トンイ 最終 話。 トンイの最終回結末(60話)のあらすじをネタバレ!大切なのは心だと教えてくれる感動のラストです!

トンイ(韓国ドラマ)の動画を一話から最終話まで無料でフル視聴する方法

トンイ 最終 話

【 韓国ドラマ トンイ あらすじと概要 】 2010年にMBCで放送された、根強い人気を誇る韓国を代表する時代劇!! 朝鮮王朝時代もっとも偉大な王になった英祖の母親トンイの生涯をスクチョンとの甘いロマンスを取り入れながら描いた作品!! トンイがスクチョンの側室にまで上り詰めた彼女の波乱万丈な人生を追ったドラマ!! 最下位の身分だったトンイが、その機転が利く賢さと、とんちを上手く使い回りを驚かせた!! 宮廷で様々な陰謀掛けられるトンイは息子ヨンジョを守り、自分の人生を切り開く事が出来るのだろうか。 【 トンイのあらすじとネタバレ 57話~60話 最終回 感想 】 トンイ 57話 粛宗はヨニン君が助かる唯一の方法を知り、国事を全くせずこのことについて考え続けた。 その結果、世子を王位にし、トンイを宮廷外へ追放するという決断をする。 これを受けてチョンスは粛宗に言い寄った。 トンイの望みが誤解されているのではないかと。 またトンイは、粛宗の決断に覚悟はしていたが、想像を超える決断であると感じとっていた。 そして粛宗からこう聞かされる。 世子に禅位することによって、ヨニン君、世子共に救おうというのだ。 これを聞き驚くトンイであった。 粛宗は行宮へ向かい禅位の準備を始めた。 内禁衛将やシム執義は猛反対だった。 しかしムヨルは粛宗の動きに警戒を示していた。 そして粛宗が禅位を考えていることを知るのだった。 それを受けて、粛宗がいない間に宮殿の全兵力を手にするムヨルであった。 トンイ 58話 チョンス達はチャン・ムヨルに宮内全兵力を手に入れられ危機感に苛まれていた。 ムヨルは中殿を操りトンイの出宮を早め圧力をかけた。 粛宗がいない間に出宮することになったトンイ。 チョンスたちは彼女の身の危険を感じ兵を集め守りを固めた。 しかし宮廷から出てきた行列は宴会へと向かう世子の行列であった。 これはムヨルの企てであった。 世子の行列を襲い、それをトンイが仕掛けたように仕向けようとしたのだ。 トンイはこの策に感づきチョンスに伝えようとする。 しかしすでに手遅れであった。 チョンスが世子を襲ったとして捕えられてしまっていた。 そしてムヨルは中殿の力を利用しトンイ達を捕えようとする。 しかしなんとムヨル自身が捕らわれてしまうのだった! トンイ 59話 トンイに策を見破られムヨルは捕えられた。 実は事前にムヨルが宮内の全兵力を手に入れた時点で粛宗に報告をしていたのだ。 そしてトンイは中殿にこう願いを伝えた。 ムヨルの本当の狙いと粛宗が禅位しようとしていることを信じてくれと。 最後の決め手は中殿にゆだねられた。 そして中殿はトンイを信じムヨルを捕えるように指示を出していたのだ。 粛宗のほうはというと・・・ トンイから手紙を受け取りムヨルの動きを行宮にいる兵に捜査するよう指示を出していた。 そしてついにムヨルの悪行は明るみになった。 しかし粛宗は禅位になることをやめようとはしなかった。 それを受け中殿はヨニン君を自身の養子に迎え、世子に継いで王位に就くことができるようにとトンイに伝えた。 トンイは喜んで受け入れた。 それはヨニン君のために。 そして自身は宮廷から出ていくと粛宗に申し出るのだった。 トンイ 60話 最終回 粛宗はトンイの熱い思いを止めることは出来なかった。 そして宮廷を出たトンイ。 イヒョン宮で暮らし始め賤人達のために行動を起こし始める。 それから1年の月日が流れた。 トンイの元にヨリという娘が訪れた。 無罪で捕まっている父親を助けて欲しいというのだ。 その願いを叶えるためトンイはヨシギ、チョンスたちと共に調査を開始する。 調べていくうちにこの事件のバックには宮内の両班と官僚の裏金が工作されていることが浮かび上がってきた。 最終的には粛宗によって官僚たちの罪を明るみにし、ヨリの父親も解放された。 ヨニン君はそんなトンイのひたむきな姿を見て自分も王として立派になることを心に決めるのだった。 さらに時は流れた。 ついにヨニン君が英祖となり王位を継ぐ時がきたのだ。 トンイの姿はもうこの場にはなかった。 しかし彼女自身の生きざまから教わった様々なことは英祖の中に受け継がれていった。 18 新着記事一覧.

次の

トンイの動画(日本語字幕)は最終回(60話)まで無料で見れる!Dailymotion・YouTubeはどう?がんばるトンイを応援しましょう!

トンイ 最終 話

張禧嬪は仁顕(イニョン)王后を呪詛した疑いをかけられて死罪になりました。 不可解なのは淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏です。 彼女のことを、ドラマ『トンイ』で描かれたような明るいイメージの女性だと想像すると、ちょっと違います。 果たして動機は? 1694年には淑嬪・崔氏を毒殺しようとした事件から政変が起こっていますし、1701年には彼女が自ら張禧嬪を粛宗(スクチョン)に告発して自害に追い込んでいるのです。 「大きな事件の裏に淑嬪・崔氏あり」という様相を呈しています。 実は、張禧嬪が仁顕王后を呪い殺す理由はありません。 仁顕王后は1年半も病床に伏していて、子供を産むことは無理なのです。 むしろ張禧嬪が警戒したのは淑嬪・崔氏です。 淑嬪・崔氏が粛宗の次男を産んでいたからです。 結局、張禧嬪が自分の息子を王にするためには淑嬪・崔氏が要注意でした。 それだけに、張禧嬪が淑嬪・崔氏を呪い殺そうとするならわかるのですが、仁顕王后を標的にするのはちょっと筋が通りません。 逆に言うと、淑嬪・崔氏は自分の息子を王にしようと思ったら、張禧嬪の産んだ子供が邪魔になってきます。 なにしろ世子なのですから。 淑嬪・崔氏のほうに張禧嬪を排除したくなる明確な理由があります。 確かに呪詛物はあったのでしょうが、誰が埋めたかわからないのです。 淑嬪・崔氏が埋めて自ら告発するというのも、ありえない話ではありません。 奇妙なことに、粛宗は張禧嬪を自害させる前の日に新しい法律を発令しました。 「今後一切、側室から王妃に昇格させない」というものです。 なんのために、こんな法律を作ったのでしょうか。 仁顕王后がすでに亡くなり、張禧嬪の死罪が決まれば、淑嬪・崔氏が空いた王妃の座に上がると思われても不思議はありません。 そんな状況で粛宗は側室から王妃になれないようにしました。 明らかに、新法の標的は淑嬪・崔氏なのです。 さらに、粛宗が新しい正室として仁元(イヌォン)王后を迎えたとき、淑嬪・崔氏を王宮の外に出してしまい、以後は一度も会った形跡がありません。 仁顕王后と張禧嬪を失った粛宗がさらに淑嬪・崔氏を寵愛するかと思いきや、逆にすごく冷たくなったのです。 ページ2に続く).

次の

韓国ドラマ トンイ あらすじ 29話~32話 感想

トンイ 最終 話

スポンサーリンク 韓国ドラマ「トンイ」あらすじ59話(視聴率24. トンイが事前に仁元王后のもとを訪れ、粛宗が王を退こうとしているという話をしていたのだ。 トンイの話を聞き、ムヨルに騙されたと気づいた仁元王后。 こうして、トンイとヨニングンを陥れようとしていた事が全てバレたのだ。 自分達の身を案じ、証拠を隠すのに必死なムヨルの仲間達。 しかし、全てソ・ヨンギによって暴かれてしまう。 ムヨルの悪行を知った粛宗。 粛宗は、ムヨルとムヨルに加担した者に処罰を下すことに。 粛宗と仁元王后が宮廷に残るよう説得するも、トンイは出ていくと譲らない。 ヨニングンを気にしながらも宮廷を後にするトンイ。 そんなトンイに、自分がヨニングンの力になると誓う世子だった。 スポンサーリンク 韓国ドラマ「トンイ」あらすじ60話 最終回(視聴率22. 貧しい人を救うために身を削った兄や父を見て育ったトンイ。 だからこそ、ヨニングンにも自分の姿を見せておきたかったのだ。 宮廷を出て、トンイは貧しい人々の話を聞く相談所を開くことに。 トンイのおかげで、人々は平和に暮らしていた。 誕生日のお祝いとして、人々から東屋を建ててもらう程、皆に愛されたトンイ。 ヨニングンは、そんな母の姿をしっかりと見つめるのだった。 月日は流れ、ヨニングンが王となる日がやってきた。 チョンスと共にトンイの墓を訪れたヨニングンは… スポンサーリンク 韓国ドラマ「トンイ」あらすじ58話~60話 最終回 の感想&ネタバレ いよいよトンイが最終回をむかえました~! ムヨルの悪巧みもバレ、仁元王后にも信用してもらえましたね。 しかし、宮廷を出ていくなんてトンイの母としての強さには本当に感嘆します。 そんな強く優しい母を持ったヨニングン。 ラストはヨニングンが英祖として王になりました! トンイの姿を見て育ったヨニングンは、きっと立派な王になったことでしょう。

次の