血小板 を 増やす お茶。 コーヒーに備わる、血栓を溶かす力。 | 全日本コーヒー協会

7月31日:レーザー光で血小板を増やす(7月27日号Science Translational Medicine掲載論文)

血小板 を 増やす お茶

20世紀後半に進んだ造血因子遺伝子クローニングのおかげで、赤血球が少ない患者さんにはエリスロポイエチン、白血球が少ない患者さんにはG-CSFを臨床に使うことができる。 ところが、当時最後にクローニングされた血小板を作る巨核球の数を増やすトロンボポイエチンは現在も臨床利用ができていない。 この原因は、この因子が末梢血の血小板数とは無関係に、巨核球へ分化する前駆細胞を増殖させるためで、血小板が増えすぎて血栓ができる危険性を完全に解決できなかった。 このため、せっかく開発されても臨床に使われないで終わっている。 当時のクローニング競争を知る世代から見ると、今日紹介するハーバード大学からの論文は「え!こんな方法で血小板が増えるの?」と驚く論文で7月27日号のScience Translational Medicineに掲載された。 タイトルは「Noninvasive low-level laser therapy for thrombocytopenia (侵襲性のない低レベルレーザーによる血小板減少症の治療)」だ。 侵襲性のない近赤外レーザー LLL は傷の治りを早めたり、鎮痛の目的で現在使われている。 細胞を用いた研究から、近赤外光が細胞の代謝や生存に影響を及ぼすことがわかっている。 この研究では、近赤外光照射によりATP量が上昇する点に注目して、ATPに強く依存する巨核球からの血小板分化を亢進できるかを確かめるところから始めている。 期待通り、試験管内で分化が進んだ巨核球にLLLを照射するとATPの量が上昇し、細胞学的に巨核球が巨大化して、多くの血小板を作るようになる。 そしてLLLがミトコンドリアの細胞内増殖を促進することが、血小板産生の上昇につながることを明らかにしている。 実際にLLLでミトコンドリア増殖が促進される細胞学的メカニズムは大変面白い点だが、今日はこの詳細は省いて、実際にこの方法が血小板減少症の治療に使えるかどうか調べた実験のみを紹介する。 他にも巨核球が発現するCD41に対する抗体による細胞障害や、あるいは抗がん剤による血小板減少についてもこの方法で血小板数を正常化できることを示している。 一方、正常マウスにLLL照射をしても血小板数のオーバーシュートはなく、トロンボポイエチンで見られるような副作用がないことがわかる。 最後に、試験官内ではあるが、ヒトの巨核球もマウスと同じようにLLLに反応してATPが上昇し、血小板への分化が促進することを示している。 ただ、ヒトの場合、骨髄内にLLLを到達させることは簡単でなく、残念ながらこの方法をすぐにヒトに応用するのは難しいようだ。 しかし、こんな簡単な方法で血小板だけを増やすことができる可能性は捨てがたい。 なんとかこの光で骨髄内が照らされることを期待したい。 他にも、 iPSなどから試験官内で血小板を作ろうとする試みが進んでいるが、この方法は使えるかもしれない。

次の

血小板を増やしてくれるかもしれない4つの自然療法 — みんな健康

血小板 を 増やす お茶

1.レボレードの特徴 まずはレボレードの特徴を紹介します。 レボレードは、血小板の元となる血球に対して血小板になるような刺激を与えることで血小板の数 を増やします。 しっかりとした効果がありますが副作用も多く、使用はやむを得ないケースに限られます。 レボレードは血小板増加薬と呼ばれていますが、その機序は血球の分化を促進することになります。 血球には赤血球、白血球、血小板などがあり、それぞれ身体で重要な役割を担っています。 血球はどのように作られるかというと、骨髄(骨の中)で造血幹細胞という血球の元がまずは作られます。 この造血幹細胞に様々な刺激が加わることで、ある造血幹細胞は赤血球になり、また別の造血幹細胞は白血球になり、またある造血幹細胞は血小板になり、と変化していきます。 (このように細胞が異なる機能を持つ細胞に変化していくことを「分化」と呼びます) レボレードはトロンボポエチン受容体という部位を刺激することによって造血幹細胞が巨核球に分化するように誘導するはたらきがあります。 巨核球は血小板の元となる細胞であるため、これによって血小板の数が増えます。 レボレードは即効性があり、1~2週間ほどで効果が認められ始めます。 またその効果もしっかりとしており、多くの症例で実際に血小板数の増加が得られています。 このようにレボレードは血小板が少なくなってしまった時に頼れるお薬になりますが、安易に使えるお薬ではありません。 レボレードは副作用の頻度が多く、また血小板を増えすぎてしまう事で血管塞栓(血管が詰まってしまう事)を起こしてしまったり、骨髄線維化(血球を作る骨髄が線維化し、血球が作れなくなってしまう事)、肝機能障害などの重篤な副作用が生じる可能性もあります。 そのためレボレードの使用はやむを得ない時に限られるべきで、安易に処方できるお薬ではありません。 以上からレボレードの特徴として次のような点が挙げられます。 【レボレードの特徴】 ・血小板を増やす作用がある ・1~2週間ほどで効果が認められ、またその効果もしっかりしている ・副作用が多く、重篤な副作用も生じうるため安易には使えない ・他の治療法が行えない場合など、やむを得ない場合にしか投与できない スポンサーリンク 2.レボレードはどのような疾患に用いるのか レボレードはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には、次のように記載されています。 【効能又は効果】 慢性特発性血小板減少性紫斑病 レボレードは血小板を増やすお薬であり、血小板が少なくなってしまう疾患に対して使用されます。 血小板が少なくなってしまう代表的な疾患としては特発性血小板減少性紫斑病(ITP)があります。 ITPは何らかの原因によって血小板に対する自己抗体(血小板を攻撃する物質)が出来てしまい、これによって血小板が壊されてしまう疾患です。 このような疾患に対してレボレードは良い効果が期待できます。 しかしレボレードは安易に使えるお薬ではありません。 と書かれています。 レボレードは副作用も生じやすいお薬であり、また病気の根本を治すお薬ではないため、安易に処方できるものではありません。 「どうしても血小板数を増やす必要がある」「レボレードの副作用のリスクを差し引いても、使うメリットがある」場合の使用に限られます。 例えば特発性血小板減少性紫斑病では、ステロイドや脾臓摘出といった治療法がありますが、レボレードはこのような治療法がやむを得ず行えない場合に限って用いるべきになります。 有効率は高く多くのケースで血小板数の改善が得られます。 また効果は比較的早く得られ、服用後1~2週間で血小板は増加しはじめます。 3.レボレードにはどのような作用があるのか レボレードは血小板という血球を増やす作用を持つお薬です。 血小板は血液を固まらせる作用を持つ血球で、出血してしまった時に役立ちます。 身体に傷が出来るとその部位を走っている血管もダメージを受けるため、そこから出血します。 出血してもそのうち自然と出血は止まりますが、これは血小板のおかげです。 よく見ると止血された部位は血が固まってかさぶたが作られており、血液によって止血されている事が分かります。 この止血の中心的な役割を担っているのが血小板です。 血小板は普段は血液中を流れており、血管の壁が傷付いているのを見つけると、その部位で活性化して血液を固まらせます。 このように血小板のおかげで、私たちの身体は傷ついて出血してしまっても、大量の血液が失われずに済んでいるのです。 しかし、もし何らかの原因で血小板の数が少なくなってしまっていたらどうなるでしょうか。 傷からの出血がいつまでも止まらなくなってしまいます。 いつまでも出血が止まらなければ出血多量となってしまい、これは非常に危険な状態になります。 レボレードはこのような事態を防ぐため、血小板の数を増やしてくれる作用を持ちます。 ではその作用はどのような機序によって得られているのでしょうか。 レボレードは「トロンボポエチン受容体(TPO-R 作動薬」と呼ばれており、トロンボポエチン受容体を刺激することで血小板の合成を促進させます。 トロンボポエチン受容体には本来トロンボポエチンという物質がくっつきます。 すると造血幹細胞から作られた骨髄前駆細胞(血球の元となるような細胞)が巨核球(血小板の元となるような細胞)に分化します。 レボレードはトロンボポエチン受容体を刺激しますので、実質的にトロンボポエチンと同じようなはたらきをします。 つまりレボレードを投与することで巨核球の数が増え、その結果血小板の数も増えるという事です。 スポンサーリンク 4.レボレードの副作用 レボレードにはどんな副作用があるのでしょうか。 またどの頻度はどのくらいなのでしょうか。 レボレードは副作用発生率が高く、注意が必要になります。 しかしレボレードが多いお薬である事に間違いはありませんが、この高い副作用発生率にはからくりがあります。 レボレードのような血小板増加薬というのは使う頻度がかなり少ないお薬です。 そのため、十分な数の患者さんが集められず、不十分な母数による報告になっていることが高い副作用発生率となっている原因の1つです。 実際、レボレードの副作用発生率の調査はわずか23例の患者さんを対象に行われています。 メジャーなお薬の副作用発生率の調査は数千例から数万例を対象に行われていますので、23例というのは非常に少ないことが分かるでしょう。 レボレードで生じうる副作用としては、• 疲労感• 肝機能障害(AST、ALT増加)• 低カリウム血症• 白内障• 吐き気• 下痢 などが報告されています。 また重篤な副作用としては、• 肝機能障害• 血栓塞栓症• 本剤中止後の出血• 骨髄線維化 が報告されています。 これらは頻度は少ないものの、生じてしまった場合は命の危険もある副作用になります。 レボレード使用中は慎重に全身状態を観察し、また定期的に検査を行い、このような副作用が生じていないかチェックする必要があります。 5.レボレードの用法・用量と剤形 レボレードは次の剤型が発売されています。 レボレード錠 12. 5mg レボレード錠 25mg また、レボレードの使い方は 通常、成人には初回投与量12. 5mgを1日1回、食事の前後2時間を避けて空腹時に経口投与する。 なお、血小板数、症状に応じて適宜増減する。 また、1日最大投与量は50mgとする。 とされています。 レボレードは比較的早く効果が得られるお薬で、通常1~2週間もすれば血小板が増えてきます。 そのため定期的に血液検査を行い、効果や副作用を確認する必要があります。 また副作用の問題から、増量する際には慎重に行う必要があります。 増量を考える場合も、少なくとも2週間は同じ量で継続してから慎重に判断しましょう。 レボレードは、• 制酸剤(一部の胃薬)• 乳製品• 鉄やカルシウム、マグネシウムなどの多価陽イオンを含むもの と一緒に摂取すると吸収されにくくなり効果が下がることが分かっています。 これらの物質と一緒に摂取しないよう気を付けましょう。 6.レボレードが向いている人は? レボレードはどのような方に向いているお薬なのでしょうか。 レボレードの特徴をおさらいすると、 ・血小板を増やす作用がある ・1~2週間ほどで効果が認められ、またその効果もしっかりしている ・副作用が多く、重篤な副作用も生じうるため安易には使えない ・他の治療法が行えない場合など、やむを得ない場合にしか投与できない といった特徴がありました。 レボレードは血小板が減っていたとしても、最初から使われることはありません。 まずは他の治療法を検討すべきであり、レボレードが使われるのはやむを得ずに他の治療法が行えなかったり、他の治療法では十分な効果が得られなかった場合に限られます。 しっかりとした効果が得られる一方で、副作用には注意が必要なお薬であるため、出来る事なら使わないに越したことはないお薬だからです。 またレボレードは血小板の元となる巨核球を増やす事で血小板を増やしますが、これは病気の根本を治しているわけではなく、あくまでその場しのぎの治療法である事も忘れてはいけません。 例えば特発性血小板減少性紫斑病に対する根本の治療は、血小板に対する自己抗体をなくしたり、その作用を止めることです。 これを可能にするには、ステロイドを投与することで免疫力を低下させたり、脾臓を摘出することで血小板が破壊されないようにすることになります。 まずはこのような治療を行うべきであり、レボレードの投与はこれらがどうしても行えない場合に限られるべきになります。 カテゴリー• 247•

次の

血小板を増やす方法

血小板 を 増やす お茶

スポンサーリンク ここでは 血小板が増加するために必要な食べ物と 減少してしまう原因について解説していきます。 血小板の値は血液検査によって把握することができます。 血小板の働きは、出血した場合に血栓を形成し血液が 血管外に出ないようにする止血作用と 血小板内のセロトニンによって血管を収縮させ 出血量を少なくして血圧を維持しようとする作用があります。 正常値は16. 3〜42. その原因として考えられるのは 骨髄での生産低下(癌の骨転移、再生不良性貧血、急性白血病など) 破壊亢進(血小板減少性紫斑病、膠原病、脾臓腫大など) 消費性凝血障害(敗血症、不適合輸液など)です。 過度に低下しえいる場合にはもちろん医師により原因究明の検査をし治療が必要となりますが 正常値より少し低い場合にはすぐに病気だと考えるのではなく 生活習慣を見直し、増加させるように心がけていくことで増加させることも可能であるといわれています。 スポンサーリンク 今回は生活習慣の一つとして、食べ物について述べていきたいと思います。 直接的に血小板を増加させる食べ物というのは残念ながらないと言われていますが 免疫機能を向上させることで血小板の減少を抑えることができるとも言われています。 栄養素としてはポリフェノール、ビタミンP ルチン 、アントシアニンです。 具体的な食べ物はピーナッツの赤い薄皮、いちご、すもも プルーン、ぶどう、トマト、ナス、さつま芋、大豆、黒豆、黒ごま、そば、赤ワインなどがあります。 これらをビタミンCを含んだ食品と同時に摂取するとより効果が期待できるといわれています。 ぜひ積極的に摂取していきたいですね。 体の異常には何らかの原因があります。 まずは生活から見直し、改善していきましょう。 スポンサーリンク.

次の