成蹊大学 職員 年収。 私立大学教員の年収を知る|給料.com

試験内容…成蹊

成蹊大学 職員 年収

私立大学職員の給料・年収補足 20代の給料:39万円(推定) 30代の給料:56万円(推定) 40代の給料:70万円(推定) 算出方法:私立大学職員の年収は公開されていないため、正確な平均給料を出すことはできません。 そのため、過去に報道のあった年収上位の大学(関西、明治、中央、立教、早稲田、慶応)の平均給料から算出しています。 地方の無名私大ではもっと給料は低くなると予想されます。 上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい 336万円~1120万円となると予測されます。 【地域の求人情報からのデータ】 札幌の求人調査結果:17万円~25万円(月収) 東京の求人調査結果:20万円~23万円(月収) 大阪の求人調査結果:19万円~28万円(月収) 福岡の求人調査結果:11万円~23万円(月収) 私立大学職員の手取り 上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい 17万円~56万円となりそうです。 私立大学職員で高年収になるには? 私立大学職員の年収を公表している大学はほとんどありません。 国家公務員の給与体系に準じて設定している大学も多いといわれています。 同じく国家公務員に準拠している国立大学職員(事務・技術職)の平均年収は576万6000円となっていることから、私立大学職員も同程度の収入であると予測されます。 ただし、私立大学は知名度や規模によって経営状態大きく異なるため、大学によってかなり差があると思われます。 口コミなどによると、関東や関西の有名私立大学職員は比較的年収が高い傾向があるようです。 過去の情報では、関西大学の職員の平均年収は1250万円という話もありました。 一方、地方の無名大学では月収15万円前後で事務職の募集をしていることもあります。 役職がつくにつれてどんどん年収は上がっていき、部長クラスでは年収1300万円になる大学もあるとも言われます。 ただし、少し前の情報なので、不景気のため現在でもそのレベルを保てているかは謎です。 それでも今も一般企業より高水準であるのは確かなようです。 私立大学職員で高年収を目指すならば、なるべく名前の知られた有名大学の職員として就職して、なおかつ着実に出世をしていくというのが近道になります。 私立大学職員の仕事内容 私立大学職員は、大学内の運営が円滑に進むようにサポートし、総務や財務などの管理業務を行うのが主な仕事です。 部署によって、教授や研究者が成果を発表する際の事務手続きを担当したり、学内の実験器具や図書などの管理を行ったり、広報活動を行ったりします。 また、学生向けには履修や進路、課外活動、奨学金などの相談に乗ったり、未納の学費の督促をしたりをします。 交換留学生の事業を推進するために、大学職員が海外に行って活動したりする大学もあります。 そのほかにも、校友サービスを拡充したり、学校運営のために必要な募金など外部資金獲得のために活動をしたりします。 技術職であれば学内のネットワーク全般を構築したり、理工系分野の実験教育や研究活動を支援したりといった、専門的な技術が必要となる仕事を担当します。 私立大学職員になるには?【資格・試験難易度】 私立大学職員になるには、民間企業と同じように就職活動をして採用されることになります。 国立大学職員のように、採用統一試験のようなものはありません。 エントリー後書類審査、面接となり、筆記試験を実施している大学はほとんどないようです。 二次面接、三次面接の際に作文などを課している大学はあります。 有名私立大学職員の新卒採用倍率は100倍~300倍ともいわれており、かなりの狭き門となっています。 実際のところは大学や配属される部署によって大きく差があるようです。 国立大学職員と違って自校出身者比率が高いのも私立大学職員の特徴です。 表向きはどんな大学出身でも応募はできるようになっていても、学校によっては約半数が自校出身者で占められているというところもあるそうです。 そうした大学では、学内で求人が出ているか、もしくは縁故採用によって職員を採用していることもあると考えられます。 私立大学職員の求人はどういう風にさがすの? 私立大学職員の求人情報は、新卒採用であれば専用の求人情報サイトを通じてエントリーするといった方法や、大学が開設している採用特設サイトなどに応募するという方法があります。 どこの大学でも自校のホームページに採用についてのページを設けているので、チェックしてみるとよいでしょう。 大学によっては説明会を開いているところもあります。 そうした情報も大学ホームページに掲載されます。 早稲田大学などでは、「先輩の声」として実際に働く職員の話を、ホームページでいつでも見られるようになっています。 中途採用は、大学のホームページのほか、大手の求人情報サイトなどにも転載されていることがあります。 転職エージェントを使うのも手です。 時間給でのアルバイトやパートタイムや契約社員での募集から、経歴重視の正社員募集まで幅広く求人はあります。 仕事内容も、事務の補助など資格を問わないものもあれば、医療系の資格が必要だったり、特定の語学に堪能な人、理工学系の知識と経験がある人など、募集している部署や課によってさまざまです。 自校出身者を多く採用している大学なら、大学内の就職課などに求人情報が出ていることもあります。 私立大学職員のカッコイイところは、世界中から学生が集まるアカデミーで、最先端の学問や研究をしている人々を支えているという点です。 私立大学職員がきちんと大学を運営してサポートしてくれなければ、研究者や学生は自分の研究に没頭することはできません。 間接的にノーベル賞を取るような人や、世界中で活躍することになる若者を支える仕事というのは、社会的にも意義があり、尊い仕事であるといえます。 一方で辛いところは、年功序列が崩れつつある現在の社会において、私立大学職員も例外ではなくなってきているというところです。 少子化や不景気、世界的情勢の変化、AIの台頭などによって、職員に求められる資質は年々よりハイレベルになってきています。 安定して高給の得られる楽な仕事として話題になってきた大学職員という仕事も、もはや安泰ではなくなってきている現状があるようです。 これからの私立大学職員は、大学にかかわる多くの人と緊密なコミュニケーションを取りながら、グローバルな視点を持って能動的に活動できなければなりません。 上位大学にハイスペックな人材が集まることで、より私立大学の格差は広がっていくと予測されます。 私立大学職員の給料年収の本音口コミ 20代 給料:23万円 私立の大学職員をやってますが結構大変です。 残業多し。 自分は大学の生徒でそのまま就職しました。

次の

試験内容…成蹊

成蹊大学 職員 年収

以下は、パーソルキャリア(旧・インテリジェンス)が運営する転職情報サイトDODA(デューダ)系列の転職情報サイト「キャリアコンパス」が発表した出身大学別平均年収ランキングです。 注意点として、以下の出身大学別平均年収ランキングには単科大学を含んでいない総合大学(複数の学部から構成される大学)のみに限定して集計したランキングということです。 具体的には、単一の学部から構成される大学、つまり、 理工系大学(東京工業大学や名古屋工業大学、京都工芸繊維大学など)、語学系大学(東京外国語大学)、商学系大学(一橋大学、小樽商科大学)、薬学系大学(星薬科大学、東京薬科大学)、医療系大学(東京医科歯科大学、日本獣医生命科学大学)といった大学は検討対象外 となっています。 それでは、 就職に強い理工系単科大学や薬剤師となり平均年収が安定している薬学系単科大学を含めた場合どのようなランキングとなるのでしょうか? 以下は、 日本国内全大学に関する出身大学別平均年収ランキングです。 【1位】 星薬科大学( 727 万円) 【2位】 京都薬科大学( 634 万円) 【3位】 東京大学( 632 万円) 【4位】 一橋大学( 628 万円) 【5位】 東京工業大学( 616 万円) 【6位】 岐阜薬科大学( 615 万円) 【7位】 東京薬科大学( 600 万円) 【8位】 京都大学( 597 万円) 【8位】 慶應義塾大学( 590万円) 【10位】 明治薬科大学( 589 万円) 【11位】 電気通信大学( 583 万円) 【12位】 首都大学東京( 571 万円) 【13位】 北海道大学( 561 万円) 【14位】 東北大学( 556 万円) 【15位】 防衛大学( 552 万円) 【16位】 豊橋技術科学大学( 549 万円) 【16位】 早稲田大学( 549 万円) 【18位】 東京理科大学( 548 万円) 【19位】 九州大学( 546 万円) 【20位】 大阪大学( 545 万円) 【21位】 名古屋工業大学( 544 万円) 【22位】 名古屋大学( 540 万円) 【23位】 横浜国立大学( 536 万円) 【24位】 東京農工大学( 531 万円) 【25位】 神戸大学( 530 万円) 【26位】 山梨大学( 527 万円) 【27位】 筑波大学( 526 万円) 【28位】 芝浦工業大学( 524 万円) 【29位】 大阪府立大学( 522 万円) 【30位】 室蘭工業大学( 519 万円) 【31位】 奈良先端科学技術大学院大学( 513 万円) 【32位】 京都工芸繊維大学( 511 万円) 【33位】 徳島大学( 505 万円) 【33位】 東京都市大学( 505 万円) 【35位】 北陸先端科学技術大学院大学( 503 万円) 【36位】 横浜市立大学( 502 万円) 【36位】 大阪市立大学( 502 万円) 【36位】 九州工業大学( 502 万円) 【39位】 信州大学( 501 万円) 【40位】 広島大学( 499 万円) 【41位】 中央大学( 498 万円) 【41位】 千葉大学( 498 万円) 【43位】 東京電機大学( 495 万円) 【44位】 三重大学( 493 万円) 【44位】 上智大学( 493 万円) 【44位】 群馬大学( 493 万円) 【47位】 福井大学( 492 万円) 【48位】 岩手大学( 491 万円) 【48位】 同志社大学( 491 万円) 【50位】 金沢大学( 490 万円) 【51位】 小樽商科大学( 489 万円) 【51位】 青山学院大学( 489 万円) 【53位】 東京外国語大学( 488 万円) 【54位】 長岡技術科学大学( 487 万円) 【55位】 明治大学( 485 万円) 【56位】 静岡大学( 466万円) 【57位】 産業能率大学( 482 万円) 【58位】 熊本大学( 480 万円) 【58位】 成蹊大学( 480 万円) 【60位】 岡山大学( 479 万円) 【61位】 北里大学( 478 万円) 【62位】 東京医科歯科大学( 476 万円) 【63位】 国際基督教大学( 472 万円) 【64位】 山口大学( 471 万円) 【64位】 法政大学( 471 万円) 【66位】 大阪工業大学( 470 万円) 【67位】 長崎大学( 469 万円) 【68位】 工学院大学( 467 万円) 【69位】 茨城大学( 466 万円) 【70位】 東邦大学( 465 万円) 【70位】 学習院大学( 465 万円) 【72位】 兵庫県立大学( 464 万円) 【73位】 日本獣医生命科学大学( 463 万円) 【73位】 立教大学( 463 万円) 【75位】 埼玉大学( 461 万円) 【76位】 宇都宮大学( 460 万円) 【76位】 新潟大学( 460 万円) 【78位】 佐賀大学( 459 万円) 【79位】 独立行政法人水産大学校( 457 万円) 【79位】 大阪電気通信大学( 457 万円) 【81位】 東京海洋大学( 456 万円) 【81位】 鈴鹿医療科学大学( 456 万円) 【81位】 東海大学( 456 万円) 【84位】 大分大学( 455 万円) 【85位】 秋田大学( 454 万円) 【86位】 お茶の水女子大学( 453 万円) 【86位】 関西大学( 453 万円) 【88位】 和歌山大学( 452 万円) 【88位】 弘前大学( 452 万円) 【90位】 第一工業大学( 450 万円) 【90位】 関西学院大学( 450 万円) 【92位】 北見工業大学( 449 万円) 【92位】 徳島文理大学( 449 万円) 【92位】 東北工業大学( 449 万円) 【92位】 福井工業大学( 449 万円) 【96位】 富山大学( 448 万円) 【97位】 山形大学( 447 万円) 【98位】 順天堂大学( 446 万円) 【99位】 立命館大学( 445 万円) 【100位】 神奈川工科大学( 444 万円) 【100位】 千葉工業大学( 444 万円) 【100位】 高千穂大学( 444 万円) 【100位】 北海道科学大学( 444 万円) 目立つのは薬科大学の強さ。 トップ2は薬科大学がランクイン。 トップ10をみても、5校が薬科大学です。 東京大学は3位でした。 東京工業大学や一橋大学といった名門単科大学も上位にランクインしています。 電気通信大学が、東北大学や早稲田大学を抑えて11位にランクイン。 そのほかにも、名古屋工業大学や京都工芸繊維大学、東京農工大学など、情報系・理工系の学部に強みを持つ大学が軒並みランクアップしています。 ICTの発達によるイノベーションが様々な分野で起こるにつれて、 情報系・理工系の知識を身に付けた人材の需要が高まっているのかもしれません。 大学卒業後に、高い年収を獲得し、お金持ちにになれる可能性が高い学部はどこの学部なのでしょうか? 以下は、ビジネスマンの中堅ともいえる30代における出身学部別の平均年収ランキングです。 【1位】 医・歯・薬学部( 506万円) 【2位】 理・工学部( 495万円) 【3位】 経済・経営・商学部( 480万円) 【4位】 法・政治学部( 476万円) 【5位】 情報学部( 471万円) 【6位】 農・獣医・畜産学部( 423万円) 【7位】 教育学部( 416万円) 【8位】 スポーツ・健康科学部( 407万円) 【8位】 国際系学部( 402万円) 【10位】 社会学部( 394万円) 【11位】 文・人文学部( 389万円) 【12位】 芸術学部( 383万円) 【13位】 環境学部( 382万円) 【14位】 外国語学部( 376万円) 【15位】 看護・保健・福祉学部( 353万円) 【16位】 観光系学部( 340万円) 【17位】 家政・生活科学系学部( 322万円) 【18位】 心理系学部( 290万円) 第 1位は、医・歯・薬学系学部 となりました。 平均年収ランキングでメディカル業界が一位となっている背景と同様に、医師をはじめとして、薬剤師や臨床開発など医療系専門職への就職率が高いことが影響 していると考えられます。 第2位の理・工学部は、年齢とともに年収が上がっていく傾向が強いメーカーへの就職率が高いことが高年収の理由と言えるでしょう。 第3位の経済・経営・商学部についても、実学系の学部のため金融機関やコンサルティングファーム、メーカーなど年収が高い企業への就職が多いことが高年収の理由と言えます。 反対に、観光系学部や家政・生活科学系学部、心理系学部など、一般的な企業でそのまま流用できない学問(非実学系)の学部出身者の平均年収が低い傾向にあることが読み取れます。 一番年収が高い医・歯・薬学系学部出身者の平均年収が509万円であることに対し、一番年収が低い心理系学部出身者の平均年収が290万円となっており、その差額は216万円にも達しています。 技術系や医療系の職種に就く人が多い専門性の高い学部の方が平均年収が高い ことが分かりました。 html 次に、独立行政法人 労働政策研究・研修機構が調査を行った「大学・大学院卒、高卒、中卒といった学歴区分別といった大括りの平均年収と生涯賃金の格差」を掲載します。 mhlw. jil. jp 追記として、短大卒に高専卒が含まれており、大卒に大学院卒が含まれているデータとなっています。 全体として、 学歴問わず女性よりも男性の方が平均年収、生涯賃金共に高い傾向 にあることが読み取れます。 特に、男性については、「中学校卒業者」と「大学・大学院卒業者」の間では、なんと 8,050万円もの生涯賃金の格差 が生じています。 「学歴は関係ない、学歴社会は終わった、これからは実力がものをいう時代」などと言われますが、現在の日本においてはまだまだ学歴格差が根強く残っているようです。 1 一橋大学(54. 5%、486人) 2 東京工業大学(53. 7%、832人) 3 国際教養大学(45. 8%、65人) 4 豊田工業大学(44. 6%、29人) 5 慶應義塾大学(41. 6%、2,779人) 6 大阪大学(32. 9%、1,405人) 7 名古屋工業大学(32. 0%、303人) 8 京都大学(31. 8%、1,244人) 9 上智大学(31. 6%、777人) 10 東京理科大学(30. 5%、877人) 11 早稲田大学(30. 3%、3,347人) 12 電気通信大学(30. 3%、283人) 13 名古屋大学(29. 6%、730人 14 神戸大学(27. 8%、816人) 15 九州工業大学(27. 1%、293人) 16 聖心女子大学(27. 0%) 17 東京大学(26. 5%、1,489人) 18 同志社大学(25. 5%、1,466人) 19 東京農工大学(25. 3%、258人) 20 東北大学(25. 1%、828人) 21 国際基督教大学(24. 6%) 22 東京外国語大学(24. 6%) 23 京都工芸繊維大学(24. 5%) 24 立教大学(24. 3%) 25 津田塾大学(24. 1%) 26 学習院大学(23. 7%、409人) 27 九州大学(23. 4%、870人) 28 東京女子大学(23. 4%) 29 長岡技術科学大学(23. 3%、99人) 30 青山学院大学(23. 2%) 31 お茶の水女子大学(23. 0%、123人) 32 豊橋技術科学大学(22. 3%、103人) 33 横浜国立大学(22. 3%、231人) 34 芝浦工業大学(21. 6%、372人) 35 大阪府立大学(20. 9%、306人) 36 小樽商科大学(20. 8%) 37 大阪市立大学(20. 5%、207人) 38 関西学院大学(20. 5%、1,058人) 39 北海道大学(20. 4%、663人) 40 明治大学(19. 9%、1,471人) 41 筑波大学(19. 8%、570人) 42 日本女子大学(19. 5%) 43 立命館大学(19. 4%、1,378人) 44 中央大学(18. 7%、1,071人) 45 首都大学東京(18. 6%、345人) 46 成蹊大学(18. 6%) 47 筑波技術大学(17. 9%、12人) 48 白百合女子大学(17. 6%) 49 清泉女子大学(16. 3%) 50 法政大学(16. 2%) 51 関西大学(15. 6%) 52 千葉大学(15. 3%、429人) 53 奈良女子大学(14. 3%) 54 東京都市大学(14. 2%) 55 横浜市立大学(13. 9%、123人) 56 滋賀大学(13. 7%) 57 東洋英和女学院大学(13. 6%) 58 成城大学(13. 0%) 59 神戸女学院大学(12. 7%) 60 広島大学(12. 5%、326人) 61 金沢大学(12. 4%、233人) 62 神戸市外国語大学(12. 3%) 63 西南学院大学(12. 2%) 64 明治学院大学(11. 8%) 65 昭和女子大学(11. 3%) 66 甲南大学(11. 3%) 67 東京薬科大学(11. 0%、58人) 68 静岡大学(10. 6%) 69 名古屋市立大学(10. 4%、68人) 70 熊本大学(10. 4%、200人) 71 大阪薬科大学(10. 3%、28人) 72 はこだて未来大学(9. 9%) 73 長崎大学(9. 7%、140人) 74 創価大学(9. 6%、163人) 75 東京電機大学(9. 5%、173人) 76 和歌山大学(9. 5%) 77 宮崎公立大学(9. 4%) 78 京都女子大学(9. 4%) 79 大妻女子大学(9. 3%) 80 宇都宮大学(9. 2% 81 鹿児島大学(9. 2%) 82 岡山大学(9. 1%、252人) 83 秋田県立大学(8. 7%、33人) 84 東京海洋大学(8. 6%、43人) 85 京都産業大学(8. 2%) 86 静岡文化芸術大学(8. 1%) 87 岩手大学(8. 0%) 88 高知工科大学(7. 8%、33人) 89 金城学院大学(7. 8%) 90 東北学院大学(7. 8%) 91 日本大学(7. 7%、1,060人) 92 新潟大学(7. 7%、189人) 93 工学院大学(7. 7%、96人) 94 山口大学(7. 6%、137人) 95 山形大学(7. 5%) 96 福井大学(7. 4%、70人) 97 獨協大学(7. 4%) 98 青森中央学院大学(7. 3%、9人) 99 西南女学院大学(7. 3%) 100 下関市立大学(7. 3%) 101 京都薬科大学(7. 2%、25人) 102 筑紫女学院大学(7. 2%) 103 広島市立大学(7. 0%) 104 神戸外語大学(7. 0%) 105 大阪工業大学(6. 9%) 106 金沢工業大学(6. 7%、93人) 107 会津大学(6. 7%) 108 静岡県立大学(6. 6%) 109 椙山女学院大学(6. 6%) 110 佐賀大学(6. 4%、92人) 111 福岡大学(6. 4%) 112 甲南女子大学(6. 4%) 113 跡見学園女子大学(6. 4%) 114 福島大学(6. 1%) 115 星薬科大学(6. 0%、14人) 116 東海大学(5. 9%、340人) 117 鳥取大学(5. 9%、69人) 118 香川大学(5. 9%) 119 名古屋外語大学(5. 9%) 120 秋田大学(5. 9%) 121 武蔵大学(5. 9%) 122 神戸薬科大学(5. 8%、15人) 123 大分大学(5. 8%) 124 愛知淑徳大学(5. 8%) 125 東洋大学(5. 8%) 126 近畿大学(5. 7%、373人) 127 産業医科大学(5. 6%、10人) 128 國學院大學(5. 6%) 129 千葉工業大学(5. 5%、92人) 130 明治薬科大学(5. 4%、18人) 131 武庫川大学(5. 4%) 132 龍谷大学(5. 4%) 133 東京聖栄大学(5. 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の

私立大学職員の給料年収や高年収を稼ぐ方法・私立大学ランキングや本音口コミ年収を徹底解説

成蹊大学 職員 年収

・ 給与所得者(サラリーマン)の平均年収 男性521万円、女性280万円 (平成28年度 国税庁 民間給与実態統計調査より) ・ 大学職員の平均年収 741万円 (平成20年度 日本私立学校振興・共済事業団調べ) となっています。 これはあくまでも参考程度に見てください。 厳密にいうと年度がだいぶ違いますし、上の「給与所得者」の中には大学職員も入っているはずなので、厳密性を問われると違うといわれるかもしれません。 しかも、大学職員の数字は10年前のものです。 一般的に給与は物価スライドで上がっていくので、大学職員の平均年収は今はもう少し高いんじゃないかと思います。 このころより、 金額差はさらに開いていると思いますよ。 このように 一般的には普通のサラリーマンよりは年収が高いと言えると思います。 ただし、大学によって大きく異なる 次に、2点目です。 大学によって年収は大きく異なります。 皆さんが知っている有名大手大学は年収が高いところが多いです。 一方、あまり名前を知らない中小の大学は年収が低いところが多いです。 これは民間企業とまったく同じですね。 有名大手企業の年収は高く、中小企業の年収は低い。 いろいろな大学のサイトを見たり、大学職員の友人たちに聞いてみても、本当に大学によって金額はまちまちなんだなと思います。 賞与の支給月数も諸手当の種類も驚くほど違います。 ここでもやはり、 有名大手大学は諸手当も手厚く、中小規模の大学はあまりないというのが一般的です。 大学のサイトや転職サイトで数字が公開されているところもあります。 また、望ましくはないですが、他の大学職員の方が作成しているサイトにも、教職員組合連合作成の「大学ごとの給与一覧」のデータの一部が公開されています。 私も人事部にいたころ、その資料をよく見ていました。 注意なのは、 これは本来公開してはいけないデータです。 「公開しない」という前提で、大学人事部側も給与データの提供を了承しています。 そのサイトの作者はよく公開しているなあと思います。 訴えられても知らないよ(笑) 関西の有名大学である京都のR大学は、有名大手大学であるにも関わらず年収が低いことで知られていますよ。 有名大手大学だから必ず年収が高いわけではありません。 そこは十分に確認しましょう。 超有名企業よりは低い ただし、高いといっても、 メガバンクや大手商社と比べると低い数字になります。 そこには年収1500万円や2000万円はざらにいますから。 さすがに勝てません。 大手商社勤務の友人がいますが、彼は毎週のように海外を飛び回っています。 超ブラック企業ですね。 本人は楽しそうなので、まあそれはいいですが。 それとこれは余談ですが、私は現在企画系部署の課長をしているので、新しい学部の教員として就任してもらうために、 ある超有名企業の部長をヘッドハンティングしに行ったんです。 その業界では知らない人はいないくらいの大物です。 場所は東京のホテルオークラのロビー。 斜め前の席では野村克也さんが誰かと話していました。 そこでうちの大学に就任した場合の年収を伝えると、 「うーん、今の年収の3分の1だね」と言われて、ビックリしたことがあります。 提示した年収も、世間相場からいって相当高いものなんです。 それでも3分の1ってことは、 年収3000万円以上…。 超有名企業の部長ってそんなに年収が高いのかと驚きました。 結局、その人は長く働きたいということでうちの大学に来てくれることになりましたが。 今は単身赴任でがんばってくれています。 こういう企業と比べると、けっして高いとは言えない年収です。 まあさすがにここまで高い年収は一握りだとは思いますが。 むしろ本来はこっちが主役です(笑) 大学には規程などで「俸給表」というものがあり、その人の経験年数や職階ごとに金額が決められる仕組みがあります。 その表を見てみると、 職員は教員と比べると全体的に少し低い数字になります。 ただ、実際にはこれだけを見て、教員は職員より年収が高いと判断するのは素人なんですね(笑) この俸給表とは別に、 「役職手当」というものがあるんです。 これは、たとえば「部長」「課長」「課長補佐(係長)」などの役職に就くと、通常の給料に上乗せして支給されるものです。 これが結構バカにならないくらい金額が高いんですね。 職員では、ある程度の経験年数とそれなりの仕事をこなしていれば、どんどん役職に就いていきます。 しかし、教員が就くことができる役職は「部長」から(たとえば、教務部長とか)なので、それまでは役職手当は0円なんです。 ちなみに、「教授」「准教授」などの役職があるのでは? と思われるかもしれませんが、それは役職ではありません。 准教授から教授に昇進すれば当然給料はあがります。 しかしそれは 俸給表の中の区分が変わるだけであって、手当の対象になるものではないんです。 また、職員はおおよそ20代前半で働き始めますが、教員はおおよそ30代くらいから専任になるわけですから、勤続年数も違いますよね。 俸給表の仕組みでは、勤続年数も大きな要素ですから、おのずと差は縮まります。 つまり、 何の役職も就いていない「教授」と私のような「課長」であれば、手当を含めるとそれほど大差ない年収になるというカラクリがあるわけですね。 まあもっとも、教員は 「兼職」というものが認められています。 「兼職」とは他大学で非常勤講師として授業をするなどのことです。 大学によって金額は異なりますが、授業をすることでいくらかの給料がもらえるので、それも積み重ねると結構な収入になります。 ある友人の教員は、「うちの大学の給料は奥さんに生活費として渡す。 兼職のお金は自分のこづかいになるのでがんばる」と言っていました。 いやいや、それならもっとうちの授業持てよって感じですが(笑)、まあそういうこともあるわけですね。 だから、 教員との関係では、一般的には教員の方が職員より年収は少し高いといえるんじゃないでしょうか。 私の年収全公開 それではお待たせしました。 私の年収を公開しましょう。 私の勤めている大学は、関西の大手私立大学です。 比較的有名大学の職員がうちの大学に転職してくるくらいなので、ある程度安定性のある大学です。 関西で知らない人はほぼいないでしょう。 そして私は現在41歳になったばかり。 企画系部署で課長職をしています。 家族は奥さんと子ども2人です。 ちょうど源泉徴収票を手に入れたところなので、私の2018年の年収を公開します! 私は課長(管理職)になって給料は下がりました(笑) これは単純な話で、管理職になって残業代がつかなくなったからです。 まあ管理職になって残業もほぼなくなったので、それでもいいんですが…。 大学職員の年収はなぜ高いのか 昨年の年末に、 忘年会をしたんです。 メンバーは全員で6人。 関西の私大5大学から参加しました。 年齢も性別も部署もバラバラです。 いつもどおり盛り上がったんですが、話題の1つが、 「なぜ大学職員は年収は高いのか?」でした。 まあ、私がブログネタのために、それとなく話したんですが(笑)。 私1人の意見ではなく、いろんな立場の人の話を聞きたいと思ったからです。 いろいろ勉強になりました。 この会の重鎮、K大学のWさんの長すぎる昔話まで飛び出すという始末。 念のため言うと、これはあくまでもわれわれ6人の結論です。 異論・反論あるかもしれませんが、ご了承ください! スポンサーリンク われわれが出した結論はつぎのとおりです。 ・ボーナス(賞与)が高い ・教員組合が強いため、なかなか下げられない これから1つずつみていきましょう! ボーナス(賞与)が高い 関西の中堅T大学のNさん(関西では有名な名物職員です)は 「給料が高いのではなく、賞与が高いんじゃないですか?」とのことでした。 たしかに、毎月もらう給料の金額は、他と比べて高くないと思います。 さきほど説明した「俸給表」を5、6大学くらい見ましたが、それほど法外な金額が並んでいるわけではありません。 むしろけっこう控え目な数字が並んでいるような… じゃあなぜ年収が高いのかというと、 やはりボーナス(賞与)が高いんだと思います。 毎月もらう給料は俸給表で決まっていますが、ボーナスはわれわれ労働者の代表である労働組合と使用者側の大学(学園)の交渉によって決まります。 この交渉で決まるというのがミソなんです。 民間企業では、会社の業績や収益によってボーナスの金額は変動します。 もちろん業績が良ければ高くなるし、業績が悪ければ低くなります。 しかし、大学は、決められた入学定員どおりに学生を取れるかどうかなので、 ちゃんと学生さえ確保できれば、目標となる業績・収益を達成できたということで、高いボーナスをもらえる(もともと高いボーナスを下げる理由がない)というカラクリなんですね。 私も人事部として、何度か労働組合と団体交渉をしたことがあります。 こちらは「やはり世間の相場からすると、本学のボーナスは高すぎるので見直したい」と話しても、「ちゃんと業績・収益を達成しているのだから、ボーナスを下げるのはおかしい」という主張です。 大学のボーナス支給月数は、他のいろいろなサイトを参照してください。 おおよそ名前の通った大学では、5~6カ月分くらいのボーナスだと思います。 うちの大学も6ヵ月オーバーなんですが、6ヵ月って半年ですからね。 1年半働いてるのと一緒ですから…。 こういう仕組みなので、ボーナスが高いまま維持されているというわけです。 ボーナスが高くなったのは、大学春の時代ぐらいから 重鎮K大学のWさんの昔話によると、 ボーナスが高くなったのは、「大学春の時代」と言われる時期ぐらいからだそう。 「大学春の時代」とは1992年前後の「第2次ベビーブームの子が18歳になったころ」で、このころは文部科学省が大学に「臨時的定員」を作ってまで、学生を受け入れた時代のことです。 (「大学春の時代」はWさんの造語です。 面接で言っても伝わらないので注意!) このころは、今ほど大学数も多くなかったため、大学は大きな利益を上げることができました。 世の中はちょうどバブル景気から一転、バブルが弾けたくらいのころ。 逆に、大学はむしろバブル景気だったわけです。 その時代に上昇したボーナスの支給月数がほとんどそのまま維持されて、今にいたるというわけなんです。 つまり、極論すると、 大学ではまだバブル景気が続いているという話。 なるほど。 さすがWさん。 生き字引。 生きる化石。 大学には労働者として 「教員」と「職員」がいます。 大学によってちがうのですが、労働組合は「教員・職員で1つ」というところと、「教員組合・職員組合と別々にある」ところがあります。 O大学も私の大学も、教員組合と職員組合が別々にあります。 私も人事部にいたので良く分かりますが、 職員組合ははっきりいって最弱です(笑)職場の上司や大学(学園)の上層部が団体交渉に出てくると、まったく強い主張はできません。 イヤなところに異動させられる、いじめられるなどと勝手に思うからです。 本当は、これは「不利益取扱の禁止」ということで法律で禁止されているんですが。 しかし、 教員組合は控えめに言って、最強です。 なんにも怖いものなしですから。 結構、交渉相手としても手ごわく、また人事部としてもボーナスを下げる理由もあまり強くないので、そのまま支給月数が維持されているというわけです。 大学の学費は、ざっくり1人100万円くらいです(もちろん、学部によって違います)。 100人で1億円、1000人で10億円、1万人で100億円。 学生数1万人の大学なら、定員充足さえすれば毎年100億円は入ってくるわけですから、それほどお金に厳しくならないことはあると思います。 とはいっても、建物の建て替えや研究設備の購入など大きなお金がかかることも多いんですが。 私も自分の大学の自転車置場を見るたびに思うんです。 もちろん、電車通学やバス通学の学生もいるので、これがすべてではないわけですが、それでもすごい収入です。 見るたびに、身の引き締まる思いがします。 ちなみに、Uさん。 冬のボーナスで、たっかいバイク買ったそうです。 やはり「18歳人口の減少」というお客さんが減る状況は続くので、ゆるやかに下がると考えるのが普通です。 しかし、そのスピードは大学の強さによって違うでしょう。 弱い大学は給料が急激に減っていき、いずれはなくなるでしょうし、強い大学は少しずつ給料を減らしながら、続いていくんだろうと思います。 ただやはり、右肩上がりに上がっていくというのは、なにかよほど大きな変化がない限り、さすがに見込めませんね。 まとめ 今回は、なぜ大学職員は年収事情について、私と忘年会仲間の総力を結集してあますところなく書きました。 他にもいろいろ理由があるかもしれません。 その大学特有の事情もあると思います。 また新しい意見や考えがありましたら、追記していこうと思っています。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 keiさん、ありがとうございます。 一応ボカしていますので、はっきりとは言いませんが、 ご指摘の大学だと思ってください。 その大学の職員にも友達がいるんですが、飲みに行くと いつも自虐ネタに使っていますよ(笑) といっても、世間のサラリーマンの平均年収と言われて いるものと比べると、高いですけどね。 ただ、労働者の視点からすれば給料は高い方がいいですが、 大学として考えれば、人件費が高いというのは経営的に いいことではありませんよね。 その意味ではR大学は成長余地が高いとも言えます。 ちなみに、京都にはもう1つ有名なR大学がありますが、 こちらは宗教系ということもあり、潤沢な資金を持っています。 当然、人件費も比較的高いですよ。 ご参考まで。 私は他大学の勤務ですし、友人もたった1人なので正確なことは分からないことを前提に話しますと、 一般的には、R大学の労働環境は他大学と比べて厳しい方だと思います。 今はだいぶ良くなったようですが、一時は「絶命館」と呼ばれていた時代もありました。 「絶命館」で検索してみてください。 ただ、友人の話を聞く限りでは、民間企業と比べるとそれほど 大差ないのではと思います。 もしkeiさんが「大学職員としてラクをしたい」と思うのであれば、 少し風土は違うかもしれませんね。 私の個人的な意見では、いろんな大学職員の会合で話すと、R大学の職員さんは優秀な方が多い 印象です。 それだけ鍛えられているのかなと思います。 あくまでも正確な情報が知りたいのであれば、直接R大学の職員さんに聞いてみてください。 できれば、「複数」の職員さんに聞いてみてください。 1人だけの意見だと偏りが強すぎます。 ご参考まで。

次の