芸能人 新型 コロナ。 もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

クズ過ぎ行為で大批判! コロナ禍で株を落とした芸能人たち…

芸能人 新型 コロナ

「悲しいけど今は我慢が必要ですよね」 同番組は生放送の音楽番組として知られ、1986年10月の放送開始以来33年半の歴史を誇る人気番組。 このため、ネット上では「Mステも生放送中止 悲しいけど今は我慢が必要ですよね」といった、生放送中止に驚きつつもやむを得ないとする声が続々と上がる事態に。 また、サンスポによると、放送内容は「VTRのみの放送で対応する」とされており、また、番組公式サイトでも「春うた30年の名曲ヒストリーを大特集」といったラインナップとなっている。 昨今のテレビ界はMステに留まらず、新型コロナウイルスの流行によって4月期ドラマの放送開始時期が遅れるなど、感染症の拡大によって多大な悪影響を受けており、状況は極めて深刻。 いつになったら通常放送に戻るか、全く見通せない状況だ。 このため、芸能人のSNSでは「仕事がキャンセルになった」などとする情報発信も目立ってきており、テレビ界と芸能界双方にとって死活問題となり始めている。 ただ、そんな中、一部の芸能人は新型コロナウイルスの流行に関係なく、むしろ、今まで以上に順調に仕事をこなすようになっている。 その仕事内容は何かと言えば、ズバリ、YouTuberとしての仕事である。 コロナの中でも勢いが止まらない「芸能人YouTuber」たち お笑い芸人の江頭2:50さん(54)は4月14日、自身のYouTubeアカウント「エガちゃんねる」の登録者数が200万人を突破。 2月1日にアカウントを開設してから約2ヶ月半での快挙となった。 江頭さんといえば、以前から人気お笑い芸人として名を馳せていたが、YouTuberデビュー以降は以前にも増してその注目度は上がっており、正に、水を得た魚といった状況だ。 また、江頭さんの1日前である1月31日にYouTuberデビューした女優の川口春奈さん(25)も、昨今の芸能界では特に勢いがある芸能人のうちの1人。 本人が登場する「はーちゃんねる」では、「実家への帰省」「おじや作り」「女子会」「メイク方法」「ヨガ」「激辛グルメ」といったさまざまなジャンルに川口さんが挑戦する様子が公開中であり、再生回数100万回以上を連発する大フィーバーが続いている。 新型コロナウイルスの流行をものともしない、これら、絶大な人気を誇る芸能人YouTuberたちだが、これらの人々が新型コロナウイルスの流行を予測していたわけではもちろんないわけだが、その情報発信方法を見てみると、YouTuberとしての情報発信の方法が、テレビ番組に比べて感染症の流行に対応しやすい要素があることに気付く。 テレビ番組に比べてはるかに高い、「放送中止への耐性の高さ」 まず、「出演者が少ない」というのが、YouTube番組の強さとして挙げられるだろう。 YouTube番組の特徴として、「アカウントの運営者が自ら番組に出演する」という特徴があるが、その出演人数は多くの場合、アカウントの運営者1人。 まれにゲストが招かれる場合もあるが、それでも出演者は計2人となる場合がほとんどであり、その出演者の少なさから、感染が拡大する可能性が低い番組制作方法であると言えるだろう。 また、出演者の少なさに引きずられる形で、撮影スタッフも必然的に少なくなるため(場合によっては出演者がそのまま撮影)、これもまた、感染拡大を防ぐのにプラスの要素と言えるだろう。 さらに、その撮影スタッフの少なさから、「撮影が中止になった場合の損害」がテレビ番組に比べて少ないということも言えるのではないだろうか。 例え中止になっても、撮影スタッフが少なければ人件費は抑えられるからだ。 YouTube番組の長所は他にもある。 それは、「定期的に放送しなくて良い」という点だ。 ドラマやバラエティー番組は週1回の放送が1クール以上要求されるなど、ひとたび撮影が滞った場合は番組存続の危機に陥るが、YouTube番組の公開は不定期に行われるのが当たり前であり、撮影が滞った場合は「新たな放送回を公開しない」という手段が容易に取れるからだ。 それはすなわち、「公開日という締め切りがない」ということでもあり、撮影スタッフが感染症にかかってしまった場合に無理に仕事をしなくて良いということであり、やはり、感染拡大を防ぐことが出来るからだ。 とどめとして挙げられるのが、「放送中止になった場合に総集編を放送しなくて良い」という点だ。 新型コロナウイルスの流行により放送開始時期が延期されたドラマのうち、「ハケンの品格」(日本テレビ系)を例に挙げると、放送を予定していた毎週水曜日のうち、4月15日と22日については2007年に放送された前作の総集編が放送されることが決まり、その後に関しては15日時点では放送開始日が確定していないが、YouTube番組は前述の「新たな放送回を公開しない」という要素に加え、アカウント内にはこれまでの放送回がいつでも閲覧できる状態で公開されているのだ。 これら、テレビ番組とは比較にならないほど放送中止への耐性が高いYouTube番組。 昨今の、芸能人のYouTuberデビューのブームは新型コロナウイルスの流行を予測したものではもちろんないわけだが、奇しくも、その「耐性の高さ」がある以上、新型コロナウイルスの流行が長引いた場合はこれまで以上に芸能人のYouTuberデビューが進み、その反動としてテレビ界の「過疎化」が進むという事態もあり得るのではないだろうか。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

コロナウイルスに感染した有名人【まとめ】

芸能人 新型 コロナ

画像は、『』(インディーズレーベル)より 2014年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた歌手のASKA。 芸能人の薬物事犯でも最上クラスの依存度で話題となったが、時を経て、本人はすっかりクリーンになったと思い込んでいるようだ。 ASKAは3月20日、ユーチューブに動画をアップし「いま世界は新型コロナウイルスの脅威の前になす術がありません」と力説。 その上で「 すべての匂いを無臭化してしまう。 すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまうという機械を思いつきまして、すでに7年前から開発に入っておりまして、2年前には開発に成功しました」と衝撃の告白をした。 事実ならば、とんでもない大発明だ。 ASKAは続ける。 「この地球上のすべてのバクテリア、雑菌、ウイルスはオゾンによって簡単に死滅します。 1ppmのオゾン濃度があれば、死滅してしまいます」 そして「われわれが今回開発した機械は、オゾン濃度5ppmまで達しました。 これを全世界の皆さんのご家庭に早くお届けしたい」とアピール。 ASKAによると、開発した〝オゾン水装置〟は1台3万6千円するが「全世界の投資家が、この機械に投資していただければ、みなさんのご家庭で、ほんと数千円の価格になる。 (そうなれば)決してコロナは怖くない!」と強調した。 ただし、科学者の間ではオゾン水に殺菌作用はあるものの、ASKAの言う1ppm~5pmmという濃度を肺に直接噴射すると「肺の細胞を死滅させてしまい、極めて有害」だという。 ネット上では「ツッコむまでもなくヤバイw」「まずはASKAが試してくれ」と想像通りの反応であふれ返っている。 街の買い占めや買い溜めについて「自粛の発表前に大型ストア小売店に先に伝えて段取ればパニックは小さくできるわけで、わざわざパニクらせてるとしか思えない! この関連の出来事は大きくなれば自給率の低さに身悶えることにもなる。 今後のためにもシステムの改善が必要」とツイートしたまでは良かったが…。 その後、いきなり「 商品券より大麻の有効利用解禁!」とブッ込んで大炎上。 時空が歪むほどの急展開に「意味がわからないw」「まだラリってる?」いった声が殺到した。 なお、芸能関係者によれば「高樹さんは現在、石垣島で民宿を経営。 家庭菜園で自給自足の生活を行っており、コロナとは無縁の生活を送っている」という。 高樹沙耶については、その後。 海外での実例などを踏まえてツイートに隠された本当の意味を説明し、ネットでも話題に。 「お肉券よりは大麻の方がいいかも…」などの声も上がり、一定の評価を得るかたちとなった。

次の

【2020年4月最新】新型コロナ感染者の芸能人・有名人一覧!国内や海外での感染者・死亡者まとめ

芸能人 新型 コロナ

コロナで副業も打撃?(左上から時計回りに)、、はるな愛、 政府による『緊急事態宣言』により、飲食店の自粛が相次いでいる。 客足が減っているが、スタッフの人件費は補償しなければならない。 店を開けても開けなくても、経営者にとっては苦汁の日々だ。 そのような飲食店不況に嘆く芸能人がいるという。 副業として飲食店を経営しているタレントだ。 お笑いタレントのたむらけんじは『炭火焼肉たむら』など多くの店を経営している。 ほかにも、和田アキ子のご主人といったように芸能人の身内が飲食店を経営しているケースも多い。 持ちこたえるのが大変な事態になっていますよ」(情報番組デスク) 『炭火焼肉たむら』のホームページによれば、ほとんどの店舗が臨時休業し、テイクアウトとデリバリーだけはやっている状態。 和田の夫が代表取締役を務める『わだ家グループ』も、1軒がランチタイム営業を続ける以外、全面休業に追い込まれている。 浮き沈みが激しい芸能人が、芸能活動以外の副業に手を出すのは昔からのこと。 購入したマンションを人に貸してまた自分では新しいマンションに住む、という形で増やした本木雅弘、マンション一棟を持つTOKIOの松岡昌宏、一発当てた金でアパートを一棟購入したコウメ太夫らがいます。 最近はネットを活用してアフィリエイトで稼いでいる芸能人も多い。 飲食店は、芸能界を引退した島田紳助さんもやっていたように、自分が食べたい店を作る、というこだわりの人もいます。 今はすべて手放したようですが、伊原剛志が以前、お好み焼き屋などを複数経営していたこともありますよ。 当たれば利幅がおいしい」(ベテラン芸能記者) 本業がダメになったときに生活の足しにやるようにと始める芸能人の副業。 売れっ子ならいざ知らずだが、本業の芸能界さえも先行き不透明な事態に陥り、頼りにならない。 皮肉なものである。 <取材・文/薮入うらら>.

次の