窪田 正孝。 窪田正孝と水川あさみ結婚「共に手をとり」交際2年

窪田正孝の出身地と出身学校・家族が意外すぎる!!謎も多すぎる!!

窪田 正孝

俳優窪田正孝(31)と女優水川あさみ(36)が21日、結婚した。 17年7月期のフジテレビ系連続ドラマ「僕たちがやりました」での共演がきっかけで、真剣交際に発展した。 水川は妊娠しておらず、これまで通り仕事を続ける。 ともに数々のドラマ、映画などで活躍。 今を時めく大型カップルが「共に手をとり生きていきたい」と、約2年の交際を経てゴールインした。 自筆署名入りで「この度、私たち窪田正孝と水川あさみは2019年9月21日に入籍いたしましたことを報告させて頂きます。 共演をきっかけに互いに人としても役者としても尊敬する気持ちが強くなり、共に手をとり生きていきたいと約2年の交際期間を経て結婚に至りました」とした。 関係者によるとこの日、都内の区役所に婚姻届を提出。 挙式・披露宴は未定ですでに同居している。 ファクスで「これまで以上に謙虚に高みを目指し役者業に専念すると共ににぎやかで面白い家庭を築いていきたいと思っています。 未熟者の2人ではありますが、何卒あたたかい目で見守って頂けたら幸いです」と続け今後も役者として走り続けることを明かした。 勢いに乗る大型カップルが誕生した。 窪田は来春スタートのNHK連続テレビ小説「エール」で主演する。 水川も数々の作品で主演を務め、美貌と演技力を兼ね備えるトップ女優の1人。 同じ今年4月期には水川も日本テレビ系連ドラ「白衣の戦士!」で主演を務め、2人でテレビ界を盛り上げた。 交際のきっかけとなった17年7月期の連ドラ「僕たちがやりました」では主演窪田が高校生・増渕トビオ、水川が担任の英語教師・立花菜摘を演じ話題となった。 同年12月に写真誌で熱愛が報じられたが、本人たちは無言を貫き、真剣に愛を温めてきた。 水川は11年、日刊スポーツ「日曜日のヒロイン」で好みの男性タイプについて「かわいらしい一面がある男の人。 楽しく一緒にいられる人」としており、「真面目で誠実、おちゃめな一面もある」と知人らが評する窪田は理想の男性像にぴったり一致したようだ。 5歳年下の窪田は3人兄弟の末っ子。 17年「日曜日のヒーロー」で役者論を語った際「年上の人だからこそ、自分をさらけ出せることができる。 僕、三男坊なので甘えん坊なところがあるし」と年上の人に対しての思いを明かしていた。 06年フジテレビ系連ドラ「チェケラッチョ!! in TOKYO」主演で俳優デビュー。 12年NHK大河「平清盛」、14年同局朝ドラ「花子とアン」に出演。 15年日本テレビ系連ドラ「デスノート」18年テレビ朝日系連ドラ「ヒモメン」、16年映画「MARS~ただ、君を愛してる~」映画「東京喰種トーキョーグール」シリーズ(17年、19年)など話題作に次々主演。 175センチ。 血液型B。 96年旭化成「ヘーベルハウス」CMでデビュー。 97年映画「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」で女優デビュー。 03年映画「渋谷怪談」で初主演。 08年日本テレビ系「夢をかなえるゾウ」で連ドラ初主演。 11年NHK大河「江~姫たちの戦国~」出演。 13年日本テレビ系「シェアハウスの恋人」主演。 舞台では13年「激動-GEKIDO-」で主演するなどマルチに活躍中。 163センチ、血液型AB。

次の

「エール」窪田正孝を支える妻・水川あさみ“食のこだわり”|日刊ゲンダイDIGITAL

窪田 正孝

先日、映画『初恋』を観て、やっぱり窪田正孝はいい俳優だなと思ったシーンがある。 この映画の中で彼が演じたのは、余命わずかのボクサー・レオ。 生気のない瞳と吐息混じりの声。 その佇まいは、歌舞伎町を徘徊する猫のようだった。 それが、物語の中盤で、ある事実を知ることによって一変するのだけど、そのときのリアクションが絶妙だったのだ。 ずっと孤独で、だからこそ果敢なヒーローにも見えたレオが、突然臆病で愛嬌たっぷりの人間に変わる。 そして、レオのキャラクターが反転したのをフックに、映画もさらにアクセルがかかり、ものすごく笑えて、ものすごく凄惨で、ものすごく痺れるバイオレンスエンターテインメントへとギアチェンジした。 『初恋』 c 2020「初恋」製作委員会 窪田正孝は、こうした繊細な演技と振り切った演技を巧みに使い分けられる俳優だ。 いわゆる陰と陽という対極の役柄をどちらもこなせる俳優自体はそんなに珍しくない。 基本的にお芝居は特徴が立っている役ほど演じやすい。 だから、陰陽/硬軟どちらの役柄もやってのけることは、基礎技術を持った俳優ならさほど難しくはないだろう。 むしろ窪田正孝の特異性は、こうした繊細な演技と振り切った演技をひとつの役柄の中で違和感なく共存させられるところだ。 現在放送中の連続テレビ小説『エール』(NHK総合)でも、そんな窪田正孝の実力を垣間見ることができる。 『エール』は、昭和の時代を彩った名作曲家・古関裕而と、その妻・金子をモデルにした夫婦の物語だ。 窪田が演じるのは、主人公・古山裕一。 ドラマは現時点ではコメディ色が強く、ダンスホールの踊り子・志津(堀田真由)に恋をしてのぼせ上がったり。 国際作曲コンクールに向けて曲づくりに励もうとするもちっともアイデアが浮かばず絶叫したり。 どちらかと言うと、コミックテイストな演技を要求される場面が多い。 窪田はこれまでも『ヒモメン』(テレビ朝日系)などでテンションの高い演技を披露しており、わかりやすい表情重視のリアクションもお手のものだ。 しかし、こういった振り切った演技でも芝居が大味にならないところが、窪田正孝の妙味。 たとえば、文通相手の関内音(二階堂ふみ)からの返事が来なくて嘆くシーン(第20話)では、壊れたようにうちわで頭を叩く。 これだけでも十分ユーモラスなのだけど、窪田正孝のセンスが光るのは、ポカスカと頭を叩いたあとに、最後におまけみたいにもう一度だけ頭を叩くところだ。 このダメ押しの一手が入ることで、予定調和のリズムに意外性が生まれて、視聴者は思わずクスッとなる。 藤堂先生(森山直太朗)と食事デートをする菊池昌子(堀内敬子)の横で余計な口を挟み詰められているシーン(第20話)では、目の泳ぎ具合や瞬きなど細かいリアクションをいくつも放り込むことで、裕一のたじろぎを滑稽に見せた。 かと思えば、村野鉄男(中村蒼)と再会したシーン(第15話)では、「俺が詩を書き、お前が曲をつくる。 その歌がレコードになり、みんなが聴く」と夢を語る村野に咄嗟にうれしそうな反応をしたあと、気持ちを打ち消すように表情を隠し、眼球を小さく左右に動かして、誤魔化し笑いに切り替える。 この一連の表情の変化だけで、音楽に対する裕一の名状しがたい想いが語らずとも伝わってきた。 コミカルな場面もシリアスな場面も、窪田正孝の細かいリアクションが作品の幹となっているのがわかる。

次の

窪田正孝の出身地と出身学校・家族が意外すぎる!!謎も多すぎる!!

窪田 正孝

俳優の主演で本作が発表されたのは、昨年2月のこと。 まさか放送が始まる頃、新型ウイルスの影響で世界中の人々の生活が一変しているなんて、誰も想像もしていなかったはずだ。 『エール』は、昭和を代表する作曲家・(こせき・ゆうじ/1909年-1989年)さんと妻で歌手としても活躍した金子(きんこ/1930年-1980年)さんをモデルに、音楽で人と人とを結んで勇気づけたある夫婦の物語。 そもそも同ドラマは、「東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年にふさわしい企画にしたい」「東日本大震災からまもなく10年となる福島を応援したい」という思いで題材を探すなか、1964年東京オリンピックの選手入場行進曲「オリンピック・マーチ」を作曲した、福島出身の古関さんに行き着いたという。 福島市大町に生まれた古関さんは、昭和5(1930)年に日本コロムビアに作曲家として入社、数多の曲を作り続けた。 その数、なんと5000曲。 戦前においては「露営の歌」 1937年 、「暁に祈る」(40年)等の名曲を残し、戦後の荒廃した社会の中にあっては「とんがり帽子」「長崎の鐘」といった未来へ希望を抱かせる明るい歌謡作品を世に送り出した。 劇作家・作詞家のさん(1908年-1973年)とのコンビで放送作品にも力をそそぎ、NHKラジオドラマ『鐘の鳴る丘』『さくらんぼ大将』『君の名は』等の主題歌を手がけたほか、映画『モスラ』の劇中歌「モスラの歌」(1978年)など、誰もが口ずさめるヒット歌謡も連発。 「オリンピック・マーチ」のほかにも、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」といったスポーツシーンを彩る曲や、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学などの応援歌、全国各学校の校歌も多数手がけている。 こうした功績によって1969年には紫綬褒章を受章している。 「古関さんの実話を拾っていくだけでも、本当におもしろい」(制作統括・土屋勝裕チーフプロデューサー)という。 ドラマでは、登場人物名や団体名などは一部改称。 主人公は、福島で代々続く老舗呉服屋の長男として生まれた古山裕一(こやま・ゆういち=窪田)とし、子ども時代から、ヒロインの関内音(せきうち・おと=)との結婚を経て、戦前・戦中・戦後にまたがる裕一の作曲家人生をフィクションとして描いていく。 第1回では、昭和39(1964)年10月10日、東京オリンピックの開会式の日が描かれる。 このドラマの放送期間中に開催されるはずだった56年ぶりの東京オリンピック・パラリンピックは、史上初めて1年ほどの延期が決定した。 感染症の拡大を防止するため、多くの人が集まるコンサートやスポーツ・文化イベントは開催できず、卒業式や入学式で校歌を歌うこともままならない。 先の見えない不安の渦中、これまでとは違った暮らしに適応して頑張っていくしかない私たちに、このドラマが文字どおり「声援」「励まし」となってくれることを期待してならない。

次の