ハワイ 語 虹。 星、虹、空、三毛猫、鍵、幸運の外国語を考えてください!いろん…

ハワイ語の名言・格言・ことわざ33選|幸せ/素敵/有名/恋愛/かっこいい

ハワイ 語 虹

そういうことから、ハワイは虹にちなんだものがたくさんある。 例えば、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジには「レインボウ・タワー」と呼ばれる棟があり、その側面の大きな虹の壁画は、ホテルのシンボルとなっている。 他にも、ハワイ州の車のナンバープレートには大きく虹が描かれているし、ハワイの主要な銀行のひとつファースト・ハワイアン・バンクのロゴマークも虹だ。 ホノルル市が運営するバス「TheBus」の車体にも大きく虹がデザインされている。 ハワイ島ヒロにあるの有名な滝に「レインボウ・フォールズ」というのがあり、ホノルルのカパフル通りにある有名なプレートランチの老舗の名は「レインボウ・ドライブ・イン」だ。 ハワイで虹がいかになじみの深いものであるかわかるだろう。 ハワイの言い伝えでは、メネフネ(Menehune)という伝説上の小人族が、虹を作ったとされている。 メネフネ達は、鳥の羽から赤色を、イリマという花からオレンジ色を、バナナから黄色を、シダの葉から緑を、海水から青を、そして女王のドレスから紫を集めた。 それをカフナ(kahuna、祈祷、占い、儀式を司どる専門家)が混ぜ合わせて虹を作り出したという。 つまりハワイでは、虹の色はアーチの外側から赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色とされている。 日本では青と紫の間に藍色を加えて7色とするのが一般的だ。 運がよければ「奇跡の虹」も 虹の外側にさらにもうひとつの大きな虹がある「ダブルレインボウ」もハワイでは普通に見られる。 外側の虹は、色の並びが逆になるのが特徴。 ダブルレインボーのその外側にさらにもう一つ虹があって3重になっている「トリプルレインボウ」が見られることもあるという。 トリプルレインボウは「奇跡の虹」と言われるが、私はまだ見たことがない。 夕方のマーノア・バレーに架かるダブルレインボウ 虹のあるくらし 私は「ハワイdeバレーボール」というバレーボールサークルを主催していて、週末の夕方にダイヤモンドヘッドがきれいに見えるカピオラニ公園でバレーボールをやっている。 バレーボール中に、ダイヤモンドヘッドをまたぐように大きな虹が出ることが多い。 太陽が西に傾くにつれて徐々に色が変わっていくダイヤモンドヘッドと虹のコンビネーションは大変美しい。 こんな素敵な環境で毎週バレーボールをできることをいつも幸せに思う。 写真はすべて筆者による撮影.

次の

今日のハワイ語 基礎文法編

ハワイ 語 虹

だんだん暖かくなってきましたね。 毎年必ず欠かさずやって来るアレ。 まだピーク前なのに、ピーク並み!? 花粉が少なくなる5月末まで逃げてしまいたい~~(笑)逃げるなら、ハワイに行きたいなー! 温暖な気候のハワイに花粉症って…あるのかな??? 調べてみたら、驚きました! あるんですね~。 ハワイには、杉もヒノキも無いので、スギ花粉症、ヒノキ花粉症も無いんですが、違う花粉が飛んでいるんですよ。 それは.. なんとマンゴーです! 画像 インターネット引用 マンゴーの木は、自生していたり、庭に生えていたり、ハワイ諸島のいたるところに生えているので、花粉の量がすごいんだそうです。 「マンゴー花粉症」と呼ばれてるんだそうですよ。 ピークは、3月~4月となっていて、ちょうど今頃ですね~。 花粉が多いわけですね…。 でもちょっと注意したいのは、アレルギー体質の人はマンゴー花粉にも反応してしまう事があるようなので、マンゴーの木には近づかない方が良さようですね。 マンゴー花粉症も辛そうですが、マンゴーの木に実をつけて美味しくいただけることを考えると、花粉が飛ぶ期間も楽しみの期間になりそうですよね。 ハワイの季節は、大きく分けて乾季と雨季に分かれていて、乾季は5月~10月頃、雨季は11月~4月頃となっています。 乾季は暑い日が続き、雨季は曇りや雨の日が比較的に多いだけでなく、気温もやや下がって肌寒い感じなんだそうです。 雨季であっても、日本の梅雨のように一日中雨が降り続く…というようなことはあまりなく、シャワー程度の雨が30分くらいザーッと降って…間もなく止んで、きれいな虹が出てくる。 というパターンが繰り返されるようです。 画像 インターネット引用 ハワイ語で虹は、anuenue アヌエヌエ 低い位置にでた虹は、uakoko ウアココ、と言うそうです。 ハワイのことわざの1つに「No Rain,NoRainbow」という言葉があります。 ハワイ語だと、「Ole Ua , Ole Anuenue. 」オレ・ウア、オレ・アヌエヌエ 「雨が無ければ、虹はない。 」という意味です。 何事も順調な時もあれば、そうでない時もありますよね。 そうかと思ったら、あっさり解決したり。 踊りの美しさや華やかさも、レッスンの努力や苦労があってこそ。 この言葉を思い出したら、さらにhappyなれそうです。 Mahalo NR.

次の

ハワイ語のことわざ・名言24選!素敵な・面白い言葉・格言は?

ハワイ 語 虹

そういうことから、ハワイは虹にちなんだものがたくさんある。 例えば、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジには「レインボウ・タワー」と呼ばれる棟があり、その側面の大きな虹の壁画は、ホテルのシンボルとなっている。 他にも、ハワイ州の車のナンバープレートには大きく虹が描かれているし、ハワイの主要な銀行のひとつファースト・ハワイアン・バンクのロゴマークも虹だ。 ホノルル市が運営するバス「TheBus」の車体にも大きく虹がデザインされている。 ハワイ島ヒロにあるの有名な滝に「レインボウ・フォールズ」というのがあり、ホノルルのカパフル通りにある有名なプレートランチの老舗の名は「レインボウ・ドライブ・イン」だ。 ハワイで虹がいかになじみの深いものであるかわかるだろう。 ハワイの言い伝えでは、メネフネ(Menehune)という伝説上の小人族が、虹を作ったとされている。 メネフネ達は、鳥の羽から赤色を、イリマという花からオレンジ色を、バナナから黄色を、シダの葉から緑を、海水から青を、そして女王のドレスから紫を集めた。 それをカフナ(kahuna、祈祷、占い、儀式を司どる専門家)が混ぜ合わせて虹を作り出したという。 つまりハワイでは、虹の色はアーチの外側から赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色とされている。 日本では青と紫の間に藍色を加えて7色とするのが一般的だ。 運がよければ「奇跡の虹」も 虹の外側にさらにもうひとつの大きな虹がある「ダブルレインボウ」もハワイでは普通に見られる。 外側の虹は、色の並びが逆になるのが特徴。 ダブルレインボーのその外側にさらにもう一つ虹があって3重になっている「トリプルレインボウ」が見られることもあるという。 トリプルレインボウは「奇跡の虹」と言われるが、私はまだ見たことがない。 夕方のマーノア・バレーに架かるダブルレインボウ 虹のあるくらし 私は「ハワイdeバレーボール」というバレーボールサークルを主催していて、週末の夕方にダイヤモンドヘッドがきれいに見えるカピオラニ公園でバレーボールをやっている。 バレーボール中に、ダイヤモンドヘッドをまたぐように大きな虹が出ることが多い。 太陽が西に傾くにつれて徐々に色が変わっていくダイヤモンドヘッドと虹のコンビネーションは大変美しい。 こんな素敵な環境で毎週バレーボールをできることをいつも幸せに思う。 写真はすべて筆者による撮影.

次の