スマホを落としただけなのに ネタバレ。 スマホを落としただけなのに2犯人Mの結末ネタバレ!BLのまさか

犯人ネタバレ映画版結末『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』面白くないと思ってた見るまでは

スマホを落としただけなのに ネタバレ

どーも、スルメ です。 『スマホを落としただけなのに』ってタイトルめちゃくちゃキャッチーだし、一発で映画の内容が理解できる秀逸なタイトルだと思っていまして。 タイトルと設定だけなら世界にも通用しますよね。 だってみんな基本的にはスマホ持っているし、スマホの中はプライバシーだらけですし。 しかしながら前作の中身はというと、あまり好きになれなくて。 北川景子さんの美しさは痛いほど伝わってきたんですけどね~。 物足りなさがあったのよ。 まぁあの映画が初の成田凌だったし、彼を知れたことでプラスになっているはずだけども。 一応前作のストーリーを解説しておきますと、主人公 北川景子 の恋人がスマホを落としてしまい、ヤバい奴に拾われます。 そこからあの手この手でネットを使ったストーキング行為を始めるお話。 なかなか犯人がサイコだったイメージ。 私もスマホ落としたことあるし、よりは怖かった。 だって身近すぎるんだもん。 さて、続編である 「囚われの殺人鬼」はヒロインが白石麻衣さんに代わり、前作のキャラクターもちょくちょく登場しているようで。 なんとなく 「前作観なくても大丈夫なんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、絶対に観た方が良いです。 同じ現場から新たな身元不明の死体が発見された。 捜査にあたる刑事・加賀谷は、かつて自分が逮捕した連続殺人鬼・浦野のもとへと向かう。 獄中にいる浦野が口にしたのは、浦野が師と仰ぐ「M」というダークウェブ上に存在する謎の人物だった。 一方その頃、加賀谷の恋人である美乃里に謎の男の影が迫っていた。 監督 メガホンを取ったのは前作から引き続き中田秀夫監督。 完全にホラー映画監督なイメージがあるけど、間違ってないですよね? 『リング』とか 『仄暗い水の底から』で世界にJホラーを知らしめた監督です。 正直日本のホラーは怖すぎて得意ではないので、そこまで監督作を観ているワケではないのですが……。 『リング』辺りは好きですが、 『クロユリ団地』 が微妙過ぎてね。 避けていた部分もあったかもしれない。 キャスト 前作で影を残しつつ明かされずに終わってしまった、 千葉雄大さん演じる加賀谷が本作の主人公。 「一時はコイツ絶対犯人だろ……」って思いながら観ていたんですけどねw あ、前作の犯人は後で書きますね。 小説では別のキャラクターが主人公だったようですが、一つのキャラ 加賀 に統合されてしまいました。 その他のキャストは乃木坂46の 白石麻衣、前作から引き続きヤバい奴を演じる 成田凌、そして明らかに重要人物といえる 井浦新などなど。 恐らく顔出し程度だと思いますが、 北川景子さんや 田中圭さんなど前作のキャストも出演しています。 成田凌さんは良かった! 浦野も前作に増してヤバいオーラ出しまくってたし、実際に物語を動かし続ける重要人物だし。 この立ち位置はやっぱりハンニバル・レクターを意識していますよね。 さすがに人を喰うレクターほどインパクトがあったかと言うとアレなんですが。 でも浦野は他の登場人物たちをいいように動かして、キメるところはキメてくれました。 ただレクターに準ずるヤツががいたからといって、本作が 『羊たちの沈黙』になることはありません。 確かに浦野のキャラと成田凌さんは好きになれますが、他は何とも言えず。 『羊たちの沈黙』はレクターがいて、クラリスがいて、テッド・タリーやジョナサン・デリの力があってのことですから。 レクターだけが凄かったワケじゃない。 そもそも今回は 「スマホを落とす」ではないですからね。 強いて言うなら 「Wi-Fiを繋げただけなのに」です。 一応最後にそれっぽい設定が追加されているんだけど、なんだかなぁ……。 ここから先は『スマホを落としただけなのに2』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ Wi-Fiを繋げただけなのに 冒頭は前作の主人公二人の結婚式のシーンから。 お祝いのために訪れた刑事の 加賀谷学 千葉雄大 と、その彼女の 美乃里 白石麻衣 は麻美たちを祝福しながらも、帰り道で険悪な雰囲気に。 別れ話を切り出した美乃里は友人と共にカフェで彼氏のグチを叩いていましたが、突然癒されたくなったのかフクロウの動画を観るためカフェのWi-Fiに接続してしまいます。 この時接続したWi-Fiによって美乃里のスマホはウイルスに感染。 情報を抜き取られることになります。 ここまで観ると、私たちの周りで起きそうな犯罪を描いた映画の予感がしますよね。 カフェのフリーWi-Fiなんて、私も日常的に接続していますし、そこまで危機感を持ったこともありませんでした。 正直ここで白石麻衣さん演じる美乃里がヤバい奴に私生活覗かれる映画になっていれば、私はもっと好印象を抱いたかもしれません。 しかし!この設定はそこまで物語本編と関わらないんですよね~。 ほら、この映画のタイトルって 「スマホを落としただけなのに」じゃないですか?だからネットに無知な一般人が知らず知らずのうちに犯罪に……って映画だと思うはずなんですよ。 前作は基本的にはその流れでしたよね。 ただ本作は正直スマホは本筋とはそこまで関係ない。 なんだか出来の悪い 『羊たちの沈黙』が目の前にありました。 ここで登場してくるのが前作でスマホを使った連続殺人を行った 浦野 成田凌。 そして彼のネット犯罪の師である 「M」と名乗る人物です。 限りなくダサいハンドルネームな「M」ですが、超凄腕ブラックハッカーで殺人も厭わない犯罪者。 加賀谷はなんとか捕まえようと持ち前のネット知識を使って捜査を行いますが、一向に尻尾を掴めない。 そんなときに事件解決に協力するのが前作で戦い、加賀谷が逮捕した浦野なのです。 浦野のいる留置所に入るシーンはク ラリスとレクターのファーストコンタクトを思い起こさせますね。 一応二人の共通点として母に対してのトラウマがありますが、そこまで二人の信頼関係が……とかはない。 そして二人は協力して「M」の逮捕に乗り出すのですが、そこは浦野。 加賀谷にバレないよう、ちゃっかりと裏工作を行っていたのでした~。 あれ?白石麻衣は??中盤以降ちょっとずつ事件と関係を持ち始めますが、映画としてはスマホが乗っ取られているよりも「M」逮捕が大事なようです。 それも「M」が美乃里のスマホを乗っ取った犯人だと示唆され続けているからなのですが。 ここまで匂わせられると 「犯人はMじゃないパターンだな」と嫌でも分かるよね。 おい浦野!髪の毛どうした! この映画で一番疑問だったのは犯人の正体よりも、浦野の髪色です。 前作までは普通に黒髪だったのに、留置所に少しいたら全部白髪になってるって……。 白髪?シルバーなのか?? 何故誰も触れないんだろう?加賀谷とかも絶対疑問に思っているはずなんだよな。 所持品が制限されている所内でブリーチかけたとも思えないし。 そこで登場人物たちに代わって、私が髪色が変化した理由を考えてみました。 すこしネットで 「若者 白髪 突然 なぜ」と調べてみたところ、一番最初に目に留まった記事がコレ ・ 記事の中の説話を借りると、マリーアントワネットがあまりのストレスで一夜にして白髪になっとか、ならないとか。 他にも漫画とかの過剰表現の一つとして、髪の毛が真っ白になるとかありますよね。 で、さすがに一晩とかで真っ白になるというのは無いと明言されていますが、ストレスによっては徐々に色が薄くなるというのはあるらしい。 ストレスといえば円形脱毛症が浮かびますがね。 さすがにハゲてしまった浦野は見たくないよ……。 浦野は恐らく留置所の中でパソコンに触ることが出来ず、ネットとも遮断されていましたから。 それでストレスが溜って髪の色が薄くなってしまったのでしょう! 確かに脱獄した後の裏のは黒髪に戻っていましたからね。 映画観ていない方は読まないことをオススメします。 事件の犯人とMの正体 一番怪しかった人物から。 「一番怪しそうな奴は実は良いヤツ」という私の映画ジンクスは的中しました。 これまでMだと思われていた人物、井浦新さんが演じていたフードの男ですね。 あの人は公安の刑事で、加賀谷が起こしたハッキングを捜査しているだけの人でした。 あれ?白石麻衣の裸覗いていませんでしたっけ?それは「捜査だから」という理由で有耶無耶にされるのでしょうか。 この人物はもし続編があるなら次こそメインキャラとして登場しそうです。 で、気になるMの正体は実は2人いまして。 今回主に動いていたMは加賀谷の元同僚であり、美乃里の上司でもある笹岡。 実は加賀谷のことが好きで、加賀谷と作った会社を存続させるために金が必要だったんですね。 それと浦野に脅迫されて、警察署のサーバーへのハッキングも行っていました。 2人目のMは元々いたダークウェブで活動している犯罪者。 しかし彼は前作より以前に浦野に殺されています。 中盤で死体が発見されますが、これが本物のMでした。 つまりこの映画を通して追っていたMはほとんど浦野に操られていたと。 笹岡も十分悪質な犯罪者ですけどね。 「囚われの殺人鬼」でありながらも、人を操つり犯罪を繰り返す。 映画は好きにはなれませんが、浦野はいいよね。 まとめ 以前観たで「邦画のサスペンスも負けてないなぁー」とか勝手に思っていたわけですが、これはちょっとなぁ。 もう少し「タイトル詐欺」といわれない映画をですね。 さすがに警察署ハッキングとかは現実離れしているような気がするけども、Wi-Fiから侵入の件は本当にありそうなんで、そこを攻めて欲しかったなと。 私なんて海外行くとWi-Fi乞食になりますから、スタバだろうが個人経営だろうが関係なしにWi-Fi繋いでますけどw もしかしたらウイルスに侵されている可能性十分ありますよね? 別に私のデータなんてゴミのようなものなんで、お金以外なら盗まれても良いのですが……。 登録が初めての方なら31日間のお試し期間が付くため、その間は 映画もアニメもドラマも全部無料です。 しかも初登録時には タダで600円分のポイントが貰えるので、新作映画もレンタルより安く視聴できます。 1か月以内に解約すれば料金は発生しません!.

次の

『スマホを落としただけなのに』はサスペンス映画かコメディ映画か?【あらすじネタバレ感想評価】|ひろとんの脱力タイムズ

スマホを落としただけなのに ネタバレ

彼は、稲葉麻美のソーシャルブックに友人登録されていた、セキュリティ会社勤務の人物の部下という設定で、稲葉麻美に近づいてきます。 『スマホを落としただけなのに』は、ミステリーであるため、劇中では、千葉雄大さん演じる刑事の加賀谷学が犯人かもしれないという演出が施されていました。 浦野善治という名前も実は偽名であり、映画では彼自身、自分の名前がわからなくなってしまっているという描写がラスト付近で描かれております。 次回作である『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では、本名が判明し、別の連続殺人事件について、警察へ協力しております。 爽やか系のイケメン俳優さんなのですが、本作での彼の怪演は必見ですね。 『残穢 -住んではいけない部屋-』『翔んで埼玉』『君の名は。 』『逃げるは恥だが役に立つ』など、他にも様々な映画やドラマに出演されている方でございます。 これからも様々なキャラクターを演じてくれそうで、注目の役者さんです。 しかし、いくつかの描写によって、観客が彼の動機を考えるヒントを与えております。 浦野善治は、子供の頃に母親に虐待されていました。 暴行はもちろん、言葉で「お前なんか、いなければ良かった」と毎日のように言われていたようです。 幼少の頃の体験がトラウマとなり、大人になってからも、長い黒髪の女性に興味がありながらも、恐れを抱いています。 愛されたい気持ちと復讐したい気持ちが綯い交ぜとなり、彼はじょじょに狂い始めていきました。 自身を隅に追いやっていた母親を長髪の黒髪の女性に重ね、自分が幸せになれなかったのに、彼女たちが幸せになることを許すことができなくなった浦野善治。 彼は、彼女たちに復讐することで、過去の鬱憤を晴らしていたのです。 でも、それでトラウマが消える訳ではなく、より一層、その影が心の中に落としていく結果に。 子供の頃に虐待を受けていても、それ以降の出会いによって、心の安定がとれる場合もあります。 ですが、浦野善治には、そういった出会いがなかったみたいで、現代社会を反映した悲しき殺人鬼であることが、映画では示唆されておりました。 劇中では、加賀谷は母親に虐待され、長髪の黒髪女性に一種の憧れのようなものを持っていると思わせる場面がありました。 このシーンから、私は「加賀谷が犯人だったら、面白いなぁ」と思ったのですが、実際は違いました。 浦野善治と同じ背景を持った加賀谷が、浦野善治の行動をプロファイリングすることによって、事件を解決へと導きます。 加賀谷は、色々と鋭い推察を先輩などに伝えています。 かなり早い段階で、加賀谷は犯人像をイメージできていたのかもしれません。 同じ生い立ちでありながら、その後の人の出会いなどによって、真逆の人生を歩むことになった二人。 その関係は、まさに、光と闇の関係といえるかもしれません。 原作小説を読んでいないで、もしかしたら、映画では描写されていない情報があるかもしれません。 浦野善治は、続編である『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では、物語にどのように関係してくるでしょうか。 ちょっと気になるところです。 そんな訳で、今日はこの辺で。 最後までお読みいただき、ありがとうございました! 映画好きな四十郎のおっさん999でした。

次の

スマホを落としただけなのに2犯人Mの結末ネタバレ!BLのまさか

スマホを落としただけなのに ネタバレ

稲葉麻美ー北川景子• 加賀谷学ー千葉雄大• 浦野善治ー成田凌• 富田誠ー田中圭• 毒島徹ー原田泰造• 小柳守ーバカリズム• 武井雄哉ー要潤• 杉本加奈子ー高橋メアリージュン• 天城千尋ー筧美和子 主演の北川景子さんを始め、要潤さんや成田凌さんなど、個人的にも好きな俳優さんの名前が並んでいます。 バカリズムさんや原田泰造さんなど、お笑い出身の演技派俳優さんもいて、空気が和みますね。 麻美の彼の富田がタクシーの中でスマホを落としてしまう。 幸い拾ってくれた人と連絡が取れ、手元に戻ってきて安心する麻美と富田。 だがその後、 クレジットカードの請求や ウィルス感染などが相次ぎ、不安になる富田。 ネットセキュリティ会社の浦野に対策をしてもらい元通りになるが、麻美までもが SNSのアカウントを乗っ取られてしまう。 一方、 黒く長い髪の女性ばかりが遺体で見つかる事件が起きていて、捜査をすすめる毒島や加賀谷。 スマホを乗っ取っているのは誰なのか、そして殺人犯は誰なのか? 麻美の過去の秘密も明らかになる。 映画のタイトルの通り、スマホを落としただけなのに次々と起こる不可解な出来事。 セキュリティ対策を施すものの、麻美のスマホまで乗っ取られてしまい、写真が流出してしまいます。 現実にも起こりうるだけに、怖さを感じます。 スマホをタクシーに落とす富田 彼の富田がタクシーに落としたスマホを、富田の代わりに取りに行く麻美。 その後、富田は麻美にプロポーズしますが、家庭の事情を理由にもう少し時間が欲しいと返事を先送りします。 一方、山の中で黒く長い髪の女性の遺体が埋められているのが複数発見される事件が起きていました。 事件を捜査する毒島や加賀谷は、5人の遺体の女性の身元を割り出していき、家族からは探されない 複雑な環境にある地方出身の女性の可能性が高いことに行きつきます。 その後、 カード詐欺に遭う富田。 麻美も social bookに不正アクセスされたりと、不可解な出来事が立て続けに起こります。 おまけに麻美のスマホのsocial bookを通じて小柳がアプローチしてきます。 加奈子に誘われて飲み会に同席すると、そこにはかつての知り合いの武井も来ていました。 麻美に積極的にアプローチするとともに、麻美の元同居人で親友の美奈代の話もしてきます。 美奈代は以前、自殺してしまっていました。 帰ろうとした 麻美に無理やりキスをしてくる武井でしたが、怒って帰る麻美。 親友の加奈子の知り合いでありネットセキュリティ会社の戸部に相談すると、後輩の浦野が代わりにやってきて、あっという間にウィルスを解除してくれます。 先に帰った麻美でしたが、一人でいた富田のところにかつての教え子の千尋が突然現れます。 千尋は富田からメールで呼び出されたと言いますが、富田には全く覚えがありません。 その頃麻美は小柳からのアプローチを断っていましたが、富田と麻美が一緒にいる動画が送られてきて、その店に急ぎます。 店では千尋が富田に抱き着いていて、怒って帰る麻美。 ですが、追ってきた富田は武井と麻美のキスの動画を見せ、誰かから送られてきたと言います。 事件を追う加賀谷は遺体の身元を探るため、行方不明中の女性を探していました。 ある店で行方不明になった女性の話を聞き、その客の中に「お母さん」と連呼する気持ち悪い男性がいたことを突き止めます。 小柳から、 麻美の恥ずかしい写真を今からsocial bookに投稿するとメッセージが来ます。 その写真は富田が撮ったもので、慌ててsocial bookにログインしようとしますが、パスワードが変えられていてログインできません。 さらに武井から電話がかかり、 武井にキスされた動画が麻美のsocial bookにアップされていて、悪口まで書かれていることに文句を言ってきます。 ですが麻美には全く身に覚えが無く、加奈子に相談するとアカウントの削除依頼をするようにアドバイスされるのでした。 その直後、富田と同じように 麻美のスマホが乗っ取られてしまいます。 犯人が自殺体で発見される? 再び浦野に頼んで調べてもらうと、富田が落としたスマホから麻美のsocial bookに行きつき、乗っ取ったのだろうと言われます。 おそらく 犯人はスマホを拾った人間だと言い、犯人の居場所が追跡できたため警察にも通報してくれていました。 通報によってその男の部屋に駆けつけた警察は、容疑者の足立の遺体を発見します。 青酸カリによる服毒自殺と見られ、部屋にあったパソコンからは被害者たちの画像が見つかります。 足立が勤めていたネットカフェで、ロッカーを調べた毒島と加賀谷。 ですがすぐに足立が犯人ではないことに気づきます。 足立のロッカーには、 金髪でショートの地下アイドルの写真がたくさん貼られていたからでした。 以前IT関係の仕事をしていた加賀谷は、通報者の発信元を追跡し始めます。 犯人は誰なのか? その頃浦野と居た麻美は、浦野から突然麻美のsocial bookのパスワードが「minayo0118」であることを指摘されます。 さらに、 麻美と美奈代の秘密が分かったと言い出す浦野。 驚いて立ち上がった麻美でしたが、飲まされたお酒に薬が入れられていて、その場に崩れてしまうのでした。 麻美が目を覚ますと、見覚えのない部屋の中で白い服を着せられ両腕を縛られた状態で吊るされ、両足も足かせで固定され身動きができませんでした。 そして 長い黒髪のかつらをつけ、同じ白い服を着た浦野が近づいてきます。 「もしかして、富田くんのスマホ拾ったのって…」と麻美が言うと「えぇ、ボクですよ」と答える浦野。 それどころか、戸部や小柳に成りすましたり、麻美や富田の動画を送ったのも全部自分だと楽しそうに打ち明けます。 その後「穴を掘ってきます」と言い、楽しそうに出かけて行く浦野。 一方加賀谷はようやく発信元を突き止め、店の防犯カメラで浦野が麻美を連れ出している映像を見つけます。 麻美のところに 富田が助けにやってきます。 お互いに追跡アプリを一緒に入れた際に、麻美のパスワードも覚えていた富田はそれを使い辿り着いたのでした。 麻美を助け出して外に出ると、そこは遊園地でした。 逃げ出そうとする二人の前に、浦野が現れます。 辿り着いたご褒美に、麻美の秘密を教えると言う浦野。 「私が自分で話す」と強い口調で言い返す麻美でした。 驚く富田に「私の本当の名前は山本美奈代って言うの」と続ける麻美。 麻美と美奈代が学生時代から一緒に暮らしていて、麻美は株の投資にハマっていました。 一方の美奈代はブラック企業で働きながら、大学の先輩である武井と男女の関係になります。 ですが 武井は遊びだったため別れを切り出され、妊娠していた美奈代は中絶します。 その後、株の投資に失敗した麻美は 美奈代の名義でヤミ金からお金を借りてしまい、1千万もの借金を負います。 会社も辞めた美奈代は、ある日麻美に腹を立て「私の人生返してよ」と言ってしまいます。 するとその後「 私の人生あげるから許して」と美奈代のスマホから電話をかけてきます。 麻美は長い髪を美奈代と同じショートに切り、美奈代の名前で「今から死にます」と警察に電話した後電車に飛び込んで自殺したのでした。 美奈代は整形して麻美に成りすまし、麻美として生きてきたのでした。 浦野は、富田が持っていた麻美の写真の背中のホクロと、武井が持っていた美奈代の写真の背中のホクロが同じことに気づき、秘密を知ったのでした。 二人を殺そうとした浦野でしたが、加賀谷が駆けつけ逮捕されます。 入院中の富田に麻美のスマホを返しにきた加賀谷。 麻美を傷つけていたことに気づき連絡を取っていないと言う富田に、麻美のスマホに入っていた写真を見せます。 そこには、日常の富田を写したものが何十枚も保存されていたのでした。 プラネタリウムにいた麻美のところに、富田がやってきます。 麻美が誰でも関係ないと言い「新しい戸籍で、俺と一緒にやり直そう」とプロポーズするのでした。 リアルに起こりそうな出来事だけに、身近な怖さを感じた作品でした。 拾った人がたまたま犯罪者だったということは確率的には低いのかもしれませんが、0ではないですよね。 殺人にまで発展することは稀でしょうけど、アカウント乗っ取りなどは身近でも起こりうることです。 緊迫した怖さの中にも、田中圭さん演じる富田の大らかさが癒しでした。 頼りない感じもありましたが、最後にはちゃんと助けに来てくれましたし、麻美の過去を含め全てを受け止めてくれてホッとしました。 北川景子さんの拘束された際の怯え方は、リアルでしたね。 思わず声がでてしまうような演技はさすがでした。 綺麗なだけに、怖がる顔も一層怖く感じてしまうのでしょうか。 そして、やはり一番は成田凌さんの演技でしょう。 サイバーセキュリティ会社の社員として現れた時の爽やかさと、犯人としての粘着質な部分のギャップが凄かったです。 狂気がにじみ出ていて、怖さと気持ち悪さの匙加減も絶妙でしたね~。 フリ幅の広さを感じ、他のいろいろな役も見てみたくなりました。 スマホを落としただけなのに映画ネタバレ結末犯人は?北川景子の秘密は?まとめ 映画「スマホを落としただけなのに」のあらすじネタバレや結末、犯人や北川景子さん扮する麻美の秘密についてまとめました。 犯人役の成田凌さんの、サイコ的な怖さがシッカリと後味に残る作品でした。 身近に起こりうるヒューマンホラーで、ジワジワとくる怖さでしょうか。 続編での演技にも期待ですね。

次の