ブエノスアイレス 市場。 【現地で使える】アルゼンチン、ブエノスアイレス治安情報まとめ│ビビりの君が行くWORLDTRAVEL

概況

ブエノスアイレス 市場

今週は ブエノスアイレスで必見!の名所・見所をご紹介していますが、 アンティークやレトロが大好きな私が 特におすすめしたい場所が、 サンテルモ地区です。 石畳の道が今も残る、ブエノスアイレスの下町・サンテルモ。 ここには、 タンゴのショーを観ることの出来るタンゲリアが多いこともあって 夜もおすすめなのですが、 サンテルモに行くなら日曜日がベスト! それは、ドレーゴ広場を中心としたエリアで 毎週日曜日に骨董市が開催されているからです。 路上タンゴが似合うエリアです。 実は、2009年のクリスマスにローマを旅した際、 ローマ最大の骨董市ポルタ・ポルテーゼも訪れました。 永遠の都ローマは、それはそれは素晴らしい街だったのですが、 骨董市はブエノスアイレスの勝ち! 品数、品質、価格、どれをとっても サンテルモの骨董市に軍配があがるなぁ、と思いました。 それもそのはず。 ブエノスアイレスは 「骨董の最後の秘境」 と呼ばれています。 スペイン副王領が置かれていた時代に ヨーロッパから渡ってきた品々が、 サンテルモの骨董市にはゴロゴロあります。 ヨーロッパの骨董市ではもはや手に入らないような品々を求めて、 世界中から、骨董ファンや買い付け客がやって来るのです。 骨董市が開かれているドレーゴ広場だけでなく、 メインストリートであるデフェンサ通りには それはもう数えられないほどたくさんの アンティークショップが並んでいます。 アルゼンチン人の生活の中には、 古い物たちが今も現役で活躍しています。 骨董市で売っている骨董や、 Viejo (骨董と呼ぶほど古くはないけれど、それなりの年月を経たレトロなもの) と呼ばれる品々。 壊れても修理をしたり、形を変えて使い続けます。 アルゼンチン人って、エコの天才なのです。 では、骨董市ではどんな物が売られているのか、 ちょっと覗いてみることにしましょう。 それがこのガラスのボトル。 特に貴重なのが赤いボトル。 奥に見えるのは銀のフォークやスプーン。 50ペソ(約1200円)。 ちゃんと使えるんですよ。 欲しいなあ。 ここで「ガラス製」と言われて買ったパールのネックレス、 調べてもらったらホンモノの真珠でした。 最も古いものには、50年前のタグが付いていました。 この骨董市の楽しみは、買い物だけではありません。 路上パフォーマーたちのパフォーマンス、 これがなかなか本格的、そして面白いのです。 踊り出したくなります。 私たちのために、「上を向いて歩こう」を演奏してくれました。 骨董の最後の秘境、ブエノスアイレス。 特派員プロフィール• ブエノス・アイレス特派員 bonita 2008年夫とともにアルゼンチンへ。 南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。 ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!• アルゼンチンの今• アルゼンチンを旅する• アルゼンチンの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

アルゼンチン旅行記

ブエノスアイレス 市場

今週は ブエノスアイレスで必見!の名所・見所をご紹介していますが、 アンティークやレトロが大好きな私が 特におすすめしたい場所が、 サンテルモ地区です。 石畳の道が今も残る、ブエノスアイレスの下町・サンテルモ。 ここには、 タンゴのショーを観ることの出来るタンゲリアが多いこともあって 夜もおすすめなのですが、 サンテルモに行くなら日曜日がベスト! それは、ドレーゴ広場を中心としたエリアで 毎週日曜日に骨董市が開催されているからです。 路上タンゴが似合うエリアです。 実は、2009年のクリスマスにローマを旅した際、 ローマ最大の骨董市ポルタ・ポルテーゼも訪れました。 永遠の都ローマは、それはそれは素晴らしい街だったのですが、 骨董市はブエノスアイレスの勝ち! 品数、品質、価格、どれをとっても サンテルモの骨董市に軍配があがるなぁ、と思いました。 それもそのはず。 ブエノスアイレスは 「骨董の最後の秘境」 と呼ばれています。 スペイン副王領が置かれていた時代に ヨーロッパから渡ってきた品々が、 サンテルモの骨董市にはゴロゴロあります。 ヨーロッパの骨董市ではもはや手に入らないような品々を求めて、 世界中から、骨董ファンや買い付け客がやって来るのです。 骨董市が開かれているドレーゴ広場だけでなく、 メインストリートであるデフェンサ通りには それはもう数えられないほどたくさんの アンティークショップが並んでいます。 アルゼンチン人の生活の中には、 古い物たちが今も現役で活躍しています。 骨董市で売っている骨董や、 Viejo (骨董と呼ぶほど古くはないけれど、それなりの年月を経たレトロなもの) と呼ばれる品々。 壊れても修理をしたり、形を変えて使い続けます。 アルゼンチン人って、エコの天才なのです。 では、骨董市ではどんな物が売られているのか、 ちょっと覗いてみることにしましょう。 それがこのガラスのボトル。 特に貴重なのが赤いボトル。 奥に見えるのは銀のフォークやスプーン。 50ペソ(約1200円)。 ちゃんと使えるんですよ。 欲しいなあ。 ここで「ガラス製」と言われて買ったパールのネックレス、 調べてもらったらホンモノの真珠でした。 最も古いものには、50年前のタグが付いていました。 この骨董市の楽しみは、買い物だけではありません。 路上パフォーマーたちのパフォーマンス、 これがなかなか本格的、そして面白いのです。 踊り出したくなります。 私たちのために、「上を向いて歩こう」を演奏してくれました。 骨董の最後の秘境、ブエノスアイレス。 特派員プロフィール• ブエノス・アイレス特派員 bonita 2008年夫とともにアルゼンチンへ。 南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。 ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!• アルゼンチンの今• アルゼンチンを旅する• アルゼンチンの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

コルドバ/アルゼンチン [アルゼンチン] All About

ブエノスアイレス 市場

[ブエノスアイレス/ニューヨーク 14日 ロイター] - アルゼンチンのブエノスアイレス州は14日、同州が発行した2021年1月満期債について、今月26日に予定していた2億5000万ドル超の分割償還を5月1日まで延期するよう債権者に要請した。 リフィニティブのデータによると、これを受け、同債は3ポイント下落。 過去1週間の下落幅は18ポイント近くに達した。 下げはアルゼンチン国債にも波及している。 返済延期には債権者の75%の同意が必要になる。 アルゼンチン政府は、前政権から引き継いだ1000億ドルに上る債務の再編交渉を進める予定。 一部の市場関係者は、交渉の行方を占う上で、ブエノスアイレス州債の扱いに注目している。 リフィニティブのデータによると、アルゼンチンの2028年1月満期国債は1.5ポイント下落。 ブエノスアイレス州政府の報道官は、債権者との交渉がすでに始まっているとした上で「具体的な答えはまだ出ていないが、州が厳しい状況にあることは理解されている」と述べた。 アマースト・ピアポント・セキュリティーズ(ニューヨーク)の中南米債戦略担当トップ、シボーン・モーデン氏は「国債と州債のクロス・デフォルトはないが、ブエノスアイレス州がデフォルトを強行すれば、資金繰りや秩序ある再編に対する懸念が浮上する」と述べた。 アルゼンチンのフェルナンデス大統領は13日夜、連邦政府がブエノスアイレス州を救済する計画はないと発言している。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の