バター チキン カレー 松屋。 【松屋】「ごろごろチキンのバターチキンカレー」発売!:時事ドットコム

松屋「ごろごろチキンのバターチキンカレー」復活 8月4日までライス大盛無料

バター チキン カレー 松屋

「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 松屋 並680円、ライス大盛740円 人気メニューが復活しました コストパフォーマンスという言葉がありまして。 コスパですよね。 多くの人はコスパを気にして生きているといっても過言ではない。 損した気分になりたくはない、得した気分になりたい。 コストパフォーマンスとは、コストとパフォーマンスを対比させた度合いでして、ここからいきなりお昼ごはんの話にするわけですが、たとえば2500円ぐらいを出せば豪勢なランチができるのは、ある意味では当然なんですよね。 高いから豪華だしおいしいでしょう、みたいな。 なので、「1000円だとちょっと高いが、ワンコインでいまいちパッとしないのもそれはそれで……」みたいな気持ちを満たすべく、コスパを重視してライン取りしていく必要がある。 300円で超うまい、みたいなものはそうそうあるはずもなく、いつもの値段よりちょっと高いかな〜、でも食べるとかなり満足するな〜、ぐらいのパフォーマンスを求めています。 松屋は、「ごろごろチキンのバターチキンカレー」を7月21日から発売中。 価格は並680円、ライス大盛740円。 680円でこれなら満足、というライン 飲食における価格の話題は、喧々囂々になりやすいものです。 ある人が高いと言えば「それぐらい出せ」と、ある人が安いと言えば「そんなもの買えない人だっているんですよ」と言われることもしばしば。 都内で一人暮らししている自分はどうかというと、たまに奮発して、港区のフレンチや高級ホテルのアフタヌーンティーに行けるといえば行けますが、そんなにしょっちゅう通えるわけではない。 そういう意味で、いつでもふらっと寄れる牛丼チェーン、しかし、そこでお値段以上のささやかな幸せぐらいあってもいいじゃないの、ぐらいのコスパを求めるならば、ごろごろチキンのバターチキンカレー、よい選択だと思うんですよね。

次の

【松屋】「ごろごろチキンのバターチキンカレー」発売!:時事ドットコム

バター チキン カレー 松屋

神は、何故こんな苦しい試練を与えたもうのか? 松屋の伝説メニュー『』が販売終了した時は絶望に打ちひしがれたものだが、その代わりに登場した『』までもが、ついに我々の前から姿を消そうとしている。 松屋の公式Twitterアカウントによると、『ごろごろチキンのバターチキンカレー』は今週の金曜、つまり明日9月6日より週末にかけて、 順次販売を終了するという。 うおおおおおおおい! 何でや!? 人気あったやんけ!! しかし私(あひるねこ)は、この販売終了をむしろ 喜ぶべきことと考えているのだ。 なぜならば……。 ・販売終了へ 今回の無慈悲としか言いようがない松屋の決定。 ここで改めて、先述した松屋公式Twitterアカウントのツイートをご紹介しよう。 そして泣き顔の絵文字。 私にはもはや サイコパスにしか見えないが、きっと松屋サイドにも止むに止まれぬ事情があったのだと察する。 では、その事情とは何か? 一言で表すなら、これは 『ごろごろ煮込みチキンカレー』復活の布石に他ならないだろう。 たしかに『バターチキンカレー』も悪くはなかった。 なかったが、やはり元祖『ごろチキ』と比べると爆発力が少々足りないと言わざるを得ない。 そう、 今のままではバズれないのだ。 ・待望 文字通りごろごろ入ったチキンは健在でも、カギを握るのはやはりあの刺激的かつスパイシーなカレールー。 あれがないと、本当の意味でのチキンとのマリアージュは完成しない。 そう、松屋がバズるためには、 元祖『ごろチキ』の存在が必要不可欠なのである。

次の

松屋「ごろごろチキンのバターチキンカレー」全店販売してください

バター チキン カレー 松屋

松屋に来ました 2019年8月6日(火)。 この日の 午前10時から 松屋が 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 の全国販売を 開始するということで お店へ向かいます。 いろいろ用事アリで すっかり出遅れて、、、 到着。 時間は18時36分。 店外には 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 のタペストリーが 出現しています。 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 のポスターも ありますね~ 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 ののぼりも 出現していますが けっこうな風で うまく撮れず。。。 どうにか 撮った2枚。 出入口の扉には 「」 のポスター。 このちょこっと前の 2019年7月30日(火)から シレッと販売開始されています。 ごろごろチキンのバターチキンカレー 大盛を注文 さっそく入店してみます。 まずは券売機へ。 券売機上方の メニューたちの 「期間限定メニュー」 の箇所に 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 「」。 TOP画面から 「店内ボタン」を タッチ。 次に出現した 「おすすめメニュー」の 画面をよーく眺めてみると、、、 お、ありますねぇ~ おすすめメニュー この商品は、 にんにくを使用 しています。 並盛 650円 大盛 750円 — 迷わず 「大盛」を ピロンッと選択。 「選択リスト」を よーく確認してから 千円札を流し込みます。 ジジジ~~~ 無事に 食券とお釣りを GETできました。 カウンター席に 座ります。 セルフサービス店なので 店員さんは やって来ません。 手元にある 食券を 眺めてみます。 -6 バターチキンカレ大 呼出番号 205 ¥750(税抜き 695円) 18:43 現金 — 左側は 「バターチキンカレ大」 右側は 「大バターカレ」 になってますね~ 店内を観察 待っている間に 店内を眺めてみます。 上方の モニターを 眺めてみると、、、 「調理中」 のエリアに 「205」とありますね~ というか、、、 なんか画面が リニューアル しているような。。。 「調理中」 「出来上がり」 の文字が デッカくなってますねぇ~ カウンター上には 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 のPOP。 壁には 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」 のポスター。 「塩キャベツ豚丼」 のポスターも ありました。 ごろごろチキンのバターチキンカレー 大盛を観察 待つこと2分、、、 「205」番が 呼び出されました。 上方の モニターを 見上げてみると、、、 「出来上がり」 のエリアに 「205」番が 表示されています。 提供口で 一式受け取って 席に戻ります。 それぞれ眺めてみます。 ライスの皿。 大盛のライス。 福神漬け。 このお椀は きっといつものアレ。 フタを開けてみます。 ぱかッ みそ汁ですね~ 具はいつもの 油揚げとわかめ。 バターチキンカレー。 カレールーから 露呈している ごろごろチキン。 粉パセリが ふりかかった ごろごろチキン。 にんじん 玉ねぎ が見えます。 カレールー。 オリジナルカレーよりも かなーり黄色っぽい感じ。 いろいろ 持ち上げてみます。 ごろごろチキン。 8切れありました。 トマト。 小さめカット。 玉ねぎ。 しっかりした感じ。 粉パセリ いっぱいの ごろごろチキン。 カレールー。 白っぽい何かが 混ざり込んでいますかねぇ~ ごろごろチキンのバターチキンカレー 大盛を賞味 それでは賞味していきます。 くわっちーさびら(いただいます)。 まずは、、、 カレールーを ちょこっと、、、 ぺろり。 ココナッツミルク のような味わいが けっこう効いています。 辛さはほとんどナシ。 ほんのり甘さアリ。 めちゃマイルドな カレー味。 続いて、、、 ごろごろチキンを ちょこっと、、、 はむッ デカいながらも めちゃやわらか~ せっかくなので、、、 カレールー ごろごろチキン トマト 玉ねぎ 粉パセリ ライス 福神漬け をいっぺんに持ち上げて、、、 このまま、、、がぶり。 この状態でも ココナッツオイル らしき味わいが 効きまくり~ 遅れて じわじわと チキンのウマさが 広がってきます。 ここからは がばがばと 賞味していくと、、、 ごろごろチキンを完食。 ライスは わざとちょこっと 残してあります。 いつものアレを 実施するために。 カレールーは たっぷり残っています。 ちょこちょこと 玉ねぎやら トマトやらが 埋蔵されていそうな感じ。 ここへ 残ったライスを 全量投入します。 どっぱーん かるーく なじませていくと、、、 バターカレーライスの完成~ スプーンで がっぽりと 持ち上げて、、、 がぶり。 この局面でも やはり ココナッツミルクらしきが 効きまくり~ ほんのり甘さアリ~ かしゃかしゃと 賞味していくと あっという間に、、、 バターカレーライスを完食。 みそ汁も じっくりと楽しんで、、、 完食完飲。 セルフサービスの 冷たい水で一服して、、、 くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。 セルフサービスなので 一式返却~ Yさまの所感 ココナッツミルク のような味わいが 効きまくりで ほんのり甘さアリ。 辛さはほとんどナシ。 ごろごろチキンは 相変わらず デカくて やわらかくて ウマさじゅわじゅわ~ にんにくは まったく存在に 気が付かなかったような。。。 さらに、、、 バターっぽいお味も ほとんどわからず~ ごはんには合いまくり。 ライス大盛でも 足りないくらいかも~.

次の