駅名 標 ジェネレーター。 鉄道好きにはたまらないかも?!「駅名標ジェネレーター」

駅名標いろいろ 近鉄編

駅名 標 ジェネレーター

駅名標いろいろ 近鉄編 近畿日本鉄道 大きなレイアウトは変わっていないものの、細かく表示の形態が変えられています。 共通しているのは、中央やや下にある 印象的なオレンジ色の線。 その上に大書きされているのは、以前には仮名書きも見られたのですが、最近では標記文字が中心のようです。 大書き部の下にはかな文字の併記がなかったのですが、新型のものでは追加されています。 隣駅には矢印が付いており、これも微妙に変わってはいるのですが、両方に示されているため、これでは次駅表示になっていない?? 地の色も2種類あり、以前からのものは黒地なのかなぁと見てみると実際はこげ茶色っぽい感じ。 ターミナルは地下にあり、主に奈良線の列車と特急列車の一部が発着します。 2009年3月に阪神なんば線が開業し、この駅から先に阪神方面への乗り入れが実現しました。 これに合わせて駅名も「近鉄難波」から「大阪難波」に変更。 駅名標も最新型に変更されています。 こちらは大阪線の起点の駅であり、地上のホームは大きなターミナル風。 それとは別に、近鉄難波方面に向かう地下の難波線ホームがあります。 左側の駅名標が旧型で地上側にあったもの。 地上駅でも地下方面に向かう乗り場があることを示している表記がありますね。 一方右側の写真は地下にある最新型のもので、上記の阪神なんば線開業とともに、駅名が「大阪上本町」と改称された後のもの。 現在では地上側の駅名標もこれに改められていますが、白地の物となりバックライトが柔らかな印象でした。 左側の写真はさんからいただきました。 頂物につき、写真の転用、 複製等を一切禁じます。 よく見ると"M""B"の前の「ん」が"M"になっているわけで、英語の発音に合わせた表記がちゃんとなされているわけですね。 それより「瓢箪山」を「ひょうたんやま」って読める人がどれくらいいるんでしょうか。。。 奈良線、京都線、橿原線の交わるターミナル駅で、路線がX型に交差する複雑な配線となっているところ。 こちらの駅名標も最新型に変更されてからのもので、矢印の形が以前のものと変わっているのが分かります。 大阪地下鉄中央線と相互乗り入れをしているけいはんな線のもの。 地下鉄の色である緑に変えられていることと、地下鉄の駅番号をそのまま続数字で使用している表示が見られます。 (左)この駅名標は屋外タイプでかな表記。 しかも「かわち」には「河内」の表記文字もかかれていません。 ですが、2004年になって、「駅名標の表記は実際の正式な駅名と合わせるように」とのお達しのようなものがあったらしく、細かい部分が変更されました。 これで手が加えられたのが右側の写真です。 なお、屋内のタイプは変更なくそのまま使用されているようです。 以前の駅名標は、以下のように分類されていたようです。 左側が昔からのもので、右側が変更された後の現在のもの。 この駅名はとても奇妙で興味深く、行先表示は「あべの橋」と書かれ、所在地は大阪市の「阿倍野区」、あたまに「近鉄」ではなく「大阪」と付くのが正式なのですが、駅名はそのままに駅名標だけ直されました。 昔からの表記の名残でしょうか。 最近ではいろいろな駅で見られるようになった表示ですが、この駅では以前から見られていました。

次の

自分だけの駅名標をブラウザ上で簡単に作成できる「Sigene 駅名標ジェネレーター」

駅名 標 ジェネレーター

駅のホームなどに掲示されている、その駅や隣の駅の名前などを記した看板のことを駅名標といいます。 「Sigene 駅名標ジェネレーター」は、JR東日本で用いられている駅名標をモデルに、自分だけの駅名標を作れるサイトです。 作成した駅名標はPNG画像として保存可能で、SNSなどで共有することもできます。 github. html 「Sigene 駅名標ジェネレーター」をウェブブラウザで開くと、新宿駅の山手線内回りの駅名標がデフォルトで表示されています。 駅名標と保存メニューの下には設定・入力欄が並んでいます。 駅名の漢字表記・ひらがな表記・英語表記を入力して、駅名標下にある「入力内容を反映する」をクリックすると、ページ上部にある駅名標に入力内容が反映されます。 英語 アルファベット の入力欄では、長音を表す特殊表記を、自動的に表示されるパネルから選ぶことができます。 この文字をキーボードで直接入力することはできませんが、入力欄をクリックすると特殊表記のパネルが表示され、該当する文字をクリックすることで入力が可能です。 また色の部分をクリックするとカラーパレットが立ち上がり、駅名標の帯の色や、各路線や運転系統ごとに決められているラインカラーを自由に設定することができます。 駅名標設定の「筐体タイプ」をクリックすると、駅名標の大きさを3種類から選ぶことが可能です。 また「点灯する」をクリックすることで、駅名標のバックライトとなるLEDの点灯を切り替えられます。 以下の画像に示されるように、「筐体タイプ」は数字が大きくなるほど駅名標がより横長になり、より長い駅名も表示できるようになります。 駅名標のLED点灯の有無を切り替えるとこんな感じ。 「ナンバリング・4ヶ国語表記」をクリックすると、駅ナンバリングと中国語・韓国語表記の有無を切り替えることができます。 また駅名標設定で「右分岐」「左分岐」をオンにすると、路線の分岐を示す駅名標も作成可能です。 例えば以下の画像の駅名標は、4方向に分岐する新潟県・新津駅の駅名標をモデルに作成しています 駅名標の直下にある「日本語フォント M+1p をロードする 約700KB〜約1. 6MB 」「中国語フォント Noto Sans SC をロードする 約1. 5MB〜約2. 2MB 」「韓国語フォントを Noto Sans KR ロードする 約1MB〜約2. 1MB 」というボタンをクリックすると、実際にJRの駅名標で用いられているものに近い日本語・中国語・韓国語フォントで駅名が表示されます。 作成したら駅名標の下にある「画像として保存」をクリックすると、pngファイルとして駅名標を保存することができます。 さらに「共有URLを取得」をクリックして「コピー」を押すと、作成した駅名標のURLがコピーされるので、画像を保存しなくてもSNSなどで共有することが可能です。 外部サイト.

次の

[B! ジェネレータ] Sigene 駅名標ジェネレーター

駅名 標 ジェネレーター

駅のホームなどに掲示されている、その駅や隣の駅の名前などを記した看板のことを駅名標といいます。 「Sigene 駅名標ジェネレーター」は、JR東日本で用いられている駅名標をモデルに、自分だけの駅名標を作れるサイトです。 作成した駅名標はPNG画像として保存可能で、SNSなどで共有することもできます。 github. html 「Sigene 駅名標ジェネレーター」をウェブブラウザで開くと、新宿駅の山手線内回りの駅名標がデフォルトで表示されています。 駅名標と保存メニューの下には設定・入力欄が並んでいます。 駅名の漢字表記・ひらがな表記・英語表記を入力して、駅名標下にある「入力内容を反映する」をクリックすると、ページ上部にある駅名標に入力内容が反映されます。 英語 アルファベット の入力欄では、長音を表す特殊表記を、自動的に表示されるパネルから選ぶことができます。 この文字をキーボードで直接入力することはできませんが、入力欄をクリックすると特殊表記のパネルが表示され、該当する文字をクリックすることで入力が可能です。 また色の部分をクリックするとカラーパレットが立ち上がり、駅名標の帯の色や、各路線や運転系統ごとに決められているラインカラーを自由に設定することができます。 駅名標設定の「筐体タイプ」をクリックすると、駅名標の大きさを3種類から選ぶことが可能です。 また「点灯する」をクリックすることで、駅名標のバックライトとなるLEDの点灯を切り替えられます。 以下の画像に示されるように、「筐体タイプ」は数字が大きくなるほど駅名標がより横長になり、より長い駅名も表示できるようになります。 駅名標のLED点灯の有無を切り替えるとこんな感じ。 「ナンバリング・4ヶ国語表記」をクリックすると、駅ナンバリングと中国語・韓国語表記の有無を切り替えることができます。 また駅名標設定で「右分岐」「左分岐」をオンにすると、路線の分岐を示す駅名標も作成可能です。 例えば以下の画像の駅名標は、4方向に分岐する新潟県・新津駅の駅名標をモデルに作成しています 駅名標の直下にある「日本語フォント M+1p をロードする 約700KB〜約1. 6MB 」「中国語フォント Noto Sans SC をロードする 約1. 5MB〜約2. 2MB 」「韓国語フォントを Noto Sans KR ロードする 約1MB〜約2. 1MB 」というボタンをクリックすると、実際にJRの駅名標で用いられているものに近い日本語・中国語・韓国語フォントで駅名が表示されます。 作成したら駅名標の下にある「画像として保存」をクリックすると、pngファイルとして駅名標を保存することができます。 さらに「共有URLを取得」をクリックして「コピー」を押すと、作成した駅名標のURLがコピーされるので、画像を保存しなくてもSNSなどで共有することが可能です。 外部サイト.

次の