お な 禁 効果 高める。 おな禁と筋トレには相乗効果あり!効果を知ってモテる男になろう!│美容男子

おな禁は意味ない!?根拠のない効果を鵜呑みにして後悔しないためのメモ

お な 禁 効果 高める

今回は禁欲についてですが、皆さんは禁欲について詳しくご存知でしょうか? 禁欲というのは射精をしないこと、つまりはセックスやオナニーをしないということです。 俗にいうオナ禁というのが禁欲になるのですが、それは 性欲を禁ずることにより昇華させるということになります。 昇華という難しい言葉を使いましたが 昇華というのは「一段上の状態に高める」という意味があり、禁欲することによって身体的、精神的に高めるという効果があります。 実際には男性の約8割の方は毎月の不定期にオナニーをするという結果もあり、本記事を見ている方でも禁欲、オナ禁をしている方は少ないかと思います。 今回は禁欲、オナ禁という方法を使って昇華させる色々な体に起こる変化を紹介していきます。 ボクサーや格闘家など試合前にオナ禁をするのは有名な話ですが、 男として格闘家として強くなるなどの部分はメリットとしては大きいですよね。 禁欲はメリットが非常に多いので最後までぜひ読んでいただき、今までの自分よりも更に昇華させましょうね。 禁欲をする方が求めている最大の効果はテストステロン数値を高めるということでしょう。 テストステロンというホルモンは男性ホルモンの一種です。 そのため、テストステロンが高いことによって得られるメリットは次のようなものがあります。 男らしく魅力的になる• 筋肥大効果が高くなる• ネガティブ思考にならない• 自分は強いという心理的な余裕が生まれる• スポーツなどのパフォーマンスが上がる• 日々の眠たい、だるいなどの身体的な改善が期待できる など数えるとキリがないぐらいメリットが豊富です。 男性ホルモンというだけあって男らしくなるメリットが多く、世界的に実践している方が多いです。 私の周りでも禁欲することによって女性にモテるようになったと言う友人も複数いるため、モテるための方法として効果的でしっかりとした意味があるということではないでしょうか。 禁欲をすることによって禁欲開始日からだんだんテストステロン数値は上がっていくのですがピークは7日目になっています。 7日目以降は禁欲をしていてもテストステロン数値は横ばいになってしまうので、 7日間を基準に禁欲を解禁するようにするのが長く続けるコツになります。 メリットが多い禁欲ですがデメリットと感じる部分も当然ながら存在します。 それは テストステロンが高くなるほどムラムラしてくるということです。 あまり性欲が無い方にとってはデメリットにはなりませんが、普段から性欲が強めの人であればかなり苦しいものになります。 それに加えて 筋トレをするとテストステロン数値も高まるため、筋肥大を目的とする場合は禁欲に加えて筋トレをすることがおすすめなのですが性欲を抑えることには相当な辛さが予想されます。 ですが テストステロン数値のピークは7日目なので、そこを目標として設定し達成した際には解禁するという決めておくことが長続きするコツです。 なかなか禁欲7日まで続かない方もいますが少しでも禁欲できればそれだけでも意味がありますので、メ リットとデメリットを比べてもらいメリットの方が多いと感じた方は実践してみてください。 禁欲が影響するのは筋トレの筋肥大や男らしさだけではなく、ヨガにも大きなメリットがあります。 ヨガというのは最近人気のフィットネスですが、 根本的には生命エネルギーを高める為に瞑想をしたり色々なポーズを取ります。 ヨガに対してダイエット効果があるだけと認識している方もいるかもしれませんが、元々は体内のエネルギーを高めることを目的としていると覚えましょう。 ヨガの教えの中にも禁欲の教えはあり、禁欲と生命エネルギーの関係について書かれているのです。 ヨガでいう禁欲というのは ブラフマチャリヤという言葉があり、禁欲することによりエネルギーを守り身体活動を活発化させましょうという教えです。 ヨガで禁欲をするというよりはヨガの世界でも禁欲はメリットがあると認識されており、 性エネルギーを温存することによって昇華できるという考え方は先ほどの禁欲によるメリットと同等の考えとなりますね。 オナ禁をするメリットですが根本的には禁欲するメリットと同じです。 ただ一つ知っておいて欲しいのは セックスによって射精する場合よりも、オナニーによる射精の方がテストステロンの下がり方が多いという研究結果があります。 男性の方ならわかるかと思いますがセックスでの射精よりも、 オナニーでの射精の方がだるいと感じるかと思います。 だるい状態からわかるように自慰行為での射精はテストステロン数値をより下げてしまうので、 射精するのであればパートナーとのセックスで射精するようにしましょう。 筋肥大させたり男らしくなるなどのメリットを継続させる方法としては、 禁欲の解禁時にどのように射精するかを意識するのがコツです。 ですがオナニーをしていても禁トレなどのテストステロン数値を高める行為をしていれば、禁欲をしていなくても一定のテストステロンは確保できます。 オナ禁できなければ意味がないということではなく、本記事で色々言っている メリットは全てテストステロンと生命エネルギーが影響しています。 禁欲、睡眠、筋トレなどテストステロン数値を高める行為をなにかしらやることが、男として恩恵をしっかり受けるコツです。

次の

【おな禁120日達成!】おな禁効果は本当にあるのか?【体験談】

お な 禁 効果 高める

おな禁効果を最大化させたいと考えているならエロ禁は必須。 というかそもそもおな禁を継続したいのであればエロ動画は絶対に観ない方が良い。 エロ動画を見ることによる害が大きすぎる。 あなたがおな禁者ならおな禁生命たるおな禁100ポイントを所有している。 オナニーによるダメージが50ならエロ動画のダメージは50。 エロ動画だけでも半分死んだも同然。 それくらいにエロ動画は破壊力がある。 おな禁者としてしこらないけどエロ動画だけは観させてくれっていうのは甘えでしかない。 お前はおな禁者としての矜持を忘れたのか? またエロ動画を観て寸止めでしこったり汁遊びしてるやつに関してはおな禁界から流刑の罪に処す。 言っておくが私は何も「エロ動画を観るなんて退廃している」と嘆くモラルおじさんではない。 しっかり根拠があって言っているのだ。 これはもう当たり前すぎで説明するまでもないことだろう。 オナニーしてしまえば速攻でオナ猿の暗黒の世界へと連れ戻される。 せっかく積み重ねてきたおな禁ポイントが一瞬で水の泡となる。 おな禁というのはALL OR NOTHINGの世界なのだ。 「今日くらいエロ動画観てもいっか」とエロ動画を観れば絶対にオナニーしたくなる。 一度オナニーを再開してしまえばあなたはもうその目先の快感に抗えない。 そして「今日くらいいっか」「今日くらいいっか」と欲に負け続けていつの間にか性欲に振り回されるオナ猿に戻っているのだ。 エロ動画にアクセスできないようにパソコンからエロ動画のメモリやブックマークは削除し可能なら拡張機能を使用してエロ動画サイトへアクセスできないようブロックしてしまうべきだ。 おな禁者はムラムラを刺激する要素はすべて排除すべきである。 自制心の欠落そのものである。 自制心とはつまり感情や欲望をうまく抑えたりコントロールする精神力のことである。 オナ猿のように毎日のようにオナニーすると自制心が欠落する。 これは容易に理解できるだろう。 エロ動画を観るのを我慢できないというのも同様に自制心の欠落を招く。 エロ動画を観ることすら我慢できないとすべての行為に対して自制できなくなりがちだ。 怠けものマインドが身についてしまう。 今日はしんどいから仕事ちょっと手を抜こう 今日はしんどいから筋トレするの止めよう こういった怠惰な思考回路が知らず知らずのうちに自分の行動をすべて支配するようになってしまう。 当然ながら仕事でも成功しづらいし異性からもモテなくなる。 自制心は仕事や恋愛で成功する上で相当に重要なファクターである。 1999年に実施された西ミシガン大学のによるとポルノコンテンツ視聴によって認知能力や意思決定能力、脳のワーキングメモリーの活動が低下するという研究が提出されている。 つまりは 頭の回転が悪くなるのだ。 これは私も実感がある。 特にオナ猿の時はコミュ障だったのだがおな禁を始めてから一気にコミュ障が改善した。 これはエロ動画を視聴することでダメージを受けていた脳の機能が回復したからだろう。 また エロ動画視聴によって幸福を司るドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどが過剰分泌されることも分かっている。 するとどうなるか。 会話の様な日常の生活での刺激に幸福を感じれず常にエロ動画のことばっかり考えてしまうようになる。 こうれなればもはやオナ猿の頃とあまり変わらないではないか。 おな禁には科学的な根拠の確認できる効果もある一方でプラシーボ効果的なところもある。 ただそのプラシーボ効果は侮れないものだ。 これは完ぺきなプラシーボ効果だが非常に有用だ。 エロ動画を観てしまうとこの気高いセルフイメージが形成されづらい。 それも無意識にだ。 そのためにはおな禁と同時にエロ禁することも絶対に必須である。 エロ動画を観てオナニーしないだけで本来の私たちのエネルギーが復活するのだ。

次の

【徹底解説】睡眠の質を高める方法!グッスリ眠れる5つの魔法!

お な 禁 効果 高める

研究・エビデンスベースで 11万5000文字で体系的にまとめた。 ネット上にも転がっているテストステロンに関する情報は ぶっちゃけこれ一冊でOK。 管理人7年間におよぶ実践研究の集大成。 セックス不足になりたくない人• 強いメンタル・本物の自信が欲しい人• 禁欲を始めようと思ったきっかけ まず第一にモテたいと思ったからである。 非モテってつらいよな。 一刻も早く抜け出したいよな。 あらゆるモテる方法を調べまくって出会ったのが、禁欲サイトである。 そのサイト名までは正直覚えていない。 はっきりと覚えていることといえば、禁欲の可能性を感じずにはいられなかったということだ。 「すげえやん!やってみるか!」 と 完全なノリで始めたのだった。 それは約4年半前の話である。 挫折も繰り返しているが、禁欲歴は4年半ある。 調べまくったその知見には自信がある。 当時ノリで始めた禁欲は、一回目の挑戦で64日を記録した。 今思い返しても、中々の根性・信念であったと自負している。 これらの継続によって テストステロンのベースが上がり、 今は特に何をしなくても モテるようになったからだ。 モテ効果やいかに 向こうから近づいてくる。 身体的な距離が近くなる、 というのは良く聞く 禁欲によるモテ効果である。 しかし僕の場合は 「強引に近づいてくる」 といったもの。 「え、怖い。 」 という表現が適切である。 向こうが積極的になるのだ。 ・タッチが増える ・飲み会では必ず隣の席に座ってくる、 ・付き合ってもいない人との初デートで「誘われる」。 これはそれぞれ全員別の 女性からである。 自分からも誘ったりするが、 向こうから誘われる回数が 明らかに増えた。 夢のような本当の話である。 ちなみにこの状態になるまで、 禁欲やら筋トレやらトーク力 の改善をし始めて3年経った頃である。 自分自信のモテる方向への変化 といえば明らかにトーク力 が身に付いた。 トーク力でいうと本当の意味での ディスり方も分かった。 仕事もできるようになり、 成績も常に一位。 その仕事の充実具合から オーラも出る。 それで更にモテるようになる。 気付けばテストステロンの量も 半端ではなくなっていた。 だって今、本当に楽しいもん。 ハッキリ言って非モテの男たちにとっては 人生の一番の楽しみを捨てるという大仕事であろう。 それをやめるという 「大変革」なのである。 そんなの効果が無い訳ないだろう! 自分の中にエネルギーを溜め込みそれを自分の外部に 「テストステロン」として放出しよう。

次の