward to working with you. 」を使うのは不自然、ということですね。 英語で「今後ともよろしくお願いします」Thank you for your continuous support. 英語ビジネスメールの締めくくりに使われる「今後ともよろしくお願いします」的な定番フレーズの2つ目は、 We highly appreciate your continued efforts. 弊社はあなたの継続的なご支援に大変感謝いたします このように、Thank you~に比べて丁寧なフレーズがあります。 ちなみに後者は主語を「We」にしていますが、これは「組織」としての立場を意識しています。 訳すとすれば、「弊社は」「私共は」といった感じでしょうか。 英語メールでは「今後ともよろしくお願いします」と言うのを諦めてもいい ここまで、会社の国際部門に勤務している私が英語ビジネスメールでよく見かける「今後ともよろしくお願いします」的な定番フレーズを2つ紹介しました。 まあ、結局のところ、日本語の「今後ともよろしくお願いします」という万能フレーズにズバリ当てはまる英語フレーズはありません。 ですので、「今後ともよろしくお願いします」という日本語的表現を英訳することにこだわらない、 つまり、 英語ビジネスメールでは「今後ともよろしくお願いします」と言うのを諦めちゃっていいと思いますw なぜかというと、英語メールだと、最後は具体的に相手の行動を求めるのが普通なんですよね。 例えば、相手から返事が欲しい内容のメールを書くときは、.

次の

今後ともよろしくお願い申し上げます。

今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます

例えば取引先の人へメールで連絡する場合を考えて見ましょう。 「この度は誠にありがとうございました」と結ぶこともできますが、通常は結びに、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」、という言葉をつけ足します。 これは今後の関係性を示唆するもので、継続的に取引をお願いするための表現です。 次の取引へスムーズに繋がる表現として相応しいのです。 トラブル処理時の返信は省略しても良い 一回限りの取引の場においては、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」を省略しても構わないでしょう。 例えば何らかのトラブルを処理してもらった場合、今後もトラブルがあると困るものです。 そのため結びの言葉としては「この度は誠にありがとうございました」という使い方が妥当と言えます。 もちろん「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉でも良いのですが適切な使い方にしましょう。 上司へは「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」より相応しい言葉がある 上司に対するメールにおいて「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は良い結びですが、もっと相応しい表現もあります。 例えば「今後もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します」という表現があります。 こちらの言葉の方が被指導者の立場を明確にする事ができるため良いかもしれません。 特に上下関係を重視する上司には後者の言葉が相応しいでしょう。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は基本的にどこでも使える定型文 言葉として「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方が不適当な場面と言うのは余りありません。 より相応しい言葉はありますが、ほとんどの場合この表現を使っても構わないのです。 万能な結びの定型文ですので、上司から取引先まで様々な場面用いられる使い方といえます。 ビジネス文書における覚えておきたい言葉の一つです。 不適切な「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方もある 今まではより相応しい言葉について見てきましたが、使い方が相応しくない場面というのもあります。 例えば身内に対して「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉の使い方は適切ではありません。 こういったメールを受け取った身内は距離を感じてしまうでしょう。 この言葉の使い方は親しい人に対しては、向いていない表現と言えます。 親しい人にはビジネス文書自体の使い方が相応しくない 親しい人に「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方はしないのですが、これは何もこの文章だけに限ったことではありません。 ビジネス文書言葉全体を、親しい人には使わない方が良いのです。 例えば身内に「暖春の砌いかがお過ごしでございましょうか。 皆様方に置かれましてはますますご隆盛のことと存じ上げます」というビジネス的な使い方をすると冗談と捉えられるか、気味が悪いと思われる人も中にはいるでしょう。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉はビジネスの場面での使い方 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」という結び言葉の使い方について見てきました。 この言葉は特に取引先の相手に相応しいもので「今後も継続して関係性を保ちたい」という意思を示しています。 上司や同僚、部下、取引先など、どの場面にも使える万能な表現です。 ですが親しい間柄に対しての使い方としては「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は、相応しくありません。 身内に対しては使わないようにしましょう。

次の