翔 んで 埼玉 あらすじ。 翔んで埼玉(映画)のキャスト!あらすじと感想は?yoshikiも出演!

映画「翔んで埼玉」のキャストが異色のメンバーと話題☆ガクトが高校生役?あらすじ有☆

翔 んで 埼玉 あらすじ

解説 「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。 かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。 東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。 百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。 しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。 二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 2019年製作/107分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト 埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

翔んで埼玉(とんでさいたま)のキャスト一覧!出身地は埼玉?

翔 んで 埼玉 あらすじ

解説 「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。 かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。 東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。 百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。 しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。 二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 2019年製作/107分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト 埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。

次の

映画『翔んで埼玉』あらすじネタバレと感想。二階堂ふみが男装姿でGACKTと高校生役で実写化⁈

翔 んで 埼玉 あらすじ

翔んで埼玉 感想・レビュー 59件 とんでさいたま• 上映終了• レビュー• 総合評価 4. 53点、「翔んで埼玉」を見た方の感想・レビュー情報です。 投稿はから受け付けております。 男同士のキスも気色悪いだけでした。 私の第二の故郷である。 それだけにこの映画はすごく好きだ。 とにかく面白い。 「海なし」とか「東京への想い」とかを極限までギャグ寄りに強くしたらこうなった感じ。 よく「うちの市は東京にチャリで行けるから都会」とか言ってたことを思い出しましたww しらこばとなんて水上公園しか知らんし!十万石まんじゅう食べたことないし!怒涛の埼玉ワードの連発でツッコみどころ満載。 何よりキャストの方々の演技がいい。 「ダサいたま」とか平気で言ってるのにシリアスな場面は笑いなく見られたり。 安っちい映像には見えない演技力がすばらしい。 そういえば神奈川が一番、関東の県で出番が少なかったんじゃないでしょうか...。 神奈川の方はどう思うんでしょうね。 私はこの映画を何回も見ました。 GACKTさん二階堂さんの息がピッタリ合っていて本当に素敵な作品です! 見たいと思っていても見たことのないみなさん、この機会に是非見てください! P. 伊勢谷さんもいい味でしていて、 美形の競演! 小ネタがいろいろ面白く笑えました。 GACKTさんの、流暢な英語や、スペイン語などの数々も、感動です。 ツッコミどころは満載ですがそこはフィクションということで…… P. [クリックで本文表示] 感動しました。 最後の方の画面は、うるうる状態でしたよ。 11歳のとき、埼玉県に転校しそれからずっと埼玉県民の67歳男です。 埼玉県に対するけなし。 面白かったです。 確かにそういわれるような面はあるかもしれないけれど、それは違うよ、という自信、余裕。 素直に楽しめました。 千葉とのしのぎ合い、とても楽しかった。 ネタバレしてはいけないのでここまで。 悪い奴と闘うために力を合わせる。 感動するしかありません。 「埼玉古墳を世界遺産しないの? [クリックで本文表示] 銀たま実写版真似事ですね… P. 地名が出る度、ヤヤウケ的な、間断な笑い声。 関東のドライな笑い。 でも、、川を挟んで埼玉が千葉と闘うシーン。 泣きました。 揺らめく大旗が何故か、スタジアムのゲートフラッグみたく、フットボール観戦の熱情みたく思えて落涙。 埼玉に行く度に感じるローカルさを見事に描いている。 でもそれは同時に埼玉への応援歌でもあり、誇りを持って観て欲しいと思う。 GACKTは勿論のこと、伊瀬谷友介と京本政樹のイケメン俳優の白熱の演技は素晴らしすぎる。 ロングラン、納得。 川口に関所があったなんてこの映画見るまで知らなかった。 (笑) P. 👨 P. ガクトさんにはバンコラン役を是非やっていただきたいものです。 映画、面白かった!私は大阪府在住ですが埼玉県で2年程暮らしたことがあり懐かしい埼玉の地名に興奮し「それそれ!わかるーそれあるある」と大笑いして見ました。 好き嫌いの分かれる映画ですが馬鹿馬鹿しさに本気で取り組んだ映画、おすすめです。 ただ最後が蛇足気味かな、と。 今まで丁寧に積み上げてきた設定にズレが生じてしまったような気がします。 まぁそれでも充分面白かったです。

次の