岡山 いきなりステーキ。 【岡山グルメ】いきなりステーキ岡山一番街店☆12月オープン!混雑は?

いきなりステーキの裏技おすすめ注文方法10選!食べ方や焼き方の変更方法は?

岡山 いきなりステーキ

いきなりステーキの裏技お肉のおすすめ注文方法の1つ目は、ランチでどんなお肉にしようか迷った時のお得なワイルドステーキの300gです。 ランチ限定のワイルドステーキはアメリカ産の牛肩ロースで、お肉をガッツリ食べたい方におすすめのとてもボリュームのあるメニューになります。 ワイルドステーキには200gで1,100円、450gで1,800円もありますが、値段の面で300gで1,380円で注文するのがお得です。 ワイルドシリーズには、ランチ限定のワイルドハンバーグやワイルドステーキ&ハンバーグのセットもあります。 こちらもぜひお試しください。 こちらもランチ限定メニューになります。 カットしてあって食べやすいステーキがどうしてお得なんだろう?と思いますよね。 いきなりステーキは、お肉のグラム数を指定してお肉をカットしてもらいます。 そのときに余分にカットしてしまった肉などを使用するため、乱切りカットステーキはいろいろな部位がありお得なのです。 乱切りカットステーキは200gで1,300円、300gで1,850円です。 ガッツリ食べる派の方であれば、300gがお得な注文になります。 いろんな味も楽しめますのでぜひ注文してみてください。 ステーキの焼き方、食べ方で、レア・ミディアム・ウェルダンがあります。 悩んだ方はミディアムな焼き方を注文する方が多いようです。 しかし、お肉好きな方におすすめの焼き方、食べ方は「ベリーレア」「ベリーウェルダン」になります。 レアよりもさらに焼きの浅いベリーレアは、真のお肉好きの方におすすめの食べ方です。 食べている間に鉄板で徐々に加熱されます。 しっかり焼いたお肉が好きという方は、ベリーウェルダンで注文してみましょう。 あなたに合った美味しいお肉の食べ方を見つけてくださいね。 いきなりステーキを初めから家で食べたいという方は、お持ち帰りでと最初に注文すればどのステーキも持ち帰り用に包んでくれます。 しかし、持ち帰りの焼き方はミディアム以上でという条件がありますのでご注意ください。 いきなりステーキの生肉を家で焼く食べ方をしたいという声もありますが、お店では生肉の注文はできません。 しかし、いきなりステーキのネットショップで生のお肉も購入可能です。 いきなりステーキのソースやドレッシングも購入できますので、興味のある方は以下のリンクをご覧ください。 ボリュームのあるステーキですから、食べている途中で鉄板が覚めてしまいお肉も冷めてしまうということがあるでしょう。 そんな時には店員さんを呼んで「鉄板の再加熱をお願いします。 」と注文してみましょう。 鉄板がアツアツに再加熱された状態で、再度提供してくれます。 冷めてしまったお肉を温める以外にも、ステーキの焼き方を変更してウェルダンにしたいときや、お肉以外のサイドメニューを温めて食べたいときなどにも役立ちます。 アツアツが好きな方は、いきなりステーキに行ったら鉄板再加熱と覚えておきましょう。 いきなりステーキの特別注文、鉄板の再加熱し利用したオリジナルメニューになります。 普通の食べ方に飽きてしまったり、味変してみたいという方におすすめの食べ方になります。 いきなりステーキの野菜炒めの焼き方はとても簡単です。 味付けは好みで調節しましょう。 以下の手順と動画を参考にして、ぜひ作ってみてください。 いきなりステーキ野菜炒めの作り方• いきなりステーキのサラダを注文します。 ステーキを少し残し、細かく切っておきましょう。 鉄板の再加熱を頼みます。 アツアツの鉄板にサラダを投入し炒めます。 塩コショウなどで味付けをしたら出来上がりです。 いきなりステーキの裏技美味しいオリジナルメニューの2つ目は、ガーリックライスです。 ステーキとライスで食べ進めて、ライスが残ってしまった、ライスのお代わりをしたけれどお肉が少なくなってしまった、そんな方におすすめなのがガーリックライスになります。 付け合わせを少し残した状態で、鉄板の再加熱をしましょう。 付け合わせに火が入りすぎるのを避けたい場合は、付け合わせを別皿によけておいて、空の鉄板を再加熱します。 ガーリックライスの詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 いきなりステーキガーリックライスの作り方• 付け合わせを少し残した状態で、鉄板の再加熱をします。 ライスが残っていない時にはおかわりしましょう。 アツアツの鉄板にステーキソースを入れます。 ジューっとなっているうえにライスを入れます。 塩コショウとするおろしにんにくを入れて炒めましょう。 さらにステーキソースをかけて味を調整したら出来上がりです。

次の

いきなりステーキは美味しい?不味い?実際にランチに行ったレビュー【岡山下中野店】|HAREnote(はれノート)|岡山のグルメと観光情報を発信するWEBマガジン

岡山 いきなりステーキ

牛肉は家で食べるより外で食べる派、です。 2017年12月17日に岡山初の『いきなりステーキ岡山一番街店』が出来てからというもの、岡山県内では次々と『いきなりステーキ』のお店が開店しています。 現在 2018年8月 は最初にオープンした『いきなりステーキ 岡山一番街店』、倉敷にある『いきなりステーキ 倉敷店』、そして私が今回行った『いきなりステーキ 岡山下中野店』の3店舗が存在しています。 話題になってた頃からずーっと一度は行ってみたかったのですが、今回友達に付き合ってもらってようやく念願叶いましたので、レビューしてみたいと思います。 当ブログは正直に書くので、ありきたりな絶賛レビューとは少し違います。 いきなりステーキファンの方は読まないことをオススメします。 キャッチフレーズは 「当店はハラペコでいきなりステーキ!!」。 9円という驚異のコスパのリブロースステーキ。 他にヒレステーキやサーロインステーキなど記載されてますが、どれも9円だったり8. 2円だったりと超コスパが良い。 とりあえず一番大きく表示されてたワイルドステーキ300g 1390円を頂くことに。 ライス、サラダ、スープが付いているお得メニューですね。 基本1人か2人組を想定しているようで、4人で座れるようなファミリー席は多分ないと思われます。 奥にはワインが並んでたので、夜にワインと牛肉ってのも良さそうです。 ステーキ店に行くと絶対聞かれるのが焼き加減。 その焼き加減を自分で調整するスタイル!これもコスパよくしてる理由の一つだよね。 だってコックが一人一人に聞いてその人に合わせた焼き加減調節とかしてたら絶対時間かかるし。 これは初めて見た。 食べたステーキの量 グラム を飛行機に乗った距離 マイル に見立ててるわけですね。 これも戦略として超上手。 普通飲食店って2度目の来店をいかにGET出来るかが繁盛するかどうかの分かれ目なんですが、普通のポイントカードにするのではなく肉マイレージカードっていうシステムにしたのが上手。 まぁ別に期待してたわけじゃないからあれだけど、普通のサラダとスープ。 量も少なめ。 これ無料でブロッコリーとかに変更できます。 糖質とか気にするヘルシー人はブロッコリーがおすすめ。 ネットでは裏メニューとか書かれてましたが、店員さんが普通に注文する時に聞いてくれました。 鉄板がかなり熱いのでめっちゃジュージューなります。 ご馳走様でした。 まとめ 行ったのは平日でしたが混むことを予想して14時ぐらいに入店。 超行列!ってほどではありませんでしたが、僕の前に5組ぐらいは並んでて 「まだまだ人気店なんだなぁ」と実感。 来てる人とかお会計してる人を見るとやっぱり1人とか2人組で来てる人がほとんど。 平日ってこともあるでしょうがファミリー層はほとんどいなかったです。 あと何よりも驚いたのはほとんどのお客さんは初見さんじゃなくて常連だったこと。 飽き性の多い岡山県でこれだけ常連さんが付いてるってことは、『いきなりステーキ』は当分大丈夫だな、と勝手に感心してしまった。 肝心の味の方ですが、正直に言って 普通 でした。 うん、しっかりとした牛肉だね。 脂身も適度にあるし、分厚いし、牛肉も柔らかいわけじゃないけど固すぎることもなくスッとナイフは通るね。 でも感動するほどの甘みと旨みは無いかなぁって感じ。 あ、でもステーキソースは甘口で美味しかったです。 あのステーキソースは良かったなぁ。 ちなみに写真には取り忘れましたが、薬味は• ステーキソース• 塩胡椒 が並んでました。 僕はいきなり全部の肉にステーキソースぶっかけちゃいましたが、ちょっと味付け変えて食べるのも味が変わって楽しいかもしれません。 味は普通とかいうファンからしたら怒られそうな感想しか出てこなかったですが、別にちょーうまいステーキ肉を期待して行ったわけではないので期待以下ってことは全くないです。 逆にあの値段であれだけのボリュームと味のステーキ肉を出せるってのはすげーコスパは良いと思います。 もう一度言います。

次の

【いきなり!ステーキ 74店舗の閉店を発表】全店舗のリスト一覧から【どこ】が多いのか探ってみる

岡山 いきなりステーキ

「いきなり!ステーキ」混み具合、店の雰囲気は!? テレビや雑誌などで度々紹介されるだけあって結構お客さんが多いです。 オープン間もないということもあって下中野店に土曜日夕方18:00頃に着いた時にはぎりぎり店の中に入れる状態でした。 その後僅かな時間の間に見る見る人が増えて、外で順番待ちの列を作っていました。 家族連れやグループでの来店も多いようであっという間に大人数が並んでいるという感じでした。 当然ながらお昼や増してや休日の夕食時となれば相当の待ち時間を覚悟して行かねばならないでしょうね。 店内は明るい雰囲気で活気がありましたね。 スタッフの女性たちもみな若くハツラツとした感じでした。 席は2人掛けのテーブルが対面している形でその間に仕切りのようにメニューが置かれているので対面するお客さんが見知らぬ人であってもさほど気になりません。 ま、私の場合ですが。 その形がメインで、窓際に向かって6~7人掛けのテーブルがあり、こちらがどうやら家族連れやグループ向けのテーブルらしいです。 で、そういった大人数のお客さんが多いためか店内はかなり賑やかでした。 「いきなり!ステーキ」注文の仕方、肉の味は!? 予備知識もなく始めて行ったので最初どぎまぎしましたね。 テーブルに案内されるとスタッフの女性がやってきて 「こちらではお肉以外のご注文を承ります!」 って言われました。 いや、肉を食べに来たんだけど・・・ などと思っていると 「お肉はあちらで種類とグラム数をご注文いただき、こちらではライスとかサラダ、お飲物などをご注文いただきます。 」 と言われました。 ああ、なるほどね。 「あちら」というところが肉のカット場みたいになっていて、お客さんの注文に応じて目の前で注文の肉を指定通りのグラム数カットするという仕組みなんですね。 例えば 「サーロインを250g」とか。 そう言えば、こんなシステムだということをテレビで見たような。 でもこのカット場がかなり時間が掛かるのです。 皆さん、テーブル番号札を持ってカット場に並んでいるんです。 ま、それは当然だから良いんですけど、肉の注文をして目の前で切ってくれる、そこからが長いんですよ。 カットした肉をトレイに乗せてそれからレシートをトレイに貼り付ける、肉の焼き方をお客さんに訊いてミディアムだのレアだのをまたレシートに記してそれをトレイに貼る、さらにトッピングの変更、追加注文をレシートに記してそれをトレイに貼る、その一連の作業にかなり時間を要します。 そりゃ列もなかなかはけないわな、という感じがしました。 で、肝心の肉の味ですが、まあ肉の味がしました。 当たり前ですが。 リビングだかホットペッパーだかに出ていたオープン記念だかの「ワイルドステーキ」なるものを食べたのですが、しわかったですね。 確かにワイルドでした。 かなりワイルドに噛み砕かないと飲み込めないような。 もっと良い肉を食べればそんなことはないんでしょうけど、そんなそれこそ「いきなり」何千円も掛けられないので、300gで1390円のステーキにしたんですけど、それなりの肉だったようですね。 ま、食べがいはありました。 「しわい」分かりませんか? 岡山弁でしょうかね。 「固い」という意味です。 ただし、豆がしわい、とは言いませんね。 肉の場合だけのようです。 昔、うちの祖母が 「かしわがしわい」 なんてよく言ってました。 何かの洒落かと思っていましたけど、ちゃんと意味があったのですね。 ちなみに「かしわ」は岡山弁というわけではありません。 鶏の肉のことです。 でも東日本の方ではあまり使わないようです。 西日本、それも関西から岡山辺りではよく使われるようですね。 鶏肉が固い、これを岡山辺りでは「かしわがしわい」または岡山弁らしく「かしわがしぅぇー」と言います。 岡山弁に興味を持たれた方はこちらもどうぞ。 話が逸れましたけど、ワイルドステーキはなかなかにワイルドだったというお話です。 ミスター・バークとは!? 岡山県にはミスター・バークという店がたくさんあります。 ミスター・バークの本社本店は岡山市にあります。 それも下中野です。 どこかで聞きましたね。 そうです。 「いきなり!ステーキ」がこの度出店した場所が岡山市下中野です。 つまり意図してかどうかは知りませんが、形の上では「いきなり!ステーキ」が「ミスター・バーク」の本拠地に乗り込んだ、という図式です。 まあちょっと色合いは違うんですけどね。 「いきなり!ステーキ」があくまでも「ステーキ」なのに対して「ミスター・バーク」はハンバーグもあります。 そして「健康バーク&ビーフ」なるものがいわゆるステーキです。 ややこしい言い方ですが、見た目、ステーキです。 牛肉を使っています。 ただし、結着加工肉を使用しています。 言い方は悪いかもしれませんが、肉片の寄せ集めみたいなイメージでしょうか。 そのことはメニューにも明確に書かれています。 ですからお客さんも納得済みで注文する訳です。 でも肉の味はちゃんとしますし、柔らかいので食べ易いです。 こちらも家族連れが多いのですが、小さな子供たちやお年寄りには食べ易くて良いですね。 そして値段も手頃と言えるでしょう。 こちらの健康バーク&ビーフ100gはライス・サラダ・スープ付で799円(税別)、200gでも1199円です。 ちなみにライスは食べ放題です。 そして食後の(食前もそうですが)ドリンクは飲み放題となっています。 つまりドリンクバー付きです。 ミスター・バークにも「本当の」(と言うと語弊があるかもしれませんが)ステーキもあります。 例えばやわらかサーロインステーキ 360g (和牛脂注入肉使用 メニューに明記)1899円です。 我が家も子供が小さい頃はよく行きましたね。 値段は2018年10月現在のものです。 「いきなり!ステーキ」対「ミスター・バーク」 ミスター・バークは平成4年の創業で2018年現在、岡山県内12店舗を始め 広島県 4店舗 鳥取県 2店舗 島根県 1店舗 山口県 3店舗 兵庫県 2店舗 香川県 1店舗 愛媛県 1店舗 熊本県 2店舗 宮崎県 1店舗 埼玉県 1店舗 長野県 1店舗 東京都 1店舗 と全国に31店舗を構えています。 (フランチャイズも含みます。 ) 地元岡山を中心に西日本から東京まで地道に店舗網を広げていますね。 それに対していきなり!ステーキは昭和45年に一瀬邦夫社長が「キッチンくに」開業したことに始まり、その後は低価格ステーキ店「ペッパーランチ」の展開を図り全国を網羅するに留まらず海外にも100店舗を構えるに至りました。 その後、さらに低価格を訴求、「いきなり!ステーキ」を事業展開し、今や国内に300店舗ニューヨーク市内にも9店舗(2018年9月時点)を構えています。 両者を比較してみるとその規模、店舗展開のスピード差は歴然としています。 いきなり!ステーキはメディア戦略にも長けているようでテレビや雑誌に取り上げられる機会が多いですね。 社長の一瀬邦夫氏も今やすっかり有名人です。 ミスター・バークにとってはいきなり!ステーキの進出は確かに脅威でしょうね。 岡山の「しわい」県民性がどちらを選択するのか楽しみなところです。 カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の