弘前 レンガ 倉庫 美術館。 弘前れんが倉庫美術館 7・11グランドオープン/地域制限、事前予約制度を解除

弘前れんが倉庫美術館、開館延期 カフェ棟はプレオープン

弘前 レンガ 倉庫 美術館

弘前れんが倉庫美術館について ABOUT Hirosaki Museum of Contemporary Art 2020年6月1日 月 プレオープン 明治期より100年にも及び、近代産業遺産として青森県弘前市の風景を形作ってきた吉野町煉瓦倉庫が、改修を経て、場所の記憶と歴史を継承する美術館に生まれ変わる。 建物の魅力を最大限に生かした国内外の先進的なアートを紹介するとともに、弘前そして東北地域の歴史、文化と向き合う同時代の作品を中心に収集・展示する。 過去から現在、そして未来へと繋がる新たな創造性を喚起する文化創造の拠点となる。 明治・大正期に弘前市の醸造家・福島藤助が酒造工場として建造した煉瓦倉庫では、戦後、リンゴを原料としたシードルが日本で初めて大々的に生産された。 また2002年、2005年、そして2006年と過去3回、弘前市出身のアーティスト奈良美智氏による展覧会が開催された場所としても知られている。 吉野町緑地とともに弘南鉄道大鰐線中央弘前駅、最勝院五重塔、そして岩木山を望むことができるこの場所は、弘前の街の風景として、市民に長年親しまれている。 アクセスマップ ACCESS MAP 〒036-8188 青森県弘前市吉野町2-1 弘前れんが倉庫美術館 利用案内 INFORMATION 弘前れんが倉庫美術館 公式サイトURL 所在地 〒036-8188 青森県弘前市吉野町2-1 最寄駅 JR弘前駅 開館時間 開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30) 開館時間についての追記事項 弘前れんが倉庫美術館は、2020年4月11日(土)の開館を延期していましたが、新型コロナウイルス感染症の予防・拡散防止対策を整え、6月1日(月)より事前予約制でプレオープンを実施します(弘前市民、青森県民対象)。 詳細は公式サイトをご確認ください。 最初の感想・評価を投稿してみませんか? (展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。 こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。 ) 弘前れんが倉庫美術館 開催展覧会情報 EXHIBITION INFO.

次の

青森県の美術館

弘前 レンガ 倉庫 美術館

どっしりと構えた姿が美しい〈弘前れんが倉庫美術館〉の正面玄関。 弘前の過去と未来を繋ぐ美術館 近代産業遺産として長年青森県・弘前市のシンボルだった〈吉野町煉瓦倉庫〉。 それが、建築家・田根剛氏により美術館〈弘前れんが倉庫美術館〉として生まれ変わります。 趣あふれる元煉瓦倉庫の壁面。 広々と奥行きのある受付エントランス。 煉瓦倉庫の面影を残した展示室。 コンセプトは「記憶の継承」と「風景の再生」。 築100年の元煉瓦倉庫の形態はできるだけ留め、耐震性能を高めた館内では、 国内外の先進的なアート、そして弘前や東北地域の歴史、 文化と向き合う同時代の作品を収集し、展示していくのだそう。 今後さまざまな取り組みで使用されるスタジオ。 ライブラリーも併設されています。 館内にはスタジオなども備えており、アートを通して、弘前と世界が繋がり、 過去から未来を結ぶ新たなクリエーションを支える クリエイティブ・ハブ(文化創造の拠点)となってほしい という想いも込められているようです。 もともと4月オープンの予定でしたが、 新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のため、開館が延期に。 6月1日より、まずは弘前市民を対象にした、 事前予約制のプレオープンが決定しました。 さらに6月17日からは、青森県民に来館対象が拡大します。 美術館(ミュージアム)という語源は、記憶の女神の娘である 学問・芸術の女神たちの祀った神殿の名前に由来しているのだそう。 そんな美術館と親和性の高い「記憶」をキーワードに、 場所と建物の「記憶」に焦点をあて、尹秀珍、 ジャン=ミシェル・オトニエル、笹本晃、畠山直哉、藤井光、 奈良美智、ナウィン・ラワンチャイクン、潘逸舟[弘前エクスチェンジ]ら 8名のアーティストがそれぞれ作品を披露。 また『弘前エクスチェンジ』と題して、 弘前出身や地域の文化に新たな視点をもたらしてくれるアーティストらを招き、 滞在制作や調査研究、地域コミュニティとの関係性を通してのプロジェクトを行ったり、 トークやレクチャー、ワークショップなども予定されています。 第1回では、弘前ゆかりのアーティスト潘逸舟(ハン・イシュ)氏を招聘し、 弘前で発表した最初の作品や代表作、滞在制作を展示。 日本にまた、新たな注目のミュージアムが誕生しました。 弘前から生まれる創造の和は、私たちに何を見せてくれるのでしょうか。 期待を胸に、今後の動きに注目しておきましょう。 住所:青森県弘前市吉野町2-1 プレオープン期間(事前予約制) 6月1日(月)〜6月15日(月):弘前市民対象 6月17日(水)〜終了日未定:青森県民対象 開館時間:9:00〜17:00 休館日:火曜日(祝日の場合は翌日に振替)、年末年始 アクセス:JR弘前駅より徒歩約20分、タクシー約7分、弘南バス「中土手町」下車 徒歩約4分、「住吉入口」下車徒歩約2分、弘南鉄道大鰐線中央弘前駅より徒歩約3分 Web: 企画展:『Thank You Memory — 醸造から創造へ —』 会期:8月31日(月)までを予定 参加アーティスト:尹秀珍、ジャン=ミシェル・オトニエル、笹本晃、畠山直哉、藤井光、奈良美智、ナウィン・ラワンチャイクン、潘逸舟[弘前エクスチェンジ].

次の

6月1日にプレ・オープンした〈弘前れんが倉庫美術館〉が設計者の田根 剛氏のインタビューを公開 |COMPETITION & EVENT|TECTURE MAG(テクチャーマガジン)

弘前 レンガ 倉庫 美術館

追記 2020年6月2日 6月1日にプレ・オープンした〈弘前れんが倉庫美術館〉が、館の建築設計を手掛けた田根 剛氏のインタビュー映像をで公開。 6回シリーズで投稿されるとのことです。 記憶の継承【建築家・田根剛インタビューVol. 1 】 第1回は、弘前れんが倉庫美術館の設計コンセプトである「記憶の継承」について。 田根さんが建築に込めた思いとは。 初出 2020年5月16日 開館日が延期されていた、青森県の〈弘前れんが倉庫美術館〉が、公式ウェブサイトおよびSNSにて、6月1日(月)にプレ・オープンすることを発表しました。 〈弘前れんが倉庫美術館〉は弘前市の中心部に位置し、元は明治時代にシードルの酒造工場として建てられた煉瓦建築です。 戦後に倉庫として使用され、奈良美智の個展会場としても利用されたこともある、青森の歴史産業遺産でした。 この旧称を、フランス・パリに拠点を構える建築家の田根 剛が率いるAtelier Tsuyoshi Tane Architectsが、美術館として再生(コンバージョン)しました。 田根氏はこれまで、DGT. (DORELL. GHOTMEH. 参考:「建設通信新聞」記事(2017年12月13日) 【吉野町煉瓦倉庫】美術館を核とする文化施設に 既存施設をできるだけ残し改修 Atelier Tsuyoshi Tane Architects 公式ウェブサイト<>より(画像も同じく) 開館スケジュールは昨年7月に発表され、2020年4月11日(土)に開館する予定でしたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の予防・拡大防止のため、スジケジュールが延期となっていました。 6月1日(月)より、館内にアルコール消毒液を設置、換気などの対策を講じて、プレオープンするとのことです。 プレオープン中の休館日や開館時間、そのほか現時点での注意事項は、5月15日に同館が発表したプレスリリースで確認できます。 弘前れんが倉庫美術館 公式インスタグラム(Instagral) 公式ツイッター(Twitter).

次の