牛 すじ 煮込み アレンジ。 牛すじ煮込みで今夜も一献【時間をかければトロトロに】

牛肉の煮込みレシピ10選!意外と簡単なメニューが多い!

牛 すじ 煮込み アレンジ

牛スジ肉を柔らかくするコツ2つ目は、圧力鍋を使う方法です。 圧力鍋を使うことで、硬い牛スジ肉も、短時間で柔らかくすることができます。 沸騰したお湯で牛スジ肉をさっと茹でて、お湯で脂を洗い流した後、下ゆでの際に圧力鍋を使います。 その後、味付けをして再度圧力鍋を使うことで、美味しい牛スジ肉を作れます。 牛スジ肉の筋の多い部位を煮込む場合、圧力鍋を使うと、お肉の繊維が綺麗にほぐれすぎてしまう場合があります。 形を残してちょうど良いできあがりにしたい場合は、火にかける時間を短くしたり、調整して作ると良いでしょう。 ヌマンシアテルメスは、スペイン産のワインで、牛肉の脂をより美味しくしてくれるフルボディの赤ワインです。 バニラのような甘い香りが特徴で、少しスモーキーな後味の残るワインなので、サラミやスモークチーズなど、燻製にもよく合います。 ヌマンシアテルメスは、ボトルを開けて置いておくことで、味がどんどんまろやかになっていくワインです。 凝縮された果実の味を堪能することができる、個性的でパワフルなワインです。 価格は3000円弱と、手に取りやすいワインです。 赤ワインは、飲み方や合わせる食品によって、ますます美味しくすることができます。 産地やボディなど、赤ワインの特徴を知っておくと、選びやすくなるでしょう。 赤ワインの美味しい飲み方については、こちらの記事もチェックしてみてください。 牛スジ肉は、腱、スジ、ハラミマクの3種類があります。 腱は臭みがなく、コラーゲンたっぷりで柔らかく、スジは硬い赤身肉で肉の旨味が出やすい、ハラミスジは、横隔膜のスジで、プルプルでホルモンに近い味わいです。 どの種類も、下処理の仕方は同じですので、お好みのスジ肉を選ぶと良いでしょう。 下ゆでをし、洗い、余分な脂と臭みを取り除いておきます。 この段階で煮過ぎてしまうと、旨みも抜けてしまいますので注意しましょう。 洗うとき、水で洗うと脂が固まってしまいますので、お湯を使った方がきれいにできます。 牛スジ肉の下処理の仕方• 1大きな鍋に、たっぷりのお湯を沸かします。 2ぐらぐら沸騰しているお湯の中に、牛スジ肉を入れます。 3そのまま強火で加熱して、再沸騰するまで待ちます。 4再沸騰したら、3分ほどそのまま沸騰させ、牛スジ肉をざるに取り出します。 6しっかりと余分な脂を洗い流したらできあがりです。 時間はかかりますが、火にかけて置いておくだけなので、手間は特にかかりません。 途中、確認することができますので、お好みの柔らかさに調節することができます。 下ゆでする際、野菜クズと一緒に煮込むことで、臭みが取れて、風味も増します。 今回、牛スジ肉と一緒に煮込む野菜クズは、赤ワインソースを作る際に使う野菜の不要な部分、にんじん、たまねぎ、セロリ、パセリの皮やヘタ、葉など使うと良いでしょう。 他、野菜クズがあれば、入れて煮込むと良いでしょう。 下ゆでして柔らかくした牛スジ肉は、赤ワインソースと混ぜて赤ワイン煮込みにしますが、残ったスープは、非常に良いダシが出ていますので、捨てずに取っておくと良いでしょう。 牛の旨みがたっぷりのスープは、カレーやポトフなどに利用できます。 牛スジ肉の下ゆでの仕方• 1洗った牛スジ肉は、適度な大きさに切っておきます。 2大きな鍋にたっぷりの水を入れ、牛スジ肉と野菜クズを入れて火にかけます。 3弱火でコトコト煮込みます。 41時間ほど煮込んだら、味見をしながら塩を入れて味を整えます。 5そのままさらに3時間ほど煮込みます。 6途中でスジ肉の硬さを確認し、ちょうど良い硬さまで煮込みましょう。 7できたスープは、非常に美味しい出汁が出ていますので、別の料理に使いましょう。 たっぷりの香味野菜をしっかりと炒め、たっぷりの赤ワインで煮込んでソースを作り、下ゆでして柔らかくした牛スジを加えて、牛スジの赤ワイン煮込みを仕上げていきます。 使う赤ワインは、お好みのもので良いので、味が合うものを選ぶと良いでしょう。 フルボディの赤ワインを選ぶと濃厚に、バランスよく作りたい場合は、ミディアムボディを選ぶと良いでしょう。 高いワインを選ぶ必要はなく、安くても美味しいと思うものがおすすめです。 もちろん高いワインを惜しみなく使ってもよいでしょう。 赤ワインソースの作り方• 1玉ねぎ、にんじん、セロリを、なるべく細かいみじん切りにします。 2鍋にオリーブオイルとバターを入れ、みじん切りにした野菜を入れます。 3焦がさないように、弱火でじっくりと炒めます。 4野菜がきれいな飴色になるまで、じっくり炒めます。 5赤ワインを加えます。 6ホールトマトを潰しながら加えて混ぜ、一煮立ちさせます。 7ローリエを加えます。 8塩、黒こしょう、はちみつを加えます。 9しっかりと下ゆでした牛スジ肉を加えます。 10アクを取りながら、1時間ほどじっくり煮込みます。 11水分が減り、スープにしっかりととろみがつくまで煮込みます。 12ちょうど良い濃度になったら、塩で味を整えます。 13器に盛り付け、刻んだパセリを散らしたら、できあがりです。 牛スジの赤ワイン煮込みをオムライスのソースとしてかけるレシピです。 普通のオムライスが、高級なオムライスに早変わりします。 オムライスの中に入れるご飯は、チキンライスでもいいですし、牛スジの赤ワインシチューがしっかりとした味なので、味付けをしないご飯でも美味しく作ることができます。 赤ワインシチューオムライスの作り方• 1牛スジの赤ワイン煮込みのスジ肉は、小さめに切っておきます。 2チキンライスを作ります。 3スキレットにチキンライスをアーモンド型に乗せます。 4フライパンに油をたっぷり目に入れ、溶いた卵を入れて、半熟に焼きます。 5半熟の卵焼きをチキンライスの上に乗せます。 6牛スジの赤ワイン煮込みをたっぷりかけます。 7プチトマトとブロッコリーを飾ったら、できあがりです。 牛スジの赤ワイン煮込みにカレー粉を加えて煮込むことで、濃厚でコクのあるカレーを作ることができます。 牛スジの赤ワイン煮込みを冷凍して保存しておいて、カレーにアレンジしても良いでしょう。 牛スジの赤ワイン煮込みカレー• 1玉ねぎ、にんじん、じゃがいもは電子レンジで加熱して火を通します。 2火を通した玉ねぎ、にんじん、じゃがいもは、軽く炒めます。 3牛スジの赤ワイン煮込みを加えます。 4ホール缶のトマトを加え、濃度を調節します。 5しばらく煮込み、塩を加えて味を整えます。 6器に盛り、できあがりです。 美味しい牛スジの赤ワイン煮込みを作りましょう 牛スジは、時間をかけてじっくりと調理することで、最も美味しく柔らかく仕上げることができます。 プロの仕上がりを目指す場合は、時間と手間をしっかりとかけて、丁寧に作ってみると良いでしょう。 驚きの柔らかさと美味しさの牛スジの赤ワイン煮込みを作ることができます。 牛スジの赤ワイン煮込みは、時間はかかりますが、作業として難しいところはほとんどありませんので、手間を惜しまず、時間さえしっかりとかければ、プロの仕上がりを目指すことができます。 時間をかけることを楽しみ、美味しい牛スジの赤ワイン煮込みを作りましょう。 そのままではなかなか食べにくい牛スジ肉ですが、上手に処理することで、プルプルに仕上げることも可能です。 プルプルの牛スジは、おでんにもよくあうお肉ですので、こちらの記事もチェックしてみてください。

次の

牛スジの赤ワイン煮込みのプロのレシピは?肉をより柔らかくするコツも

牛 すじ 煮込み アレンジ

牛すじ大根の準備 牛すじは一度ゆでこぼしてから流水で洗い、生姜などを加えて水から2時間ほど下茹でしておきます。 冷凍もできるので、牛すじが手に入った時間のある時にやっておくとよいかもしれません。 詳しくはにまとめています。 大根は厚めに皮をむいて、1. 5㎝幅の半月切りにします。 また、下ゆでした牛すじは食べやすい大きさに切り分けておきます。 こんにゃくはスプーンでひと口大にちぎって、ティースプーン1杯ほどの塩をまぶして5分おき、それを2分ほど下ゆでします。 ゆでたこんにゃくはざる上げして水気を切っておきます。 牛すじ大根のレシピ(下煮) 材料が準備できたら、大きめの鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、大根、こんにゃく、牛すじを順に加えて炒めます。 全体に油がまわるように1~2分炒めてから、薄めのだし汁と酒を全量加えます。 火加減を少し強めて沸騰を待ち、アクが出てきたら軽くすくい取ります。 沸いたら火を弱めて(弱火を少し強くしたくらいの火加減にして)、砂糖を加えて混ぜ合わせます。 ただ、時おり全体を混ぜることは火通りを均一にするためにやったほうがよいです。 大根に火が通れば、醤油を加えます。 醤油を入れてから10分ほど煮て、そのあとは火からおろして、一度完全に冷まします。 牛すじ大根は大根に味がしっかりとしみ込んだほうが美味しいので、 醤油が入って、且つ、煮詰める前の汁気がある程度ある状態で、一度冷まします。 冷める途中に味がしみ込んでくれます。 下煮と煮詰めの間隔は自由ですが、どちらにせよ一度完全に芯まで冷ましましょう!.

次の

とろっとろ絶品!家でもおいしく作れる「牛すじ煮込み」の作り方と、余ったときに役立つ簡単アレンジレシピ

牛 すじ 煮込み アレンジ

土日の休みに外出して気分転換するのもいいけれど、今週末はあえて時間をかけて 牛すじ煮込みをつくってみようと思う。 なぜなら仕事とか人間関係とか、がんばっても成果が出ないとか、うまくいかないことも多い世の中、牛すじは時間をかけてコトコト煮込めばちゃんと応えてくれるから!しかも、出来上がってから食べられるし酒のつまみにもなる。 家でひたすら牛すじを煮込むというのも、ひとつのストレス発散アクティビティーなのではないか……とゆきちゃめゴンは思う。 そんなわけで、 今回は牛すじ煮込みです! おいしく調理するコツは、下準備に時間をかけること。 そこさえ押さえれば、あとは煮込むだけでトロトロのおいしい牛すじ煮込みが出来上がります。 牛すじ煮込みの下ごしらえ 牛すじは牛のアキレス腱なのだそうです。 だから、モツではないのだけどやっぱり固いし、下処理には時間がかかります。 今回は冷凍を使いましたが、生の場合はまず水で洗いながら血や汚れを落とします。 そして、煮込みます。 ある程度煮込んでアクや汚れが出てきたら、牛すじを洗い、一度水を変えます。 そして、一口大に切った後、さらに煮込んでいきます。 このとき、オプションでネギの青いところや生姜のスライスを入れると臭みがとれてなお良し。 あとは、アクを取りながら、 …… ひたすら、ひたすら、弱火で煮ます。 …… そう、3時間ぐらい。 固くて包丁で切るのも大変で、これって食べれるようになるのだろうか!? と思っていた牛すじですが、3時間後こんな感じに。 トロン、プルン。 下処理はこれで完成! 居酒屋さんの牛すじ煮込みを作ってみる 下処理ずみの牛すじが用意できたら、あとは味を付けて煮込むだけです。 まだ煮込むの? とお思いでしょうが、はい、まだ煮込みます。 【材料】(2〜3人分)• 牛すじ 500g [調味料]• 醤油 大さじ4• 砂糖 大さじ3• 酒 大さじ3• みそ 大さじ2 [お好みで入れるとよいもの]• 下ゆでした大根 適量• アク抜き済みコンニャク 適量 鍋に具材を入れたら、ひたひたになる位に水を入れてから調味料を入れ弱火でコトコト煮込みます。 1〜2時間煮込むと、こんな感じに。 この段階でもう、肉もホロホロです。 上にネギを乗せてみました! ここまで来たらこれ以上煮込む必要はありませんが、一晩寝かせてから温め直すとさらに味がしみます。 何日かにわけてチビチビ食べるのも良さそう。 楽しみですね〜。 赤ワイン煮なんかも作ってみます 以前、某有名居酒屋さんで食べた牛すじの赤ワイン煮込みが忘れられなくて、赤ワイン煮込みも作ってみることにしました。 【材料】(2〜3人分)• 牛すじ 500g• 玉ねぎ 2個 [調味料など]• 赤ワイン 1カップ(200ml)• 砂糖 大さじ1• 赤みそ 大さじ3 [お好みで入れるとよいもの]• ブーケガルニ• ゆで卵 まず、鍋に油をひいてスライスした玉ねぎを炒めます。 そこに下処理ずみの牛すじを入れ、水を1カップ(200cc)ほど入れ、あとは調味料を入れて煮込むのみ。 ブーケガルニも入れると、さらにちょっと味が上級者風になります。 そしてこちらも弱火でコトコト煮て1〜2時間後。 まるでビーフシチューのようなテリです! 時間をかけただけのことはある そんなわけで、煮込んで煮込んで煮込みまくる休日になったわけですが、漫画を読んだり、テレビを見たりしながらノンビリ家にこもってコトコトと牛すじを煮る休日も、なかなか良いものですよ。 そして、夜には、楽しい一献も待っていますしね。

次の