なか卯 メニュー 一覧。 なか卯のメニュー一覧・朝食・持ち帰りメニュー一覧

なか卯のお持ち帰りメニュー | お知らせ | 丼ぶりと京風うどんのなか卯

なか卯 メニュー 一覧

なか卯の持ち帰り(テイクアウト)メニューと注文方法について説明しています。 あぁ~家の隣りになか卯が引っ越してこないかな~ 普段、なか卯の店舗で食べるときは1品しか注文しないので、まだまだ食べたことがないメニューばかりです。 今回、なか卯の持ち帰りを利用することで、普段は注文しないメニューを知ることができたのは良かった 結果、上品な京風の出汁が私の体に合うことが判明したとさ・・• なか卯の持ち帰りメニュー なか卯の持ち帰り(テイクアウト)できるメニューを一覧にまとめてみました。 一般的には、なか卯のメニューの中で人気の高いランキングは親子丼やうどん類が選ばれていると思います。 ですが、私がなか卯でおすすめするメニューは和風牛丼です。 なか卯の持ち帰りメニュー(おかずトリオ) なか卯の持ち帰りメニュー(おかずトリオ) 値段 たまごとじ皿トリオ 1000円 親子皿トリオ 1000円 なか卯の定番皿トリオ 1000円 牛皿はうまい なか卯の持ち帰りの「おかずトリオ」はセパレート(別盛り)の具だけの商品です。 なか卯の持ち帰りメニュー(丼ぶり・カレー) なか卯の持ち帰りメニュー(丼ぶり・カレー) 値段 4種チーズの親子丼弁当 並 590円 炭火焼き親子丼弁当 並 590円 親子丼弁当 490円 うな重弁当 850円 特うな重弁当 1250円 麻辣チーズ親子丼弁当 630円 プレミアムビーフカレー弁当 690円 プレミアムカツカレー弁当 890円 和風牛丼弁当 並 380円 カツ丼弁当 並 590円 温たま旨味唐あげ丼弁当 500円 漬けまぐろ鉄火丼弁当 並盛 690円 山かけ漬けまぐろ鉄火丼弁当 790円 旨味唐あげタルタル丼弁当 500円 生姜焼き丼弁当 500円 温たまハンバーグ弁当 500円 なか卯の持ち帰りでうなぎを食べるのも美味しそう~ なか卯の持ち帰りメニュー(うどん・そば) なか卯の持ち帰りメニュー(うどん・そば) 値段 金胡麻たれざるそば 並 450円 金胡麻たれざるうどん 並 450円 冷やし担々うどん 490円 ざるそば(山わさび添え) 450円 ざるうどん 並 390円 はいからうどん 並 290円 きつねうどん 並 400円 冷やしはいからうどん 小 小 200円 海老かきあげうどん 並 450円 牛肉うどん 並 460円 はいからそば 並 400円 釜たまうどん ゆずこしょう添え 400円 冷やし釜たまうどん ゆずこしょう添え 並 400円 海老かきあげそば 並 500円 すだちおろしうどん 並 490円 冷やし麻辣担々うどん 並 530円 冷やしはいからそば 小 250円 なか卯の持ち帰り(テイクアウト)の「うどん」は麺がのびるのを防ぐためにセパレートになっていました。 なか卯の持ち帰りメニュー(サイドメニュー) なか卯の持ち帰りメニュー(サイドメニュー) 値段 唐あげ10個 300円 サラダ 100円 ライス 140円 こだわり卵のプリン 120円 みそ汁 100円 とん汁 190円 つけもの 80円 こだわり卵 80円 牛皿 280円 こだわり温たま 100円 黒烏龍茶 110円 なか卯の持ち帰りできるサイドメニューだけを集めたら、かなり満足できる定食が作れそう ご飯なしでも~ おかず「からあげ・牛皿・サラダ・味噌汁・豚汁」に「プリン・漬物・お茶」で完璧 なか卯の持ち帰りメニュー(ランチセット) なか卯の持ち帰りメニュー(ランチセット) 値段 た和風牛丼セット 500円 親親子丼セット 600円 なカツ丼セット 690円 なか卯の持ち帰りランチセットのメニューは10時~17時までです。 ランチタイムが17時までは本当にうれしい ちなみに、なか卯の持ち帰りのモーニング(朝食)はありませんでした・・残念 なか卯の持ち帰り(テイクアウト)メニュー(お子様セット) なか卯の持ち帰りメニュー(お子様セット) 値段 お子様和風牛丼セット 390円 お子様カレーセット 390円 お子様きつねセット 390円 お子様冷やしきつねセット 390円 お子様親子丼セット 490円 なか卯の持ち帰り(テイクアウト)にはキッズ(子供)メニューもあります。 なか卯の持ち帰りの注文方法 なか卯の持ち帰りを予約注文する方法は3つあります。 なか卯のホームページから注文する場合も「WEB予約」を押します。 はじめに予約した商品を受取る店舗を選びます。 ・店舗での商品の受取りは10:00~21:00まで ・予約の受付時間は9:00~20:00まで(当日の受け取りはもっと早い時間なので注意) ・予約した商品の最短受け取りは、注文から1時間後 ・20:00以降に予約の申し込みをした場合は翌日の9:00以降に返信があります ・当日12:00~13:30までに受け取りを希望する場合はAM11:00までに予約 「都道府県」を選びます 「市区町村」を選びます 予約注文した商品を受取る店舗を選びます。 選択した、なか卯の店舗の詳細情報を確認します 「お受け取り店舗に決定」を押します。 なか卯で持ち帰りの注文をする商品を選びます。 注文したい商品を押します。 サイズと個数を決めます。 合計の値段を確認して 「カートに入れる」を押します。 カートの内容を確認して追加商品がなければ注文に進みます。 連絡先と受取り日時を入力します。 「名前・メールアドレス・電話番号」 受取り日時を入力 注意事項もしっかりと読んで 最後に「入力内容の確認する」を押します 予約内容を確認します 商品を受け取る 「店舗名・住所・アクセス」 注文内容 「商品名・サイズ・個数・値段」 自分の 「名前・電話番号・メールアドレス」 受取り日時も確認します。 問題がなければ「上記の内容で注文確定する」を押します。 なか卯の持ち帰りの支払い方法は、WEB予約で注文しても券売機で食券を買うときのようにpaypay払い可能 なか卯の持ち帰りを電話で注文する方法 なか卯の持ち帰りは電話でも予約注文することができます。 ネットで注文するの苦手と言う人でも安心です。 こちらはなか卯のアプリの画面です。 緑の矢印の 「お弁当電話注文」を押します。 電話で予約注文する時の流れです。 電話で予約する場合は、注文するメニューをしっかりと決めてから電話しましょう なか卯の持ち帰りを食べた~電子レンジでの温め方 なか卯の持ち帰りを家で食べました~ なか卯の店舗で持ち帰りの商品を超アツアツの状態で受取ったので、家に帰っても温かく食べることができました。 なか卯の持ち帰り商品は「丼ぶり・うどん・そば」電子レンジで温められる容器となっています。 はいからうどん(並)です なか卯と言えばうどんですよね 2段のセパレート式になっています。 上段「具・麺」下段「スープ」 はいからうどん合体 少し合体ミスが発生したので見た目が残念ですが、普通の人なら上手に合体できると思います。 うどんはもう少し固めの方が私の好みですが、スープは大好き 毎朝コップ一杯飲みたくなるスープです。 京風出汁とか気取りやがってと思っていた私をどうか許して下さい 牛皿 全国民に「チェーン店の牛丼の中で2番目に好きな牛丼は?」と質問したら1番に選ばれる牛丼だと言っても反論する人は少ないでしょう~ 密かに全チェーン店の中で一番おいしい牛丼の可能性もあるのでは・・・ わたしは今回初めて食べましたが確かにおいしかったです。 わたしが信頼する食の師匠も絶賛していました。 親子皿 なか卯は親子丼が美味しいお店として有名なので絶対に注文します。 毎回、親子丼ばかり 今回は親子皿なので家に帰って米と合体 カツトジ皿 今回、あまり期待していなかったのですが裏切られましたわ~ どこかサッパリしていて食べやすさ重視のカツ 「1つじゃ足らん」 今まで、なか卯を利用する頻度はあまり多くはなかったので、たまに行くと「親子丼」ばかりを注文していました。 今回、注文したメニューすべてが美味しくてビックリ なか卯が進化したのか?私の年齢がなか卯に合ってきたのか? ドライブスルー店もあるので、これからは今まで以上にお世話になります。 ore270.

次の

お知らせ一覧 | 丼ぶりと京風うどんのなか卯

なか卯 メニュー 一覧

なか卯は手軽でおいしい丼ぶりやうどんのメニューが豊富なお店です。 各商品にこだわりを持ち、健康的で質の高いメニューをお手頃な価格で提供していますのでおすすめです。 なか卯には店内での飲食はお一人様でも嬉しいカウンター席と、家族や友達同士での利用ができるテーブル席があります。 なか卯は店内注文や、ドライブスルーからのテイクアウトもできて食べ方もさまざま。 仕事の休憩時間や学校の帰宅途中など、幅広い世代が気軽に利用できるのが魅力となっています。 なか卯好きなら一度は食べたことがある「親子丼」や「カツ丼」、「はいからうどん」はもちろん、セットメニューや定食。 ランチ限定メニューから季節限定メニューまでおすすめのものをいくつか紹介するので、ぜひ今後のなか卯でのメニュー選びの参考にしてみてください。 なか卯の代表メニューの一つが「丼ぶり」です。 人気の親子丼をはじめ、カツ丼や牛丼などご家庭でも好まれるさまざまなメニューを取り揃えています。 テイクアウトをする際は、具材とご飯が別の容器に入れられてくるのもなか卯の特徴です。 普通に食べるとカロリーが気になるという方でもミニという選択肢があるので、ミニ丼ぶりとうどんなどで調整して食べ方を変えれば十分な満足感が得られるでしょう。 ガッツリ食べたい人には大盛りもあるので、自分に合わせた食べ方がなか卯では選択できるのでおすすめです。 それではなか卯で人気の丼ぶりをいくつかご紹介します。 定番メニューをはじめ、季節限定メニューなどもおすすめなので、あなたのお気に入りのなか卯の一品を探してみてはいかがでしょうか。 なか卯の「カツ丼」は揚げたてサクサクの衣が特徴のトンカツを、ふわとろ食感の卵でとじたおすすめの一品。 カツ丼に使われているトンカツは価格のわりに肉厚で、とても満足感のある一品でおすすめです。 並は590円、大盛でも660円と価格がお手頃なのも目を引くポイントではないでしょうか。 これが店内での飲食だけではなくテイクアウトでも手軽に食べられることから、なか卯では上位を争う人気の高いメニューの一つと言えます。 カロリー並盛りで896Kcalとどうしても高めなので、ダイエット中の方やヘルシーな食事に注意している方は避けてしまいがちなカツ丼。 ただ、他の食事をちょっと調整してでも食べたくなるような魅力的でおすすめの商品です。 なか卯の「親子丼」は主力商品の一つで、なか卯といえば親子丼!といったファンも多いおすすめの一品です。 口当たりまろやかな食感でコクのあるふわとろな卵が、程よく火の通った鶏肉を優しく包み込んでいます。 三つ葉のアクセントが卵の黄色をより引き立たせて、食欲をそそります。 この商品の人気に火がついたことから、牛丼店ではなかなか獲得することが難しかった女性客を引き込むことができたといっても過言では有りません。 ミニが390円、並490円、大盛560円とリーズナブルな価格設定となっています。 カロリーも並で670Kcalとカツ丼よりも大幅に低く、女性の方でも手が伸ばしやすくおすすめです。 自慢の卵でこだわり抜いたなか卯の親子丼はおすすめの一品。 まだ食べたことない方も、なか卯に行った際はぜひ食べてみてください。 もともとファンの多かったなか卯の「和風牛丼」もおすすめ。 以前は牛肉に加え長ネギとしらたきといった具材が入っていましたが、タレや具材をリニューアルしたことで更に美味しくなりました。 牛肉と玉ねぎというシンプルな具材を甘めのタレで煮込んだものをご飯に乗せた、箸が止まらないおすすめの一品です。 程よく利いた出汁は具材そのものの味をより引き立たせています。 トッピングの卵や紅生姜との相性もよく、食べ方に独自のこだわりがある方も多いのではないでしょうか。 ミニ330円、並380円、大盛550円とさすがなか卯の価格設定です。 カロリーは並689Kcalでカツ丼に比べると低いのですが、親子丼よりほんの少し高めです。 こちらも女性が注文しやすいおすすめ商品となっています。 なか卯の「サーモンいくら丼」は春先に販売される人気の期間限定商品でおすすめです。 プチプチとした大粒のいくらと、厚身のサーモンは脂が乗っていて、食べた瞬間に口いっぱいに海鮮の旨味が広がります。 季節限定ということで販売を待ちわびているなか卯ファンも多いおすすめの一品です。 サーモンといくらの赤、錦糸卵の黄色、三つ葉の緑が色鮮やかなコントラストを作り出していて見た目でも楽しめます。 この商品をミニ490円、並790円で食べられるのですから、満足すること間違いなしです。 残念なことにカロリーは発表されていませんが、高カロリーな具材は乗っていないためヘルシーな丼ぶりと考えられおすすめです。 わさびと醤油でアクセントを加えてしまいがちですが、まずは素材そのものの味を楽しんでみるのもおすすめです。 なか卯の「牛とじ丼」もおすすめで、牛肉の他にゴボウやしらたき、長ネギなど食感のいい食材が数多く入っています。 絶妙なふわとろ卵で包まれている香り豊かでおすすめの一品です。 牛肉とゴボウはもともと相性がいい食材で、炒め物や煮物でもよく使われる組み合わせです。 火を通しすぎると固くなりがちな牛肉ですが、なか卯の牛とじ丼は牛肉は身が引き締まることなく柔らかい仕上がりとなっています。 カツオの利いた出汁が全体をうまくまとめていて、噛めば噛むほど食材の香りが口全体に広がります。 並560円、大盛630円と価格もお手頃でカロリーは和風牛丼に比べて少し高くなってしまい、並で715Kcalですがカツ丼に比べるとまだ低めです。 ミニがないのは残念ですが、コアなファンも多い商品なのでおすすめです。 ぜひ食べてみてください。 なか卯の「冷やし坦々うどん」は練り胡麻とピーナッツをベースとした濃厚なスープが香り高い暑い日に食べたい夏限定メニューでおすすめの一品です。 なか卯のうどんはしっかりとしたコシがあって、食べごたえも抜群です。 赤い見た目も鮮やかなラー油は程よい辛さで、スープの風味を損ねることなくマッチしていておすすめ。 ピリ辛に仕上げた鶏そぼろをスープに溶かすことで、辛味と旨味が更に広がります。 小290円、並490円とこのクオリティでは驚きの低価格で提供されています。 カロリーは並605Kcalとうどんの中では少し高めなのですが、夏限定メニューということを惜しむ声も多いなか卯の人気の高い商品でおすすめです。 辛いものが苦手な人でもミニ牛丼などの丼ぶりとセットで食べることにより、辛味が程よく和らぐので一度試してみてはいかがでしょうか。

次の

なか卯の持ち帰りメニューと注文方法について

なか卯 メニュー 一覧

なか卯の人気おすすめ裏メニュー・裏技8個目は、会員限定クーポンです。 なか卯のメールマガジンに登録するとなか卯に日以外にも会員限定クーポンが配信されます。 かきあげ50円引きなどのクーポンが届くので、いつもの食事にプラスアルファできそうですよね。 また、クーポンだけでなく新商品やキャンペーンの情報をも配信されていますよ。 ぜひ、なか卯を頻繁に利用されるのであれば登録してみましょう。 なか卯での食事がお得になるので、おすすめです。 なか卯には、アプリがないのでクーポン配信はメルマガのみになります。 なか卯の人気おすすめ裏メニュー・裏技について紹介しました。 他の牛丼チェーン店の裏メニュー・裏ワザも気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。 なか卯の人気おすすめ裏メニュー・裏技10個目は、株主優待券です。 なか卯は、ゼンショーグループが運営しているので株はゼンショーホールディングスの株になります。 100株で年間1,000円相当のお食事券を配当としてもらうことができます。 最低投資金額は、11万円程度~です。 なか卯をお得に食べたいけど株を買うのはちょっと…という方は、金券ショップをチェックしに行きましょう。 株を持っていても食事券を利用できない方などが売りに行く場合もあります。 金券ショップで食事券を入手すると少しだけお得になか卯でご飯を食べることができますよ。

次の