遊戯王 幻魔 デッキ。 「ストラクチャーデッキ-混沌の三幻魔-」3箱で作る【三幻魔】デッキを紹介!!

【遊戯王】 3箱で全てを制する! 三幻魔 デッキ紹介 【ゆっくり解説】

遊戯王 幻魔 デッキ

永続魔法・罠に求めるもの 三幻魔デッキでは永続魔法・罠は「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」の特殊召喚のコストに使用します。 「神炎皇ウリア」は永続罠、「降雷皇ハモン」は永続魔法をそれぞれ3枚墓地に送って召喚しなければなりません。 基本的にモンスターと違って魔法・罠というのは数を用意しにくいです。 モンスターを特殊召喚する効果は数あれど、永続魔法・罠を持ってくる効果というのはそこまで多くありません。 永続魔法・罠には強力な汎用的に使えるカードこそたくさんありますが、使いやすいカードを多く入れればそれでいいとは考えにくいです。 「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」の特殊召喚時に3枚のカードを失うことを考えると、いくら強力なカードを採用していても結局はコストとして使用していくもの。 効果は重要ですが、どちらかというとコストとしての使いやすさを重視するべきと言えるでしょう。 汎用的な永続魔法・罠カードは入れてもいいですが、それをメインとするのではなくあくまで空いた枠に入れるなら永続魔法・罠にしておこうくらいの気持ちの方がいいかもしれません。 そうなると 永続魔法・罠をよく使うテーマの力を借りるのが良いでしょう。 テーマに属した永続魔法・罠は専用のサーチが可能な場合が多く、安定して手札に持ってくることができます。 汎用的な永続魔法・罠はサーチが効かないのでどれだけ引けるかの勝負になりやすく、召喚コストとして扱いにくいですが、テーマに属したカードであればコストとして使用する算段もつきます。 永続魔法・罠を扱うテーマ 炎星 永続魔法・罠を扱うテーマとしてまず思い浮かぶのが炎星です。 炎星は炎星モンスターと永続魔法・罠である炎舞を使用するテーマです。 炎星モンスターには条件を満たせばデッキから炎舞を持ってくることのできる効果が多く、「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」の召喚コストを供給してくれます。 リンクヴレインズパック2で「炎星仙-ワシンジン」が登場したのも追い風です。 「炎星仙-ワシンジン」によって、炎星モンスターのコストとして使用する炎舞は墓地に送らなくて済むようになりました。 炎舞を場に残しやすくなったことで、より場の炎舞を揃えやすくなりましたね。 真竜 永続魔法・罠を扱うテーマとしてもう1つ挙げられるのは真竜です。 真竜はアドバンス召喚を主体とするテーマですが、リリースコストに場の永続魔法・罠を使用できるようになっています。 その関係上永続魔法・罠を供給する効果が多く、こちらも場に永続魔法・罠を用意しやすくなっていますね。 真竜の永続魔法・罠自体に強力な効果が多いのも魅力です。 かつて環境デッキに入っていたこともあり、真竜カードのカードパワーは高めです。 ドロー効果が多く、テーマ外のカードを引き込みやすくなっているのも良いですね。 三幻魔デッキでは「暗黒の召喚神」のようなテーマ外のカードも普通に扱うので、それらを引き込める可能性が高いのは使えます。 テーマの選択 三幻魔デッキに必要なものとは 炎星と真竜を紹介しましたが、 今回は真竜を使用していきましょう。 主な理由は• サーチ条件が緩い• 除去効果が豊富 というところです。 サーチが簡単=場に揃えやすい 炎星にも炎舞をサーチする効果がありますが、戦闘ダメージを与える必要があったり、戦闘破壊を必要としたり条件がやや厳しいものが多いです。 対して真竜モンスターもサーチ効果を持っていますが、条件は「アドバンス召喚に成功した自身が場にいる時に、相手がカードの効果を発動する」と非常に緩いものです。 アドバンス召喚のギミックさえ取り入れてしまえば、半自動的に真竜カードを供給できます。 三幻魔の召喚コストは重く、少しでも多くの永続魔法・罠をデッキから集めてきたいところです。 なので、真竜の持つ条件の緩いサーチは非常に役立ちますね。 除去効果で展開をカバー 真竜永続魔法・罠はフィールドから墓地に送られると相手のカードを破壊することができます。 三幻魔には除去効果は乏しく、またコンボデッキであるために枠を割きづらいです。 できれば自然に除去ギミックを入れたいところ。 真竜永続魔法・罠は全て除去効果を持っており、非常に優秀です。 「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」の召喚に使用したときも効果を使えるので、三幻魔を召喚しつつ相手のカードを除去することも可能です。 やはりコンボデッキと言えども相手のカードを破壊する手段は入れておきたいもの。 真竜を採用しておけばムリなく除去を補えるのは大きいですね。 まとめ 三幻魔デッキでの永続魔法・罠について考えました。 コストが重いのでコストとして使用するためにはある程度テーマの力を借りたいところです。 真竜は三幻魔デッキに欲しいものを良い感じに満たしてくれるので、ひとまず真竜を使用する方向でデッキを考えていくことにします。 次に考えるべきはアドバンス召喚のギミックですね。 「暗黒の召喚神」がレベル5ですし、真竜モンスターはアドバンス召喚をしなければ効果を発動できません。 真竜モンスターは永続魔法・罠をリリースすることでも召喚できますが、永続魔法・罠は三幻魔のコストにもしたいので、別の方法も用意しておきたいところです。 というわけで次回はアドバンス召喚のギミックについて考えていくことにしましょう。

次の

『ストラクチャーデッキ-混沌の三幻魔-』残りの新規がキタぞ!

遊戯王 幻魔 デッキ

遊戯王カード。 「三幻魔デッキ」を作ってみたので、デッキ診断をお願いします。 入れた方が良いカード、抜いた方が良いカードなどあれば、アドバイスがあれば教えて下さい。 カードが充実してきたOCGでは、三幻魔と相性がいいカードも増えました。 まず、私なら抜くカードは ・サファイアペガサス(事故りやすく使いづらい) ・補給部隊(強力なカードではあるけど貴重なモンスターが破壊されて困るのはこちら。 ) ・カードトレーダー(ただ事故率あげるだけ。 このカード以上に引きたいカードがもっとある) ・サイクロン(このようなカードは永続魔法・永続罠でなければ入れる価値がない。 事故る) ・打ち出の小槌(上二つの理由と同じ) ・封印の黄金櫃(2ターンも待てない、相手はこちらのカードをどんどん割ってくる) ・グラヴィティバインド(エクシーズがいる以上、あまり機能しない) ですね。 詳しい説明を踏まえ、相性のいいを紹介したいと思います。 見たところによると【天変地異コントロール】ベースにしているようですね。 wikiには【天変地異コントロール】と合わせるのは現実的ではないと書いてありますが、そんなことはないと思います。 何しろ事故が怖いですから、天変地異と宣告のコンボなどで手札を増強しないとやってられないです。 ・『リチュア・ディバイナー』『深海のディーヴァ』 【天変リチュア】で使用される基本的なカードたち。 ディバイナーはトップを宣言し当たればそのカードを手札に加えられるので天変地異とは相性抜群です。 またデーモンの宣告ともシナジーがあります。 投入枚数は1~2枚まで。 積みすぎると事故ります。 そして、ディバイナーを持ってこれる深海のディーヴァは優秀で、ディバイナーの効果を使った後にシンクロできます。 シンクロが優秀ですので、3積みを推奨。 ・『ラヴァルバル・チェイン』 1番重要と言っていいカード。 最低でも1枚はエクストラにないときついです。 できれば2枚以上入れておきたいくらいです。 デッキトップの操作と墓地肥しをこのカード1枚でこなしてくれます。 トリックデーモンなどを落として宣告をサーチしたり、トップを操作して宣告やディバイナーでドローしたり、擬似的ななんでもサーチに成り代わる重要なモンスターなのです。 縛りなしのランク4エクシーズというのもあり、このデッキに入れない理由がありません。 ・『ヴォルカニック・ロケット』『終末の騎士』 召喚・特殊召喚時に発動するモンスター。 ブレイズキャノンのサーチと闇属性を墓地に落とす役割を持っています。 このカードとサファイヤ・ペガサスとで似ていますが、私はヴォルカニック・ロケットをお勧めします。 ペガサスは複数枚引いてしまうと効果を発揮できないところや、勝手に魔法・罠ゾーンを埋めてしまう点、自力でサルベージできないという欠点があります。 ブレイズキャノンが召喚僧のコストになる点やヴォルカニック・ロケットの効果でサルベージできる点を考えると、このカードのほうが臨機応変に対応できると思います。 複数引いても問題はないので3積み安定です。 終末の騎士で墓地に送るモンスターはトリックデーモンとのちに記述するBF-精鋭のゼピュロスです。 これらのモンスターを墓地に送れるのは魅力的ですが、1~2枚と投入枚数は控えたほうがよいです。 ・『BF-精鋭のゼピュロス』 墓地から特殊召喚できる闇属性・レベル4のモンスター。 このカードはありがたいくらいデッキにシナジーしてくれています。 400ポイントを払い表カードを手札に戻すだけで蘇生する効果は使い終わったリビングデッドの呼び声やデモンズチェーンなどを使いまわすことができます。 安全地帯を戻すことで相手モンスターを除去することもできます。 そのあとはチェインなりトリシューラなりなんでもござれです。 邪魔な永続をどかしたい時なども役に立つでしょう。 是非ピンで入れておきたいカードです。 魔法・罠に関しては、強力なドローソースの『強欲で謙虚な壺』、万能蘇生カード『死者蘇生』、主要カードや三幻魔をデッキに戻す『貪欲な壺』、ヴァルカンやゼピュロスで使いまわせる強力な永続罠『リビングデッドの呼び声』『デモンズ・チェーン』『安全地帯』などを積むとよいでしょう。 エクストラも、汎用ランク4やレベル5・6・9のモンスターを入れていけば、自ずと決まってくると思います。 どうでしょうか、私はお役に立てたでしょうか。 私が研究してわかったことはこのくらいです。 私のほかに三幻魔のデッキを組んでいる人がいることを知り、喜んでこんな長々と書かせていただきました。 どうか三幻魔を愛してあげてください。 以上で回答を終了させていただきます。 ありがとうございました。

次の

「ストラクチャーデッキ-混沌の三幻魔-」のおすすめカード12選!

遊戯王 幻魔 デッキ

自分フィールド上に存在する3体を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。 相手がモンスターを召喚する度に自分フィールド上に(悪魔族・闇・星1・攻/守1000)を1体特殊召喚する。 このトークンは攻撃宣言を行う事ができない。 1ターンに1度だけ、自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる事で、このターンのエンドフェイズ時までこのカードの攻撃力は生け贄に捧げたモンスターの元々の攻撃力分アップする。 1 10 0 0 このカードは通常召喚できない。 自分フィールド上に表側表示で存在する罠カード3枚を墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。 このカードの攻撃力は、自分の墓地の永続罠カード1枚につき1000ポイントアップする。 1ターンに1度だけ、相手フィールド上にセットされている魔法・罠カード1枚を破壊する事ができる。 この効果の発動に対して魔法・罠カードを発動する事はできない。 2 10 4000 4000 このカードは通常召喚できない。 自分フィールド上に表側表示で存在する永続魔法カード3枚を墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。 このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。 このカードが自分フィールド上に表側守備表示で存在する場合、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。 2 8 3000 2500 このカードは通常召喚できない。 相手フィールド上に存在するモンスター2体をリリースし、手札から相手フィールド上に特殊召喚する。 自分のスタンバイフェイズ毎に、自分は1000ポイントダメージを受ける。 このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。 3 5 0 0 の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードをリリースして発動できる。 のいずれか1体を手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。 このターン、自分のモンスターは攻撃できない。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキからのいずれか1体を手札に加える。 3 制限 4 1400 1200 このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから1体を選択して墓地に送る事ができる。 3 4 0 0 自分の墓地に存在する効果モンスター1体を選択し、ゲームから除外する事ができる。 このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、このカードはエンドフェイズ時まで選択したモンスターと同名カードとして扱い、選択したモンスターと同じ攻撃力とモンスター効果を得る。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。 このモンスターの戦闘によって発生する相手プレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。 3 準制限 4 1700 1600 このカードは手札からレベル5以上の1体を捨てて、手札から特殊召喚する事ができる。 1ターンに1度、手札から1体を捨てる事で自分のデッキから1体を選択して墓地へ送る。 3 4 1400 1100 このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキから攻撃力1500以下の1体を自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。 自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、手札から攻撃力2000以下の1体を特殊召喚する。 3 1 0 0 相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動する事ができる。 このカードを手札から特殊召喚し、バトルフェイズを終了する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。 2 制限 自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚手札に加える。 3 自分の墓地に存在する攻撃力1500以下の1体を手札に加える。 1 制限 自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。 3 の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンのは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。 2 :自分のモンスターゾーンにのいずれかが存在する場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 3 1 :フィールドのレベル10以上のモンスターは効果の対象にならず、効果では破壊されない。 2 :フィールドのレベル10以上のモンスターが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。 破壊されたモンスターのコントローラーは1000ダメージを受ける。 3 :フィールドのこのカードが効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。 デッキから1体を手札に加える。 3 12 0 0 ++ 自分フィールド上に存在する上記のカードをゲームから除外した場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(カードは必要としない)。 このカードは戦闘によっては破壊されない。 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードの攻撃力は自分ターンのみ10000ポイントアップする。 相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊し、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。 の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 そのモンスターはターン終了時まで、そのモンスター以外のカードの効果を受けない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 相手ライフに2000ポイントダメージを与える。 閲覧数 27248 評価回数 11 評価 78 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の