アサヒ ビール 工場 見学 予約。 ビール工場見学|吹田工場|アサヒビール

キッズイベントもある!【 アサヒビール神奈川工場 】見学が楽しかった!

アサヒ ビール 工場 見学 予約

ご希望に添えない場合がございますので、予めご了承ください。 また整備などの都合により平日でも製造ラインが稼動していない場合がございます。 If you don't call us, we will guide you in Japanese. 한국어 투어는 다른 시간에 있습니다. 죄송합니다만 그 시간에 예약해 주시기 바랍니다. ご注意事項• また整備などの都合により平日でも製造ラインが稼動していない場合がございます。 それ以降は、お電話でお問合せください。 定員になり次第、受付を終了させていただきます。 予めご了承ください。 外国語でのご案内をご希望の方は、お電話にてお問合せください。 また、咳などの症状のある方は、マスクの着用にご協力ください。 (インフルエンザ・ノロウイルス等の流行・感染拡大が予想される場合、やむを得ず、工場見学を中止する場合がございます。 ご了承ください。 Please call us directly to our breweries if you would like to apply for a tour in English. If you have a cough or other symptoms, please cooperate in wearing a mask. In case of an outbreak or spread of influenza or norovirus etc. , the brewery tour may be unavoidably canceled. Thank you for your understanding. 해외에서 예약하실 경우에는 전화로 문의해 주시기 바랍니다. 또한 기침 등의 증상이 있으신 분은 반드시 마스크를 착용하여 주십시오. 독감, 노로바이러스 등의 유행과 확산이 예상되는 경우 부득이 공장 견학을 중지할 수 있사오니 양해하여 주시기 바랍니다. 如果您有咳嗽等的症状,请戴口罩。 (如果预测流感或诺如病毒暴发或传播的情况时,可能不得避免停止工厂参观。 敬请谅解 ).

次の

ビール工場見学|福島工場|アサヒビール

アサヒ ビール 工場 見学 予約

工場見学一時休止のお知らせ この度、新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、感染防止のため、 2月22日(土)から当面の間工場見学を休止させていただきます。 皆様には大変ご迷惑とご不便をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、 ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 尚、見学再開につきましては、日程が決まり次第、当社ホームページでお知らせ致します。 Notice of temporary suspension of factory tour In response to the spread of the new coronavirus in Japan, The factory tour will be suspended from February 22 Saturday. We apologize for any inconvenience this may cause. Thank you for your understanding and cooperation. We will inform you of the reopening schedule by our official web site. 明石工場では、「三ツ矢サイダー」、「アサヒ 十六茶」などのペットボトル製品をはじめ、「WONDA」、果実飲料などのびん・缶製品などを製造しています。 工場見学では、ガラスごしに製品の製造工程をご覧いただき、工場で作られた「三ツ矢サイダー」の試飲をお楽しみいただけます。 また、「三ツ矢サイダー」の歴史が楽しみながら学べるミュージアムやギフトショップも併設しています。 原材料にもさわることができます。 ゲストホール 明石工場でつくられた三ツ矢サイダーを試飲いただけます。 三ツ矢サイダーミュージアム• オリエンシアター• 三ツ矢のはじまりコーナー• あわが顔になっちゃう!? シュワシュワスクリーン• ギフトショップ 受付時間:9:00~17:00• 整備などによる指定休日がございます。 その際は工場見学・予約受付もお休みとなります。 ご予約の際は、電話番号をご確認のうえ、おかけ間違いのないようお願いいたします。 都合により製造ラインが稼動していない場合がございます。 その際は映像にて稼動時の様子をご紹介します。 安全衛生管理上、発熱・咳・下痢などの体調不良の方、および酒気帯びの方はご入場をご遠慮いただいております。 (インフルエンザ・ノロウイルス等の流行・感染拡大が予想される場合、やむを得ず、工場見学を中止する場合がございます。 ご了承ください。 食品工場のため、衛生管理上、食品のお持ち込みはご遠慮いただいております。 ペットを連れてのご来場はご遠慮いただいております。 ただし、お体の不自由な方の補助犬はこの限りではありません。 お車でご来場の際には、環境保全のため、アイドリングストップにご協力ください。

次の

ビール工場見学|吹田工場|アサヒビール

アサヒ ビール 工場 見学 予約

アサヒビール名古屋工場の基本情報 アサヒビール名古屋工場へのアクセス 電車で行く場合は、JR中央線の「新守山駅」で下車し、歩いて15分ほど。 JR「名古屋駅」から「新守山駅」までは約15分の乗車時間にとなります。 車で行く場合は、名古屋第二環状自動車道「勝川I. C」より約10分 東名・中央高速道路「春日井I. C」より約20分 駐車場が無料であるのは嬉しいとろこですが、数に限りがあるため、事前に電話予約で当日駐車できるかの確認をしましょう。 また、電車でのアクセスもしやすいので、ビールの試飲が目的の方は電車を使いましょう。 アサヒビール名古屋工場の工場見学ができる時間 個人で工場内を見学することはできないので、工場見学ツアーに参加する必要があります。 9:30〜15:00の間に行われる工場見学ツアーに参加しましょう。 アサヒビール名古屋工場の工場見学にかかる時間 約75分。 最後の試飲もこの時間に含まれます。 アサヒビール名古屋工場の工場見学の予約方法 工場見学をする際は 事前に予約をしましょう! 2〜5名で車以外の交通手段で行く場合でしたら、 インターネットで予約することができます。 上記以外の人数や車で行く場合などは、 電話で予約しましょう。 私は車での来場でしたので、電話で予約しましたが、電話対応の方はとても明るくすんなりと予約できたので、インターネットで個人情報を入力するのが面倒な方も、電話で予約するのがオススメです。 アサヒビール名古屋工場の工場見学の内容 時間になると、担当のツアーガイドの方が登場し、簡単な挨拶や名古屋工場についての概要、注意点、本日の試飲銘柄についてなど軽くお話しされ、工場見学がスタートします。 写真撮影は一部を除き可能です( 録画、録音は禁止)。 名古屋工場は、受付から工場の入り口まで外を歩いて行きます。 発酵貯蔵タンク 全国のアサヒビールの工場の中で、 名古屋工場のみこの貯蔵タンクを間近で見ることができます。 高さ約20mあるタンク1本の中には、400㎘のビールが入ってます。 400㎘というと、350㎖の缶ビールが約110万本分! 1日に1缶飲んだとしても、3100年はかかるそうです・・・ 名古屋工場にはこのタンクが130本あります。 工場入り口 そして、工場入り口へ。 雨の日は、受付から屋根のある通路があるので濡れる心配はありません。 工場の入り口を入るとモニュメントホールがあり、ビールの原材料であるポップの花や大麦などを瀬戸焼で表現した壁がありました。 また、水が湧いており、名古屋工場は木曽川水系のお水を使用しているとの説明がありました。 アサヒビールの工場は全国にありますが、その土地の水質はそれぞれ違うので、アサヒビールの水質基準というものがあり、それに合わせているそうです。 仕込み 階段を上り仕込み槽へ。 ( 工場内はエレベーター、エスカレターが完備されているので車椅子の方や足の不自由な方でも大丈夫です) ここでは、原料の大麦やアロマホップについてや、麦汁の作り方について説明があります。 大麦の試食があるので、アレルギーのない方は挑戦してみましょう。 噛むほど香ばしくて、意外と美味しく感じます。 アロマホップは試食することはできないのですが、実際に触って香りを嗅いでみることができます。 ホップの香りには安眠の効果があるようで、チェコではホップ枕があるそうです。 またスーパードライには、米やトウモロコシの粉も仕込みの段階で投入されているそうです。 そして、ビール酵母についての説明もありました。 酵母はお酒作りで重要な役割があり、糖分を食べアルコールを作ります。 そしてこの酵母こそが、味の決め手になります。 スーパードライのビール酵母の特徴は、糖分をよく食べ、食べ残しが少なく、デリケートなんだそうです。 このビール酵母による、アルコール発酵を1週間経たのちに「 若ビール」というものができます。 そして、最初に見た発酵貯蔵タンクで数十日間熟成させます。 原材料から製品ができるまで、約1ヶ月かかるそうです。 品質管理室 貯蔵タンクの後はコントロール室へ。 ここは 写真が禁止区域になります。 この場所で、原料から製品にいたるまで全ての品質管理をしています。 基本は精密機器で数値化するのですが、官能検査もあります。 ビールの場合は喉越しが大切なので、吐き出すことはせず、飲み込むそうです。 (大変だ・・・) 名古屋工場には8名の官能検査員の方がいらっしゃいます。 濾過 フィールターでビール酵母を取り除き、クリアなビールにして行きます。 ビールを缶に充填 濾過したビールを缶に充填して、蓋をします。 1分間に1500缶の缶ビールが出来ているそうです。 名古屋工場では、1日に350㎖の缶ビールを340万本作っているそうで、発酵貯蔵タンクが3本分なくなる計算になります。 上部の蓋が取れた状態でビールが詰められます、ビールは酸素が苦手なので、炭酸ガスを吹きかけてからビールを充填し、入れ終わった後も炭酸ガスを吹きかけてから蓋をします。 また全国のアサヒビール工場の中で、 名古屋工場にしかない、135㎖専用の缶ビール充填機も見る事が出来ます。 箱詰め 段ボールに詰める作業の前に、缶ビールに異常がないか 空間内面検査機で1本ずつ検査します。 2時間に1回は不良のものを流し検査機が正常に動いているかチェックしているそうです。 段ボールの組み立てから、箱詰めまで全て機械で行われています。 もうすぐお花見の季節という事で、今回は季節限定のピンク色のデザインでした。 環境への取り組み 工場の最後には、アサヒビールが取り組んでいる環境保護についての説明がありました。 ビールの試飲 工場見学が終わったら、試飲会場へ向かいます。 今回試飲ができたのは、• スーパードライ• ドライプレミアム 豊醸• ドライブラック 車を運転する方には、ソフトドリンク(十六茶、カルピス、アサヒドライゼロなど)がありました。 そして、おつまみにはなだ万が監修するおかきが1人1袋。 最後にツアーガイドの方が、家庭でのおいしいビールの注ぎ方を実演してくださった後、簡単な挨拶があり工場見学ツアーが終了となりました。 アサヒビール名古屋工場 工場見学の感想 私が今回参加したアサヒビール名古屋工場の工場見学ツアーには、他にも10名ほどの方が参加されていました。 アサヒビールのガイドの方が「多い時だと1人で50名のお客様を案内する」とのことでしたので、ゆったり見学できたのかなと思いました。 最後の試飲でも、試飲できる時間は決められていますが、20分くらいあったので、ゆっくり飲み比べする事ができました。 アサヒビールのガイドの方はとても明るくて、質問などあれば親切に対応してくださいます。 また、定期的に子供も参加できるイベント(カルピス講座など)もしているので、家族でそのようなイベントに参加して見るのもオススメです。

次の