転生 神龍 は 暇 を 持て あ ます。 スキル・ステータス小説一覧

憑依転生

転生 神龍 は 暇 を 持て あ ます

「ふむ。 今日は無料十連ガチャの日か……」 俺はPCモニターを前にして、道場から連なった小部屋で布団を被りながらネトゲをしている。 「チッ! 碌なランクの女の子キャラが出やしねぇ。 運営の奴らめ、叩き斬ってやろうか」 舌打ちしながら欲しかったキャラが出なかった事に苛立ちを隠せないでいると、背後から忍び足で気配が迫っているのを感じた。 ーーカアァァァァァン!! 「良い加減に稽古をつけて下さいよ師匠!!」 「い、や、だ!! 俺は今年で六十になる年寄りだぞ? 何が悲しくてお前みたいな小娘を鍛えなきゃならんのだ! そんな事より UR ( ウルトラレア )のキャラが欲しいんじゃい!!」 「アンタが僕を拾って強制的に弟子にしたんでしょうがあああああっ!!」 「身の回りの世話をする下僕が欲しかっただけじゃい!!」 老人に木刀で切り掛かってくるとかこの子怖いわ〜。 俺は生きていく上で危ない目に遭っても死なないように優しく慎ましく育ててあげただけなのに、この言い草。 親の顔が見たいね。 きっとろくでもないに違いない。 「それはアンタの事だああああああああっ!!」 「こらっ! 師匠をアンタ呼ばわりする無礼者に育てた覚えはないぞ!!」 どうやら考えていた事が口に出ていたらしい。 上段に構えた木刀を振り下ろされる前に、俺は弟子の額に掌を当ててその身を反転させた。 足元に丁度転がってきた右腕を踏みつけると、悔しげな表情を浮かべる自称弟子を見下ろす。 「まぁ、落ち着きなさい弟子よ。 どうした? 反抗期か? 俺と一緒にゲームしたいならもう一台PC買って来て良いぞ?」 「グヌヌヌヌヌッ! こんなオンボロ道場のどこにそんな金があるんだよ! 僕にばっかり働かせて自分はゲームばっかり……良い加減にしろぉ!!」 俺は東北地方の山の頂上に立てた我が道場をオンボロ扱いされて、ちょっとイラッとしたけど大人として堪えよう。 「だって、俺が金を稼ぐと何故か消えちゃうじゃん。 上限一万円って散々検証したじゃん?」 「……」 弟子は苦々しく苦悶の表情を浮かべながらも、下唇を噛んで押し黙っている。 そう、俺は何故か戦場に送られて銃の雨霰を受けても傷一つ付かない『奇跡の男』、『天衣無縫の剣士』、『地上最強の男』などと呼ばれているのだが、その実『貧乏神の想い人』という名が一番有名なのだ。 子供の頃から金が無かった。 剣に才能を見出してから、ただ只管愚直に最強を目指したのだが時代が悪かった。 結果として腕を振るう場面なぞ、日本ではなく世界に散らばる戦場にしかなかったのだ。 地球の反対まで飛ばされたり、紛争地域に送り込まれたり、特殊部隊に組み込まれたりと、若い頃は色々やったが、名声と相反するかの様に貰った金は飛んだ。 正確には手元に残らなかった。 言葉通り、大金を手に入れては燃え、盗まれ、銀行に振り込もうものならその銀行が倒産し、シェルターに保管しても天変地異の前には無意味だった。 そして、俺は自らの境遇を知る。 ーーあっ。 こりゃ詰んでるわ、っと。 年齢が五十を超えた時に現役引退を表明し、最後の戦場で拾った先程から煩い弟子、『 緋那 ( ヒナ )』を娘として養子にする事にした。 元から自分の年齢を知らない少女だったのだが、今は大体高校二、三年生位には成長した様に思う。 戸籍上の年齢はお偉いさんを脅して見た目に合わせたから詳しい事は知らん。 完璧なポージングにして、俺の断固たる決意を感じて緋那も震えている。 (だって今更嫁探しとか怠いじゃん? それに何年か付き合って振られたりしたら、立ち直れる気がしないしな) 草食系男子という言葉をニュースで見て、俺は感銘を受けた。 なので引き篭もるし、恋愛なんぞしてる暇があったらガチャを回す。 金が稼げない俺に代わって頑張って、バイトやら道場破りを倒してくれる 緋那 ( ヒナ )を鍛え上げながらね。 「フハハハハッ! 俺を止めたければ、子供の頃からの約束である『一太刀』を浴びせて見せるんだな、緋那よ!」 「いえ……もう限界なんで出て行きます。 師匠は確かに現代において最強ですけど、保護者としては最低ですし、僕は既に自分で生きていける術を得ました」 突如、雪女の様な冷酷な視線を向ける弟子がいた。 吐き出される言葉が胸をチクチクと抉ってきやがる。 容赦ねぇな弟子よ。 本来なら師匠が引き受けて貰うべき褒賞金を、僕を扱き使って解決させたお陰で、直接受け取らせて頂いたんですから」 俺は確かに面倒くさい依頼は全て修行だと言って弟子に押し付けていた。 だが、考えられない。 こいつは文句を言いながらも、俺を慕う忠臣だと信じていたのだから。 課金だってもう出来ませんからね!」 (ピャアアアアアアアアアアアアアッ! それは困るううううううううう!!) 課金の為の土下寝か、仮にも親としてのプライドかを脳内の天秤にかけた結果、打算付きで親、もとい師匠のプライドが勝ちました。 所詮は未成年。 保護者の同意無しに一人暮らしなぞ出来まいて。 直ぐ様現実に打ち拉がれて戻って来るに違いない。 「それでは、今までありがとうございました! さようならお義父さん!」 「あぁ、現実の厳しさに打ち拉がれるがいい!」 鼻息を荒くして道場を出て行く娘に背中を向け、俺は内心でほくそ笑む。 どうせ直ぐに戻ってくるさ。 でも、それが娘の緋那を見る最後の姿になるとは、この時の俺には終ぞ思いもしなかった。 ーーこの夜、道場がある山一帯に謎の隕石が落ちた。 俺の最後の記憶は愛刀『 覇幻 ( ハゲン )』を抜いて、隕石を斬り落とす為に奥義を放ったのだが、人の身でその威力を止められる訳もなく、肉体を粉々に潰されて致死のダメージを負った。 激痛だった。 (あぁ、死んだ、か……) こうして俺、『 朝日朧 ( アサヒオボロ )』の人生は幕を閉じた。

次の

【デッキ】ワンショット自分キル

転生 神龍 は 暇 を 持て あ ます

「じゃ、じゃあ、なにか? あの時、誰かに押されたと思ったのは間違いで、川に落ちたのはネコが僕の頭に飛び乗ったのが原因だと?」 「そうなるわね」 女神はそう言うと、肩を震わせて笑い出した。 「貴方もネコも、近年 稀 ( まれ )に見るマヌケ…」 理希は再び無言で女神の頭を叩いていた。 頭を振って、回想から意識を戻した。 その後、転生する・しないでもう 一悶着 ( ひともんちゃく )あり、売り言葉に買い言葉。 「絶対にしない」と言い切って、現在に 至 ( いた )るわけだ。 『時間なんてものはいつも足りなく感じていたから、ここまで持て 余 ( あま )すとは思わなかった…』 ゆっくりと周囲を確認する。 『そういや、名前を聞いてなかったな…』 「ぉーぃ…」 久しぶりに声を出したので、ビックリするほど小さい声しか出なかった。 「ぁー、あー、阿ー、女神~、いないのか~?」 何度か発声練習をしてから、部屋の奥に向かって呼び掛けた。 しばらく待つと、激しい足音が次第に近づき「あっ、痛っ!」という悲鳴が聞こえた。 押し殺したような 呻 ( うめ )き声が止み、ワンテンポ遅れて、壁を 透過 ( とうか )し女神が姿を 現 ( あらわ )した。 「やっと、転生する気になった?」 おでこを赤くしながら、目を 輝 ( かがや )かしている。

次の

HJネット小説大賞2019(HJネット小説大賞

転生 神龍 は 暇 を 持て あ ます

満月の夜、真っ暗な部屋の片隅で三角座りをしながら窓から見える月を見上げ、万物を魅了する声で歌を歌う少女、いや少年がいた。 遠くから見ても近くから見ても10人中15人が振り向くほどの超絶美幼女、いや美少年がいた。 「・・・あなた! ・・の子!・・」 「分か・・・あし・・・に連れ・・」 一階から女の怒鳴り声と男の声が聞こえてくる僕を引き取った人達の声だ、どうせまた何処かの親戚に渡す話でもしているのだろう。 「・・・くだらない・・」 両親が死ぬまでは幸せだった、お母様はイギリスの何処かの貴族の娘でお父様は有名な会社の御曹司だったらしい。 お父様が会社を継ぐのが嫌で家出して単身イギリスに行き、そこで屋敷から抜け出して来たお母様と出会ったと言っていた。 そこから二人は直ぐに意気投合しお互い恋に落ち会って3日で婚約した、しかしお母様の家が猛反対し仕方なく駆け落ち同然でアメリカに渡りそこで結婚し生活をし僕を生んだ。 そして僕が7歳の時にお父様とお母様は交通事故で死んだ表向きは。 事故について不可解な事が多すぎるにも関わらずニュースや新聞に取り上げてられない、明らかに情報統制されていた。 もう犯人が誰か分かっている父方の祖父母だ。 僕は自分の全ての力を使って一週間で事故の不可解な点や祖父の会社の脱税や賄賂なんかの汚い所を徹底的に調べ上げ送り付けてやった。 すると僕の生活費や養育費と言う名目でかなりの大金が送られて来た、金を渡してまで親戚に僕を押し付けたくせに、ようは口止め料を払うから黙っていろと言う事だ。 「・・・・ほんと・・汚い人達・・・」 僕が死ぬと報道機関に事故の事、会社の事を送るようになっている、あの人の顔が見れないのが残念だ。 コンコン ノックの音と共に男の人が入って来た、来た理由の大体見当がつく。 「奏君、君は明日から私の親戚の所で住んでもらいたいんだ、なに心配は要らないよ、あそこもいい所だきっと奏君も気に入ってくれると思うよ」 ニコニコしながら話を進めていく男、まだ何も言って無いのに。 「・・分かりました・・・」 「じゃあそういう事で頼むよ」 もう死にたい、お母様もお父様も居ない世界なんて何の価値も無い。 美少年改め奏は布団に潜り静かに眠った。 =========================== 「・・おき・・・」 声が聞こえた様な気がした。 「ね・・おき・・・」 やっぱり聞こえる。 目を開けると周り一面真っ白な空間にいた、正面には美少女が正座して僕の顔を覗き込んでいる。 「ふぁ・・・あなた・・誰?」 「ぐはぁ!」 周りには女の人しか居ない誘拐ではなさそうだ。 って言うか此処どこだろう?、聞いて教えてくれるかな?。 後何でこの女の人は鼻血出しながら倒れてるんだろう、流れてくる鼻血の量が尋常じゃない。 「・・・此処・・どこ?・・」 「ずずぅー!、え?、此処は私が作った空間ですよ」 っとどこから取り出したか分からないティッシュを鼻に突っ込みながら答える。 「・・・・・イタイ人?」 「うん言いたい事は分かるけど無表情で言うのはやめてくれませんか?。 かなり傷付きます」 まぁそんな事はどうでもいい。 ん? ちょっと待てよ 「・・・僕は・・死んだの?・・」 「はい、死にたいって言った何時間後にぽっくりと」 「・・・・そう」 「いやいやいや死んだんですよ! もっと驚きましょうよ!」 「・・・べつに・・・」 お父様とお母様が死んだ時点でもう僕は死んだようなものだったし遅かれ早かれ祖父に殺されていただろう。 「そうですか 調子くるうなー、かわいいからいっか 」 「・・転生って、何?」 「今説明しますから少しお待ちを」 そう言うと神 仮 は何か呪文のような物を唱え始めた。 すると真っ白だった空間に一つの本棚が現れる。 て言うか見たところ全部ラノベじゃないか?、この本。 「最近新しい世界を作りましてね、その世界の神を何人か生み出したんですけど一つ神の枠があるのを忘れてまして、かと言って今から生み出すことも出来ません。 じゃあいっその事死んだ人間から神に転生させて送り出そうって事に成りまして。 そしてその神に選ばれたのがあなたです神威・A・奏さん!」 僕の周りをくるくる回りながら説明してきた。 ・・・うざい。 「・・・・・・・」 「奏さん?」 「くぅー、くぅー」 「ちょ! 起きて下さい奏さん!」 「・・・ん? 説明・・終わった?・・」 「まぁー…一応は」 「・・・・神・・何すれば、いいの?」 「神の種類ごとにやらなければいけない事があるんですけどね、奏の転生する神は基本的種族の監視をしていれば何もしなくて良いですよ」 「・・じゃあ、なる」 「は?」 「・・・神に・・」 「そんな簡単に決めていいんですか?」 「・・・いい、だから、早く・・転生して・・」 「いいならいいんですけど。 じゃあ転生するにあたって早速特典決めましょうか!」 「・・特典?」 「私の都合で呼んだお詫びと、神になってくれるお礼です!」 「・・・そう」 「何でもいいですよ!。 ビームを出したい、不老不死にして欲しい、最強の武器が欲しい、全部で5つの特典を与えますのでゆっくり選んでください!」 「・・・ラノベの、キャラでも、いい?」 もしできるんだったら俺tueeってもんじゃないだろ。 「キャラクターの能力って事ですか?、別に構いませんよ!」 できるんかい。 奏は心の中で突っ込んでいると神はまた何かの呪文を唱えだす。 すると一台の大きなテレビとさっきまであった本棚が一つ、また一つと増えていき、最終的に数百程の本棚がまるで図書館の様に並んでいた。 「奏さんの前世にあったアニメやラノベ、ゲームをご用意しました!、幾ら読んでも見ても構いませんので。 特典が決まったら呼んでください」 「・・・分かった」 「ではではまた後ほどー」 奏は神が消えていくのを確認すると早速一番近くの本棚からラノベを読み始めた。 幾らでも読んでいいって言ったしどうせなら此処にありラノベ全部読んじゃお。 ーーー2年後ーーーー 「・・・ふ〜」 結果的に言うと本当に全て読んでしまった。 読んでる途中にトイレとか行きたくなったらどうしようと思ったけどトイレどころかお腹も空かないし眠くもならなかった。 今考えたら別に生きている訳じゃないんだから食べたり寝たりする必要ないよね。 ついでに神はというとこのまま放置されるか心配だったので一週間に一度呼んで来るかどうか確認している。 いつ呼んでも1秒以内に来るのでこいつ暇なのかと思いつつ「何か御用ですか?」っと聞いてきた、毎回訳を考えるのが面倒くさいので「顔が見たかった」と言っていると回数を追うごとに神がおかしくなっていった。 具体的にはいきなり鼻血を流したり、息を荒くして迫って来たりといった事だが。 そして今僕は何をしているかと言うと最後のラノベのクライマックスが終わり、エピローグには入っているところだ。 パタン 「終わった・・・」 うん、中々良かった。 「・・早く、決めないと」 んー、何にしようか迷うな、何せ一生付き合っていく物だからなー。 「・・良し・・・決めた」 と呟いた瞬間空間が歪み、其処から神が現れた。 「それでは早速お聞きしましょう」 「・・何処から、現れ、た・・変態」 思わず心の声が漏れてしまった。 「はぁはぁ、さぁ怖がらないでお姉さんに行ってごらん」 「・・まず、並列思考・・・二つ目は、能力、作る力・・・3つ目は、完全、記憶能力・・・4つ目は、能力を、奪う、能力」 一つ目の並列思考はあると地味に、いやかなり役に立ちそう。 二つ目はこれさえあれば正直他の特典要らないと思う流石にこれは通らないだろうと思ったが一応言ってみた。 3つ目完全記憶能力は並列思考と同じで普通に役に立つ。 4つ目の能力を奪う能力は敵に厄介な能力がいると嫌だから。 最後一つ何にしようか・・・・。 「ふむ・・・・分かりました!、最後の一つは何にしますか?」 うーん 「最後の、一つは」 「最後の一つは?」 僕は言いながら神様に指を指し。 「・・・あなた」 「・・・・・・・」 やばい。 久しぶりに言ったジョークが盛大に滑ってしまった。 神様も顔を俯き震えている。 絶対怒っているよなあれ。 「っと、言うのは、冗だ「喜んで!」・・・は?」 「転生させてからマッハで仕事片付けて行きますんで!それまで我慢してくださいね!」 待て待て何勝手に話し進めてんだ!。 と言うか顔近い!鼻息荒い!。 「じゃあいってらっしゃいあ・な・た」 「え?」 これが奏の最後の言葉だった。 あれ?そう言えば僕アニメ関係の特典何一つ貰ってなくね?。 奏は意外とおっちょこちょいである。

次の