石川 啄木。 石川啄木・終焉地

石川啄木・終焉地

石川 啄木

石川啄木のローマ字日記に子孫もドン引き!作品と素顔がギャップあり過ぎ! 石川啄木の作品とローマ字日記とのギャップあり過ぎに子孫もドン引き! 石川啄木の「ふるさとの 訛なつかし 停車場の ひとごみの中に そを聴きにゆく」。 当時、東京に住んでいた石川啄木が、故郷である盛岡の方言がとてつもなく恋しくなり、「停車場(上野駅)ならば、同郷の人がいて、方言が聴けるかもしれない」との望郷の思いを情緒豊かに詠った有名な作品です。 26歳の若さで夭折した石川啄木の一般的なイメージは、「貧しい人生を送った文学青年」と称えられているようですが、実は、自らの女性遍歴と性体験を赤裸々に書いた「ローマ字日記」なるものを遺していたことをご存じでしょうか。 そのエロさといったら、どこぞのスポーツ紙に掲載されている官能小説も真っ青!石川啄木のいわゆる有名作品とのギャップあり過ぎの問題作です。 石川啄木本人は、「ローマ字で書いているから他人には読まれないだろう」と高を括って、「自分が死んだら燃やしてくれ」と妻に頼んでいたといいます。 それが、まさか白日の下に堂々と晒されてしまうとは本人も思っていなかったことでしょう。 石川啄木もそうでしたが、石川家の家系は代々短命です。 それでも直系の子孫の方々はいらっしゃるようですから、この「ローマ字日記」の存在にはさぞかし驚かれていることでしょう。 石川啄木の素顔は「真面目」ではなく「超浪費家」だった? 石川啄木(石川一)は、1886(明治19)年に、盛岡市の曹洞宗住職であった父と母(カツ)の間に生まれました。 4人姉弟唯一の男の子だったので、母カツは、石川啄木を溺愛したようです。 19歳で結婚した妻の節子や、親友だった言語学者の金田一京助とは、中学時代(今の高校)に知り合いますが、石川啄木は、「明星」の与謝野晶子に心酔し、中学を中退。 短歌の会を結成したり、上京して歌壇で注目を集めたりもしますが、結核を発症して故郷に戻ります。 それでも諦めきれずに1904年に再び上京した石川啄木。 翌年に妻節子と結婚するも、妻子を盛岡に残して、第一詩集「あこがれ」を、自費で出版します。 一見、文学一筋の真面目な青年のように思えますが、石川啄木は、お金に関して非常にルーズで、親友だった金田一京助をはじめ、借金をした友人は数知れず。 真面目どころか超浪費家で、その金額は、今のお金で1000万円以上になったといいます。 そのほとんどを女遊びに使っていたといいますから、「ローマ字日記」に書かれている内容は、石川啄木の現実そのものだったようです。 石川啄木代表作「一握の砂」有名短歌は?「初恋」の意味と解釈 石川啄木の代表作「一握の砂」冒頭の有名短歌の解釈は? 石川啄木の代表作といえば、24歳の時に出した「一握の砂」で、中には551首の歌が収められています。 その1つが、「東海の 小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたわむる」。 これは「一握の砂」の冒頭に書かれている短歌で、石川啄木の代表的作品として、教科書や参考書などでも紹介されています。 石川啄木は、故郷だった岩手を離れて上京しますが、一時は、原稿の依頼を受けて、北海道の函館に居を構えていました。 その縁で、函館市大森浜には、石川啄木の銅像が建てられています。 この歌は、その大森浜の情景を詠ったものだという解釈もありますが、肝心の大森浜に磯はありません。 また、そもそも磯と白砂が結びつくとも考え難いという指摘もあります。 そのため、現在では、この短歌は、浜の情景ではなく、石川啄木自身の心の様を詠ったのだろうと解釈されています。 石川啄木が「初恋」を詠った意味は? 石川啄木の有名な作品には、「砂山の 砂に腹這い 初恋の いたみを遠く 思ひ出づる日」もあります。 この「初恋」という作品も、同じく「一握の砂」に収められている短歌です。 26歳で夭折した石川啄木の人生には、「貧しさと結核」が付いて回りました。 夢を描いて上京したものの、故郷に戻らねばならなかったのは結核を発症したからです。 結核は、今でこそ深刻な病ではありませんが、当時は、発症を繰り返す不治の病でした。 そのため、石川啄木の心には、常に、「いつ死ぬかもしれない」との恐怖がありました。 そんな石川啄木が「初恋」を詠った意味とは、初恋こそが自分の青春、輝ける時期だったからでしょう。 砂に腹這い、蟹とたわむれながら、自らの人生を、掌からこぼれ落ちる一握の砂の儚さに例えたのかもしれませんね。 また、石川啄木の「初恋」は、昭和の初めに越谷達之助(こしたにたつのすけ)がメロディーを付け、美しい歌曲「初恋」として今も歌い継がれています。 石川啄木は愛される「人たらし」?どうして彼は許されたのか! 石川啄木が生まれた土地、盛岡駅正面の駅舎には、盛岡が生んだ偉大な歌人・石川啄木自筆の文字を集めて制作された「もりおか 啄木」というプレートが掛けられています。 もちろん、盛岡の人のみならず、日本を代表する歌人の1人として、石川啄木は有名です。 しかしながら、彼の私生活はといえば、友人たちに借金をしまくり、妻子を差し置いて女に走り、挙句の果てに、懇意になった女性たちにも借金をしまくる、人としての道を外れまくったものでした。 親友だった金田一京助は、石川啄木にお金を貸すために、宝物だった高価な文学書を売ってまで用立てたといいます。 なぜに人は、石川啄木にここまで尽くすのでしょう?石川啄木の人生は26年間という短いものでした。 しかしその間に、「一握の砂」「悲しき玩具」を世に送り出し、結核を患い、死と常に背中合わせだった石川啄木ならではの世界観は、今でも高い評価を受けています。 そんな石川啄木には、何とかしてやりたいという「危うさ」があったのではないでしょうか。 そして何より「才能」がありました。 一番の被害者だった金田一京助や、石川啄木の周囲の人間たちは、この「危うさ」と「才能」に心惑わされてしまったように思えてなりません。 「友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ」という短歌を見ると、自らを天才と称する自信家だった石川啄木も、己の本音を、一番の理解者だった妻には吐露していたようです。 自分だけに「弱さ」を見せてくれる、そんな様子がまた、周囲の人の心をつかんで離さない結果につながっていたとも考えられます。 その意味では、石川啄木は、天性の愛される「人たらし」だったといえるのでしょう。

次の

石川啄木 漂泊の詩人: 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花

石川 啄木

概要 [ ] 43年 、より初版が刊行された。 啄木は同年に係として『二葉亭全集』の校正を行っており、9月に朝日歌壇が設けられると選者を務めている。 同年6月にが起こると社会主義評論も手がけ、10月には長男・真一が誕生しているが、まもなく死去している。 序文を書いている「藪野椋十」とは、当時の啄木の勤務先であるで社会部長を務めていた上司にあたる(柳次郎)のことである。 献辞では啄木を経済的・精神的に支えた・への感謝や、夭折した長男・真一への哀悼が語られている。 はのが描いている。 「我を愛する歌」「煙」「秋風のこころよさに」「忘れがたき人人」「手套を脱ぐ時」の五部構成。 551首が入収。 歌人・の(善麿)は同年4月に歌集『NAKIWARAI』(ローマ字ひろめ会)を刊行し、三行表記の短歌を提唱した。 なお、土岐善麿と啄木は(明治44年)1月に知り合い、雑誌『樹木と果実』の発刊を計画するが、これは実現に至らなかった。 善麿は病床の啄木を生活面においても支え、没後には啄木作品の刊行にも携わっている。 啄木は『一握の砂』においてこれに倣い、三行分けによる散文的なスタイルのは、若い世代を中心に多くの追従者を生んだ。 啄木の時代の回想や、故郷・岩手への望郷を歌った歌、貧困と挫折で鬱屈した心情などを歌った歌等が収められている。 特に啄木の郷里のでは、刊行前後から地元紙に啄木の作品が掲載されたこともあり、その影響は大きかった。 その一人がの後輩で当時在学中だったで、本作の刊行と同時期に短歌創作を始めており、啄木の影響と推察されている。 歌風は、徹底的なであり、雄大な情景よりは、ごくありふれた人間的な感覚を歌ったものが多い。 もっとも過激な例でいえば「どんよりと くもれる空を 見ていしに 人を殺したく なりにけるかな」といった短歌さえ所収されているほどである。 代表歌 [ ]• ふるさとの 山に向ひて 言ふことなし ふるさとの山は ありがたきかな• 石をもて 追はるがごとく ふるさとを 出でしかなしみ 消ゆる時なし• はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし) 楽にならざり ぢつと手を見る• いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ 陸前高田歌碑にもなっている• ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく (一握の砂, 今昔秀歌百撰82,選者:大喜多俊一 元京都市教育委員会 ) 出版書籍 [ ]• 脚注 [ ]• 『石川啄木 愛と悲しみの歌』(山梨県立文学館、2012年)、p. 42 外部リンク [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

石川啄木記念館

石川 啄木

<「石川啄木全集」 筑摩書房(前回と同じ)> 先ず、石川啄木を知るためには「石川啄木全集」とおもいました。 石川啄木全集は何回か発行されていて、大正8年〜9年に新潮社版(三巻)から発行されたのが最初で、昭和3年〜4年に改造社からも発行されています(この復刻版もノーベル書房から昭和53年に発行されています)。 今回は昭和53年から発行された筑摩書房版を参考にしています(筑摩書房版も昭和42年に発行されていますので再販版になります)。 「伝記的年譜(岩城之徳) … 五月十二日 父一禎が啄木と堀合節子との婚姻を盛岡市役所に届け出た。 五月二十日 啄木東京を出発、途中仙台に立ち寄り二十九日まで滞在。 大泉旅館に宿泊する。 六月四日 盛岡に帰り新居に入る。 父母と新妻に妹光子を加えて五人の生活であった。 九日より「岩手日報」に「閑天地」を連載する(二十一回)。 六月二十五日 盛岡市加賀野第二地割字久保田百六番地(盛岡市加賀野磧町四番戸)に転居。 支離滅裂なところは太宰治とも共通点がありますね、読み手を楽しませます。 短い人生でしたが、変化にとんでいます。 このくらい色々なことが起らないと読み手は面白くありません。 私は少し前に古本で入手しています。 <「石川啄木事典」 おうふう(前回と同じ)> 石川啄木の所在地について調べるには、比較的新しい本が良いのではないかとおもい、探してみました。 私は石川啄木についてはほとんど知識がなかったのですが、国際啄木学会があり、この学会が出された「石川啄木事典」が詳しそうだったので、新たに購入しました。 この学会はホームページもあり、毎年研究年報も出されています(無知でごめんなさい)。 この事典のなかに年譜がありますが、全集の年譜とは大きくはかわりません。 比較しながら歩いて見たいとおもいます。 「…五月一二日、一禎、啄木と節子との婚姻届を盛岡市役所に届け出た。 著名ではあるが、真相は必ずしも明らかになっていない、かの「花婿欠席結婚式」を経て、六月四日、盛岡市帷子小 路八番戸に移る。 啄木の両親、妹光子との同居であった。 三週間の後の、六月二五日には、同じく盛岡市内の加賀野磧町(現盛岡市加賀野)四番戸に移る。 「石川啄木事典」の方が後の発行なので、加筆・修正されているはずです。 国際啄木学会が出版しています。 <「26年2か月 啄木の生涯」 もりおか文庫(前回と同じ)> 啄木の生涯を伝記的に書かれたのが松田十刻さんの「26年2か月 啄木の生涯」です。 石川啄木の一生を面白く読むにはこの本がベストです。 文学論を振り回すのではなく、伝記的に書かれていますので読んでいて面白いです。 「26年2か月 啄木の生涯」からです。 「 文学で身を立てんと旅立つ 啄木は十月三十日付で、最初の日記となる『秋韷笛語』(縦罫ノート)をつけ始めた。 日記には「白蘋日録」の付記があり、当時の心情を吐露した「序」が記されている。 この時点では、第三者ないしは後世の人に読まれてもいいように意識して書いていた節がある。 のちの口語体ではなく文語体である。 「運命の神は天外より落ち來つて人生の進路を左右す。 我もこ度其無辺際の翼に乗りて自らが記し行く鋼鉄板状の伝記の道に一展開を示せり」 「序」の出だしである。 「序」には「宇宙的存在の価値」「大宇宙に合体」「人生の高調に自己の理想郷を建設」というぐあいに、やや気負った表現がみられる。 『秋韷笛語』のテーマを一口で言えば、節子との恋愛である。 同日午前九時、啄木は両親と妹に見送られて、宝徳寺を後にした。 裏が取れていない事柄も書かれています。 最後に略年譜が掲載されていますが。 略なので参考にはなりません。 <「石川啄木と仙台」 相沢源七編 宝文堂> 石川啄木の仙台について何か書かれた物はないかと探したらありました。 「石川啄木と仙台」 相沢源七編 宝文堂版です。 色々調べて見たところ、これ以上のものはありません。 良く調べられて纏められています。 石川啄木の仙台は土井晩翠とその奥様とのやり取りがポイントなのですが、この本で全て分かります。 原本を見る必要もないとおもいます。 「啄木と仙台」からです。 「… 啄木が仙台を訪れたのは、たったの一度ではあったが、疾風のように来り、親切な城下町の人々に、鮮烈な印象を残して去った。 彼自身、深く傷つきながら。 十八才で天才詩人と謳われ、二十才で処女詩集『あこがれ』(小田島書房)を出版、詩壇の寵児を以て自ら任ずるに至った啄木は、この月(明治三十八=一九〇五年五月)堀合節子との結婚式挙行のため、帰郷の途次、仙台駅に下車したのであった。 そして五月二十日から二十九日まで大泉旅館(相沢註=現在の国分町二丁目千松島醸造所の南隣りあたり)に滞在している。 金策のためである。 明治二、三十年代の仙台市は五城文学の華やかなりし頃であり、高山樗牛・島崎藤村・岩野泡鳴、佐藤紅緑は既に去ったが、土井晩翠がおり、吉野臥城がいた。 … … 八枝夫人が、啄木の借金事件を河北新報に公表する気になったのは、昭和十四年七月二十九日(土)付の同新報に、関三郎氏(不詳・乞御教示)が、論稿「仙台訪間の啄木」を発表したのに刺激されてのことであった。 ただ残念なのは上記にも書かれている通り、関三郎氏(不詳・乞御教示)についてはよく分からないことです。 石川啄木の仙台に関することはこの本で全て分かります。 <仙台駅> 啄木は堀合節子との結婚のため、盛岡へ向かいますが、途中の仙台で下車します。 下車した理由ははっきりしませんが、「石川啄木と仙台」等を呼んでみると、懐具合が良くなく、このままでは結婚式に出られないとおもい、借金をするために下車したと推測します。 誰に借金をするかというと、まず最初は友人達です。 中学校時代の友人、猪狩五山、小林花郷(茂雄)両氏が仙台におり、借金を頼んだかどうかは分かりませんが、借金は成功しませんでした。 石川啄木と仙台」からです。 「 関三郎「仙台訪問の啄木」 今より三十有五年前、即ち明治三十八年五月二十日処女詩集「あこがれ」を唯一の土産として思い出多き東 京を心ならずも発ち、宝徳寺問題で故郷渋民村を去り盛岡に転居の己が家に帰るべく仙台まで来たが、盛岡 中学校時代の詩友猪狩五山、小林花郷(茂雄)両氏が恋しくまた詩集出版の自慢もしたく尋ね見ようと下車 し、道場小路で久濶を叙する〔と〕共に東都六ヶ月余の動静、尾崎行雄氏などに会見し詩集を献じたことな ど語り、署名した「あこがれ」を小林氏に贈り、その夜は広瀬川の渓流の音をききっつ小林氏の寝具に二人 一緒に夢を結んだ。 …」 <仙台駅舎> 仙台駅は明治20年(1887)12月15日に開業した。 このとき、東京府の上野駅から宮城県の塩竈駅まで路線が通じ、上野駅と仙台駅は12時間20分で結ばれた。 初代の駅舎は木造平屋建ての小さな建物で線路の西側に位置し、幅35メートル、奥行き8メートル、面積236平方メートルであった。 明治27年(1894)駅舎は改築され、木造ペンキ塗、中央部は2階建て両翼は平屋、面積8,407平方メートルという、当時としては大きく立派なものとなった。 この駅舎は増築や改築が重ねて行われ、昭和20年(1945)7月10日の仙台空襲で焼失するまで使用された。 昭和20年7月10日の空襲で焼失しています。 当時、上野から仙台までは一日3本の列車しまありませんでした。 上野5時発(仙台行)ー 仙台着17時49分、上野発9時20分(青森行)ー仙台着20時44分、上野発18時発(青森行)ー仙台着4時28分の3本です。 20日で出て20日に着いているようなので午前中の2本のどちらかとおもわれます(本によっては19日の夜行で仙台に向かったと書かれたものもあります)。 現在のも掲載しておきます。 <大泉本館> 石川啄木が仙台で宿泊したのは国分町の大泉本館(大泉旅館)でした。 この国分町68が何処かは、大正15年の仙台市全図 地番入で探すことが出来ましたが、現在の何処に当るのかを探すのが大変でした。 仙台市中心部は戦後の区画整理ですっかり変ってしまっています。 「石川啄木と仙台」からです。 「… 途中仙台に下車して土井晩翠氏を訊ねたり、医専にいた小林花郷、猪狩五山の諸君と逢ったりして悠々として仙台一流の宿屋大泉旅館(筆者註=国分町にあり現在廃業)に十日も淹留して、長詩「くだかけ」(晩翠に送る)および「夏は来ぬ」を作ったり、土地の新聞(筆者註=東北新聞のこと明治四十三年五月発刊)へ「わかば衣」を寄せたりなどしていたのである。 大泉旅館に関しては仙台ホテルでウイキペディアを検索すると詳細が分かります。 江戸時代の仙台では、奥州街道沿いの国分町、あるいは、水産物(五十集物)の独占販売権を持っていた肴町に旅籠が集まっていたが、明治20年(1887)12月15日の日本鉄道・本線(現在のJR東日本・東北本線)の仙台開業により、仙台駅前(現在の仙台駅西口)が仙台の玄関口となり、旅館が集積した。 仙台区国分町にあった旅籠「大泉屋」も仙台駅前に支店を開業し、明治29年(1896)には東北地方初の洋式ホテル「仙台ホテル」を開業した。 東京の帝國ホテルやホテルオークラで「仙台で良いホテルは?」と尋ねると真っ先に勧められる程のサービスと格式を誇る、東北を代表するホテルだった。 現在は諸般の事情によりホテル業は譲渡し、ウェルネス伯養軒として宮城県名取市に本社を置く仕出し料理店を経営する会社になっています。 の写真を掲載しておきます。 このパーキングの右隣が大泉本館 国分町68となります。 大正15年の地図でも国分町通りの定禅寺通りと虎屋横丁の間、やや定禅寺通り寄りと分かりますので、間違いないとおもいます。 大正時代か昭和初期のがありますので掲載しておきます。 <土井晩翠 本荒町21> 最後は啄木が訪ねた土井晩翠の住まいです。 当時の地番は分からないかと調べました。 昭和5年の文藝年鑑に記載がありました。 この地番も大正15年の仙台市全図 地番入で探すことができました。 土井八枝「薮柑子」から 「…或夕方主人が不在で私が入浴中大泉旅館の番頭が持って来た手紙、それに「大至急願用」とあるのにおどろいて女中が風呂場へ持って参りました。 私は大至急におどろいて浴室の薄あかりで読みました。 その意は岩手山 〔相沢註=八枝夫人の記憶違い〕のお宅でお母さんが病気重態との事でした。 「今日届いた十才になる妹の手紙を封入して置きますから御らん下されて小生の意中を御察し下さい、旅費のないために私にとって大恩のある母の死目に万一逢われぬとでもいうような事にでもなれば実に千載の怙みです(この千載の怙みの句は特にはっきり覚えています)、原稿の来る迄十五円御立替え願い度い」とかいてあり、妹さんの手紙には粗末な藁半紙に片仮名の鉛筆書で二枚一杯にお母さんの様子を報じてありました。 私は一も二も なく同情してしまいました。 … …私は急いで風呂から上り手早く着物を着て、人力車をよび大町二丁目〔相沢註=現在の細横丁との角あたり、父は質店営業〕のその頃の住居から国分町の大泉旅館へいそがせました。 老車夫のかけ足を気の毒と思いながらも、そのわけを話して一生懸命に駆けて貰いました。 大泉旅館に着いて石川啄木さんの室というと、直に女中が案内しました。 私は重態のおはさんを案じて、机にもたれてさびしい泣き顔でもして居られる様子を胸にえがいて居りましたのに、その室の光景はあまりにも意外でした。 二人の医専の制服の学生と三人で酒を飲んで真赤な顔をして、大声で何が面白そうに話していました。 」 博士「奥さん、其学生の一人は僕ですよ。 」といわれたので私は改めて博士の顔を見た。 成程どこやらに見覚えがある様である。 何でも十五、六円でしたろう。 …」 土井晩翠の奥様 土井八枝さんが啄木に欺された経緯を詳細に言われています。 啄木も上手に欺しています。 友人達に良いカッコして酒等奢らずに15円持って盛岡に帰れば良かったのにとおもいますが、流石、啄木、宿代も払わせて15円を持って行ってしまいます。 当時はもっと大きくてのところまであったとおもわれます。

次の