三井住友 カード ゴールド。 三井住友カードのポイント交換は何が一番おすすめ?完全ガイド

価格.com

三井住友 カード ゴールド

三井住友カード ゴールドの審査は? は、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)の上位カードとなりますので、三井住友カード(旧クラシックカード)や三井住友カード A、三井住友カード デビュープラスなどに比べると、取得しにくいクレジットカードです。 また、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は銀行系のクレジットカードですから、信販系や流通系のクレジットカードよりも、カード審査は厳格に行われている印象があります。 そのため、三井住友カード ゴールドの取得では、今までに三井住友カード(旧三井住友VISAカード)を1度も利用していないという方には、かなりハードルが高いクレジットカードと言えるでしょう。 特に、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は自社の利用実績を重視する傾向がありますので、何も利用実績がない状態で、いきなりゴールドカードの取得を目指すのは、あまりおすすめできません。 三井住友カード(旧クラシックカード)で利用実績を高める 年収が500万円~600万円以上で、公務員、又は大手企業に勤めているか、あるいは年収1,000万円以上で、士業関係の仕事ということであれば別ですが、年収500万円以下で勤続年数が10年未満ということなら、まずはを取得して利用実績を高めていくほうが、三井住友カード ゴールドをスムーズに取得できる可能性が高くなります。 三井住友カード ゴールドの審査基準・審査の難易度 の審査基準は、原則として「30歳以上で安定した収入がある方」が申し込みの条件となります。 これまでの事例では、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)の利用実績がない状態で直接申し込みをしたケースでも、年収400万円台で取得できた事例、勤続年数が5年~7年程度でも取得できた事例がありますので、三井住友カード ゴールドを取得するためのボーダーラインとしては、年収400万円以上、勤続年数5年以上と考えられます。 ただし、勤続年数5年以上、年収400万円台で三井住友カード ゴールドを取得できるかどうかは、他社のクレジットカードの利用実績が大きく関係しますので、実際にカードを取得できるかどうかは、かなりギリギリのラインと考えておくほうが良いでしょう。 三井住友カード ゴールドの入会基準は年収500万円以上 三井住友カード(旧三井住友VISAカード)の利用実績がない状態で、直接三井住友カード ゴールドに申し込みをする際には、できれば年収500万円以上で勤続年数10年以上が理想です。 三井住友カード ゴールドでは、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)で利用実績がない場合、カード取得の条件がかなり厳しくなりますので、直接申し込みをする際には、「現在の年収」「勤続年数」「他社の利用状況」について確認するほうが良いでしょう。 三井住友カード ゴールドの審査期間・審査にかかる時間 の審査期間や審査にかかる時間は、申し込みを行った方の状況によって異なります。 これまでの事例の最短では、WEB申し込みから数十分で審査結果の連絡があり、その後、数日でカードが届いたという事例、WEB申し込みから14日後に審査結果の連絡があり、その後にカードが届いたという事例もあります。 特に、利用実績がない状態で申し込みをした場合には、審査結果の連絡までに、1週間~2週間ほどかかる場合も多く、かなり慎重な審査を行っていることがわかります。 逆に、既存ユーザーで、三井住友カード ゴールドに切り替え申し込みのケースでは、早ければ当日中には審査結果の連絡があり、1週間~10日間ほどでカードが到着する流れとなります。 いきなりゴールドカードの申し込みは審査に時間がかかる 三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は自社の利用実績を重視しますので、直接ゴールドカードに申し込みがあった場合には、かなり慎重な審査を行っています。 その上で、特に問題がなければカードが発行される流れですから、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)で利用実績があるかどうかによって、その後の審査期間・審査にかかる時間も異なるようになります。 最短3営業日発行の条件 三井住友カード ゴールドは、条件を満たすことで最短翌営業日のカード発行を行っていますが、最短翌営業日の発行が可能かどうかは、申込者の属性によって大きく異なります。 特に三井住友カード ゴールドはワンランク上のゴールドカードとなりますので、慎重な審査を行っているクレジットカードです。 また、ショッピング枠以外にキャッシングを希望する場合も、最短翌営業日のカード発行が難しくなります。 三井住友カード ゴールドを最短で取得したいという方は、キャッシングなしで申し込みされることをおすすめします。 三井住友カード ゴールドの審査はどうなの? は、翌年以降の年会費を最大4,000円まで引き下げることができるゴールドカードです。 年会費4,000円で、充実した付帯サービスを受けられるということを考えると、三井住友カード ゴールドは非常にリーズナブルなゴールドカードと言えます。 しかし、三井住友カード ゴールドは、利用実績がない状態で直接申し込みを行うと、ゴールドカードの中でも一二を争うほど、非常に取得しにくいクレジットカードとなります。 逆に、などで利用実績を高めていくと、半年~1年ほどでゴールドカードを取得することができるようになるのです。 利用実績があれば年収300万円でも取得可能 三井住友カード(旧三井住友VISAカード)で利用実績があれば、年収200万円台後半~年収300万円台前半でも、普通に三井住友カード ゴールドを取得することができるようになりますので、ゴールドカードの取得難易度を大幅に引き下げることができます。 三井住友カード ゴールドの審査を総合的に判断すると、それほど取得困難なクレジットカードではありません。 利用実績があれば、「こんなに簡単に取得できるの?」と不思議に思うほど、スムーズにカードが発行されます。 しかし逆に、利用実績がないまま、三井住友カード ゴールドに突撃すると、かなりの確率でカード発行が見送られるのも事実です。 どうしてもが欲しい!という方は、一か八かで直接ゴールドカードに申し込みを行うよりも、まずはクラシックカードなどを取得して、利用実績を高めた上でゴールドカードに切り替えを行うと、普通にゴールドカードを取得することができるようになるのです。

次の

三井住友トラストVISAゴールドカード|三井住友トラスト・カード

三井住友 カード ゴールド

充実のサービスをあなたのために。 「国内VISAを代表する魅力満載のステイタスカード」 日本で最初にVISAカードを発行し、現在も国内でVISAをリードしつづける三井住友カードが発行する 三井住友カード ゴールドはステータス感が違います。 Webサービスやポイントサービス、セキュリティなどトータルで評価が高く、長く付き合えるカードです。 人気面においても、およびと並んで 国内を代表する人気ゴールドカードです。 新規申込だと入会審査がきわめて難しい三井住友カード プラチナですが、三井住友カード ゴールドで1年間ほど延滞のない良好なクレジットヒストリーを積んだうえで、ランクアップ申請すれば、三井住友カード プラチナへの入会の道が大きく広がります。 なお、ランクアップの際、それまでに獲得した「Vポイント」は新カードへ持ち込みとなるので、ポイントの無駄がありません。 ところで、三井住友カード ゴールドには、ステータスだけではないおトクさがあります。 つまり、TRUST CLUB ゴールドカードやJCBゴールドをはじめ、アメリカン・エキスプレス・カードよりも高いということです。 ですから、審査落ちということもしばしば起こり得ます。 審査落ちしてもなお三井住友カード ゴールドを持ちたい!という方は、まずや、、など三井住友カード ゴールドの下位プロパーカードに入会されることをオススメします。 なぜなら、三井住友カードのプロパーカード会員が、三井住友カード ゴールドへ入会する場合は、新規入会ではなく、 「カードランク変更」申込という扱いになるため、支払い遅滞のない、優良なクレジットヒストリーを1〜2年積んでおけば、ゴールドカードへの切替が易しくなるからです。 なお、カード切替の場合は、それまでの獲得ポイントや翌年度のボーナスポイントの「V1」「V2」「V3」ステージ設定を左右するお買物累計金額も、そのまま新カードへ持ち越されるというメリットもあります。 なお、三井住友カード プライムゴールド会員は、30歳の誕生日以降最初に迎えるカード更新時に、特に(ランクダウンを)申し出なければ、自動的に三井住友カード ゴールドへ切り替えとなります。 インターネット入会で初年度無料• のボーナスポイント優遇&有効期限延長• 海外旅行保険: ゴールドランクでも最高レベル充実補償!• 国内旅行保険:最高5,000万円の充実補償• お買物安心保険:年間300万円まで補償• ゴールドデスク:ゴールド会員専用通話料無料インフォメーション窓口• ドクターコール24:日本国内での医療・健康無料電話相談(24時間年中無休)• 空港ラウンジサービス:国内の主要空港およびホノルルの国際空港ラウンジを無料利用• 必ずVpassにログイン後、「Relux」ページに遷移し、専用クーポンコードをご入力ください。• VJ Supreme Selection: 上質さを兼ね備え、選び抜かれたラグジュアリーな旅行プランをシリーズでお届けします。 緊急キャッシュサービス:海外でのトラブル時にキャッシング利用枠の範囲内で現地通貨をご用立て• 海外での緊急カード発行手数料無料• :「ハーツGoldプラス・リワーズ・ファイブスター会員」のステータスを利用できます。 : エントリーして街でカードを利用するとポイント( 最大18倍)やキャッシュバック特典をゲット!• 世界のお得なお店ガイド:世界3地域25都市(2019年12月現在)の優待店で使えるおトクなクーポン• :アジア10カ国約300店舗での優待プログラム• VJトラベルデスク:国内外のパッケージツアーが 3〜5%OFF• VJデスク:海外55か都市における、日本語でのトラベルサポート• ハワイ・ホノルルラウンジ:ホノルルのシティラウンジを利用できます• ネットモール「ポイントUPモール」: ポイント2〜20倍!ゴールド・プラチナ会員さま限定でポイントアップしたショップもあります。 プレミアムポイント:対象店舗で 最大20倍のポイントが貯まります。 魅力的なカード利用キャンペーンを多数実施• 《VISA限定》VISAワールドワイドのゴールド会員向けサービスが利用可能• 《Mastercard限定》Mastercardワールドワイドのゴールドカード会員向けサービスが利用可能• セキュリティを高める写真入りカード発行可(VISAのみ)• 後払い型電子マネー「」:「iD」機能を標準搭載 「専用カード」「クレジット一体型」「おサイフケータイ型」の3タイプから選べます。 VpassID安心サービス:ネットでの不正利用による損害を補償• 「パーソナルアカウントタイプ」の家族カード オプショナル : 家族会員のカード利用代金明細書送付先が家族会員宛てに、かつ家族会員ご利用分のお支払い口座が、家族会員名義の指定口座になります。 (オプショナル/年会費実質無料): :通行料金最大50%OFF、ETCマイレージも貯まっておトク!• : iPhone 7やApple Watch Series 2へ設定してすぐに「iD」マークのある店で簡単に利用できます。• (オプショナル/年会費無料・発行手数料300円): イオンでお得&クレジットチャージ・オートチャージで便利• スマートフォンからも利用できるので、衝動買いしたくなったときにも、すぐにエントリーでき便利です。 エントリー有効期限がありますが、エントリーは何度でもOKなので、気軽にエントリーできます。 2017年8月現在、14のカテゴリのお店(「百貨店」「ショッピングモール」「ファッション」「レジャー・トラベル」「美容・コスメ」「スポーツ・アウトドア」「コンビニ・スーパー」「おもちゃ・ホビー」「家具・インテリア」「生活雑貨・日用品」「グルメ・フード」「ドラッグストア」「エンターテインメント」「サービス・その他」) がココイコ!に参加しています。 5%》 大きいサイズの店フォーエル 《ポイント6倍 or キャッシュバック2. 5%》 洋服の青山 《ポイント5倍 or キャッシュバック2%》 JOYXゴルフ倶楽部「上月コース」、SKI SHOP JIRO、白鶴酒造資料館 《ポイント4倍 or キャッシュバック1. 【 リボ払い手数料について】 最低お支払い金額だけ支払った場合、または一部追加して支払った場合、支払い後の残高に対して、リボ払い手数料がかかります。 (リボ払い手数料率:実質年率15. 0%/月利1. 25%) 「マイ・ペイすリボ」では、 新規のショッピングご利用分を第1回お支払日に全額支払った場合、 リボ払い手数料はかかりません(初回手数料無料)。 つまり、 実質上は通常の1回払いと同じ扱いです。 支払い金額の増額も支払日の5-6営業日前まで電話もしくはネット上から簡単に手続きすることができます。 指定口座が三井住友銀行の場合は、お支払日の2営業日前まで増額可能なので、とくに便利です。 なお、実際にリボ払いを利用するとしても、三井住友カードの通常のリボ払い(「あとからリボ」も含む)では、ショッピング利用日から第1回お支払い日までもリボ払い手数料の計算対象になりますが、「マイ・ペイすリボ」では、ショッピング日からくる最初の支払い日まではリボ払い手数料がかからないので大変おトクです。 VISAゴールドカード会員には、期間限定の優待特典も提供されています。 カード券種が異なる会員様は、ご登録いただくwebサイトが異なりますので、以下よりアクセスの上、ご利用ください。 Kaligoが提供するホテルと料金が対象となります。 3.本特典は日本国内で発行されたVisaゴールドカード会員様に適用されます。 ご自宅から空港までの往路は、1個目から通常料金より15%OFFでご利用いただけます。 空港受取りの場合、ご出発日前日の17時までにお申し込みください。 ただし、深夜早朝便をご利用の方はご出発日2日前の17時までにお申し込みください。 宅配受取りの場合、ご出発日2日前の17時もしくはエリアによっては3日前の17時までにお申し込みください。 空港受取りの場合は別途料金は発生しません。 宅配の場合、返送料は発払いであれば実費をお支払いいただき、着払いであれば後日精算となります。 「カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録すると、次回年会費請求前月からさかのぼった過去1年間のうち6回以上請求があった場合、次回 年会費1,000円引き。 三井住友カード プラチナ Visa 多彩なプラチナサービスを備えた国内VISAの最上級カード。 インビテーションなしでの入会も可能です。 ステイタス 年会費 税抜 家族会員 税別 利用枠(入会時) マイル移行 《国内》8. 9 《海外》8. 8 50,000円 無料 原則300万円〜 入会資格 ポイントプログラム 旅行保険 買物保険 空港ラウンジ 満30歳以上 安定継続収入のある方 200円=1P 0. 5〜1. 5%相当額(2,000円以上最高30,000円まで)のVISAギフトカードを年2回プレゼント ・ プラチナホテルズ:国内約40のホテルと約10の旅館での優待料金&お部屋もしくは料理等を アップグレード。 国内約15のホテルのスイートルームが 50%OFF ・ プラチナグルメクーポン: 東京・大阪を中心に約100店舗の一流レストランで2名様以上のコース料理をご利用頂いた場合、会員の方 1名様分が無料になるクーポンを年2回プレゼント!(3月下旬と8月下旬にお届け) ・ プラチナワインコンシェルジュ:ワイン界の巨人、田崎真也氏とのコラボレーションによるワイン関連サービス。 プライオリティ・パスに加入すると、国内ではさらに成田第1・第2、中部国際、関西国際第1、福岡国際線のVIPラウンジなど9ヵ所のラウンジが利用可能となります。 5/《海外》7. 5 《国内》8. 9/《海外》8. 前年の 年間カード利用100万円以上で年会費20%OFF、300万円以上なら半額になります。 家族会員 一般型タイプ 生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親 パーソナルアカウントタイプ 会員の配偶者、または満20歳以上でご自身に安定した収入のあるお子さま、ご両親 カード 発行期間 らくらく発行 (インターネットで 引落し口座の設定) 支払い口座に三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・ゆうちょ銀行・ソニー銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行、を指定のうえ、オンラインで口座振替設定を行った場合、 最短翌営業日(プラチナカードは最短3営業日)で発行 下記の場合は、【らくらく発行】でお申し込みいただいても、翌営業日(プラチナカードは最短3営業日)での発行ができませんのでご注意ください。 ・未成年の方がお申し込みの場合 ・25歳未満の学生の方でPiTaPaカードを同時にお申込みの場合 通常発行 オンライン入会申込後、自宅あてに届く自署届に、署名・捺印の上、本人確認書類のコピーを同封し返送するタイプ。 申込から 2〜3週間程度で発行、簡易書留にてお届け。 総利用枠 50〜200万円 原則300万円〜 ショッピング ショッピング利用枠 50〜200万円 原則300万円〜 支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス1括払い、リボ払い、分割払い リボ払い・分割払い 利用可能枠 0〜100万円 分割払い手数料 3回払(実質年率12. 0%)、5回(13. 25%)、6回(13. 75%)、10回(14. 25%) 12回(14. 50%)、15回・18回・20回・24回(14. 75%) リボ払い手数料 実質年率15. 63%を加算したレートで日本円に換算。 【 V2(ブイツー)】年間カード利用100万円以上:翌年50万円利用で750P、以降10万円ごとに150Pボーナス。 (ゴールド会員は)翌年年会費が20%引き 【 V3(ブイスリー)】年間カード利用300万円以上:翌年50万円利用で1,500P、以降10万円ごとに300Pボーナス。 カードご利用 プレゼント - 6ヶ月間のカード支払い金額合計が50万円以上の方に、6ヶ月間のカード支払額の0. 5%相当額 2,000円以上最高30,000円)のVISAギフトカードを年2回プレゼント 還元率 前年利用額 50万円未満 0. 5% 0. 5% 50万円以上 0. 589〜0. 5% 0. 589〜0. 5% 100万円以上 0. 645〜0. 5% 1. 145〜1. 5% 300万円以上 0. 794〜0. 5% 1. 294〜1. 5% 備考 ポイント2〜20倍もらえる提携店舗多数(ネットショップを含む) 海外 旅行保険 2018年8月現在 適用条件 <自動付帯>クレジット決済有無に関わらず、自動的に補償されます。 ただし、三井住友カード ゴールドの傷害死亡・後遺障害は、旅費等事前の当該カードでのお支払いの有無により最高補償額が異なります。 補償期間 最長3カ月間 海外旅行の目的をもって日本国内の住居を出発されてから住居に帰着されるまでの間で、かつ、日本を出国した前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時まで。 ただし、日本出国日から3カ月後の午後12時(24時)までを限度とします。 2010年9月現在、世界28か国に無料ダイヤル設置。 航空便 遅延保険 適用条件 【海外渡航の場合】<自動付帯>会員が旅行期間中(最高3カ月間)に航空便の遅延・欠航や、手荷物の配達の遅延・紛失などで負担した一定の費用を補償します。 お買物 安心保険 適用範囲・条件 海外・国内でのカードによる購入品の破損、盗難などによる損害を補償。 空港ラウンジ サービス VJAグループ共通 対象空港 2019年12月10日現在 国内31空港45ヵ所、海外1空港1ヵ所 新千歳「スーパーラウンジ」「ノースラウンジ」、 旭川「LOUNGE 大雪 TAISETSU 」、 函館「ビジネスラウンジ A Spring」、 青森「エアポートラウンジ」、 秋田「ロイヤルスカイ」、 仙台国際「ビジネスラウンジEAST SIDE 3F 」、 新潟「エアリウムラウンジ」、 富山「ラウンジらいちょう」、 中部国際「プレミアムラウンジ セントレア」、 小松「スカイラウンジ白山」、 富士山静岡「YOUR LOUNGE」、 成田第1「ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ」 2019年12月9日をもって終了 「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」、 成田第2「T. 補償対象会員 VpassIDをご登録いただいた会員の方 対象店舗 VISA認証サービス、もしくはMasterCard Secure Code セキュアコード 対象加盟店 補償対象項目 インターネットショッピング全般 (商品発送先が日本国内の物品およびデジタルコンテンツの販売) 補償期間 弊社に不正使用被害をお届けいただいた日から60日前以降 紛失・盗難補償 紛失・盗難の届出日の60日前から期限なしで損害を補償。 主要ゴールドカードの付帯保険比較表 カード名をクリックすると、カード別詳細情報ページが開きます。 0 - - - - - - 300 - - - - - 6. 5 6. 5 6. 5 6. 5 - 6. 2 5. 0 6. 5- 10 2,500 1,000 6. 5-5 5,000 3,000 7. 3 7. 3 7. 4 7. 5 7. 5 300 7. 5 7. 4 7. 0 7. 2 7. 1 7. 7 8. 3 8. 3 7. 8 7. 5-5 5,000 3,000 3,000 1,500 ミライノ カード PLATINUM 8. 6 8. 8 8. 8 8. 0 9. 5 9. 1 旅行代金をカード決済しない場合は、最高5,000万円補償になります。 2 旅行代金をカード決済しない場合は、最高3,000万円補償になります。 3 旅行代金をカード決済しない場合は、最高1,000万円補償になります。 4 旅行代金をカード決済しない場合は、最高2,000万円補償になります。 銀行系ゴールドカード• 流通・信販系その他• ただし、三井住友ビジネスカード for Ownersカードは個人カード同様、ゴールドは3年、プラチナは4年となります。 ボーナスポイント《個人カード会員の方》 前年度お支払いのお買物累計金額(2月〜翌年1月分)によって、翌年度のステージが設定されます。 そのステージとお支払いのお買物累計金額に応じて、プレゼントされるポイントです。 (三井住友Mastercard会員の方は対象となります。 また、 過去1年間に6回以上の請求がある方が割引となります。 【 前年度のご利用額に応じて翌年度年会費無料・半額】 対象カード プラチナカード、 法人カード、 提携カード等は 対象となりません。 【 対象店舗】弊社が指定するコンビニエンスストア・スーパー・ドラッグストア・ファーストフード・カフェなどの約50店舗。 一度登録したお店については90日間は変更ができません。 【対象カード】家族カードおよび対象カードを登録しているiD、Apple Pay、Google Payも含まれます。 【対象カード】以下のカードが対象です。 家族カードおよび対象カードを登録しているiD、Apple Payも含まれます。 com割引コード ホテル /Trip. 移行所要期間:申込後1週間以内 紙のご利用代金明細書に代えて、Eメールで通知するサービス。 利用明細はホームページで確認できます。 登録無料で、しかもカード年会費(個人本会員分のみ)が500円割引(プラチナカード・ゴールドカード・プライムゴールドカードは1,000円割引)になります。 なお、年会費割引は対象外となります。 マイ・ペイすリボ ショッピング利用分の支払いが原則リボ払い(実質年率15. 【 世界のお得なお店ガイド】 《Visa》世界3地域25都市(2018年4月現在)の優待店で使えるおトクなクーポン 【 VJホテルステイプラン】 全国約130の高級リゾート・シティホテルが最大60%OFF(AMEXの割引と同程度) 【 プレミアムポイント】全国24の加盟店(2017年7月現在)で最大20倍のプレミアムポイントがたまります。 【 V-collection】通販カタログ「HomeShopping」の商品を扱う会員限定オンラインショッピングサイト。 必ずVpassにログイン後、「Relux」ページに遷移し、専用クーポンコードをご入力ください。 【 VJ Supreme Selection(VJシュープリーム・セレクション)】《プラチナ・ゴールド》 上質な大人の時間をお楽しみいただくための特別企画。 実績のある旅行会社とのコラボレーションにより、上質さを兼ね備え、選び抜かれたラグジュアリー・プランをシリーズでお届けします。 【 VISA優待】《VISA》ハワイ・グアム、アジア、ヨーロッパでの優待サービス 【 】《Mastercard》世界27の国・地域でのレストラン・ショッピング・サービス優待特典 【 VJトラベルデスク】15ブランド以上の国内外のパッケージツアーが3〜5%OFF 【 人間ドック優待サービス】 全国で113の病院・クリニック・健康管理センターをご紹介。 各種人間ドックやPET検診にて、カード会員優待割引や特典をご用意。 チケットデスク 各種公演チケットの電話での予約・購入。 会員限定宝塚貸切公演やVpass限定公演も取り扱い。 送料600円(送料+発送手数料)。 Vpassチケット限定の先行抽選販売もあり。 その他の国・地域でも優待料金をご用意しています。 【 バジェットレンタカー】 円建てプラン 10%OFF、現地払いプラン 10〜15%OFF 《ネット割引コード》H034700/《電話予約割引》「VJAグループカード割引」 《利用方法》もしくは予約センター(0120-150-801/9:00〜19:00年中無休)で日本出発の5日前までご予約ください。 主要空港営業所ではメンバー専用パーキングをご用意。 カウンターに立ち寄ることなく、ご出発になれます。 専用パーキングのない営業所では、専用カウンターをご用意。 免許証をご提示いただくだけで、契約書と車の鍵をお受け取りになれます。 ロードサービス(オプショナル) 会員自身が運転する車両(二輪車・四輪車)を対象とするアフターフォローサービス付きロードサービスに加入することができます。 法人カード・リボ専用カード・バーチャルカード・ETC専用カード・一部提携カード(JAF、マツダ、近畿日本ツーリストなど)・銀聯カード ドクターコール24(国内) 《エグゼクティブ・ゴールド・プラチナ》毎日の生活の中で生じる医療・ストレス・健康の不安について、医師・看護師・保健師などの専門スタッフがお電話(通話料無料)で24時間・年中無休でご相談に応じます。 Visaゴールド空港宅配《期間限定》 日本国内発行Visaゴールドカード以上の会員が国際線フライトを利用する際、空港から自宅までの復路 帰国時 は、1個目500円 税込 、2個目以降通常料金より15%OFFで。 また、自宅から空港までの往路 出国時 は、1個目から通常料金より15%OFFで利用できます。 また、ゴルフバッグについては一律140サイズ、スキー(1セット)は一律160サイズとみなします。 【 利用料金】1個目500円。 Visaゴールド国際線クローク《期間限定》 日本国内発行Visaゴールドカード以上の会員様が国際線を利用する際、手荷物を一時的にお預かりするサービスおよび海外で必要のないコート・防寒着をお預かりするサービスです。 【 有効期限】2020年3月31日まで 【 空港クローク優待サービス】海外旅行の際、出発前に空港で、コートなどの防寒具を帰国時まで1着につき10%OFFでお預かりします。 スーツケース・ゴルフバッグ及びスキー 1セット は重量が30kg以内であれば、サイズが160cm以上でもお取扱いいたします。 【 海外携帯電話・WiFiレンタル優待サービス】 海外携帯電話: 通信料15%OFF、レンタル料金50%OFF 海外WiFiルーター: 通信料15%OFF 《対象地域》海外携帯電話:世界90カ国以上。 海外WiFiルーター: 世界161カ国以上。 ご予約時には必ず優待コード「7420」をお伝えください 【 国内高級ホテル・高級旅館】JTBが厳選する全国のラグジュアリーホテル、高級旅館施設をご予約いただけます。 【 Trip. com会員への登録が必要です。 優待価格として約150コースが 500円〜1,000円OFF 予約は 会員向けネットショップモール。 2011年3月9日現在、279店舗参加。 VJデスク 海外55か都市で、現地の最新情報、レストラン・チケット予約、緊急時サポートなどを日本語で提供。 プライベートラウンジ 《プラチナ》三井住友銀行運営「SMBCパーク 栄」(名古屋市栄地区)にて、テレビ、お飲み物、書籍、新聞・雑誌や、ATMをご準備しております。 利用にはプラチナカード提示が必要です。 【 緊急キャッシュサービス】キャッシング利用枠の範囲内の現地通貨をご用立ていたします。 また、お受け取りの日時・場所を指定させていただく場合があります。 国内ゴルフエントリーサービス 国内ゴルフ場約700コースの平日プレー予約を「ゴルフエントリーデスク」にてお電話1本で承ります。 (業務提携:株式会社アカデミーゴルフ) Vpassゴルフエントリーサービス 全国1,700以上のゴルフ場を手数料無料で24時間オンライン予約。 Apple Pay Apple Pay対応デバイス(iPhone 7、Apple Watch Series 2以降)をお持ちの方は、三井住友カードをApple Payに設定することができます。 【 Apple Payが使えるお店】 「iD」マークのあるお店や自動販売機、タクシーなどでの支払いなどで利用できます。 お店では「iD(アイディ)」で支払うことを伝えてください。 お店では「Mastercardコンタクトレス」で支払うことを伝えてください。 Mastercardをお持ちのお客さまは、Apple Payに対応したオンラインショッピングが利用できます。 中国でカードといれば銀聯カード。 中国の1,800万店以上にのぼる銀聯加盟店で利用できる 店頭ショッピング専用カード(クレジット1回払いのみ/キャッシング機能なし)。 カード利用時には必ず6桁の暗証番号入力&署名の両方が必要な 高セキュリティカードです。 2種類のデザイン「大陸」「パンダ」から選べます。 三井住友カードWAON WAON200円 税込 利用ごとに1WAONポイント(1円相当)が貯まる電子マネーです。 【 イオンお客さま感謝デー】毎月20日・30日はイオンでの買い物をWAONで支払うと 5%OFF 【 イオンお客さまわくわくデー】毎月5日・15日・25日はイオンで使うとWAONポイント2倍加算 【 クレジットチャージ・オートチャージ】ご指定いただいたクレジットカードからのチャージができます。 お買物の際、お支払い後のWAON残高が設定金額未満になると自動的にWAONがチャージされるオートチャージ設定も可能です。 【 年会費・発行手数料】年会費無料。 三井住友カードWAONお申し込み時に、WAON発行手数料300円をいただきます。 三井住友VISAバーチャルカード 安心のためご利用枠を10万円に設定したインターネット決済専用VISAカードです。 【 年会費】初年度無料。 単独でお申し込みの場合は、からお申し込みください。 【 不正利用補償制度】バーチャルカードの会員番号が第三者に不正に使用された場合、ご利用枠の範囲内で悪用された額を補償いたします。 その他の追加カード 【 PiTaPaカード】タッチ&ゴーで電車・バスに乗れるポストペイカード/年会費無料 【 三井住友カードVisa payWave】 2018年6月20日をもって新規申込の受付は停止。 JR東海エクスプレス予約サービス 東海道・山陽新幹線(東京〜博多間)の座席をスマートフォン・携帯電話やPCから 簡単に予約できる「エクスプレス予約サービス」。 シートマップで空席状況を確認しながら、 希望の座席をリクエストできます。 エクスプレス予約サービスなら、スケジュールに合わせて、 予約の変更が手数料なしで何度でも可能です。 また、列車の時刻はもちろん、ご出発日や区間・設備(普通車・グリーン車)の変更も可能です。 年末年始やゴールデンウィークなどの期間も含め、 1年中変わらない会員価格でご利用いただけます。 また、往復行程を一括購入することでおトクになる「 往復割引商品」や早めの予約でさらにおトクな「 早特商品」もご利用いただけます。 ご予約後は「プラスEXカード」を改札機にタッチするだけで、スピーディーに東海道・山陽新幹線にご乗車いただけます。 時刻表に表示された発車時刻の4分前まで予約できます。

次の

【年会費も格安】20代なら超お得に「三井住友カード プライムゴールド」が持てますよ

三井住友 カード ゴールド

アメックス・グリーンと三井住友カードゴールドのちがい• アメックス・グリーン…旅行(特に海外)にとにかく特化!• 三井住友カードゴールド…年会費のわりには幅広い付帯サービスでコスパ良好・万人向け! こんな感じ。 アメックス・グリーンは(主に海外)旅行に特化した付帯サービスが充実しています。 そのため、 旅行のためにクレジットカードを持つなら、アメックスより優れたカードはないと言ってしまってもいいくらいです。 ただ、旅行の機会が少ない人にとっては、アメックス・グリーンの付帯サービスをフル活用するのは難しいのも事実…。 一方の三井住友カードゴールドは、 簡単な条件を満たすだけで年会費を4,000円+税にまで下げることができ、少ないコストで持つことができるのが大きな魅力。 それでいて海外・国内旅行サービスやショッピング保険といった定番サービスを広く浅くカバーしていて万人向けになっています。 またカード本体に電子マネーiD(アイディー)を内蔵しているなど、多様な決済方法が用意されていて利用しやすいのもメリット。 なので、アメックス・グリーンと三井住友カードゴールドを選ぶ基準は、、、 このページの目次• アメックス・グリーンと三井住友カードゴールド 2枚持ちもオススメ! このページを読んでいる人は、アメックス・グリーンと三井住友カードゴールド、どちらかを持ちたいとお考えだと思います。 ただこの2つのカードは2枚持ち、つまり 両方とも持つのもかなりオススメ。 実は管理人自身、アメックス・プラチナと三井住友カードゴールドの両方を持っていますよ(笑) -管理人のアメックス・プラチナと三井住友カードゴールドの画像- なぜに2枚持ちしているのかというと、アメックスを海外旅行で利用するときの デメリットを、三井住友カードゴールドでカバーすることができるから。 アメックスを海外旅行で利用するときのデメリットは、具体的には以下の3つ。 アメックスを海外で利用するときの大きなデメリット3つ• でも、海外決済や旅行保険、海外キャッシングといった重要かつ基本的な部分が弱いのが大きなデメリットなんです。 その点三井住友カードゴールドならこのような基本的な部分のサービスも網羅されているので、アメックス・グリーンのデメリットを帳消しにすることができるわけです。 冒頭でも説明したとおり、三井住友カードゴールドは簡単な条件をクリアすれば年会費4,000円+税という低コストで持つことができるゴールドカード。 アメックス・グリーンと2枚持ちしたとしても、十分許容できるコストです。 そのため、旅行のためにアメックス・グリーンを持ちたいと考えているなら、三井住友カードゴールドとの2枚持ちをオススメします。 アメックスはゴールドとかプラチナなら海外旅行保険が充実しとるから、1枚だけあったら十分な補償内容! ただ、海外で決済できへん場面が多いとか海外キャッシングが利用できへんのはすべてのアメックスに共通…(泣) せやから、管理人は海外での決済とキャッシングのために三井住友カードゴールドを持ってます! なお、アメックスのデメリットとそれをカバーするためのクレジットカードについては、以下のページでくわしく説明しています。 まずは主なちがいを表にまとめてみた アメックス・グリーンと三井住友カードゴールド、比較する前にいきなり2枚持ちを薦めてしまいました(汗) ここからいよいよ、2つのカードのちがいを説明したいと思います。 この2つのカードは冒頭でも説明したとおり、、、 アメックス・グリーンと三井住友カードゴールドを選ぶポイント• アメックス・グリーン…旅行(特に海外)特化型• 三井住友カードゴールド…コスパ良好なバランス型! このようなちがいがあります。 この2つのカードは方向性がかなり異なるのでちがいを挙げるときりがありませんが、主なちがいを以下のとおり表にまとめてみました。 楽天ポイント• Tポイント• 楽天ポイント• Tポイント• Pontaポイント• nanacoポイント• waonポイント• Gポイント• idバリュー• スターバックスカード マイル移行 マイル移行 できる 航空会社 ANAなど15社• ANA• アリタリア• シンガポール航空• ブリティッシュ・エアウェイズ• エールフランス• 中国東方航空 マイル還元率 0. その上、カード決済で貯まるポイントも マイルに移行すれば還元率0. ポイントすら旅行に特化していると言えます。 一方の 三井住友カードゴールドも幅広く旅行サービスを網羅しているものの、1つずつのサービス内容は(旅行保険を除けば)アメックス・グリーンには及ばない内容。 また、三井住友カードゴールドのポイントも航空会社のマイルに移行することもできますが、還元率0. 3~0. ただ、三井住友カードゴールドのポイントはアメックス・グリーンとは逆に、マイルよりも身近で利用しやすい共通ポイントなどに移行した方が還元率が高いのが特徴になります。 クレジットカードで マイルを貯めるつもりがないなら、アメックス・グリーンよりも三井住友カードゴールドの方がポイントは便利だと言えますね。 ここから、2つのカードのちがいについて、さらにくわしく説明していきますよ! アメックスは旅行サービスが充実しとるけど、普段のカード利用ではそこまで大きいメリットがないのが実際のとこ…。 その点、三井住友カードゴールドは電子マネーiDがカード本体に内蔵されとったりポイント還元率が上がる店舗・ネットショップが多かったりと、日常生活では便利な点が多いカードやで。 年会費は実質3倍の差 アメックス・グリーン(年会費12,000円+税)と三井住友カードゴールド(年会費1万円+税)の年会費は、表面上はわずか2,000円の差。 でも三井住友カードゴールドは、ごく簡単な条件を満たすだけで年会費を4,000円+税まで引き下げることができるんです。 そのため、アメックス・グリーンと三井住友カードゴールドとは、 実際には年会費が3倍ちがうカードだと言えます。 また、三井住友カードゴールドは家族カード1枚に限り年会費無料。 2枚目以降も1,000円+税と割安です。 一方のアメックス・グリーンは、三井住友カードゴールドのように何か条件を満たせば年会費が下がるという特典は存在しません。 そして、アメックス・グリーンの家族カードは、年会費が1枚目からきっちり必要…。 このことから、 三井住友カードゴールドは格安で持つことができるお手軽ゴールドカードだと考えることができますね。 三井住友カードゴールドの年会費は2つの条件を満たせば4,000円に! 三井住友カードゴールドの年会費を引き下げる方法について、まずは説明しておきたいと思います。 年会費を引き下げる条件は、知ってさえいれば誰でも簡単に満たすことが可能。 そのため、このカードを持つならぜひとも条件を満たして年会費を4,000円+税にまで引き下げることをオススメします。 この引き下げを知らずに毎年1万円+税の年会費を支払い続けるのは、かなりもったいないですよ(笑) 三井住友カードゴールドの年会費をもっとも簡単で効果的に引き下げる方法は、次の2つに登録・申し込みすること。 三井住友カードゴールドの年会費を4,000円にするためのサービス2つ• WEB明細書サービス(年会費から1,000円割引)• マイ・ペイすリボ(年会費から5,000円割引) その上で、過去1年間に6回の請求があればOK。 つまり、最低年に6回、ちがう月にこのカードを利用すればいいわけですね。 これなら、ほとんどの人が三井住友カードゴールドの年会費を4,000円+税にできるんではないでしょうか? ここからは、三井住友カードゴールドの年会費を引き下げるために必須の2つのサービスについて、くわしく説明します。 WEB明細書サービス WEB明細書サービスというのは、カード利用明細が紙で郵送されずにインターネット上の会員サイトで確認する形のこと。 紙の明細書が届かない代わりにメールで次回の支払い金額を知らせてくれるので、口座に利用代金を用意するのを忘れる心配もありません。 「どうしても紙の利用明細書が欲しい!」という人でない限り、WEB明細書サービスに登録して 紙の利用明細書の郵送をやめるだけで年会費が1,000円+税割引されるのは、お得だと言えます。 なお、年会費1,000円+税の割引を受けるためには、WEB明細書サービスに登録した上で、過去1年のうち6回のカード利用代金の請求が必要です。 このカードをメインで使うならまったく問題ありませんが、サブカードとして持つなら毎月の固定費を1つだけでもこのカードから支払うように設定しておけば、確実に年会費の割引を受けることができますね。 マイ・ペイすリボに登録 年会費の割引が受けられる2つ目のサービスは、 マイ・ペイすリボへの登録。 マイ・ペイすリボというのは、自動リボ払いのこと。 具体的には、毎月の利用代金があらかじめ設定した金額を超えると、自動的にリボ払いになるというものです。 (引用:三井住友カード公式サイト「」) ここまでの説明だと、 「いや、いくら年会費を引き下げられるとは言っても、リボ払いの手数料なんか払いたくないぞ!(怒)」 と感じる人も多いのでは? マイ・ペイすリボは リボ払いの金利手数料を一切かけることなく登録できるのでご安心ください。 マイ・ペイすリボの 設定金額を普通に考えて1か月で使わないほど高額にしておけば、金利手数料が発生することはありません。 もっと言うと、 設定金額=カードの利用限度額にしておけば、絶対にリボ払いになることはありません。 別にリボ払い手数料を支払わなくてもマイ・ペイすリボにさえ「登録」した上で年1回以上カードを利用すれば、年会費が4,000円+税割引されます。 2021年からの年会費割引はリボ払い手数料が条件… 現在の三井住友カードゴールドの年会費は、ここまで説明したとおりマイ・ペイすリボにさえ登録していれば割引を受けることができます。 でも、2021年2月以降に支払う年会費については、ただ単にマイ・ペイすリボに登録しているだけでなく、最低年1回は実際にリボ払いの金利手数料を支払わないと割引を受けることができなくなります。 年会費割引のルールが変更されるスケジュールは、具体的には以下のとおりです。 (引用:三井住友カード公式サイト「」) なので、今後もずっと三井住友カードゴールドの年会費を4,000円+税でキープし続けるには、年1度はマイ・ペイすリボの金利手数料を少しだけ発生させる工夫が必要になってしまいます…。 ここまで説明したとおり、三井住友カードゴールドは以下2つの簡単な条件をクリアするだけで年会費が割引されます。 WEB明細書サービスへの登録• マイ・ペイすリボへの登録 そのため、三井住友カードゴールドは年会費が4,000円+税の格安コールドカードとして捉えた方がいいですね。 旅行サービスはアメックスが圧倒的!(旅行保険を除く。。。 ) さて、三井住友カードゴールドの年会費は、実際には4,000円+税だということをご理解いただけたと思います。 その上で、2つのカードの付帯サービスを比較していきたいと思います。 まず旅行サービス。 これは言うまでもなく、アメックス・グリーンが三井住友カードゴールドを圧倒しています。 アメックス・グリーンの旅行サービスが特に優れている点として、、、• 予算などの要望に合わせてプロが旅行のプランを企画してくれるトラベルデスク• アメックスでしか利用できない空港サービス 主にこれらが挙げられますね。 こういったサービスは三井住友カードゴールドはもちろん、ほかのゴールドカードや一部プラチナカードさえも上回る豪華サービスです。 アメックス・グリーンと三井住友カードゴールド、どちらを選ぶかの大きな分かれ目は、トラベルデスクとアメックス独自の空港サービスに魅力を感じるかどうか? こういったサービスを活用すれば、アメックス・グリーンの年会費12,000円+税は全然安いって言えるぐらいやで。 けど逆にアメックス・グリーンのこのサービスに興味がないから、三井住友カードゴールドの方が年会費が安いええカードって言えるかな。 ここからは、アメックス・グリーンと三井住友カードゴールドを選ぶ分かれ目ともなるサービスについて、くわしく説明していきますね。 アメックスのトラベルデスクは要望に合わせて選んでくれる! アメックス・グリーンと三井住友カードゴールド、どちらも旅行の予約手配をしてくれるトラベルデスクが利用できます。 ハッキリ言って、 三井住友VISAゴールドカードのデスクは、至って普通。 ただ、このサービスを利用するよりもH. やエクスペディアといった旅行予約サイトを使った方が安くなることが多いので、正直微妙…。 一方のアメックス・グリーンのトラベル・デスク H. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクは、思いっきりパンチが効いたサービスです。 このサービスは、予算や人数、好みといった旅行の要望を伝えるだけで、ぴったりのプランを H. のスタッフが企画・提案してくれるというもの。 そのため、• 行ったことがない国や場所でも自分でわざわざ調べる必要がない• プロがプランを考えてくれるので、外れることがまずない こういった大きなメリットがあります。 ちなみに、H. やJTB、日本旅行の窓口に足を運んだとしても、結局は自分でパッケージツアーを選ぶ必要があります。 ましてや窓口で要望を伝えてプランを考えてもらうなんて、絶対にやってくれません。 そのことを思うとアメックス・グリーンのトラベル・デスクは、ほかののクレジットカードどころか 旅行代理店のサービスすら上回るレベルの高い内容だと言えます。 このサービスは、航空券だけは数千円の取り扱い手数料が必要で、あとは無料。 また、提案されたプランの内容に魅力を感じなければ、再度提案してもらったり断ることも全然OKです。 この超豪華サービスを、年会費12,000円+税で利用できるのは大きな魅力だと言えますね。 このサービスを活用するだけでも、アメックス・グリーンの年会費を支払う価値が大いにあると、管理人は思っています。 昔の管理人みたいに、旅行に興味はあるけど、、、• 飛行機とかホテルを予約するのが面倒くさい…• ってか、飛行機とかホテルのことを調べるのが面倒… こういった人なら、アメックス・グリーンのトラベル・デスクを使えば今までより手軽に旅行ができるようになると思うで! アメックスの空港サービス・サポートは手厚い上に多彩! そしてさらに、アメックス・グリーンは空港サービスや海外旅行サポートでも三井住友カードゴールドを上回ります。 どちらのカードにも以下3つのサービスが付帯しているものの、アメックス・グリーンは細かい部分で優れており、実用性が高いサービス内容になっています。 また、日本語による電話サポートが日中のみ、カードやパスポートの紛失、病院の紹介といった緊急事態だけは24時間対応ではあるものの、日本のトラベルデスクでの対応なのはデメリットです。 アメックス・グリーンは、あらゆるトラブルに24時間365日、現地トラベルデスクで日本語による対応が受けられますからね。 日本国内よりも現地のデスクの方が、その土地の地理や状況、法律などに熟知しています。 なので、より的確な対応が期待できるというわけです。 このへんは、世界中に拠点を持つアメックスが優れているのは当然とも言えます。 さらにアメックス・グリーンには、三井住友VISAゴールドカードにはない以下3つのサービスも付帯します。 エアポート送迎サービス• 空港パーキング• 無料ポーターサービス これら3つのサービスは、万人にとって利用しやすく便利!というものではないのが実際のところです。 ただ、これらのサービスが付帯するクレジットカードは希少なので、もしもこういったサービスに魅力を感じるなら、アメックス・グリーンを持つ価値は高いですね。 なお、これら3つのサービスについては以下のページでくわしく説明しています。 海外旅行保険は三井住友カード ゴールドが優秀 ここまで説明したとおり、トラベルデスクや電話サポート、空港サービスはアメックス・グリーンは三井住友カード ゴールドを圧倒的に上回っています。 このへんは、海外旅行に強いと言われるアメックスだけのことはありますね。 ただ、 アメックスは海外旅行保険のレベルが恐ろしく低いという罠があります。 そのため、三井住友ゴールドの海外旅行保険はごく平均的なものなのですが、結果的にアメックス・グリーンよりも優れていることになります。 アメックス ・グリーン 三井住友カード ゴールド 適用条件 利用付帯 一部利用付帯 (死亡・後遺障害のみ) 死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円(自動付帯) 最高5,000万円(利用付帯) 疾病・傷害 最高100万円 最高300万円 賠償責任 最高3,000万円 最高5,000万円 携行品損害 1旅行につき30万円 1旅行につき50万円 救援者費用 最高200万円 最高500万円 キャッシュレス診療 なし あり アメックス・グリーンは年会費が12,000円+税なのに、もっとも利用する可能性が高い 病気・ケガの補償が100万円と少ない上に キャッシュレス診療に対応していないのは致命的です。 管理人の考えでは、海外旅行保険の病気・ケガによる補償は最低でも300万円は欲しいところ。 また、キャッシュレス診療は今では利用できて当然のサービスです。 キャッシュレス診療は必須のサービス! キャッシュレス診療というのは、海外の病院で治療を受けたときの医療費を、カード会社(厳密に言うとカード会社から委託された保険会社)が直接病院に支払ってくれるサービスのこと。 海外の医療費はちょっとした病気やケガでも数万円、場合によっては数十万円~数百万円かかることが多々あります。 そんなときにまず問題になるのが、 手持ちの現金で治療費を払えないということ。 万一のときのために、海外旅行中の治療費として数十万円とか数百万円といった現金を持って行く人はまずいないはず(笑) そのため、 キャッシュレス診療は海外旅行保険では必須のサービスなのです。 アメックス・グリーンの海外旅行保険は、実際の海外旅行では使い物にならないレベルですね…。 その点三井住友カード ゴールドは、病気・ケガの補償が300万円。 しかもキャッシュレス診療にも対応していて実用的です。 海外旅行保険に関しては、三井住友カード ゴールドが明らかに優れていると言えますね。 アメックス・グリーンは海外旅行サービスは充実してるのに、海外旅行保険はハナクソ…。 そこで、アメックス・グリーンのサブカードとして三井住友カード ゴールドを持ってたら、 アメックス・グリーンの海外旅行保険をカバーできるで! 三井住友カード ゴールドの海外旅行保険は、カード会員になっとるだけで自動的に適用されるから、旅行代金をアメックスで支払ったとしてもいざってときに保険が使えるから安心。 国内旅行保険も三井住友カード ゴールド! そして、活用できる場面は少ないものの、 国内旅行保険も三井住友カード ゴールドが優れています。 まぁ、国内旅行保険は適用条件が厳しいので適用される場面がほぼありませんし、日本の中なら健康保険とか生命保険で何とかあるので、別になくてもいいぐらいではあります。 この国内旅行保険も、アメックス・グリーンは死亡・後遺障害だけの補償なのに対し、三井住友カード ゴールドは入院や通院、手術の費用まで補償されます。 具体的な内容を比較すると、以下の表のとおり。 つまり、国内旅行の飛行機や新幹線、特急、ホテル、ツアー代金といった費用をカード決済することにより国内旅行保険が適用されます。 もしも2枚持ちをしていた場合、国内旅行の費用を全額アメックス・グリーンで支払ってしまうと、三井住友VISAゴールドカードの国内旅行保険は適用されないので注意しましょう。 ここまで説明したとおり、旅行サービスに関しては基本的にアメックス・グリーンが優れています。 ただ、海外・国内旅行保険だけはアメックス・グリーンがあまりにショボいため、結果的に三井住友カード ゴールドが優れている形に。 この2つのカードを旅行のために選ぶなら、、、• 三井住友カード ゴールドはカード決済に便利! 続いてカード決済について。 クレジットカードは付帯サービスも気になるところではありますが、そもそもお店での決済につかうもの。 なので、カードが利用できるお店やインターネットショップが多い方がよいのは言うまでもありません。 このクレジットカードで重要なポイントでもあるカード決済は、三井住友カード ゴールドの方が優れています。 どちらのカードも、 国内での決済ではほとんど不便を感じることはありません。 国際ブランドであるアメリカン・エキスプレスは日本のJCBと提携、そのため、国内ではVISAと並んで利用しやすくなっていますからね。 また、どちらのカードもApplePayに対応しているため、日常生活の細々とした支払いでも便利に活用できます。 ただ、 海外での利用となるとアメックス・グリーンは絶望的…。 一方の三井住友カード ゴールドは世界中でもっとも普及しているVISAブランドなので、海外でもクレジットカードが使える店舗ならほぼ確実に決済ができます。 なので、 海外旅行でのカード決済も視野に入れるなら、三井住友カード ゴールドが圧倒的に優れています。 まぁ、日本国内でのカード決済しか考えていないなら、どちらを選んでも問題ないですけどね。 特に海外で強いVISAブランド! アメックス・グリーンと三井住友カード ゴールド、カード決済で目に見える差が生まれるのは 海外での利用です。 アメックス・グリーンは「海外に強い!」イメージがありますが、カード決済に関してはまったく海外に強くありません…。 海外でクレジットカードが使えるところは、VISAとMasterCardだけということがほとんどなんです。 そのため、海外旅行に持って行くためのカードとしてアメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドを比較しているなら、、、• 三井住友カード ゴールド1枚だけで海外旅行保険と海外決済を活用 このどちらかの選択になるかと思います。 アメックス・グリーン1枚だけを持って海外での支払いはすべて現金、海外旅行保険は有料のものでカバーという方法もあるにはありますが、現実的に厳しい気がします。 なお、 アメックス・グリーンは国内ではVISAと同じくらい不便なく決済できます。 そのため、国内でのカード決済だけを視野に入れているならアメックス・グリーン1枚でも十分対応できますよ。 三井住友カード ゴールドは電子マネーiDを内蔵 三井住友カード ゴールドだけは、カード本体に電子マネーiD(アイディー)を内蔵しています。 電子マネーiDはSuicaや楽天Edyのようにチャージする必要がなく、利用代金を翌月にまとめてカード利用代金と一緒に支払うしくみ。 そのため、クレジットカードとほぼ同じように利用でき、利用代金の支払いも通常のカード決済とまとめることができます。 「クレジットカードと同じように利用できるなら、カード本体に電子マネーを内蔵してても意味ないじゃん…」 と思われる方もいると思いますが、 iDのメリットはカード決済よりも支払いがスピーディーなこと。 暗証番号・サインが不要で、レジの端末にかざせばものの数秒で決済が完了します。 クレジットカードだと店員さんにカードを渡して端末に差し込んでもらい、そして暗証番号を入力して決済完了という流れ。 コンビニやスーパー、ガソリンスタンドのような日常的で少額な支払いだと、ちょっと面倒に感じるものです…。 その点カード本体に内蔵している電子マネーiDなら、そういった 身近で少額な支払いでも気軽に利用できるというわけです。 俺もアメックス・プラチナと三井住友カード ゴールド、両方を持ってます。 三井住友カード ゴールドのiDはすぐに支払いが完了して便利やから、けっこう愛用してるで。 一方、アメックス・グリーンはカード本体に電子マネーは内蔵していないものの、次で説明するApplePayで代用することができます。 どちらのカードもApplePayで利用可能 先ほど説明したとおり、三井住友カード ゴールドはカード本体に電子マネーiDを内蔵。 でも、アメックス・グリーン、三井住友カード ゴールドともにiPhoneやApple Watchに登録しての ApplePayでの支払いに対応しています。 そのため、アメックス・グリーンをコンビニやガソリンスタンドといった日常的な支払いで気軽に活用するなら、ApplePayに登録すればOK。 また、三井住友カード ゴールドもApplePayに対応。 財布やカード本体を持ち歩かず、スマホだけを持って近所のコンビニやガソリンスタンドで支払いがしたい場合でも便利ですね。 そして一応説明しておくと、アメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドはApplePayで決済する電子マネーが以下のとおり異なります。 アメックス・グリーンはQUICPay、三井住友カード ゴールドはiDでの決済となります。 ただ、このちがいに関してはあまり問題ないと言ってしまっていいでしょう。 加盟店だけでいうと、iDはQUICPayを上回っています。 ただ、ApplaPayに対応しているすべてのクレジットカードはiDとQUICPay、どちらかの電子マネーに絶対に割り振られるため、多くのお店がiDとQUICPayの両方に対応しています。 そのため、この点は特に優劣がないと言ってしまっていいでしょう。 なお、アメックスのApplePayについては、以下のページでくわしく説明しています。 コンタクトレス決済は三井住友カード ゴールドの方が便利 そして、アメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドはどちらもコンタクトレス決済に対応しています。 -ここに2枚のカードのWi-Fiマークの写真- 「コンタクトレス決済って、何じゃ?」 と思われる方が多いと思うので説明すると、日本では現状マイナーではあるものの、海外だと普及している決済方法。 カード本体をレジの端末にかざすことで、日本の電子マネーのように暗証番号・サイン不要で決済できるしくみです。 日本でもローソンとマクドナルド、関西空港の店舗がコンタクトレス決済に対応しています。 このコンタクトレス決済も、普通のカード決済と同じように国際ブランドによって利用できる店舗が変わり、アメックスよりもVISAの方が利用しやすくなっています。 カード決済とここで説明したコンタクトレス決済の2点から見ても、 三井住友カード ゴールドは海外での決済で総合的に優れていると言えますね。 アメックスはほかのクレジットカードよりも早い段階でコンタクトレス決済に対応したで。 これは多分、アメックスが世界的に利用できる店舗が少ないっていう弱点をカバーするための取り組みやと思う。 ただ、それでもやっぱり海外ではVISAの方が圧倒的に強いのが現状…。 なお、アメックスのコンタクトレス決済については以下のページでくわしく説明しています。 海外でも利用するなら三井住友カード ゴールドは持っておきたい ここまで説明したとおり、三井住友カード ゴールドは国際ブランドがVISAである点が大きなメリット。 国内だとアメックスと目に見えた差はありませんが、海外でのカード利用となるとVISAは圧倒的に強くなります。 そのため、海外での決済に弱いアメックス・グリーンの弱点を補うため、三井住友カード ゴールドを持つのも有効です。 アメックス・グリーンは高額な決済もできる! これはカード決済できる場所とは少し話がズレることなのですが、アメックス・グリーンは限度額を気にせずどれだけ高額な決済でもできるという 事前入金(デポジット)が利用できます。 事前入金は 利用代金を先払いすることにより利用限度額に関係なく決済ができるというもので、アメックスだけのサービスです。 この事前入金は、三井住友カード ゴールドはもちろん、ほかのクレジットカードでも利用できません。 高額な海外旅行代金や家電、ブランド品の購入などで1度に100万円、もしくはそれ以上の金額を決済したい場合でも、この事前入金を使えば万事OK! 先払い時の振込手数料は負担しなければならないものの、 通常のカード利用と同じようにポイントが貯まるというメリットもあります。 なお、アメックスの事前入金について、以下のページでくわしく説明しています。 マイルを貯めるならアメックス、 マイルに興味がないなら三井住友カード ゴールド クレジットカードを利用するなら、ポイントのお得さや還元率が気になる人も多いのでは? アメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドは、クレジットカード全体で見るとどちらもポイントがザクザク貯まるカードというわけではありません。 それでも、せっかくカードを使うなら少しでも多くのポイントを貯めたいところ。 特にアメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドを2枚持ちするなら、ポイントが得なカードをメインカードにしたいですよね。 ポイントに関しては、 マイルを貯めたいかどうかでどちらのカードが得なのか?入れ替わります。 マイルを貯めるなら、アメックス・グリーンは三井住友カード ゴールドよりもお得。 一方の三井住友カード ゴールドは、マイル還元率こそアメックス・グリーンに劣ります。 ただ、楽天ポイントやTポイントといった 共通ポイントは、アメックス・グリーンよりも高い還元率で貯められます。 しかも、アメックス・グリーンのポイントは15社という多くの航空会社のマイルに移行できるのも特徴。 このことからも、 アメックス・グリーンは海外旅行に特化したカードだと言えますね。 普段のカード利用でポイントを好きなだけ貯め続ければ、ヨーロッパ旅行やビジネスクラスでの旅行など、マイル活用の幅が広がります。 一方の三井住友VISAゴールドカードは、マイル還元率0. アメックス・グリーンはポイント移行時だけは「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録を! アメックス・グリーンは、 メンバーシップ・リワード・プラス(年間登録費3,000円+税)に登録しているかどうかでマイル還元率が2倍変わります。 もしもメンバーシップ・リワード・プラスに登録していないと、マイル還元率はここで説明した半分の0. 4~0. なので、 マイル移行するときだけはメンバーシップ・リワード・プラスに登録必須です!そして、ポイントをマイル移行すれば登録を解除してコストを抑えましょう。 三井住友VISAゴールドカードはポイント交換先が豊富 マイルを貯めるなら、アメックス・グリーンは三井住友カード ゴールドよりも明らかにお得です。 なので、管理人としてはぜひともアメックス・グリーンで無期限に好きなだけポイントを貯め、マイルを海外旅行に使って欲しいと思うのですが、中には、、、 「マイル、別に欲しくない…」 という方もいらっしゃると思います。 旅行でエアアジアやピーチのようなLCCを使う人ならマイルを活用できる場面はありませんし、マイルよりももっと身近なところでポイントを使いたい人もいるはず。 そういった人なら、三井住友カード ゴールドでポイントを貯めた方が、アメックス・グリーンよりもお得です。 アメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドは、どちらもカード利用で貯めたポイントを楽天ポイントやTポイントといった普段利用しやすいポイントに移行可能。 もしもマイルよりもこういった 共通ポイントに魅力を感じるなら、三井住友カード ゴールドの方がお得になります。 アメックス・グリーンはマイル還元率に関しては三井住友カード ゴールドを上回っていますが、移行できる共通ポイントは楽天ポイントとTポイントの2つだけ。 一方の三井住友カード ゴールドは20種類以上のポイントに移行できる上、 アメックス・グリーンよりも少ないポイントで移行できるというメリットがあります。 また、表面上のポイント還元率はアメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドは同じ0. 三井住友VISAゴールドカードは、アメックス・グリーンとちがってポイント有効期限が3年って決められてるけど、ポイントを使いやすいからあんまり問題ないはず。 オススメのポイント利用方法としては、 iDキャッシュバックへの移行かな? iDキャッシュバックやったらiDで支払いをした代金から自動的に割引してくれるから、簡単にポイントを使えるで。 iDはコンビニとかスーパー、いろんな場所で利用できるのもナイス(嬉) ここまで説明したとおり、ポイントをお得に貯めるという角度からアメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドを選ぶなら、以下のようになります。 マイルをお得に貯めたい…アメックス・グリーン• ポイントはマイル以外で活用したい…三井住友カード ゴールド 審査はアメックス・グリーンが柔軟 中には、この2つのカードを審査難易度で選びたいという人もいる気がします。 カードを選ぶなら、できるだけ審査に通過できる可能性が高いものを選びたいという人も多いのでは? アメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドの入会資格をくらべてみると、アメックス・グリーンの方が取得しやすい感じがします。 具体的に言うと、アメックス・グリーンの入会基準は20歳以上、三井住友カード ゴールドは30歳以上ですからね。 そのため、審査に不安がある人なら、アメックス・グリーンの方が取得できる可能性は高いと推測できます。 まとめ ここまで、アメックス・グリーンと三井住友カード ゴールドのちがいについて、主な点をくわしく比較しました。 まとめると、 アメックス・グリーンは海外旅行に特化していて、 三井住友カード ゴールドはコスパに優れた万能なゴールドカードだと言えますね。 そのため、アメックス・グリーンを選ぶかどうかは、海外旅行のためにクレジットカードを持ちたいかどうかが大きな分かれ目です。 また、海外旅行のためであっても、三井住友カード ゴールドはアメックス・グリーンの致命的な2つの欠点である海外旅行保険と海外で決済できるお店が少ないという部分を完全にカバーすることができます。 なので、できればアメックス・グリーンと三井住友カード ゴールド、2枚のカードを持つことをオススメしたいです。

次の