赤井ファミリー相関図。 羽田秀吉って誰!?赤井家(ファミリー)の相関図

羽田秀吉の詳細と交友関係について

赤井ファミリー相関図

Contents• 赤井家・世良家・羽田家の家族一覧 赤井務武 メアリーの夫で赤井秀一と世良真純と羽田秀吉の父親。 名前の初登場は羽田秀吉の婚姻届の名前欄です。 そしてその姿がわかったのが、第92巻FILE. 4「さざ波の魔法使い」 この時にメアリーが赤井秀一に赤井務武の姿を重ね合わせています。 このように赤井務武の姿は原作では秀一とメアリー・世良の背景としてしか登場していません。 見た目はとてもダンディで口調も荒々しい。 これはメアリーの話し方をみるとわかります。 原作では前述したとおり数コマ程度の登場ですが、第92巻裏表紙にて姿をみることができます。 メアリー・世良 赤井秀一と羽田秀吉と世良真純の母親。 自称領域外の妹。 コナンばりに頭が切れて、荒々しい口調でしゃべる。 母親としての初登場は第92巻FILE. 4「さざ波の邂逅」 領域外の妹として登場したのは第83巻FILE. 3「赤の悲劇」 コナンと蘭とは10年前に一度顔を合わせている。 長らく思い出せずにいたが、世良の発言によって思い出し、現在はメアリー・世良と領域外の妹が同一人物であると見抜いている。 赤井秀一 FBIの捜査官。 現在は容姿と名前を変えて、沖矢昴として黒の組織を操作している。 初登場はコミックス第29巻収録「見えない恐怖」 バスの怪しげな乗客としての登場でした。 明らかに今後の物語に関わる重要人物的な登場の仕方でしたけどね。 その後FBIだとわかってからはコナンの良き理解者、協力者として活躍しています。 作中ではコナン並の推理力を持っており、コナンと同じ視点で推理を展開できる数少ない人物。 羽田秀吉 Sponsored Links 赤井秀一の弟でプロ棋士。 交通課の宮本由美さんの彼氏。 その存在は第49巻FILE. 6「秘密の通学路」にて、由美さんが元彼の話をするシーンでほのめかされています。 ただこの時点では重要な人物とはわかりませんでしたけどね。 名前つきの初登場は第80巻FILE8「7つ揃うまで」。 事件のあった部屋のお隣に羽田秀吉が住んでいて・・・という回です。 コナンとは10年前に一度会っています。 登場時から鋭い推理力を披露しています。 推理力はコナン並だと思われます。 世良真純 赤井秀一の妹。 蘭とはクラスメート。 現在母親であるメアリーと行動を共にしている。 初登場は第73巻FILE. 6「截拳道」 実はコナンと蘭とは10年前に会っている。 そのためコナンが工藤新一であるとわかって、接している。 羽田浩司 羽田秀吉の義兄。 「七冠に最も近い」と言われる棋士だった。 顔出しの初登場は第89巻FILE. 11「握られたハサミ」 17年前に何らかの事件に巻き込まれて、命を落とす。 しかしこの事件が黒の組織と関係していることが明らかになります。 またAPTX4869の投与リスト内にて、工藤新一の二つ下に名前が存在していました。 宮野エレーナ? 宮野エレーナは灰原の母親。 彼女をなぜ家族紹介記事に登場するのか。 それは宮野エレーナがメアリー・世良と姉妹なのではないか? と言われてるためです。 もしそうであれば赤井3兄妹は宮野エレーナの甥っ子姪っ子となり、灰原と宮野明美のいとこということになりますね。 さいごに・・・ 今回は赤井&世良&羽田家の家族を紹介しました。 ただこの家族・・・非常にややこしい! 苗字も各々異なりますしね。 しかしこの不可思議な家族が名探偵コナン事件全体に大きく関わっていることは間違いないでしょう。 今後の活躍に期待ですね。

次の

赤井秀一の家系図ファミリーを画像付きでご紹介!宮野明美はいとこって本当?

赤井ファミリー相関図

赤井 務武 赤井家父 詳細は「」を参照 赤井 務武 あかい つとむ は、メアリーの夫で、3兄妹の父。 ある事件に遭って家族は死亡したと見ているが、遺体は確認されていない。 メアリー 世良 赤井家母 10年前の赤井家 務武除く。 詳細は「」を参照 メアリー 世良 メアリー せら は、エレーナの姉で、3兄妹の母。 数ヶ月前にロンドンのヴォクスホールブリッジでに殺害目的でを飲まされ、体が中学生ぐらいの姿に縮んでしまった。 その後、日本で真純とともにホテル暮らしを始める。 コナンには真純を通して「」と名乗っている。 秀一と真純に共通する目の下の隈が見られる。 赤井 秀一 赤井家長男かつ第1子 詳細は「」を参照 赤井 秀一 あかい しゅういち は、赤井家の第1子。 捜査官になるためにアメリカ国籍を取得した。 羽田 秀吉 赤井家次男かつ第2子、羽田家養子 詳細は「」を参照 羽田 秀吉 はねだ しゅうきち は、赤井家の第2子で、羽田家の養子。 28歳。 高校卒業までの名字は 世良 せら。 イギリスに住んでいた頃の苗字は 赤井 あかい。 世良 真純 赤井家長女かつ第3子 詳細は「」を参照 世良 真純 せら ますみ は、赤井家の第3子。 16-17歳。 出生時の名字は 赤井 あかい。 宮野 厚司 宮野家父 詳細は「」を参照 宮野 厚司 みやの あつし は、エレーナの夫で、明美・志保の父。 宮野医院を営みつつ、科学者として研究をしていた。 その研究をバックアップしてくれるとして、グループがスポンサーをするに移った。 宮野 エレーナ 宮野家母 詳細は「」を参照 宮野 エレーナ みやの エレーナ は、メアリーの妹で、明美・志保の母。 宮野医院で厚司と共に医師として働いていた。 宮野 明美 宮野家長女 詳細は「」を参照 宮野 明美 みやの あけみ は、宮野家の第1子。 黒の組織から志保を解放してもらうために10億円強奪事件を起こしたが、最終的にに殺害された。 宮野 志保 宮野家次女 詳細は「」を参照 宮野 志保 みやの しほ は、宮野家の第2子。 黒の組織では シェリーのコードネームを与えられ、科学者として毒薬を作らされていたが、段々と組織に嫌悪感を覚え、自殺するために自身が開発した毒薬を飲んだところ、と同じく幼児化。 現在はとして、小学生の姿で暮らしつつ、APTXの解毒薬を開発している。 羽田 浩司 羽田家長男 詳細は「」を参照 羽田 浩司 はねだ こうじ は、羽田家の息子で、秀吉の義兄。 による殺害者リストに記載されている。 羽田 康晴 羽田家父 羽田 康晴 はねだ やすはる は、浩司の父で、秀吉の養父。 「」のネームノートにある、秀吉の婚姻届から名前が判明した。 未登場のため、容姿は不明。 由来は、実在した棋士のか。 羽田 市代 羽田家母 羽田 市代 はねだ いちよ は、浩司の母で、秀吉の養母。 「さざ波の記憶」のネームノートにある、秀吉の婚姻届から名前が判明した。 未登場のため、容姿は不明。 由来は、実在する棋士のか。 タイムライン この表における年齢は、作中の様々な設定から考えられる可能性を書いたものであり、真の設定とは多少の誤差が生じている可能性がある。 時間 イヴェント メアリーの歳 秀一の歳 秀吉の歳 真純の歳 厚司の歳 エレーナの歳 明美の歳 志保の歳?? とが、とが結婚。 メアリーが姓を「赤井」 または「 Akai」 に改める。 エレーナが姓を「宮野」に改める。 26-29 10? 務武が危険な相手を敵に回し、メアリー、秀一、秀吉がイギリスから日本へ移住する。 0 17-18年くらい前 志保が生まれて間もなく、厚司・エレーナが死亡。 35-38 14-16 10-12?? 35-36 29-30 7-8? 0-1 17年前 がで殺害される。 事件に関与した務武が、メアリーに別離のメールを送り、メアリー、秀一、秀吉が日本に移住。 秀一が、務武の死の真相を探るために、アメリカの市民権を取得し、 FBI の捜査官になる計画を立てる。 アメリカで勉強したいとメアリーに噓をつき、留学の名目で渡米する。 1 17年前 が日本で誕生。 36-37?? 11-12 0 33-34 30-31 8? 1 1? 年前 秀吉と真純が姓を「赤井」から「世良」に改める。 秀一がグリーンカード、アメリカ国籍を取得。 13-16年前 秀吉が中学生プロ棋士としてデビューする。 2-5 13年前 秀吉が高校に入学する。 5 10年前 メアリーと秀吉が、日本のビーチで秀一と7年ぶりに再会する。 そのときに秀一と真純が初めて顔を合わせる。 秀一は既にアメリカの市民権を取得し終えており、FBIの試験を受けるつもりだった。 7-8 9年前 秀吉が高校を卒業し、羽田康晴・市代夫妻の養子となる。 このときから、赤井3兄妹の名字が全て異なることとなる 赤井秀一・ 羽田秀吉・ 世良真純。 秀吉がと出会う。 9 5-10年前 真純が小学生の間に、秀一が截拳道のヴィデオを送る。 8-13 6年前 秀一がとの交際を終了する。 12 5年前 秀一が「諸星大」名義で明美と交際し、に潜入開始。 秀吉が由美から「チュウ吉」と呼ばれるようになる。 13 4年前 秀一が「ライ」を与えられる。 秀吉が将棋の対局中にショートケーキを食べるようになる。 真純が日本で秀一に偶然会う。 14 3年前 の自決で、秀一とに確執が生まれる。 秀吉が名人位獲得。 メアリーと真純がロンドンに住み始める。 16 1年前 秀一とがニューヨークで再会する。 17 現在 明美が死亡。 志保が幼児化し、として暮らし始める。 メアリーがヴォクスホールブリッジでに毒薬を飲まされ、体が小さくなる。 メアリーと真純が日本に帰ってくる。 秀吉が7冠王になるも、との対局で王将位を落とす。 18 出典.

次の

赤井家

赤井ファミリー相関図

羽田秀吉についてまとめていきます。 羽田秀吉について 本名 羽田 秀吉(はねだ しゅうきち)名前の由来は豊臣秀吉と羽生善治棋士から。 その後も何度か事件で関わっている。 赤井一家の次男 羽田秀吉は、赤井秀一を始めとする赤井ファミリーの次男だ。 名字が違うのは、高校卒業時に羽田家の養子となったため。 基本的に赤井家の人はメアリー譲りの特徴で目に独特のクマがついているが、秀吉にはそれがない。 外見は父親譲りだと思われる。 父、母、兄、義兄ともに黒の組織と関わりがあるが、秀吉自身が黒の組織の存在を認識しているかは謎である。 彼の鋭い洞察力からすると知っていてもおかしくはないが… 家族との関係は概ね良好のようで、メアリーからは棋士として応援され、真純からは事件の推理に関して相談され頼りにされているようだ。 羽田家の養子となった理由 秀吉は10年前に羽田家の養子となったが、その理由は謎である。 考えられるとすれば、羽田家には羽田浩司という優秀な棋士が居たので棋士つながり? ただし、羽田浩司は本編スタート時の17年前に襲撃事件によって亡くなっている。 犯人は不明だが、アポトキシン4869の服用リストに名前があったことから、黒の組織が何らかの形で関わっているとみられる。 また、秀吉の父である赤井務武もその事件に関わっており、それがきっかけで消息不明となった。 赤井家のエピソードが多く語られた「さざなみの邂逅編」ではメアリーは慎重な性格で子供のことを第一に考える人物のように思えた。 そのような彼女が、務武が失踪するきっかけになった事件の遺族の家庭に自分の息子が養子に行くことを許すだろうか?この辺りはのちに詳しく語られるかもしれない。 宮本由美との関係 警視庁の婦警である宮本由美とは恋人同士。 大学時代電車で隣同士になり、秀吉が由美にもたれかかって寝てしまい、彼女が降りるはずの駅をスルーしてまで秀吉が起きるのを待っていたことから接点ができた。 将棋で七冠王を取ったら由美にプロポーズしようと決めており、婚姻届の入った封筒を前もって彼女に渡していたが、そもそも秀吉が棋士だということを知らなかった由美は、彼の訳のわからない言動に愛想を尽かして一度フッている。 (秀吉は別れていたとは認識していなかった様子?) 秀吉の住んでいるマンションで事件が起こったことから再会し、ヨリが戻った。 秀吉が棋士であることも認識し、七冠王を取るのを待っている。

次の