こい と 落語。 落語界のオオタニサーン出てこい!笑福亭仁智、上方落語協会新会長に就任:イザ!

超破天荒な落語家・桂宮治さんの子ども落語が最高すぎる☆幼稚園児も爆笑のワケとは?

こい と 落語

森田芳光監督の傑作、映画「の・ようなもの」はここからきてるんですね。 別題:ないものねだり 【あらすじ】 縄のれんに-油樽、切り回しているのは番頭と十二、三の小僧だけという、うらぶれた居酒屋に、湯の帰りなのか濡れ手拭いを肩に掛け、ドテラに三尺帯という酔っぱらいがふらふらと入ってくる。 むりやり小僧に酌をさせ、 「おめえの指は太くて肉がいっぱい詰まってそうだが、月夜にでも取れたのか」 と、人を蟹扱いにしたりして、からかい始める。 「肴はなにができる」 と聞かれて、小僧が早口で、 「へえい、できますものは、けんちん、おしたし、鱈昆布、あんこうのようなもの、鰤 ぶり にお芋に酢蛸でございます、へえーい」 と答えるのがおもしろいと言って、 「今言ったのはなんでもできるか?」 「そうです」 「それじゃ『ようなもの』ってのを一人前持ってこい」 その次は、壁に張ってある品書きを見て 「口上てえのを一人前熱くしてこい」 と言ったりして、小僧をいたぶる。 そうかと思えば、 「とせうけてえのはなんだ」 と聞くから、小僧が 「あれは『どぜう汁』と読むので、濁点が打ってあります。 イロハは、濁点を打つとみな音が違います」 と言うと、 「それじゃあ、イに濁点が付けばなんと読む、ロはどうだ、マは?」 と、点が打てない字ばかりを選んでからかう。 今度は 「向こうの方に真っ赤になってぶら下がっているのはなんだ」 と聞くので、 「あれはゆで蛸です」 と答えると、 「ゆでたものはなんでも赤くなるのか、じゃ猿のお尻やお稲荷さんの鳥居はゆでたか」 と、ますますからむ。 しまいに、 「その隣で腹が裂けて、裸になって逆さまになっているのはなんだ?」 「あんこうです。 鍋にします」 「それじゃ、その隣に鉢巻きをして算盤を持っているのは?」 「あれは番頭さん」 「あれを一人前持ってこい」 「そんなものできません」 「番公 =あんこう 鍋てえのができるだろう」 底本:三代目三遊亭金馬 【しりたい】 金馬の「居酒屋伝説」 昭和初期、居酒屋の金馬か金馬の居酒屋か、というぐらい三代目三遊亭金馬はこの噺で売れに売れました。 もちろん、戦後も人気は衰えず、金馬生涯の大ヒットといっていいでしょう。 特に、独特の抑揚で、「できますものはけんちんおしたし」と早口で言い、かん高く「へーい」と最後に付ける小僧の口調がウケにウケたわけです。 噺そのものはさしておもしろいわけでもなく、ただ、いい年をしたオッサンが子供をいたぶるというだけのもので、これといってくすぐりもないのに、こんなにも人気が出たのは、ひとえにこの「金馬節」とでも呼べる口調の賜物だったのでしょう。 噺のなりたち 文化3年 1806 刊の笑話本『噺の見世開』中の「酒呑の横着」が原話です。 本来、続編の「ずっこけ」とともに、「両国八景」という長い噺の一部だったようですが、三代目金馬が一席噺として独立させました。 金馬の速記にも、「ずっこけ」をつなげて演じているものがあります。 ずっこけ 居酒屋で小僧をいたぶったりして長っ尻をし、看板になってもなかなか帰らない酔っ払いを、たまたま通りかかった友達がやっと連れ帰る。 よろよろして歩けないので、ドテラの襟をつかんでようやく家までひきずっていき、かみさんに引き渡そうとするとドテラだけ残って当人が消えている。 あわててさがすと、往来で裸でグウグウ。 かみさんいわく 「よく拾われなかったわねえ」 上方落語の「二日酔」では、さらにこの続きがあり、実は、往来で寝込んでいたのは物乞い。 それを間違えて連れ帰り、寝かしてしまいます。 翌朝、亭主の方は酔いもさめて、コソコソ帰ってきますが、さすがに気恥ずかしくて裏口にまわり、 「ごめんください」 とそっと声をかけると、かみさんはてっきり物乞いと勘違いし、「 やる物は何も ないよ」 するってえと奥で寝ていた「本物」が、「おかみさん、一文やってください」というものです。 ここまでいかないとおもしろくありませんが、本来、「ずっこけ」も「二日酔」も、「居酒屋」とは原話が別で、まったく別の噺を一つにつなげたものとみられます。 居酒屋事始 江戸市中に初めて居酒屋が現れたのは、宝暦13年 1763 とされています。 それ以前にも、神田鎌倉河岸 現・千代田区内神田一、二丁目 の豊島屋という酒屋が、田楽を肴に出してコモ樽の酒を安売りしたために評判になったという話がありますが、これは、正式な店構えではなく、店頭でキュッと一杯やって帰る立ちのみ形式で、酒屋のサービス戦略だったようです。 初期の居酒屋は、看板に酒旗 さかばやし を立てて入口に縄のれんを掛け、店内には樽の腰掛と、板に脚をつけただけの粗末な食卓を置いて、肴も出しました。 「一膳めし屋」との違いは、一応飯が看板か、酒が主かという点ですが、実態はほとんど変わりなかったようです。 なお、木にうるしを塗った従来の盃が、陶磁器製に変わったのは、居酒屋が興隆してからです。 金馬の「居酒屋伝説」 その2 金馬のレコード初吹き込みは昭和4年7月。 ほかに同時代で、七代目春風亭柳枝や初代昔々亭桃太郎も演じましたが、金馬の名調子の前には影の薄いものでした。 金馬の回想記『浮世断語』によると、戦後、この「居酒屋」をラジオで放送したとき、「この酒は酸っぱいな。 甘口辛口は今までずいぶん飲んだことがあるが、酢ぱ口の酒は初めてだ」とやったら、スポンサーの酒造会社が下りてしまったとか。 投稿者 投稿日: カテゴリー タグ , , , , , 検索対象: 検索 最近の記事• 2020年4月2日• 2020年4月1日• 2020年3月31日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月30日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月29日• 2020年3月28日• 2020年3月27日• 2020年3月27日• 2020年3月27日• 2020年3月27日• 2020年3月27日• 2020年3月27日• 2020年3月26日• 2020年3月25日• 2020年3月24日• 2020年3月24日• 2020年3月24日• 2020年3月24日• 2020年3月24日• 2020年3月24日• 2020年3月23日• 2020年3月23日• 2020年3月23日• 2020年3月23日• 2020年3月22日 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

瀧川鯉斗(こいと)はイケメンのヤンキー?彼女や結婚の噂をチェック!

こい と 落語

小中 登校拒否児 両親の離婚を機に学校に行くようになる 高校卒業したら 舞台俳優になると決める 演出家のもとで俳優修行 化粧品会社の 営業に就職し成績 ナンバー1になる 年収一千万超 寄席に行ったこともなかったのに YouTubeで枝雀師匠の落語を観て急に落語家になると決める 結婚、会社を辞める 寄席を全部見た後、桂伸治師匠に弟子入り志願 落語家はやめた方がいいと師匠から説得を受けるも、奥さんも賛成し弟子入り 月収3万 子どもが生まれる 落語もできて気の利く スーパー前座として認められる 短期間で二ツ目昇進、NHKの賞受賞や笑点にも出演 今や人気落語家としてご活躍されている宮治さんですが、過去には様々なご苦労があったんですねえ。 特に奥様 宮治さん曰く、 落語でのパントマイムのような動きは 舞台俳優の修行で身についたもの、 人の心を掴んで話を聞かせる技は 営業のセールストークで身についたものだとか。 さらにお子さんも3人いらっしゃることもあって、子どもの心を掴む話し方も心得ていらっしゃいます。 今回の落語会でも、子どもたちが好き勝手にヤジを飛ばしてきたり、歩き回ったりして落ち着きがない場面もありましたが、流石にそこは元一流セールスマンの桂宮治さん。 お話が始まった途端、うるさく騒いでいた子供達もピタッと静かになっていましたよ。 子ども落語会の流れ 太鼓の紹介 まずは前回も「掴み」として話されていた太鼓のお話から。 落語や歌舞伎の始まる時、終わる時に太鼓が叩かれることは皆さんご存知ですよね。 あの太鼓、ちゃんと名前があるんです。 そして、太鼓の音1つ1つにも意味があります。 始まる時は「 一番太鼓」。 終わる時は「 追い出し太鼓」。 面白いですよね。 流石、「スーパー前座」を勤め上げていただけあって、太鼓の叩き方が上手かったです。 もう前回聞いた話でしたが、忘れているところもあり、何度聞いても面白くて引き込まれました。 着物、手ぬぐい、扇子の紹介 宮治さんは毎回、子どもたちに本物の着物を見せるために紋の付いた正式な着物を着て来てくれます。 男性の着物姿って最近は本当に珍しくなりましたから、こうやってどこにいくつ紋があるかなど説明してくれるとありがたいです。 それから、これも前回出ていましたが、扇子を使って蕎麦を食べるシーン。 やっぱり何度見ても感心してしまいますよね。 落語といえば、蕎麦を食べるパントマイムが思い浮かびますよね。 でも、「時そば」などはなかなか小さい子にはわかりづらいので、こうして蕎麦を食べるところだけをやってくださるのは貴重です! 小噺の紹介 1つの言葉に2つの意味があるから面白く感じる、通称「オヤジギャグ」である小噺を次から次へと話してくださいました。 「運動してくるね。 」「うん、どうじょー。 」 中学生の「転失気」という落語をはさんで、いよいよ宮治さんによる本物の落語が始まりました。 長いけど、最後まで聴けるかな!? ちなみに、「転失気」のあらすじは・・ 知ったかぶりの和尚が、病を患って医者に診てもらう。 「てんしきが有りますか」との問に、判らないとも言えず「有りません」と答える。 小坊主に近所に借りに行かせるが、誰も判らずごまかされる。 医者に聞きに行かせると「おなら」と判るが、小坊主がいたずらをして「御盃です」と教える。 次に医者が来たときに、「てんしきを見せます」といって盃を出す。 geikyo. html tenshiki 落語「動物園の虎」 あらすじ 朝が弱く、力仕事が苦手で、口下手なため、仕事勤めが続かない男。 ある日、ぴったりの仕事を世話してもらうことになった。 午前10時出勤でよく、何も持たないでよく、しゃべる必要もなく、昼食・昼寝付き1日1万円だという。 好条件に飛びついて紹介状を受け取った男が着いた現場は、なんと。 移動動物園の園長は男に、虎の皮を渡した。 目玉展示の動物である虎が死んでしまったため、残った毛皮をかぶって虎になりすませ、という。 早速毛皮をかぶった男は虎の檻に入れられ、園長に虎の歩き方を教わった。 園長は、前足の方向と逆に頭を向けると虎らしく見えるといい、男の前でやってみせる。 開園時間になり、多くの観客が虎の檻にやって来た。 空腹だった男は、子供客の持っているパンほしさに思わず「パンくれ」とつぶやいてしまう。 それを聞いた子供にパンを投げ込んでもらうが、四つんばいの姿勢なのでうまく食べることができない。 仕方なく手でつかむが、とうとう子供に不審がられた。 男はうなり声をあげて子供を泣かせ、なんとかごまかした。 空腹が極まり、タバコも吸えず、難渋する男。 そんな中、動物園のアナウンスが「虎とライオンの猛獣ショー」の開催を告げた。 男は事前に説明を受けなかったので、慌てふためいた。 虎の檻の中にライオンが放たれて、男はパニックに陥った。 ライオンはうなり声を上げながら男の耳元に近づいて、「心配するな、わしも1万円で雇われたんや」。 wikipedia. 怠惰な男が、移動動物園に虎の役として雇われる話。 荒唐無稽なお話なんだけど、宮治さんが演ると目の前にありありと映像が浮かぶのが面白かったです。 7歳の子はツボに入っちゃったらしく、宮治さんが何を言っても大笑い。 5歳の子は真剣に想像しながら聞いていたようです。 宮治さんの落語を聴いてみて ちょうど1時間くらいという長さも、 小さい教室内で真近に落語を見られたことも、 小さい子どもには良かったのではないかと思います。 我が家は他の子ども落語会にも参加したことがあるのですが、そちらは広いホールで古典落語を普通に演るというものでした。 落語の前後には、射的や福笑いなど昔の遊びができるという特典もあったのですが、やはり広いホールで小さく見える落語家さんを観ながら集中して聴くというのは幼児にはハードルが高かったです。 昔遊びなど無くても、話すことだけでこんなに子どもを夢中にさせることができるなんて、桂宮治さんにしか出来ないワザなんじゃないでしょうかね。 今回も本当に脱帽でした。 次回は落語ワークショップにも是非参加したいなあと思います。

次の

鯉昇一門

こい と 落語

みなさんは落語を聞いたことがありますか? 落語は、衣装や舞台装置などをほとんど使わず、身振り手振りと話の巧みさだけで観客を楽しませるシンプルな芸能。 話の最後に「オチ」がつくのが特徴です。 落語家の始まりは、室町時代末期から安土桃山時代にかけて戦国大名のそばに仕え、話の相手をしたり世情を伝えたりする「御伽衆(おとぎしゅう)」と呼ばれる人たちのことなんだそう。 江戸時代に入ると有料で噺を聞かせる人物が登場し、寄席が誕生したということです。 さて今日は、そんな伝統ある落語界で活躍する若手落語家、瀧川 鯉斗(たきがわ こいと)さんにインタビュー。 落語界屈指のイケメンとも言われる鯉斗さんですが、若かりし頃には名古屋で暴走族の総長を務めていたという異色の経歴をお持ちだというから驚きです。 一体どのような経緯で落語家の道へ足を踏み入れたのか、その奇特な人生と、落語への熱い思いに迫ります。 当時17歳か18歳でしたが、当然役者だけで食べていくことはできないので、新宿の飲食店のアルバイトに応募しました。 そこのオーナーがミュージシャンで渡辺プロダクションに所属している方だったんです。 僕が役者志望だと知ると、『明日から来い』と言ってくれて。 そうしたらある日、その後僕の師匠となる瀧川 鯉昇(たきがわ りしょう)さんがそのレストランで落語独演会をすることになったんです。 オーナーが『役者やりたいんだったら落語くらい知っておけ』と早上がりさせてくれて、その日初めて落語を見たんですよ。 そのとき師匠がやったのは『芝浜』。 「打ち上げの席で『弟子にしてください!』って。 師匠がひとりで何役も演じるところに感激してしまって、とにかくすぐ弟子入りしたいと。 でもなんせ落語を全く知らない状態だったので、『ひとまず落語を見て、それでもやりたければまた来なさい』と言われました。 ほぼ毎日昼席と夜席の公演があり、一回の公演に10人ほどの落語家が出演する。 寄席では落語だけでなく、色物(いろもの)と呼ばれる漫才、漫談、奇術、紙切り、大神楽なども楽しめる。 落語のどんな部分に魅かれたのでしょう。 「役者は複数人で舞台に上がりますが、落語はひとりで演じきるところですね。 舞台の大小に関わらず、高座さえあればそこでどんな落語もできてしまうというところに魅力を感じました。 ようは座布団1枚あれば成立するんです。 それから、やるべきことが明確だという点でも自分に合っていたと思います。 というのも、実は上京してきたばかりのとき、役者の養成所に入っていたんですが、ボイストレーニングや演技など決められた時間割を闇雲にこなしていくことに違和感があり続きませんでした。 落語の世界は役者の世界に比べれば、いわゆる修行的なものがあって、これができれば次のステージにいけるなどやるべきこととその先の展開が明確なんです。 そこに夜な夜な通って、集会に顔を出している中でふと思ったんです。 居心地はいいけれどずっとここにいたらだめなんじゃないかと。 そのときは建築現場で仕事をしていたのですが『俺は将来何がしたいんだろう』って思ったときにずっとこの仕事ではないなという思いもありました。 そう思っていた頃に、映画『うなぎ』を見て急に役者に憧れたんですよね(笑)」 役者になりたいという思いを抱いた鯉斗さんは、上京することを即断したそうです。 「総長である僕が急に『東京へ行く』というものだからまわりはすごいびっくりしていました。 かなり熱心に引き留めてくれたんですが、もう自分の中では本当にやりたいのは役者だ! となっていたので決意は揺らがなかったですね。 「入門するとまず『前座見習い』になります。 このときはまだ楽屋には入れず、師匠や兄弟子のかばん持ちや雑用をして過ごします。 最初の階級である『前座(楽屋入り)』になるためには、落語の稽古だけでなく、着物の着方やたたみ方、鳴り物の稽古などを修めないといけません。 これらができるようになって師匠から許可が出れば前座となって楽屋に入ることができます」 「前座」になった後は「二ツ目(ふたつめ)」という位を目指すそうです。 二ツ目になると修行の期間は終わりで、独り立ちすることになります。 最終的に目指すのは、寄席のプログラムで一番最後に出る資格をもつ「真打ち(しんうち)」という位。 真打ちになると弟子を取ることもできるんだそうです。 2年くらいずっと見習いでした。 でもよく考えたら入った頃は前座が少なかったので本当はすぐ楽屋に入れたはずなんですよね…(笑) これは後日談なんですが、師匠には『お前にはあえて水とか発破かけてたんだ』と言われました。 本気かどうか試していたと。 逆を言うと、それだけ目をかけてくれていたということなんですよね。 師匠は本当に面倒見がよくて、太鼓の稽古も新聞紙を丸めてバチに見立てて教えてくれたり、着物のたたみ方も直接教えてくれたんです。 念願の楽屋入りを果たしてからはとにかく楽しくて。 前座仲間や後輩もいるし、4年間ずっとその空間にいるわけなので仲間意識もかなり強くなります」 前座になると、今度は少しずつ落語を覚えていかなくてはなりません。 その方法は、「師匠が話すの聞いて覚える」というもの。 人によってやり方はまちまちだそうですが、鯉斗さんは書き取ったりはせず、ひたすら耳だけでお噺を覚えていったそうです。 「その方が忘れないと師匠が言ったので。 先にもでた『新聞記事』という噺なんですが、暗記ができたら稽古すると師匠に言われて一生懸命覚えたんです。 その出だしが『付け焼き刃は剥げやすい』というものなんですが、いざ師匠の前で話すというときに緊張してしまって『つけまつげは剥げやすい』と言ってしまって。 落語にはいろいろなジャンルがあって、たとえば『新聞記事』は『オウム返し』といって、賢人に教えられたことを同じように話そうとするけれどうまくいかず失敗するというパターンのもの。 オウム返しは最初に習うジャンルですね。 同じジャンルに『子ほめ』や『道灌(どうかん)』といったものがあるのですが、やはり序盤に勉強しました。 慣れてきたなと師匠が思ってくれたら、次の噺を教えてくれます。 そうやって徐々にステップアップしていくイメージですね」 常に師匠や同門と行動を共にする修行生活。 しかも、普通は入門する前から50〜60席は寄席を見てるというのが当たり前の中、ろくに落語を見たこともない状態で突如落語の世界に飛び込んだ鯉斗さんです。 「確かに、今振り返って客観的に考えてみると、修行はやっぱり並大抵のことじゃないなって思います。 プライベートの時間もほとんどないわけですし。 でもやっているときは全然そんなこと思わなかったですよ。 家族みたいなものなので、かばん持ちがやだなあなんて思ったことがないです。 むしろついて行けば、新しい何かを教えてくれるんだと思ってわくわくしていましたね」 当時を思い返す鯉斗さんの表情はとても少年的で、その言葉に嘘がないことが窺えます。 そして約2年の見習い期間を経て、ついに鯉斗さんは前座デビューを果たしたのです。 突然訪れた前座デビュー 「前座の出演する時間を『開口一番』と言いますが、あれって前座同士で話し合って今日誰がやるかというのをその場で決めるんですよ。 なので、ある日いきなりお前行けって言われて突然上がることになるっていう(笑) もう、喉がキュッとなって、声が出てこないんですよ。 緊張のしすぎで。 うまくやらなきゃというより、とにかく最後まで話し切らなくちゃという必死さでやり通しましたね。 終わったあと師匠に『すいません、途中忘れちゃいそうでした』と報告したら『そんときはできませんでしたって謝ってから降りてこい』って言われたのもよく覚えています(笑)」 見習い期間が長かっただけに、その夜は興奮状態だったと当時を振り返ります。 「『ついに上がったぜ俺!』と大興奮でした。 『俺、師匠みたいに話してるのかな』って思ったりもして。 師匠がやっていることをやっているんだなと思うと、本当に嬉しかったんですよね」 前座となって噺をするようになってからは、昔の仲間が聞きに来てくれることもあったそうです。 「あるとき小遊三師匠のかばん持ちをしていたときに地元の近くの会場で前座で出ることになって、そのことを昔の仲間たちに言ったんです。 で、行ったら駐車場に大量のバイクやら車やらが止まっていて…僕が舞台に出て行ったらどす黒い声援がワーッと上がるっていう(笑)見たら、最前列の3列くらいが仲間たちだったんですよね。 みんな最初は前のめりで聞いているんですけど、やっぱり難しかったみたいです。 「嬉しかったです。 でももうバイクでは来ないでって伝えました(笑)」 五感を使って人生の舵を切る 鯉斗 さんのお話を伺っていると、人生における舵きりの潔さと展開の早さに驚かされます。 その決断力の源はどこにあるのでしょうか。 「僕はダメだと思ったらもうすっぱりやめますし、事前にあれこれ考えて何かをやるということはないんですよね。 そこからはすぐに行動しちゃいます。 これは良い波じゃないなって。 でも実は暴走族を引退するときは、本当にすごく悩んだんです。 「いやあ、ありますよ。 めちゃめちゃあります。 今でこそ自由にやらせてもらっていますが、前座だった頃は『前座なんだから坊主にしろ』『前座なんだから目立つことはするな』などいろいろ言われて。 出る杭は打たれるじゃないですけど、落語の世界は閉じたコミュニティでもあるのでささいな小言がすごくこたえるんですよね」 それでも落語はやめずに続けてこられた理由を、鯉斗さんはこのように言います。 「僕が思いとどまったのは、うちの師匠が僕の代わりに謝っていたからです。 『うちのやつが言うこときかなくてすいません』って謝っているのを見て、この人に面倒かけたらいけないなって…。 思うに、暴走族と落語界には似ているところがあるんですよ。 ひとつは縦社会ということなんですけど、もうひとつはチーム内の絆を大事にするというところ。 師匠と僕もちょうど親子のような年齢差なのですが、絶対に裏切らないという強い絆があります」.

次の