せん べろ 仙台。 牛タン

【立呑 えびすけ 仙台駅前EDEN店】テントで晩酌(せんべろ)セット!!

せん べろ 仙台

立呑 えびすけ 仙台EDEN 営業時間 平日 16:30~23:45 土曜・日曜 11:00~24:00 定休日 不定休(EDENと同じ) 仙台市青葉区中央1丁目10-25 022-796-6415 は、一緒に呑んでいたぴょろりさんと別れて、パルコ2で軽くワインを立ち飲みするというMちゃんと合流するためにそこへ向かいます。 立ち飲みはボジョレー・ヌーヴォーの試飲のためにお休みをしていると聞いて、Mちゃんにその旨を連絡します。 軽く試飲を済ませたわたしは、EDENに居るというMちゃんと合流するために今度はそちらへ向かいます。 大魔王の晩酌セットをキメるつもりだったが満席だというので、「EDEN入口すぐのえびすけのテントが空いていたし、1000円だからそちらはどうか」と提案したら、コスパにうるさいMちゃんも素直に受け入れてくれました。 立吞 えびすけ もくじ お店の中は人でいっぱいですが、なにやら酒吞み心をくすぐる提灯テントがお店の前にあります。 ちょうどテント内のお客さんへ料理を運ぶために店員さんが外に出てきたので、テントの貼り紙にあるように店員さんにテント内で晩酌セットをやりたいと声をかけます。 どうですか!なかなか味のある酒吞み場です。 しかも店内は立ち飲みですが、テント内は座って呑めます。 わたしは店の中で呑むよりもあえてこちらを選びたいです。 ひとりでは寂しいと思うので、ひとり呑みであれば店内のほうが良さそうですね。 丸イスがあるので、人数に合わせてイスの数を増やしましょう。 テント内はストーブがついていて、寒がりのわたしでも暖かくて快適です。 えびすけの晩酌セットは、せんべろ1セット1000円(税別)で飲み物2杯、料理2品。 おススメメニューや通常メニューも、飲み物やお料理が100円~200円台とお手頃価格のものがほとんどです。 もずく酢150円、カマンベールチーズフライ150円など。 これは安い。 えびすけのせんべろセットは選択式です。 1杯目の飲み物:生ビール、ホッピーセット(白or黒)、こだわり酒場のレモンサワー、宇治抹茶チューハイ、北国の酒、サワー各種 2杯目の飲み物:ハイボール、なか2杯(ホッピー注文の方)、こだわり酒場のレモンサワー、宇治抹茶チューハイ、焼酎各種、サワー各種、グラスワイン赤・白 1品目の料理 :ハムカツ、冷奴、もつ煮、きゅり一本漬け、ポテトサラダ、手羽先唐揚げ 赤or白 2品目の料理 :味付けメンマ、チーズクラッカー、チャンジャ、枝豆、たこわさ この中からひとり1品ずつ選びます。 北国の酒メニューはいろいろな種類があったと思いますが、写真を撮り忘れました。 いづれも本醸造クラスの日本酒です。 人数が多い方が色々食べられると思い、O和田くんも呼び出します。 1杯目のドリンクはMちゃんはじょっぱりを、わたしは初孫をセレクト。 どちらも本醸造です。 グラスに並々注いでもらえましたが、ぶつかってこぼれました。 1合近くあるのでしょうか。 選んだお料理はメンマ、たこわさ、きゅうり一本漬け、ポテサラです。 特別旨いというわけではないですが、ふたりで分けて食べても満足できる量が出てきます。 きゅうりの一本漬けも立派です。 2杯目のお酒は、わたしはハイボール、炭酸が苦手なMちゃんはワインを注文したと思いますが、写真がありません。 下ネタに夢中だったからです。 真っ白なポテサラもたまには好いものです。 O和田くんが来てハムカツとチーズクラッカーを注文しましたが、写真がありません。 下ネタに夢中だったからです。 O和田くんが注文したハムカツとチーズクラッカーも、ボリューム満点でした。 3人でも充分な量です。 4人くらいであれば、みんなで少しずつシェアしながら食べられると思います。 サク飲みと言って始めましたが、このメンバーでそんなことは今まで一度もないわたしたちは、当たり前のように次の晩酌セットを目指して歩きます。

次の

仙台名物牛たん焼の老舗一隆(いちりゅう)本店ホームページ

せん べろ 仙台

立呑 えびすけ 仙台EDEN 営業時間 平日 16:30~23:45 土曜・日曜 11:00~24:00 定休日 不定休(EDENと同じ) 仙台市青葉区中央1丁目10-25 022-796-6415 は、一緒に呑んでいたぴょろりさんと別れて、パルコ2で軽くワインを立ち飲みするというMちゃんと合流するためにそこへ向かいます。 立ち飲みはボジョレー・ヌーヴォーの試飲のためにお休みをしていると聞いて、Mちゃんにその旨を連絡します。 軽く試飲を済ませたわたしは、EDENに居るというMちゃんと合流するために今度はそちらへ向かいます。 大魔王の晩酌セットをキメるつもりだったが満席だというので、「EDEN入口すぐのえびすけのテントが空いていたし、1000円だからそちらはどうか」と提案したら、コスパにうるさいMちゃんも素直に受け入れてくれました。 立吞 えびすけ もくじ お店の中は人でいっぱいですが、なにやら酒吞み心をくすぐる提灯テントがお店の前にあります。 ちょうどテント内のお客さんへ料理を運ぶために店員さんが外に出てきたので、テントの貼り紙にあるように店員さんにテント内で晩酌セットをやりたいと声をかけます。 どうですか!なかなか味のある酒吞み場です。 しかも店内は立ち飲みですが、テント内は座って呑めます。 わたしは店の中で呑むよりもあえてこちらを選びたいです。 ひとりでは寂しいと思うので、ひとり呑みであれば店内のほうが良さそうですね。 丸イスがあるので、人数に合わせてイスの数を増やしましょう。 テント内はストーブがついていて、寒がりのわたしでも暖かくて快適です。 えびすけの晩酌セットは、せんべろ1セット1000円(税別)で飲み物2杯、料理2品。 おススメメニューや通常メニューも、飲み物やお料理が100円~200円台とお手頃価格のものがほとんどです。 もずく酢150円、カマンベールチーズフライ150円など。 これは安い。 えびすけのせんべろセットは選択式です。 1杯目の飲み物:生ビール、ホッピーセット(白or黒)、こだわり酒場のレモンサワー、宇治抹茶チューハイ、北国の酒、サワー各種 2杯目の飲み物:ハイボール、なか2杯(ホッピー注文の方)、こだわり酒場のレモンサワー、宇治抹茶チューハイ、焼酎各種、サワー各種、グラスワイン赤・白 1品目の料理 :ハムカツ、冷奴、もつ煮、きゅり一本漬け、ポテトサラダ、手羽先唐揚げ 赤or白 2品目の料理 :味付けメンマ、チーズクラッカー、チャンジャ、枝豆、たこわさ この中からひとり1品ずつ選びます。 北国の酒メニューはいろいろな種類があったと思いますが、写真を撮り忘れました。 いづれも本醸造クラスの日本酒です。 人数が多い方が色々食べられると思い、O和田くんも呼び出します。 1杯目のドリンクはMちゃんはじょっぱりを、わたしは初孫をセレクト。 どちらも本醸造です。 グラスに並々注いでもらえましたが、ぶつかってこぼれました。 1合近くあるのでしょうか。 選んだお料理はメンマ、たこわさ、きゅうり一本漬け、ポテサラです。 特別旨いというわけではないですが、ふたりで分けて食べても満足できる量が出てきます。 きゅうりの一本漬けも立派です。 2杯目のお酒は、わたしはハイボール、炭酸が苦手なMちゃんはワインを注文したと思いますが、写真がありません。 下ネタに夢中だったからです。 真っ白なポテサラもたまには好いものです。 O和田くんが来てハムカツとチーズクラッカーを注文しましたが、写真がありません。 下ネタに夢中だったからです。 O和田くんが注文したハムカツとチーズクラッカーも、ボリューム満点でした。 3人でも充分な量です。 4人くらいであれば、みんなで少しずつシェアしながら食べられると思います。 サク飲みと言って始めましたが、このメンバーでそんなことは今まで一度もないわたしたちは、当たり前のように次の晩酌セットを目指して歩きます。

次の

仙台名物牛たん焼の老舗一隆(いちりゅう)本店ホームページ

せん べろ 仙台

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 千円でべろべろに酔える酒場・せんべろ 仙台で人気 河北新報オンラインニュースはてなブックマーク - 千円でべろべろに酔える酒場・せんべろ 仙台で人気 河北新報オンラインニュース プレビュー 千円でべろべろに酔える酒場・せんべろ 仙台で人気 河北新報オンラインニュースはてなブックマーク - 千円でべろべろに酔える酒場・せんべろ 仙台で人気 河北新報オンラインニュース 千円でべろべろに酔える酒場・せんべろ 仙台で人気 河北新報オンラインニュース などではやる「千円でべろべろに酔える」、「」の愛好者が、内で増... 続きを表示 などではやる「千円でべろべろに酔える」、「」の愛好者が、内で増えている。 で飲み、食い、満足できるは、夜な夜なにぎわいを見せている。 版となる魅惑の「仙べろ」を探った。 (部・大介) <は30円> の裏のにある「もつ焼専門 丸昌」は、午後5時にもなれば、や年配の飲んべえでごった返す。 約20席あるはあっという間に。 は30円あり、50円、100円もずらりと並ぶ。 もお手頃だ。 客の70代は1で3種類と4杯を満喫し、1300円程度で済んだ。 レシートを手に「この値段がうれしい。 やめられないよね」と赤ら顔で笑った。 手軽な体験は、おじさんだけのではない。 をする()の栄浩は「• ブックマークしたユーザー•

次の