ゼロ と 無限 の フラグメント。 Subnautica 日本語 攻略 wiki

Symantec NetBackup™ コマンドリファレンスガイド

ゼロ と 無限 の フラグメント

ネタバレ注意 バイオームが色分けされた全体マップと、色に対応するバイオーム名の一覧 バイオームの深さが分かるマップ。 画像 バイオーム名 説明 取得物 建造物 Arctic Spires 氷河盆地を越えた辺りにある尖った氷がたくさんある地形。 アイスワームの生息地。 ・銅鉱石 ・ダイアモンド ・磁鉄鋼 ・石英 ・銀鉱石 ・チタニウム ・尖塔氷河の秘匿施設 フローズンリバー Frozen River 凍った川が見られるバイオーム。 ゲームのロード画面に映っている景色もこのバイオーム。 ・無し ・無し Glacial Basin 水中にある氷のトンネルを抜けた先にあるバイオーム。 BGM ・銅鉱石 ・ダイアモンド ・石英 ・銀鉱石 ・チタニウム ・フローズンリヴァイアサン ・ジェフの拠点 ・スノーフォックスベース ホバーゾーン3 Hover Zone 3 未設定のバイオーム。 未定 未定 アイスシート Ice Sheet 未設定のバイオーム。 未定 未定 Rocket Island ロケットと基地、通信機が島の頂上辺りにある島。 ロケットと通信機はストーリーに大きく関係している為、かなり重要な島と言える。 ・銅鉱石 ・結晶化した硫黄 ・ダイアモンド ・チタニウム ・ロケット発射台 ・ラジオタワー 7 ・研究サイトベータ 画像 バイオーム名 説明 取得物 建造物 Arctic 深さ0〜480mのバイオーム。 分厚い氷の下にある、呼吸箇所が随所にあるバイオーム。 ・ルビー ・マルグリットの温室 Arctic Kelp Forest 深さ20〜150mのバイオーム。 クリープバインが沢山生えている。 ・クリープバインのサンプル ・クリープバインの種 ・銅鉱石 ・石英 ・チタニウム ・無し LilyPad Islands 深さ0〜340mのバイオーム。 浮力のある睡蓮に絡まった岩が浮いているのが特徴のバイオーム。 また、枯れた睡蓮が落ちているのも特徴。 BGM ・銅鉱石 ・金 ・石英 ・ルビー ・テーブルコーラルのサンプル ・チタニウム ・研究基地オメガ Purple Vents 深さ0〜140mのバイオーム。 新しく追加された、ワニのような生物がいる。 リヴァイアサンもいるが、貴重な鉱石や沈没船が沢山あるため、プレイする上では避けては通れないバイオーム。 BGM ・結晶化した硫黄 ・リチウム ・塩 ・Mercury 2 Shallow Twisty Bridges 深さ0〜40mのバイオーム。 前作Subnauticaの浅瀬の珊瑚磯海域にあたる場所。 BGM ・銅鉱石 ・石英 ・リボンプラント ・チタニウム ・無し Sparse Arctic 0〜140mのバイオーム。 たくさんの鉱石がある。 ・銅鉱石 ・ダイアモンド ・金 ・鉛 ・リチウム ・磁鉄鋼 ・銀鉱石 ・チタニウム ・無し Tree Spires 深さ70〜460mのバイオーム。 曲が雰囲気に合っており、とても幻想的なバイオーム。 BGM ・金 ・リチウム ・石英 ・ルビー ・銀鉱石 ・テーブルコーラルのサンプル ・チタニウム ・ウラン鉱 ・マルグリット・メイダの基地 Twisty Bridges 深さ50〜240mのバイオーム。 BGM ・銅鉱石 ・結晶化した硫黄 ・金 ・石英 ・リボンプラント ・テーブルコーラルのサンプル ・チタニウム ・サンクチュアリゼロ 世界の端 World Edge 厳密にはバイオームとは少し違うが表記する。 Subnautica Below Zeroのワールドの端っこに位置するバイオーム。 巨大な壁に囲まれており、壁の上に登る事もできるが、ワールドの外側に向いて歩き続けると、ワールドの奈落が見え、プローンスーツで落ちると二度と戻ることは出来なくなる。 資源も何もない。 最もこのバイオームが確認しやすい場所は、リリパッドアイランドから北に向かい続けたところにある壁だろう。 ・無し ・無し 画像 バイオーム名 説明 取得物 建造物 Active Mining Site 深さ90〜300mの洞窟バイオーム。 プローンスーツの設計図や、ドリルアームの設計図などがあり、巨大な鉱床が沢山ある。 BGM ・銅鉱石 ・ダイアモンド ・金 ・ルビー ・チタニウム ・無し Arctic Kelp Caves 深さ40〜140mの洞窟バイオーム。 この洞窟は中が複雑で、迷いやすいため酸素ボンベを複数個作って行くことをおすすめする。 BGM ・銅鉱石 ・金 ・石英 ・塩 ・銀 ・根の膿疱 ・チタニウム ・無し Crystal Caves 深さ320〜720mの洞窟バイオーム。 大きい紫色のクリスタルがあり、とても美しいが、ここには巨大なリヴァイアサンが居るため、とても危険である。 BGM ・銅鉱石 ・ダイアモンド ・リチウム ・ニッケル鉱石 ・ルビー ・チタニウム ・ウラン鉱 ・クリスタルケイブのエイリアン施設 Deep Lilypad Cave 深さ320〜630mの洞窟バイオーム。 巨大な美しい花が沢山生えており、バイオリアクターを置いて発電も出来るため、基地の候補として選んでも良いだろう。 BGM ・ケイブフラワーの胞子 ・ディープリリパッドシュルーム ・金 ・磁鉄鋼 ・ニッケル鉱石 ・銀鉱石 ・チタニウム ・ウラン鉱 ・ディープリリパッドケイブのエイリアン施設 Deep Purple Vents 深さ160〜480mの洞窟バイオーム。 場所によってはシートラックのフラグメントが沢山落ちている所もあるかも・・・? ・結晶化した硫黄 ・リチウム ・塩 ・ウラン鉱 ・無し Deep Twisty Bridges 深さ250〜380mのバイオーム。 このバイオームには、スクイドシャークが2、3体居るため、舐めて掛かると死亡する危険性もある。 BGM ・ダイアモンド ・鉛 ・リチウム ・磁鉄鋼 ・銀鉱石 ・チタニウム ・無し Fabricator Caverns 深さ630〜950mの洞窟バイオーム。 赤い水晶が特徴的な洞窟。 ・チタニウム・銅鉱石 ・エイリアンのファブリケーター施設 Glacial Connection 深さ0〜230mのバイオーム。 頭に目が付いた海月(ジェリーフイッシュー)が異常に繁殖している地帯。 クリープバインのサンプル ・無し Twisty Bridges Caves 深さ170〜200mのバイオーム。 BGM ・金 ・銀鉱石 ・チタニウム ・サンクチュアリゼロ 名称 説明 取得物 救命ポッド Drop Pod ゲーム開始時の拠点となる救命ポッド。 又、ソーラーパネルも備え付けられているため、昼になれば電力が回復する。 (今は電力は無限) ・無し 緊急用の備蓄 (emergency supply) 非常事態が起きた時用に、アルテラが保管していた備蓄。 ・PDA ・データボックス ・供給箱 ・発煙筒 沈没船 Lost Ship Mercury 2と書かれた沈没船。 パープルベント、リリパッドアイランドに存在する沈んだ船。 内部に設計図やスキャン出来るものが存在する。 ・各種フラグメント ・乗組員のPDA 研究基地オメガ Research Base Omega アルテラ職員が作ったであろう建築物。 重要な情報が手に入る基地。 ・各種フラグメント ・PDA アーキテクトの基地 Architect Bases アーキテクトによって建てられた巨大な施設。 入るには専用のタブレットが必要。 現在確認できるのは、以下の6つ。 ・エイリアンリサーチサイトゼロ Alien Research Site Zero ・サンクチュアリゼロ Sanctuary Zero ・エイリアンの尖塔氷河のキャッシュ Arctic Spires Cache ・ディープリリパッドケイブのキャッシュ Deep Lilypads Cave Cache ・クリスタルケイブのキャッシュ Crystal Caves Cache ・ファブリケーターベース Fabricator Base BGM ・アーキテクトの体・イオンキューブ アーキテクトのテレポート拠点 Alien Arch Caches アーキテクトによって各地に建てられたテレポーター。 マスターとスレイブの二種類がセットとなっており、稼働させるにはマスターの側に適切なアイテムを設置してシステムを起動させる必要がある。 ・無し アーキテクトの隠れ家 Sanctuary Caches アーキテクトによって各地に建てられた小規模施設。 ・イオンキューブ.

次の

Deep One 虚無と夢幻のフラグメント攻略有志Wiki

ゼロ と 無限 の フラグメント

こんにちは。 リルビレッジの小村です。 0ゼロに基づいて、哲学のお話しましょう。 0ゼロという数字は、みなさんご存知のように 「無い」を表した数字です。 そして、じつはもう一つ意味があって、 「無限」を意味します。 0ゼロは 無であり、 無限なのです。 頭の中が?ハテナ?になりましたか?(大丈夫です(笑)) では。。。 999999999999999・・・・=100というのはご存知ですか。 9が永遠に続く、すなわち 9が無限のとき、それは 0ゼロに置き換わっているのです! では。 もうひとつ。 「0が存在する=無限が存在する」 についてお話しましょう。 分母が0ゼロに近づくとその数は 無限大になるのです。 すなわち、 0が存在するということは無限が存在することになるのです! 古代ギリシャでは、0ゼロという概念は御法度でした。 なぜか?というと、0を認めると、無限を認めることになるからです。 「無限」というのは恐れられていました。 宇宙は無限に続いている。 というように、現代では誰もが「無限」という概念を受け入れていますが、 終わりが無いというのは、よくよく考えると怖いですよね。 0ゼロは「無限」であり「無」でもある ので、 0ゼロの哲学的概念 は、「終わりは始まりでもある」 ということになるんですね。 selected entries• 245• 10 archives• 2 recent comment• 中途半端だから愚痴が出る。 いい加減だから言い訳をする。 今日、自分が精一杯やったのならそれいいじゃん。 今日、自分が精一杯やったのならそれいいじゃん。 宝くじで300円使うと、どのくらい戻ってくると期待できるでしょう。

次の

FFRK攻略wiki|ファイナルファンタジーレコードキーパー

ゼロ と 無限 の フラグメント

] [-verbose] bpimmedia は NetBackup のイメージカタログを問い合わせ、イメージについて次の 2 つの形式のレポートを生成します。 メディア上のイメージのレポート• スパンプールのレポート bpimmedia を 1 番目の形式で実行すると、一連の NetBackup イメージがメディア上のイメージのレポートに表示されます。 このレポートには、NetBackup のイメージカタログに記録されるメディアの内容のリストが表示されます。 このレポートは、すべての形式のメディア ディスクを含む に対して生成可能です。 クライアント、メディア ID、パスなどに従って、レポートの内容をフィルタリングします。 Images-on-Media レポートのフィールドについて詳しくは、 『NetBackup 管理者ガイド Vol. 2』の NetBackup レポートに関する項を参照してください。 このレポートには、NetBackup カタログのバックアップに使用するメディアの情報は表示されません。 一部のオプション -dt、 -dp、 -dv、 -stype では、SAN ディスクストレージ上に存在するイメージだけがレポートされ、他のディスク上に存在するイメージはレポートされません。 他のオプションおよび出力形式は、以前と同様に機能します。 -spanpools を指定して bpimmedia を 2 番目の形式で実行すると、複数のボリュームにまたがるイメージの関連するディスク ID プールが表示されます。 出力には、クラスタ内のメディアサーバーごとに、スパンイメージを含むメディア ID が表示されます。 bpimmedia の -spanpools 形式は、そのボリュームを管理している NetBackup マスターサーバー上で実行する必要があります。 スパンイメージについて詳しくは、 『NetBackup 管理者ガイド Vol. 2』の「メディアのスパン」を参照してください。 リムーバブルメディアだけが処理されます。 bpimmedia のエラーメッセージは、標準エラー出力 stderr に送信されます。 また、 bpimmedia のデバッグログは、現在の日付の NetBackup 管理ログファイルに送信されます。 このコマンドは、認可済みユーザーが実行できます。 NetBackup による認可について詳しくは、 『NetBackup セキュリティおよび暗号化ガイド』を参照してください。 この名前は、NetBackup カタログに表示される名前と一致している必要があります。 デフォルトでは、 bpimmedia を実行すると、すべてのクライアントが検索されます。 デフォルトはコピー 1 です。 このオプションは、 -spanpools と組み合わせた場合にだけ使用できます。 -d date time, -e date time これらのオプションでは、表示の対象とする開始日時から終了日時の範囲を指定します。 -d では、表示の対象とする開始日時を指定します。 出力リストには、指定した日時以降に実行されたバックアップまたはアーカイブ内のイメージだけが表示されます。 -e では、表示の対象とする終了日時を指定します。 出力リストには、指定した日時以前に実行されたバックアップまたはアーカイブ内のファイルだけが表示されます。 開始日時と同じ形式を使用します。 デフォルトは、現在の日時です。 デフォルトは、現在の日付の午前 0 時です。 NetBackup コマンドの日時の値に求められる形式は、使用しているロケールによって異なります。 CONF ファイル Windows はそれぞれのサポート対象ロケールの日時形式などの情報を含んでいます。 これらのファイルには、サポートされているロケールおよび書式のリストを追加および変更するための、具体的な方法が含まれています。 システムのロケールについて詳しくは、 『NetBackup 管理者ガイド Vol. 2』の「NetBackup インストールのロケールの指定について」を参照してください。 有効なオプションを次に示します。 1: BasicDisk 3: SnapVault このオプションは、OpenStorage ディスク形式には適用されません。 入力値は BasicDisk のパスです。 -L このオプションを指定すると、表示形式が詳細になります。 表示形式に関する後続のセクションを参照してください。 -l このオプションを指定すると、表示形式が簡易になります。 コマンドラインに表示形式オプションが含まれない場合 bpimmedia を入力して、改行する場合など 、簡易がデフォルトになります。 表示形式に関する後続のセクションを参照してください。 -legacy このオプションを指定すると、新しいデータがレガシー形式でフォーマットされます。 このオプションでは、代替マスターサーバーのリストを指定します。 このリストは、カンマで区切られたホスト名のリストです。 このオプションを指定すると、一覧表示されている各マスターサーバーでコマンドが実行されます。 マスターサーバーでは、コマンドを発行するシステムからのアクセスが許可されている必要があります。 マスターサーバーにエラーが発生した場合、その時点でリスト内の処理が停止します。 デフォルトは、コマンドが入力されるシステムのマスターサーバーです。 メディア ID の場合、1 文字から 6 文字の文字列を指定します。 パス名の場合、ディスクストレージユニットのファイルシステムの絶対パス名を指定します。 -mediaid オプションを指定すると、メディア上のイメージのレポートには、このメディア ID またはパス名に格納されたイメージだけが表示されます。 デフォルトでは、レポートにはすべてのメディア ID およびパス名に格納されたイメージが表示されます。 スパンプールのレポート -spanpools の場合、 -mediaid オプションにはメディア ID だけを指定できます。 -spanpools オプションを指定する場合、 -mediaid の指定を省略すると、 bpimmedia ではまたがったすべてのプール内のすべてのメディアが表示されます。 大文字でも小文字でも指定できます。 デフォルトでは、 bpimmedia を実行すると、すべてのポリシーのイメージが検索されます。 -rl retlevel このオプションでは、保持レベルを指定します。 デフォルトでは、 bpimmedia はすべての保持レベルを検索します。 このコマンドを NetBackup 8. 0 以前のメディアサーバーで実行する場合、0 から 24 の間でのみ保持レベルを指定することができます。 デフォルトでは、 bpimmedia を実行すると、すべてのスケジュールラベルのイメージが検索されます。 -spanpools このオプションを指定して bpimmedia を実行すると、スパンプールのレポートが作成されます。 デフォルト -spanpools がコマンドラインにない はメディア上のイメージのレポートを作成することです。 クラウドストレージに送信する前にデータを圧縮したり暗号化したりしたくない場合、このオプションを使用します。 このオプションを使用するには、NetBackup で KMS を構成する必要があります。 ストレージサーバーの形式では大文字と小文字が区別されます。 詳細表示形式 -L コマンドラインに -L が含まれる場合、表示形式は詳細になります。 それには、各バックアップイメージの複数行のエントリが含まれます。 エントリのフィールドについては後述の項を参照してください。 エントリの最初の行には、[バックアップ ID Backup-ID ]から[有効期限 Expires ]までのフィールドが含まれます。 イメージの各フラグメントには、[コピー Copy ]から[メディア ID MediaID ]までのフィールドが含まれます。 レポートのヘッダー行は 2 行です。 最初のヘッダー行には、各エントリの 1 行目のフィールド名が表示されます。 2 番目のヘッダー行には、フラグメントの情報を含む行のフィールド名が表示されます。 コピー番号およびプライマリコピーについて詳しくは、 bpduplicate コマンドのページを参照してください。 -L 形式のフィールドおよびその意味は次のとおりです。 1 行目 バックアップ ID Backup-ID : このイメージが生成されたバックアップの一意の識別子。 ポリシー Policy : ポリシー名 長い場合は切り捨てられます。 形式 Type : スケジュール形式 完全など。 RL - 保持レベル 0 から 100 このコマンドを NetBackup 8. 0 以前のメディアサーバーで実行する場合、出力には 0 から 24 の間の保持レベルのみ表示されます。 ファイル数 Files : バックアップ内のファイル数。 C: 圧縮 Y または N。 E: 暗号化 Y または N。 T: イメージ形式。 R: 通常 スケジュールバックアップまたはユーザー主導バックアップ。 P: インポート前のバックアップ フェーズ 1 が完了。 I: インポート済みのバックアップ。 PC: プライマリコピー 1 または 2。 リストア時に NetBackup によって選択されるバックアップのコピーを指定します。 有効期限 Expires : 最初のコピーの有効期限。 後述のフラグメントの[有効期限 Expires ]フィールドに表示されます。 フラグメント Frag : フラグメント番号、または True Image Restore TIR フラグメントの IDX。 KB: フラグメントのサイズ KB。 この値には、バックアップ間のテープヘッダーのサイズは含まれません。 多重化されたバックアップでは、フラグメントサイズが 0 ゼロ になる場合があります。 形式 Type : メディア形式 リムーバブルメディアの場合は Rmed、その他の場合はDisk。 密度 Density : バックアップが生成されたリムーバブルメディアの密度。 Fnum: ファイル番号 このリムーバブルメディアのn番目のバックアップ。 ホスト Host : このイメージが含まれているカタログを持つサーバー。 DWO: Device Written On バックアップが書き込まれたデバイス。 DWO は、Media Manager で構成されたドライブのインデックスと一致します リムーバブルメディアだけに適用されます。 MPX: コピーが多重化されているかどうかを示すフラグ Y または N フラグメント番号が 1 の場合だけに適用されます。 有効期限 Expires : このコピーの有効期限 フラグメント番号が 1 の場合だけに適用されます。 メディア ID MediaID : メディア ID、またはイメージが格納されている位置の絶対パス。 次に、詳細表示形式の例を示します。 簡易表示形式 -l bpconfig コマンドラインに -l が含まれる場合、またはいずれの表示形式のオプションも含まれない場合、表示形式が短くなり簡易なリストが生成されます。 このオプションは、カスタマイズされたレポート形式にリストを再生成するスクリプトまたはプログラムに対して有効です。 -l 表示形式には、各バックアップイメージの複数行のエントリが含まれます。 エントリのレイアウトは最初の行に表示され、イメージの情報が含まれます。 2 行目には、イメージの各フラグメントの情報が含まれます。 属性は空白で区切られ、次の順序で表示されます。 -l 形式のフィールドは次のとおりです。 イメージのクライアント名。 0 以前のメディアサーバーで実行する場合、出力には 0 から 24 の間の保持レベルのみ表示されます。 0 ゼロ という値は進行中のイメージか失敗したイメージを示します。 0 ゼロ という値は進行中のイメージか失敗したイメージを示します。 両方の形式で各サーバーのサーバー名とプールデータが表示されます。 またがったバックアップイメージを共有するメディアの各プールのメディア ID が表示されます。 コマンドラインに -mediaid が含まれる場合、そのメディア ID に関連するサーバープールおよびディスクプールだけが表示されます。 bpimmedia の出力を処理して使用する場合は、 -l オプションを指定することをお勧めします。 -U または -Lオプションを指定して bpimmedia を実行すると、[バックアップ ID Backup-ID ]、[ポリシー Policy ]、[ホスト Host ]列の出力が切り捨てられる場合があります。 -U または -L オプションは、メディア上の NetBackup イメージを読みやすい形式ですばやく表示する場合に有効です。 ユーザー -U 表示形式では、次のとおり表示されます。 bpimmedia -spanpools -U Related media pools containing spanned backup images, server plim: Pool: A00002 A00003 Pool: 400032 簡易表示形式では、次のとおり表示されます。 この要求は、NetBackup メディアサーバー上で実行されます。 レポートは、メディアサーバーのマスターサーバーである almond のイメージカタログに基づいています。 bpimmedia コマンドラインで、個々のバックアップを識別する条件を指定した場合、出力にはバックアップで使用されたメディアが表示されます。 次の例では、コマンドラインに、クライアント、バックアップの日付およびスケジュール形式が指定されています。 出力には、バックアップが含まれるサーバー plim 上のテープ A00002 が表示されます。 終了状態が 0 ゼロ 以外の場合は、エラーが発生したことを意味します。 管理ログ機能が有効になっている場合、終了状態は、次のログディレクトリ内の管理日次ログに書き込まれます。

次の