農協 パワハラ。 農協(JA)を辞めたい人がJAから転職する方法とコツ。残業代が出る優良企業に転職しましょう

農協で事務派遣で働いてみた!職場の雰囲気、時給や得られるスキルは

農協 パワハラ

農協にはなぜ嫌な上司がいるのか? 農協に限らず、嫌な上司はどこにでもいます。 そう言ってしまうと、話が終わってしますので、お待ちください。 上司を嫌だと思う気持ちの範囲は人それぞれなので、Aさんにとっては嫌な上司でも、Bさんにとっては嫌な上司じゃない、ということが往々にしてあります。 そのため、今回は相手を精神的に追い詰めるような(いわゆるパワハラ的な)嫌な上司にスポットを当てていきたいと思います。 また、今はパワハラの雰囲気は感じていなくても、のちにパワハラ上司になるようなタイプも含めて書いていきます。 では、早速、農協にいる嫌な上司を見ていきましょう。 農協にいる嫌な上司の特徴 農協にいる嫌な上司の特徴を挙げていきます。 あなたが日頃感じている嫌な上司と同じタイプがいるかもしれないので、チェックしてみてください。 農産物• 農業新聞• 家の光旬• 鮮倶楽部 これらの「ノルマについて必要以上に詰めてくる上司」は、正直、きついです。 たしかに、農協に勤めている以上、課せられたノルマを達成しなければならないのは分かりますが、年度初めからフルスロットルでノルマノルマと言ってくる上司は心からお断りしたいです。 そして、このタイプの上司は、ほとんどが「ノルマ自爆を強要」してきます。 「さっさと入って早く終わらせろ!」はっきりとそう言われます。 ノルマの自爆は違法です。 人の仕事を押し付けたまま上司はというと、• デスクにずっと座ってボーっとしている• 農家を訪問と称して帰ってこない• 喫煙所でタバコを吸い、ゲームをしている 仕事を押し付けられた部下は、自分の仕事にプラスして上司の仕事もしなければならないので、昼食をとる時間もなく、いつもサービス残業という状態に陥ります。 ほんとに過労で潰されてしまいます。 この手の上司は、上役に気に入られる傾向にあり、出世や昇進がはやいです。 部下は自分のために働かせるものだと考えていることが多く、平気で部下に無理を強いてきます。 「自分の手柄は自分のもの、部下の手柄は自分のもの」の精神が根底にあるので、当然、部下からの信頼が全くと言っていいほどありません。 出世欲が強い上司に多いですね。 自分は仕事をせず人に押し付ける• 部下じゃなく上役を見ている• いつでもどこでも怒る(高圧的で威圧的) この上司の下で働いているときは毎日つらかったです。 農協の上司が嫌すぎて仕事に行きたくない!まとめ 冒頭でも触れましたが、どこにいっても嫌な上司は存在します。 ですが、絶対とは言い切れません。 なぜなら、僕は農協から転職をしていますが、幸運なことに今現在は嫌な上司にあたっていないからですね。 また他にも、酷いパワハラを受けて農協を転職した後輩がいましたが、転職先では良い上司や良い職場環境に巡り合うことができています。 ですので、今、嫌な上司がいるせいで仕事に行けないと悩んでいる方は転職を考えるのも一考です。 一考ですが、その前にできることもあります。 嫌な上司は総務や人事に相談する 身近な先輩職員でもかまいませんが、できるなら「総務や人事に相談する」ことです。 ハラスメントは社会問題になっており、コンプライアンスも厳しくなっているので、そういう声は響きやすくなっています。 ですが、総務・人事の役職者が嫌な上司の息のかかった職員だと注意が必要です。 余談ですが、相談したことで、さらに追い込まれる可能性はゼロではありません。 しっかりと見極めて相談してよい相手かどうかを判断しましょう。 嫌な上司を理由に転職しても良い よく嫌な上司はどこにいってもいるから、それを理由に転職するべきではないなどと言われがちですが、そんなことは全くありません。 声を大にして言えます! 嫌な 上司がいるなら農協 を転職しても良いんです! ただ、周りに相談・人事に相談などをしてできる限りの行動をしましょう。 それでもどうにもならないときは転職を考えましょう! そのときも、できるだけ次の職場を見つけてから辞めた方が良いので、在職中に転職活動をしておきましょう! パワハラなどの場合はすぐに周りに相談です!そのうえで転職退職を考え、自分の心を守ることを最優先してください。

次の

農協職員が「自爆営業」で借金生活? ボーナスは消え「消費者金融に手を出す人も」

農協 パワハラ

農家の数は減少傾向にある 農林水産省の推計によると、 2000年に1,346万人だった農家の人口は、2020年には841万人まで減少することが予想されています。 JAの顧客の多くは農家なので、顧客の数がそれだけ減少することを意味しています。 (出典:) JA(農協)の事業は衰退傾向にある JAの事業は今後衰退していくことが予想されています。 農家の数は減少傾向にあることを先に解説しましたが、農家の高齢化が進んでいることも、農家の数が減少している一因になっています。 そのため、将来的に顧客の数が減少していくことが予想されています。 顧客の数が減ることで事業規模が縮小するため、今後農協の事業は衰退していくと言われています。• 2.JA(農協)の仕事内容と辞める人が多い7つの理由 JAの主な仕事内容は、農家のサポート、保険の販売、そのほかの商品の販売です。 農家のサポートでは、農業器具の修理から生産方法の指導、販売ルートの紹介などを行っています。 保険の販売は、JA共済などの保険サービスを提案する仕事です。 JA共済ではさまざまな補償をカバーしており、生命保険のような補償を受けられるほか、建物や自動車に関しても補償の対象となります。 JAでは保険以外にも、衣類や家電製品、食品などの商品を販売しています。 JAからの離職が多いのは、労働環境や待遇の悪さが背景にあります。 ここでは、JAの仕事内容と退職者が多い7つの理由について解説します。 業種 平均年収 JA 約300万円 参考: IT・通信 461万円 メディア・広告 412万円 サービス 376万円 メーカー 456万円 総合商社 461万円 メディカル 450万円 金融 446万円 建築・不動産 418万円 参考: また、JA職員になると強制的に控除される費用が多いことも、収入が少なくなる原因になっています。 JA職員の給与から控除される代表的な費用は以下の通りです。 費用 内容 出資金 JAの事業活動費用 職組費 所属部署の活動費 共済掛金 本人と家族分の共済掛金 車両保険代 自動車保険 日本農業新聞代 JA職員は全員購読必須になっている業界紙• 昇給が少ない上、販売ノルマを達成できなければ昇給はさらに厳しくなります。 役職に就けば手当がつくものの、ほかの業界の同じ役職と比較すると、給与が少ないことも多いです。 在職期間が長くても年収が伸びにくい点も、職員が退職を考える理由になっています。 JAの窓口は夕方には閉まりますが、そこから22~23時頃まで残業することもしばしばあります。 また、農家のスケジュールに合わせるため、朝早くに出勤しなければならないこともあり、ワークライフバランスが仕事に偏りがちです。 農協によっては残業手当が出ないこともあり、離職者が多くなる一因になっています。• JAの顧客の多くは農家の人達で、年中無休で仕事をしている農家も多く、顧客に合わせてJA職員も仕事をすることになります。 スケジュールを農家に合わせなければならないため、土日や祝日に出勤することも多いのです。 加えて、勤務先によっては休日出勤手当が出ない場合もあります。 こういった待遇の悪さに不満を募らせて退職する人が多いのです。 保険やJAで販売している商品には、ほぼ例外なくノルマが設定されています。 以下の2つのようにJA職員全員に課させるノルマも存在します。 共済推進ノルマ 共済制度への加入ノルマ• 購買推進ノルマ 農業資材・食品・日用雑貨の販売ノルマ 一般的な営業職と違うのは、保険や農業に関する商品以外にも、衣類や食品といったさまざまな商品を扱っており、商品のジャンルに限りがないということです。 商品の種類がかなり多いため、販売する側も商品に関する理解が浅いことも多いです。 その上、価格が割高に設定されている商品もあり、インターネットで購入した方が安くなるものもたくさんあります。 JAの顧客の大半は高齢者で、インターネットを利用していない人がほとんどです。 そういった人たちに、割高な商品を販売することに罪悪感を感じている職員もいます。 また、ノルマの達成が難しい場合は、親戚に購入してもらったり自分で購入する職員もいます。 販売ノルマの厳しさや罪悪感も退職を決断させる原因になっています。 JAではさまざまな事業を展開しており、それに合わせて営農部や金融部門、購買部などさまざまな部署が存在しています。 年に一度は部署移動があり、金融部門から購買部への異動など、それまでとは全く違う業務も担当するといったこともしばしば起こります。 そのため、希望する仕事ができないことも多く、異動をきっかけに退職を決意する人も多いのです。 農協では組織間の交流が盛んに行われているため、所属する部署によっては飲み会がかなり多いです。 そのため、飲み会が苦手な人にとっては辛い環境と言えます。 また、 パワハラやセクハラを理由に退職するケースも見られ、JAからの退職が多い理由の1つになっています。 3.JA(農協)から転職すると後悔するのか? JAからの転職を考えているものの「転職した人達は後悔していないのだろうか?」と気になりますよね。 そこで JAから転職した人たちの口コミをいくつか紹介します。 私は実際 農協から民間に転職し給料上がりましたし、私のように転職した人いますが上がっていますよ。 年収下がった人ってどんな人ですか?元の給料がいい農協なのかな。 転職する年齢や職種によっても違うと思いますが、若ければ下がることのほうが少ないと私は思います。 私の場合は元が元ですからね。 下がるほうが難しい。 参考: 転職して待遇が良くなったという口コミが多く、転職した人たちは概ね満足したように見受けられます。 J Aの待遇に不満があるのであれば、転職して後悔する可能性は低そうですね。 転職の決断は若いうちに 年齢が高くなるにつれて転職は難しくなるため、 転職を検討しているのであれば、可能な限り早く決断した方が転職で有利になります。 これは、多くの企業が「若い人は早く仕事を覚えてくれる」と考えているためです。 特に20代前半であれば二次新卒枠へ応募できるため、転職先の選択肢も広くなります。 JAでの仕事に将来性を感じないのであれば、早めに転職を検討すべきです。 4.JA(農協)職員からでも転職できる転職先 JAは異動が多いのでさまざまな業務を経験することになりますが、そこで得た経験は転職する際の強みにすることができます。 JAでの経験を活かせる転職先であれば、転職できる可能性も高くなります。 ここでは、JAから転職しやすい転職先について解説します。 事務職 部署や職種にもよりますが、 JAの仕事でも事務処理は多いため、JAから事務職への転職も可能です。 一言に事務職といっても、業務内容は職場によって違うため、転職先の事務職の業務内容とJAで担当していた業務内容に、共通点を見つけられるかがポイントになります。 また、経理事務であれば応募資格として簿記の資格が必須になっていることが多いです。 事務職は土日が休みで残業が少ない職場が多いため、人気が高く競争率の高い職種です。 事務職への転職を希望している場合は、その点も覚悟しておきましょう。 営業職 JAで働いていればJA共済の推進などで、営業的な業務を経験する人も多いため、 営業職もJAから転職しやすい職種です。 営業職は業界に関わらず求人数が多く、ほかの分野からの転職者を受け入れている企業も多いです。 営業成績によってインセンティブがつく企業もあり、成績をしっかり上げられる方であれば収入もアップするでしょう。 営業スキルに自信のある方であれば、転職先の一つとして検討してはいかがでしょうか。 保険会社 ライフアドバイザーとして、 JA共済などの保険の販売を経験した方であれば、保険会社も転職先の候補に入ります。 保険に関する知識や販売の経験もあるため、即戦力として評価してもらえるでしょう。 ファイナンシャルプランナー2級以上の資格を保有していれば、保険会社の転職では有利になる可能性が高くなります。 こういった理由から、保険会社もJAから転職しやすい職場と言えます。 銀行 JAで 金融部門の業務を経験したことがあれば、銀行へ転職できる可能性もあります。 JAでは貯金などの金融商品も取り扱っているため、銀行でもその経験を活かして働けますよ。 JAで担当していた業務の内容によって、銀行で活かせるスキルや経験には差がありますが、出納管理などの銀行で必要な業務の経験があると転職の際に評価されやすいです。 金融部門での経験を活かしながら働きたい方は、銀行への転職も検討してみましょう。 団体職員 公益事業を営む公益法人などの 団体職員も、JAから転職しやすい転職先です。 農協の組合に籍を置いている公益法人もあるため、JAでの人脈を活かせば有利に転職できる可能性もあります。 公益法人以外にも医療機関を経営する医療法人や、学校を運営する学校法人も団体職員として働ける転職先です。 これらの法人は、法人自体の事業収益のほか、国から助成金が出ていることもあるため収入が安定しています。 転職する際の注意点として、団体職員の仕事は転職先や職種によって全く異なるため、JA時代の経験を活かせるかどうか確認しておく必要があります。 総務や人事・経理などの管理部門は、どのような組織であっても必ず必要になります。 JAの管理部門に勤務した経験があれば、団体の管理部門への転職もしやすくなるでしょう。 5.JA(農協)からの転職で後悔しない5つのコツ いざJAを辞めようと思っても、転職で失敗したくはないですよね。 ここでは、 JAからの転職で後悔しないために転職のコツを5つ紹介します。 「JAよりも残業が少ない職場に転職したい」という場合であれば、時間外労働時間が短い職場が転職先の候補になります。 転職の目的がはっきりすると、転職で重視する条件も明確になるため、自分に合った求人を見つけやすくなります。 転職の目的がはっきりしないまま転職してしまうと、失敗してしまう可能性もあります。 まずは転職の目的を明確にしておきましょう。 棚卸しを行うと書類選考や面接で、何を自分の強みとして訴求すべきなのか理解できます。 スキルや経験の棚卸しは以下の手順で進めるのがおすすめです。 これまでに経験した業務内容を全て書き出す• 特に未経験の業界であれば、転職した後に後悔しないように業界分析から始めましょう。 業界分析をするなら、希望する業界について書かれた「業界本」を活用するのがおすすめです。 「業界本」では、 業界の動向や業界内の企業の資本関係のほか、職種などに関する体系的な知識を得られます。 実際にその業界で働いている人達の意見を知りたければ、「」などの口コミサイトが便利です。 業界や職種によって求人の多い時期と少ない時期があります。 求人の数が多い時期であれば同じ職種であっても、 条件の良い求人を見つけられる可能性が高くなります。 しかし、日頃から求人情報をチェックしていない限り、希望する職種の求人が多い時期を把握するのは困難です。 特に忙しいJA職員であれば、そういった作業は大きな負担になります。 負担を減らすためにも、JAからの転職には転職エージェントを活用するのがおすすめです。 転職サイトを利用した場合、求人を自分で探して面接日程の調整なども自分で行う必要があります。 また、転職先の情報を自分で集める必要があるなど、転職の負担が大きくなります。 転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが自分に合った求人を無料で紹介してくれるため、転職の負担を小さくすることができます。 一人で求職活動をしていては、得られないような情報を得られるほか、専門家から助言をもらえるため転職活動を有利に進められます。 6.JA(農協)からの転職におすすめの転職エージェント JAからの転職を検討中の方に、 おすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

次の

JA全農と地域農協の「甘えの連鎖」を断ち切れぬ老害リーダーの無能

農協 パワハラ

JAさが 佐賀県農業協同組合 の30代の元女性職員が被害を受けたとして、同組合を相手取り、600万円の損害賠償を求めた控訴審判決が開かれ、福岡高裁が一審の佐賀地裁判決を変更し、慰謝料55万円の支払いを命じる判決を下したことが判明。 原告の女性は2010年から11年にかけ、組合員の生産者対象の女性コンパニオンの性的接待が前提となっている懇親会に、業務として同席を余儀なくされた。 また、別の研修会では女性は組合員の男からセクハラを受けたという。 上司などに相談したものの、取り合ってもらえず、心的外傷後ストレス障害を発症。 JAさがに安全配慮義務違反があったと提訴した。 一審では慰謝料2440万円を求めて提訴したが、敗訴していた。 女性は慰謝料の金額を600万円として控訴。 福岡高裁は懇親会への同席を業務の一環と認め、「著しい精神的苦痛を受けた」と認め、55万円の支払いを命じる。 しかし、研修会のわいせつ行為については、加害者が職員ではなかったことから、安全配慮義務違反を認めなかった。 なお、JAさがはこの件についてコメントしていない。 このなんとも胸糞の悪いに、「そもそも性的接待を前提とした懇親会を開くことが不適切」「農家になるとただで性的接待してもらえるなら俺も農家になろうかな」「性的接待する気満々で参加して、そのノリで女性職員をターゲットにしていたのか?」など、JAさがに怒りの声が上がる。

次の