コロプラ ドラクエ。 位置情報RPG『ドラゴンクエストウォーク』本日9月12日(木)に配信開始!

スクエニ・コロプラ株価が“かいしんの”伸び 「ドラクエウォーク」共同開発を発表

コロプラ ドラクエ

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ) 株式投資アドバイザー、証券アナリスト。 1986年、鹿児島県生まれ。 県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。 大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立し設立。 2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。 2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。 共同開発コロプラの利益は2倍に!? 過去の業績撃沈から復活なるか ドラクエウォークが流行中 コロプラ<3668>の株価が急騰しています。 きっかけは9月12日にスマホゲーム「 ドラクエウォーク」をリリースしたことです。 早速アプリストアのセールスランキングで1位を獲得し、収益への貢献が期待されています。 ドラゴンクエスト:7,600万本以上 ポケットモンスター:3億本以上 これを見ると、 ポケモンの方が圧倒的に売れていることがわかります。 その理由は、ポケモンが日本のみならず世界中で大ヒットしたことでしょう。 日本ではライバルに見えても、 世界的にはポケモンの方がリードしているのです。 もしこのままドラクエウォークがヒットし続けるとしたら、先行する「ポケモンGO」を基準に収益をある程度推定できます。 ポケモンGOは、リリース翌年の2018年に日本円で860億円の収益をあげたと言われます。 これを単純に売上本数で割ってみると、 ドラクエウォークはざっと220億円程度の収益が想定されます。 もちろん、ゲームの仕組み次第ではもっと効率的に収益を稼ぐかもしれません。 ミクシィ<2121>がリリースした モンスターストライクは、ゼロから1年で1,000億円以上を稼ぐ化け物になりました。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

ドラクエウォークで「スクウェアエニックス」と「コロプラ」の株価はどうなる…!?

コロプラ ドラクエ

昨日の大引け後に、スクエニ、コロプラの決算があったが、スクエニHD、4-12月期 3Q累計 経常は68%増益・通期計画を超過と決算内容は良好ではあったが、通期計画で上方修正がなかったという点から〝出尽くし〟の売りという感じになっているな。 そしてコロプラも決算内容としては 38億の黒字に急浮上と「ドラクエウォーク」の収益が牽引となり業績は改善となったが、同日に発表された【3911】Aimingの「ドラゴンクエストタクト」をスクエニと共同開発!という材料が「投資家が離れる切っ掛け」となったようだ。 まあコロプラはドラクエウォークのヒットで 〝株価が2倍を超える急伸〟そして業績を牽引しているとの決算内容だけに、「同業他社である【3911】Aiming」に 「ドラゴンクエストという同タイトルのゲームアプリ」が開発となれば、 「ユーザーが離れる」、 「ホルダーが離れる」という切っ掛けになるのは仕方ないと言えよう。 新たにヒットコンテンツ「ドラゴンクエストタクト」をスクエニと共同開発する【3911】Aimingだが本日STOP高をつけている。 ゲーム関連銘柄 注目 【3911】Aiming ドラゴンクエストタクトは、「ドラクエ」シリーズに登場するおなじみのモンスター達を指揮して戦うタクティカルRPG。 戦闘は「ドラゴンクエスト」ならではのターン制のコマンドバトルの要素を踏襲しつつ、マス目で区切られたバトルマップ上で、3Dで描かれたモンスターたちが白熱のバトルを繰り広げるのを楽しむことができるというアプリゲームとなっている。 まずこの【3911】Aimingだが、主にスマホやPC向けオンラインゲームを開発配信している企業だ。 『剣と魔法のログレス』などの、累計1000万人以上がダウンロードしたログレスシリーズが同社の最大のヒット作となっている。 直近の決算では主力タイトルである『剣と魔法のログレス いにしえの女神』や『CARAVAN STORIES』のKPI推移が低調に推移しているという事からも業績は今一つではあったが、今回のドラクエというヒットコンテンツを抱えるというのは業績に改善となる可能性は高い。 昨日の発表から本日STOP高張り付きとなっているわけだが。 リリースは2020年予定と、まだ確定していないという事からも現在は 「思惑先行」で株価を押し上げるという状況ではある。 同社の決算は2月14日を予定している 昨年コロプラが「ドラクエウォーク」発表した時は650円の株価が900円近くまでの上昇を見せ、その後600円割れまで落ちてから1800円の上昇という動きとなった事を考えれば、〝決算、そしてリリース日の予測など含め、今後ともゲーム関連の注目株となるだろう〟 ドラクエウォークの「急騰」で乗れなかった投資家が「熱視線」を送っているだけに注目度はかなり高いと言えるだろう。 株式 投資 は情 報が 命 2020年は「株式投資でガッチリ勝つ」というか勝てるこの相場は情報収集さえ徹底すれば…ガンガンに利益を出せる筈だ! 逆にいえば、 有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。 だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。 ならば… 株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ! 実際、などでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという 「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は 「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう! 今株式相場は非常に活況だ!そして日経平均が高く大型株のみ動意づいている相場という事は、まだ出遅れ株が多数あるという事だ! ここは攻撃の手を緩める必要はない!! むしろ強気で責めるべきところといえる! ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ! その有望銘柄を手にしたいなら「投資顧問」を利用するべきだ! いいか無料登録だけで来週から、有望な銘柄をバシバシ提供してくれるぞ! インターネットを活用して情報を集めるのも有効な手ではある。 たしかにインターネットの某巨大掲示板や一部の株ブログなんかでは、たまに本当に面白い情報が早い段階で手に入ることもある。 だがそんなケースは稀だし、少しでも情報が遅いと高値掴みのリスクだってある。 ならばどうするか? 一般的な個人投資家にとって最も有効でなおかつラクなのが 「信頼できる投資顧問を利用すること」だと当方は思う。 もちろん投資顧問もピンキリだ。 投資顧問サイトは星の数ほどあるが、本当に価値ある情報を教えてくれるとことは少ない。 実際、当方は数々の投資顧問会社に登録し、いろいろチェックしたことがあるがほとんどのところは クソだった。 クソなところは本当にクソ。 これだけは肝に銘じておくべき。 だが、厳選して信頼できるサイトだけを使うなら話は別だ。 本当にけっこう役に立つケースは多い。 すべての投資顧問に登録し比べたわけではないが 下記は当方が知る無料会員登録が可能な投資顧問会社5社をピックアップしたもの 、現段階で 当方がオススメできる投資顧問は下記のサイトである。 独断と偏見コミなので参考までにご覧頂きたい。 とにかく、実績がしっかりでている投資顧問をまとめた。 情報収取が命の投資家ならば、下記の投資顧問の銘柄はしっかりとチェックはしておくべきだろう。 とにかく実績重視という投資家には 株エヴァンジェリストをオススメしよう。 見てみればわかるが、まず目を引くのはサイト全面にあの「向後はるみ」さんがドーンと出ているところだろう。 向後はるみさんはラジオ番組も持ち、ロイターや株探など数々のメディアに執筆する有名なアナリストだ。 株エヴァンジェリストは向後はるみさんをストラテジー顧問の一人として迎え銘柄情報を提供してくれるらしい。 これは株エヴァンジェリストの特徴と言っていいだろう。 またこのサイトにはもう一つ目を引く部分がある。 それは下記の文面だ。 要約すると下記3点を全て抑えた銘柄を無料で提供してくれるとのこと。 自信がある証拠なのだろう。 また新しいサイトゆえ、新規ユーザーの信頼確保に全力をあげている姿勢ともとれる。 そして2019年の年末にはSTOP高を銘柄を1週間で2銘柄以上提供、2019年年末に提供の銘柄は+20%上昇がゴロゴロとでてきたのだ。 とにかく今乗っている投資顧問は間違いない!ネクストジェンなどは提供して2日で+40%の上昇しているぞ! 圧倒的な実績である。 無料銘柄でこれだけの数字をだしている理由はその銘柄の分析力によるものかもしれない。 有料プランでしっかり成績を出せるからこそ、無料で出す銘柄も精度が良いのだろう。 なぜそう考えるか?これは有料プランになるが成功報酬プランも相当に成績が良いらしい。 すでに、乱高下を繰り返す難しい令和相場で4500万円以上の利益を確定しているとの事だからだ! これだけ素晴らしい成績があれば株式投資の利益だけ悠々自適な生活もできるかもしれない。 一度は登録して試してみるべきサイトだ。 ここは何よりもまず無料情報の推移を見て欲しい。 ここが推奨した無料情報の推移は勝率がヤバすぎる。 45%という脅威の数字になる。 ハッキリ言ってこれは相当凄い数字だ。 「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率とは尋常ではない。 具体的には 【夢展望4. 32倍】【enish4. 17倍】【オンキヨー2. 57倍】などの大化け銘柄も輩出している。 無料でバンバン銘柄情報を配信してくれるので、チェックしておくだけでかなり面白いと思う。 オススメ。 だが話題性はバツグンだ。 と、いうのも代表を務める 「 高山緑星 こと 前池英樹氏」は株の世界では知る人ぞ知る人物。 20年以上にわたり歴史的大相場を的中させてきた人で、これまた株の世界で有名な「大岩川源太氏」とともにラジオNIKKEIで「源太緑星株教室」なる番組もやってるようだ。 したがって世間からの注目度は高い。 それに実力も今のところかなり凄いぞ。 HPの実績一覧を見てみてもなかなかデカい推移がズラリ並んでいる。 さらに… ココだけの話だが、ここは今登録すると「実力を証明する特選無料銘柄」とやらを即座に配信してくれる。 「実力を証明する為の銘柄」っていう以上、自信アリなヤツを見せてくれるハズ。 「これだけもらってとりあえず実力試し!」って手も賢い投資家のワザだと思うぞ。 筆者も登録している投資顧問会社で インターネット型の投資顧問としては老舗の部類に入るサイトである。 ここは当方が信頼を寄せている投資顧問の一社だ。 理由は単純だが、 推奨銘柄の推移でしっかりと上昇幅の大きいものを当てているからだ。 旬なテーマ株などを先読みしているケースも目立つし、ハッキリ言って情報の量・質に関して当方には文句のつけどころが無い。 まぁ細かい点を挙げれば無いこともないのだが、そんなのは重箱のスミをつつくようなものだ。 いずれにしても当方は株マイスターはオススメできる顧問さんであると自信を持って言える。 新規登録者には無料で銘柄をプレゼントしてくれるので未登録の方は試すべきだろう。 以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。 なお、当たり前のことだが一応断っておく。 上記の投資顧問会社を利用したところで 「確実に儲かる」という訳では無い。 株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。 だが一つ言える事は 上記のサイトはどれも相当情報が早い。 これは実際に使ってみれば実感できると思う。 株の情報は速度が命だ。 情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。 鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。 まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録までは ひとまず無料だ。 無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。 登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。 もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトにがあるのでそちらを見て判断してくれ。 カテゴリー• 657• 193• 796• 299• 2,208• 137• 117• また、当サイトでは投資に関する「助言」は一切行っておりません。 投資に関する最終決定はすべて利用者の判断にて行ってください。 なお投資方法・助言に関するお問い合わせには一切お答えできかねます。 当サイトに掲載している情報により被ったいかなる損害も当サイトでは責任を負いかねます。

次の

コロプラ決算「ドラクエウォーク」売上げ、取り分は?投資家達の具体的な推察まとめ!

コロプラ ドラクエ

ドラクエウォークは9月12日にサービスが開始され、リリースから1週間でなんと 500万ダウンロードを達成したそうです。 1日平均70万人近い人がダウンロードしたと思うと本当にすごいことだと思います。 サービス開始から一ヶ月もたっていませんが、タレントの有吉さんがハマってると公言してましたね。 ちなみに最近の位置ゲーのヒット作といえば任天堂のポケモンGoですが、こちらは全世界ですでに 10億ダウンロードを記録しています。 これに比べればまだまだ少ないですが、日本国内での認知度はドラクエも負けていませんので、今後もまだまだ増えるでしょう。 このドラクエウォークの好調な出発に呼応するように、同社の株価が急上昇、 連日のストップ高を演じました。 ほんのひと月前に発表された第3四半期決算では赤字ということで失望売りを誘いました。 上の図の一番底値のところです。 同社は例年第3四半期に広告などを大きく打つためですが、市場はかなり動揺したようですね。 結果論ですが、振り返るとこれが 絶好の買い時となっています。 同社の株価は8月終わりに7百円くらいだったで、この一ヶ月弱で、 実に2倍に化けたということです。 決算に踊らされることなく、ドラクエウォーク発売前から株を保有していた人がうらやましいですね。 そんな中、今からでもこのドラクエウォーク相場に乗ることはできるのかどうか考えてみたいと思います。 こうやって僕のような素人が飛びついた所でガツンと下がるのが相場の常で、さんざん痛い目を見てきたのですが、それでも自分の中で納得行く理由が見つかれば買ってみたいと思います。 今日は同社の過去の業績や今の株価水準を分析してみた内容をお伝えします。 結論から言いますと、僕はコロプラの株を買ってみようと思います。 というかつい先日買いました。 コロプラとは コロプラは主にスマホ向けゲームアプリを開発している会社です。 スマホアプリの先駆け的存在のKLabから独立し、2012年にマザーズ上場、2014年からは東証1部へ上場しています。 クイズRPGの魔法使いと黒猫のウィズがヒットし、続く 白猫プロジェクトは累計ダウンロード数が1億を突破しています。 出典:コロプラHP ディズニーツムツムも根強い人気で、今でも電車の中でやってる人を多く見かけます。 課金アプリは非常に利益率が良いことが想像に難くなく、作品がヒットすれば多大な利益が期待できます。 一方で、ミクシィやKLabなどのライバル企業も多く、人の興味も新しいもににすぐに移ってしまうので、確固たる地位を築くのも難しい業界だと言えるでしょう。 コロプラの業績 コロプラの株を買うかどうかを考えるにあたり、まずは直近の業績をみて行きましょう。 昨年の売上、利益 コロプラの決算資料を簡単に整理しました。 (百万円) 2018年 売上高 45,776 経常利益 6,097 純利益 4,192 ROE 6. 上場以来、通年で赤字になったことはありません。 ただし、後述しますが、白猫プロジェクトがヒットした2015年ころに比べると売上高は下がってます。 また、ROE(自己資本利益率)が6%と、優良の目安とされる10%を切っていることも気がかりではあります。 ちなみに、その年によるでしょうが、同社は次年度の業績予想を開示しない方針だそうです。 ヒットが出るか出ないかで業績が大きく変わる、水物のような特性があるから仕方ないですね。 財務は健全 同社の財務諸表をまとめます。 総資産(百万円) 73,342 自己資本比率 93. また、有利子負債がゼロ、無借金経営というのもいいですね。 レバレッジをかけた企業経営をしていないので、借金で首が回らなくなる、などの心配はなさそうです。 この業界の株価は乱降下するので財務はあまり関係なさそうですが、それでも株を買う際のひとつの安心材料ではあります。 配当もがんばっている 同社はIT系企業にしては珍しく、配当もがんばっています。 2018年 配当金 17円 配当利回り 2. それでも配当利回りは高くはないですが、新興系の企業はゼロ配当が当たり前な中で、 株主還元の姿勢が強い会社と言えるでしょう。 KLabも配当ゼロです。 ちなみにコロプラの株主優待はありません。 ここ数年の業績は右肩下がり コロプラのIR資料に過去の業績ハイライトがありましたので引用します。 ここ数年は右肩下がりなのが見て取れます。 白猫プロジェクトや黒猫と魔法使いのウィズがヒットした後、 ここ数年ヒット作を輩出できていないのが原因です。 ドラクエウォークにかける期待もかなり大きいでしょう。 コロプラの株価推移 続いて過去10年の株価推移を見てみます。 株価も2014年をピークに右肩下がりですが、ドラクエウォークのサービス開始をきっかけに株価が同意付いたのが分かります。 長い目で見れば業績と連動している 上で引用した業績と株価の横軸スケールが違いますが、よく見ると連動しています。 当たり前と言えば当たり前ですね。 株価の方が業績を少し先取りした感じで動いていることも分かります。 コロプラの今後の株価を予想してみる 僕はコロプラの今後の株価に期待したいと思い、1口100株だけ購入してみました。 すでに数日ストップ高を付けた後で、乗り遅れ感は否めませんが、もしかするとまだまだ上がるかもしれないと感じたからです。 ドラクエウォークが白猫プロジェクトを超えられるかどうかが鍵 コロプラの収入源はスマホアプリへのユーザーの課金が大半を占めています。 今でも主力は白猫プロジェクトですが、身の回りにはこれに課金している人はいません。 一方のドラクエウォークは、30代から40代のドラクエ世代の、ある程度お金を持っているサラリーマンを中心にヒットしている様子で、すでに周りでも課金したという人がいます。 株を買う前に僕自身もダウンロードしてプレイしてみたのですが結構面白く、今までスマホアプリで課金したことが一度もない僕でさえ、 10連ガチャ引きたくて課金してみようかな、と思ってしまいました。 間違いなくポケモンGOよりも課金欲求は駆り立てられますね。 白猫プロジェクトがヒットした頃に株価が4,000円を超えていますので、 ドラクエウォークがこれと同じくらい人気がでれば同じ水準くらいまで戻っても全然おかしくありません。 こういう未来に僕は掛けてみたということです。 今年から来年にかけて新作が目白押し コロプラのIR資料を読んだところ、今年は6本の新作、来年には5本の新作ソフトが控えているそうです。 昨年が3作だったので、かなり開発に力を入れているのが分かります。 これら新作の動向にも注目したいと思います。 コロプラの懸念材料 最後にコロプラの株を保有するにあたり僕が懸念事項だと感じた点をいくつかお伝えします。 任天堂との訴訟問題が気がかり コロプラは現在任天堂に特許関係の問題で訴訟をおこされています。 詳しくは割愛しますが、これが全面敗訴という形で決着すれば、 株価が急落することが想像に難くありません。 同社の株を購入しようと考えている方は、こういった情報にも目を向けた方が良いでしょう。 すでにチキンレースははじまっている ドラクエウォークで動意付いた同社の株は連日すごい出来高で取引されています。 信用売買の量もすごいです。 特に 信用売りが激増していますね。 これらは今の株価は上がりすぎだと逆張りする人たちです。 信用売買している方は一時の波に乗ることが目的で、長期で株を保有する気がありません。 株価が上がるか下がるかの丁半博打にこれだけの人が参加している鉄火場と化しているということは、いずれこれらが清算され、 上か下かは分かりませんが、大きく株価が動くでしょう。 まとめ 今日はドラクエウォークをきっかけに株価が急騰しているコロプラ(3668)の業績を分析し、今後の見通しなどを予想してみました。 KLabなどもそうですが、この業界はちょっとしたニュースで ストップ高やストップ安を演じることが多く、保守的な僕は敬遠していたのですが、コロプラは期待できそうだと感じました。 日々の値動きは荒いのは分かっていることなのであまり気にせず、長期でしばらく保有してみようと思います。 ドラクエ相場は始まったばかりなのか、もう終わりなのか、その答えは誰にもわかりませんが、特に決算前後では大きく株価が動くのは間違いありませんので、同社の株の購入を検討されている方は、そういう株だという覚悟を持って買われた方が良いでしょう。

次の