わたし定時で帰ります 1話 ネタバレ。 わたし定時で帰ります 1話ネタバレ感想!ドラマ内で流れた米津のlemonが気になってしょうがない!(4月16日放送)

わたし、定時で帰ります。1話ネタバレ感想・死んで花実が咲くものか!の結衣(吉高由里子)・あらすじ・考察・解説も

わたし定時で帰ります 1話 ネタバレ

」 SPECIAL MOVIE — 火ドラ「わたし、定時で帰ります。 』の第1話が、4月16日に放送されました。 初回の視聴率は 9. 5%とまずまずの滑り出しですね。 この時間枠は、漫画や小説を原作としているお話が多いですが、今回も原作があります。 朱野帰子さんのお仕事小説です。 ドラマの主人公は、 吉高由里子演じる東山結衣。 過去のトラウマから、「必ず定時で帰る」というモットーを持っています。 結衣はどんな会社で、どんな風に働いているのでしょうか。 結衣が戦うべき真の敵は一体・・・? 今回は『わたし、定時で帰ります。 』第1話のあらすじ、感想を紹介します。 この記事は、 『わたし、定時で帰ります。 』第1話の ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。 しかし後輩たちと打ち上げの飲み会などはせず、いつも通り定時で上がる結衣。 1人で行きつけの中華料理屋の上海飯店へ行き、ビールをグイッと一杯。 翌日は温泉付きの人間ドックでリフレッシュ。 他にも好きな時に有給を取ったり、充実した日々を送る結衣。 この後よる10時からは、いよいよスタート! 火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。 吉高由里子さん主演! 現代に働く人々を応援する心温まるワーキングドラマ! 1人は新任の部長、福永清次(ユースケ・サンタマリア)。 元は零細企業の社長をやっていたが会社を売却し、業界第2位のネットヒーローズにやってきたという。 もう1人は副部長の種田晃太郎(向井理)、2年前にこの会社にヘッドハンディングされて入社、半年で売り上げトップを取った経歴の持ち主。 仕事に関しては最高の人物と言われているが、 ワーカーホリックで、 結衣の元カレでもある。 定時で上がるために、その日の仕事はきっちり終わらせる結衣は、ムダのない仕事ぶりを発揮。 18時になり帰宅しようとしたところ、福永から「もっと頑張ろうよ。 他人に興味ないの?」などと言われてしまう。 結衣は種田と福永に「 私はこれ以上頑張りません。 定時で帰ります。 有給も好きな時に取ります。 そうするって決めて、私この会社に入ったんです。 」と言い放つ。 新規プロジェクトのプレゼンが持ち込まれるが、結衣の同僚である三谷佳菜子(シシド・カフカ)が自ら名乗り出て、担当することになる。 三谷は、結衣とは逆の主張を持っており、仕事を取ろうと思ったら、人の10倍のことをやらないとというタイプ。 そのため、結衣のチームの仕事量は膨大になりそうな気配。 それを見て、手伝わなくていいんすか?と結衣に確認をする来栖泰斗(泉澤祐希)。 来栖は結衣が面倒見ている新人で、すぐ辞めたいと言うが、定時上がりを目座す結衣との相性も良さそう。 来栖に「手を貸してと言われたらでいい」という自分のスタンスを伝える結衣だった。 仕事の後に、恋人である諏訪巧(中丸雄一)の家へ行き、手料理を振舞ってもらう結衣。 そこで、結衣と種田が付き合っていたことを知っている諏訪が、種田の話題を持ちかける。 結衣は種田のような仕事人間は、こりごりの様子。 諏訪から、そろそろ両親を紹介したいと言われ、ラブラブな二人。 わたし定時で帰ります。 いちゃいちゃしてる笑 — 中丸いのちN JunYucci225 結衣はそのまま諏訪の家に泊まったが、仕事中に急かされ、階段から足を滑らすという昔のトラウマの夢を見てしまう。 新規プロジェクトのプレゼン準備のため、連日残業している三谷が体調を崩している様子。 しかし仕事を会社を休もうとしない三谷に、心配して薬を渡す結衣。 そこでお互いの新人教育について話をするが、意見が違うことを改めて認識する二人。 定時後に結衣が上海飯店に行くと、賤ヶ岳八重(内田有紀)が来ていた。 八重は結衣の会社の先輩で、双子を出産し、現在育休中。 八重も結衣と同じで無理はせず、残業などしないタイプだったが、出産後はあまり休むと会社に席がなくなるからと早く復帰したいとのこと。 店主の王丹(江口のりこ)から、店の常連の客が過労死で亡くなったことを聞かされる二人。 店にいた常連客の「 死んで花実が咲くものか」という言葉に、感慨深くうなづく結衣だった。 『わたし、定時で帰ります』第1話 あらすじ【後半】 三谷の下で働く小泉咲(ついひじ杏奈)の訴えにより、結衣と三谷が面倒見ている新人を交代することが告げられる。 その後、結衣と来栖は設立記念パーティーに行き、そこで三谷が過去に会社で ひどく罵られていた過去を知ってしまう。 三谷なりに愛情を持って、過去の経験から小泉を教育しているが、小泉には伝わっていない様子。 とうとう不満が爆発した小泉は、三谷のパソコンのパスワードを勝手に変更し、付せんに「 会社辞めます。 理由・先輩うざい」と書いて会社を辞めてしまう。 すでに新人が1人辞めたばかりということもあり、もう1人辞めるのはまずいと言う福永。 体裁を保つためにも、 三谷に小泉に謝り、会社に戻るように説得することを促す。 体調が戻らない三谷は咳き込みつつも、小泉に連絡することに納得がいかない。 そこへ来栖が三谷に対し、考えが古い、世代が違うと意見する。 自分の世代の苦労した話をし、さらに周りが自分をどんな目で見ているかわかっていると言う三谷。 慌ててフォローする結衣だったが、三谷は「 あなたに言われるのが一番腹が立つ!」「 自分のことしか考えていない」と言い、立ち去ってしまう。 結衣は小泉に電話を入れてパスワードを聞き出そうとするが、小泉は「 三谷が土下座すれば教えてもいい」と言い放つのだった。 一方種田と福永は、定食屋で一緒に食事をしていた。 種田が昔 福永の会社で働いていたこと、 結衣と婚約していたことが判明。 福永は種田に会社を辞められたことが相当の痛手だったと話し、種田には未練があると話す。 また、結衣と同じ会社で働くことは気まずくないのか?という福永の問いに、種田は「昔の話ですし、別に嫌じゃない」と答える。 ふと、過去に二人が付き合っていた頃のことを回想する種田だった。 結衣が出社しない三谷の件を種田に相談すると、三谷の仕事への思いはわかっていて、 評価しているという答えが返ってきた。 結衣は諏訪とデート中も、三谷のことが気掛かりで、仕事を途中で投げ出すような人には思えないと心配している。 そんな結衣に諏訪は、「おいしいものを一緒に食べて、話を聞いてあげたら、その人のことを好きになるよ」とアドバイスをするのだった。 翌日、 無断欠勤をした三谷の様子を見て来てほしいという福永。 誰も行くそぶりを見せないので、思い切って三谷の家を訪ねることにした結衣。 新人を育てられなかったこと、前の会社でも人望がなかったこと、私みたいな人間、とネガティブな発言を繰り返す三谷。 そして、「 皆勤賞だったのも、休んだら自分の居場所がなくなるような気がして」と言い、布団から顔を出さない。 三谷は結衣のことを要領がいいと思っていて、その誤解を解くためにも、結衣は静かに自分の過去の話を切り出す。 ・新卒で大手の旅行代理店から内定をもらった ・周りからとても期待されていた ・仕事は誰も教えてもらえず、いつも急かされていたが必死に頑張った ・月100時間以上残業し、休みもなし ・病気かケガでもしないかな、そしたらしばらく休めるのに、と考えていた そんな日々を送っていたら、ケガが現実となり、仕事中に階段から落ち、頭を打った。 しかも、一時は 危篤状態だったという結衣。 そして、その時に結衣の価値観が変わった。 転職を決意し、自分のモットーを貫ける会社を探し、今の会社がちょうど 100社目だった。 面接で定時で帰りたいと言ったら笑われたが、社長が新人研修で「会社だけの人間になるな」と言っていた。 結衣の会社は、残業をしている人はいるものの、残業ゼロを目指している会社だったのだ。 そして結衣は三谷に「だから気にしなくて大丈夫」、種田が三谷の仕事を評価していたことを伝える。 さらに「 休んでも居場所はなくなりません。 」「 死んで花実が咲くものか」という言葉をかける。 結衣が差し入れたしょうがたっぷりの中華がゆを、おいしいと鼻をすすりながら食べる三谷。 三谷は結衣に「バカにされている」と思っていたが、自分の思い過ごしだったことに気づく。 無事に出社することが出来た三谷。 三谷は種田に謝罪し、振り返ってみると力が入り過ぎていたと結衣に話す。 そんな中、仕事に復帰した八重。 保育園には落ちたものの、夫に育休を取ってもらったとのこと。 八重は「 時短勤務とか甘いことは言いません。 初日から残業でもなんでもやります」とやる気をアピール。 ドラマの冒頭でも登場した、結衣の謎の協力者である愁(桜田通)が、 福永は危険だというメッセージを送ってくる。 頑張る女性の協力をしたいと言っている福永だが、一体過去になにがあったのか…。 スポンサーリンク 『わたし、定時で帰ります』第1話 感想 結衣が定時帰りをするようになった、深い理由が明かされましたね。 人生において何に重きを置くか、考えさせられました。 種田と結衣は、婚約までしていたのですね。 二人はなぜ別れてしまったのでしょうか。 筆者としては、結衣と諏訪のラブラブをこのまま見ていたいので、種田との復縁は望んでいません。 そして一番気になるのが福永の存在。 種田は過去に、福永の元を去った経験があります。 福永は一体どんな人物なのでしょうか。 また、結衣に協力している愁とは? 気になる要素が満載のドラマです。 次回が見逃せませんね! わたし、定時で帰ります。 第1話、小籠包食べたくなった。 帰れる人が残業すると帰りたい人が帰れなくなるから皆定時で帰ろうぜ…。 — ありあ 日常垢 aria20161024 わたし、定時で帰ります おもしろかった。 命を失いそうになるほど忙しい職場で働き続けないことは大事だとあらためて思った。 江口のりこが絶妙🤗 内田有紀、来週はたくさん見られると良いなあ — さんぽ GNjpXpoHEYkxiWU わたし、定時で帰ります。 面白かったーー! 色々考えさせられる話だね。 結衣ちゃんに助言している人の正体が誰?気になる、、🤔 吉高ちゃん彼氏役の中丸くんは素敵だし、内田有紀さんも綺麗!!ワーキングマザーも取り上げるのね💡 これからも見るわ💗 — まなまな on3Pi2SMGCWzCeh 吉高由里子さん主演の『わたし、定時で帰ります』を観た。 恐ろしいくらいにリアル過ぎて唸ってしまった😂 よくリアルな話をドラマ化できたな~って思う。 結衣が残業をモットーにしている理由も、深くうなづくことができました。 同僚の社員たちも個性的で面白そうです。 今後、結衣を待っている様々な問題にどんな風に立ち向かっていくのか、楽しみですよね。 第2話は、2019年の4月23日22時に放送されます。

次の

わたし定時で帰ります 1話ネタバレあらすじと感想。吉高由里子が残業ゼロを貫く

わたし定時で帰ります 1話 ネタバレ

わたし、定時で帰ります。 第1話のあらすじ 第1話 コンペで受注したメガネのキャンペーンサイトが立ち上がり。 最終チェックをするメンバー、完了してクライアントに最終報告をする結衣 吉高由里子。 クライアントの確認も取れプロジェクトが完了した。 時計を見ると定時の18時になっていたので、部下に帰るよう告げると自身も帰りの身支度を始める。 後ろから三谷 シシドカフカ が駆け寄り、次のプロジェクトの打ち合わせ、打ち上げの誘いをするが、断り帰って行った。 会社を出ると急いで近くの中華料理屋「上海飯店」に向かう結衣。 ビール半額のハッピーアワー6時10分までに間に合わせるために急いでいた。 店主王丹 江口のりこ にいつものと注文した。 常連客と昔と現代の働き方の違い、働き方改革について語り合う。 次の日結衣は有休をとって鬼怒川の病院に1泊の人間ドッグにきていた。 初日で検査は終了、のんびり温泉にマッサージ、豪華な食事とくつろいでいた。 旅館でくつろぎながらLINEをしていると、愁 桜田通 から種田晃太郎 向井理 が本社に戻ることを告げられた。 場面が変わりコンペの説明会で諏訪巧 中丸雄一 と晃太郎。 晃太朗が本社に戻ることを告げ名刺交換をした。 朝からバリバリと仕事をこなし無駄のない仕事をする結衣。 すると突然オフィスに大きな声が響き渡る。 福永清次 ユースケ・サンタマリア が部長就任のあいさつをしていた。 横には晃太朗がいた。 晃太朗を見て気まずそうにする結衣。 副部長についた晃太朗も福永に続いてあいさつをした。 新しいコンペ案件の打ち合わせをする、福永、晃太朗、結衣、三谷の4人。 三谷が責任者を立候補した。 18時定時を過ぎても会議が続く三谷のチームを気にする部下来栖 泉澤祐希 に頼まれれば手伝うが今はその段階ではないと結衣は帰宅をした。 エレベーターで晃太朗と鉢合わせる。 過去に二人が付きっ合っていたことは伏せてほしいと話す結衣。 すると横から福永が入ってきて、定時で帰るのはやめてもっとみんなと頑張ろうと促すが福永をあしらい。 「私はこれ以上頑張らない。 定時で帰り。 有休もとる」と宣言し帰宅した。 恋人の巧の家に向かう結衣。 自宅で巧の手料理を食べていた。 晃太朗が本社に復帰したことを巧は気にしていたが、過去の話で気にすることは無いと安心させた。 会社では夜遅くまで晃太朗が残業をしていた。 仕事に追われる悪夢を見て飛び起きる結衣。 寄り添う巧に何でもないと言い会社に向かった。 すると三谷が始業30分前に出社していない新人社員を叱責していた。 新人は全く話を聞こうとしていなかった。 同僚に無理やり背中を押されて仲裁に入る結衣。 三谷は自分の固定観念を押し付けてもっと働くべきだと部下を叱りつけていた。 三谷の意見を受け入れられず飛び出す新人。 追いかけるよう三谷に伝えるが甘やかしになると固辞され、晃太朗に助けを求めるがいま必要ないとかわされてしまった。 連日の残業で体調が悪そうな三谷に給湯室で薬を渡す結衣。 過去の自分と比べて、今の新人の言動が理解できないと話す三谷。 結衣と意見をぶつけるがかみ合うことはなく。 自分でどうにかすると言い出て行った。 走って上海飯店に向かう結衣。 中では産休中の賤ヶ岳八重 内田有紀 が結衣を待っていた。 夫が協力的で家庭は上手くいっているのですぐにでも会社に復帰するつもりだと言う。 まだ無理して働く必要はないという結衣と話が熱くなると。 それを聞いた 王丹 は頑張りすぎは良くないという。 常連客が過労で死んでしまったことを告げ結衣も八重も大事なお客さんだと告げた。 結衣は来栖と一緒にレセプションパーティーに出席していた。 以前三谷と一緒に働いたことがあるという関係者から前の会社では毎日何度も怒られていたこと、小学校から一度も欠席をしたことが無いことを聞いた。 会社に戻ると新人に注意をする三谷。 二人の溝は深まるばかりだった。 次の日、新人は三谷のパソコンのパスワードを勝手に変更して、会社を辞めると書置きをして出ていった。 福永から責任を問われる三谷。 体調の悪さと自分のふがいなさを結衣に当たってしまう。 会社の空気を壊し気まずくなった三谷はオフィスを飛び出してしまう。 福永と晃太朗が昼食をとっていた。 二人は元々福永が経営する会社の社長と社員という関係だった。 福永に結衣とは昔付き合っていた仲だと告げた。 ふと過去を思い出す。 そこには涙目で何かを訴えかける結衣がいた。 次の日、三谷は会社を無断欠席した。 様子を見てきてほしいという福永にチームメンバーが聞こえないフリをするが、結衣は三谷のカバンを持ち三谷の家に向かうのだった。 三谷の実家に着くと母親に案内される。 人望がなくずっと不安で会社も休まず残業をたくさんして仕事をしてきた、結衣のことがうらやましいと告げると。 結衣は前職の話をし始める。 前職では上司、同僚から何も教えてもらえず、月100時間以上残業して休みもなく働いていた。 仕事に追われる毎日が嫌で病気でもすればいいのにと願っていた。 そんな中階段から滑り落ち意識不明の重体、危篤状態となった。 そんなことから結衣は頑張りすぎず、自分らしい働き方で必ず定時で帰る仕事に就くことを誓った。 会社を休んでも、残業しなくても会社の居場所はなくならない、三谷の仕事の姿勢を晃太朗が褒めていたことを告げる。 喜ぶ三谷にお土産に持ってきた「上海飯店」の中華がゆをすすめる。 結衣の優しさにふれ二人のわだかまりも解けていった。 月曜日、三谷が出社し結衣と雑談していると八重がオフィスに入ってきた。 育休から来週には職場復帰をするという。 福永に時短も使わず残業もしますと宣言する八重に呆れる結衣。 そんな時愁から福永は危険人物だと告げるLINEが入った。。。。 わたし、定時で帰ります。 第1話のネタバレ、感想 今週のキラーワード!「死んで花実が咲くものか」 上海飯店の常連とのやりとりから、結衣の心に刺さったキラーワード。 死んで花実が咲くものかとは、どんな状況にあっても、生きていればこそいつかよいこともめぐってくるものだが、死んでしまえばよいことも起こらない。 どんなことがあっても生きていなければならないということ。 出典:故事ことわざ辞典 晃太郎は見抜いている!? 職場全体から邪険に扱われていた三谷の本質、繊細で真面目な仕事ぶりを唯一見抜いていた晃太朗。 マイペースで何も考えず社畜のように働いているようだが実はとっても全体が見えている優秀な人なのではないでしょうか!? 福永が危険人物!? 番組の後半で愁から福永には気を付けたほうがいいというLINEが入りました。 いまのところは目立った毒もなく、良くも悪くも元気なだけで自分で責任を負いたくない人という印象ですが、いったいどんな闇があるのでしょうか!?また、愁と結衣とはどういった関係性なのでしょうか!? わたし、定時で帰ります。 第1話世間の反応 SNS、Twitter、Instagram 有名ブロガーの方も理解を示していますね!.

次の

わたし、定時で帰ります。 第1話のネタバレ、感想、ゲストについて

わたし定時で帰ります 1話 ネタバレ

『わたし、定時で帰ります。 』1話のあらすじネタバレと感想 主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。 過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきました。 理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。 行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしています。 だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかることに。 ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。 これまで自分のことだけを考えてきた結衣でしたが、そうもいかない状況に! 結衣がいつも通り出社すると、社内から怒鳴り声が。 小泉咲 (ついひじ杏奈)が遅刻をしてきたことから、小泉の教育係である三谷が彼女を叱っていたのです。 しかし、結衣が出社した自演ではまだ始業時間ではありませんでした。 つまり、それよりも前に来ていた小泉は遅刻ではなかったのですが、三谷は新人なら始業時間の30分前には来るべきと小泉に忠告。 それを聞いた結衣は、それは強制できないと異論し、三谷と意見がぶつかります。 その後、結衣は福永から三谷に代わって小泉の教育係となるよう命令を受けます。 三谷と下だとストレスで夜も眠れないという小泉に納得がいかない様子の三谷。 それでも変わらず、三谷から叱られ続けた小泉は、三谷のPCのパスワードを勝手に変えてしまうという暴挙に! 福永は、小泉に謝るよう三谷を説得しようとしますが、当然三谷は納得しません。 そこで、小泉の教育係となった結衣が新たしいパスワードを教えるよう小泉と話をしますが、三谷が土下座をしてくれたら考えると言い出す始末。 また、三谷も無断欠勤をし連絡が取れなくなってしまいました。 そこで結衣は三谷と家へ。 会社に迷惑をかけてしまい合わせる顔がないという三谷に、結衣は自身の過去を話し始めました。 大手広告代理店に1度就職した結衣でしたが、月100時間以上の残業に休みなしとう厳しい状況。 いっそ病気か怪我でもすれば休めるのにと考えていたそう。 そんな時、階段から落下し意識不明の重体となってしまいました。 その時、無理をしないと決めたという結衣。 そして、休んでも居場所がなくなるわけではない、種田も三谷の仕事を評価していたことを話します。 ここで、三谷と結衣は和解。 三谷は会社に復帰しました。 一件落着したンもつかの間、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた八重が職場復帰をし…。 以上が「わたし、定時で帰ります。 」1話の大まかなあらすじ。 面白いと思います。 テンポもよくすっきり見られます。 働き方改革やブラック企業が問題視される現代社会を描きつつ、気軽にみられるのが魅力的です。 巧が言っていた「仕事は価値観の違う者同士が一緒にやるから面白い」というセリフが印象的でしたね。 2話以降も期待大です! ドラマ『わたし、定時で帰ります。 』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介! ドラマ『わたし、定時で帰ります。 』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。 なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです! 登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか? より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください! ドラマ『わたし、定時で帰ります。 』2話のあらすじは? 2019年4月23日 木 放送のドラマ『わたし、定時で帰ります。 』2話のあらすじをご紹介します。 結衣(吉高由里子)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。 復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。 そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。 ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。 一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。 』第1話のあらすじネタバレと感想と2話のあらすじをご紹介しました。 面白い1話でした。 1話完結で気軽に見られつつも、先が気になる部分がたくさんありました。 愁の正体は? 晃太郎との過去は…? 2話以降も楽しみですね!.

次の