インテリア 車 おすすめ。 お洒落なインテリア・雑貨が見つかるおすすめネットショップ・通販サイトまとめ

【2020年版】セダン人気おすすめランキングTOP20【国産車・輸入車別】 | VOKKA [ヴォッカ]

インテリア 車 おすすめ

ユーザーの目的や好みに合った人気車種が分かるようになっています。 【経済性のコンパクトカー】外車・輸入車のおすすめ人気車3車種! 欧州カテゴリーでもっとも小さいサイズのAセグメントには経済性に優れたコンパクトカーが揃っています。 欧州各国のタウンユースを目的に開発されていることから細い道路でも軽快に走れることが特徴です。 都市圏がカーライフの中心となっているユーザーに人気があります。 スマホをインフォテイメントシステムにできるフォルクスワーゲン・UP! スペック 新車価格 159. 9〜197. 4万円 中古車価格 35. 5〜133. 9万円 燃費(JC08モード) 22. 6m おすすめのポイント ボディサイズは軽自動車より大きく日産のマーチよりやや小さいため、初心者のエントリーモデルや運転に慣れていない女性に最適な車種です。 アイドリングストップや減速時エネルギーを電力に変えるブレーキエネルギー回生システムなどを搭載しており、JC08モードは22. トランスミッションはUP! 専用の5速ASGが採用されているのでAT限定免許でも乗れます。 人気の理由 実用性を重視するドイツ車の中で遊び心を持っているところが日本国内で人気を集めている理由のひとつです。 インパネ回りのダッシュパッドとシートアクセントにトルネードレッドやハニーイエローメタリックなどの多彩なカラーリングとパターンが設定されており、ボディカラーとのコーディネートが楽しめます。 センタークラスターにはナビ用のディスプレイはありませんが、スマホを接続すれば専用のインフォテイメントシステムとして機能できるように設定されています。 ナビやオーディオなどに加え、水温や回転数などの情報、さらにフォルクスワーゲンのカスタマーセンターへフリーダイヤルで連絡することもできます。 実用性もドイツ車らしくしっかり備えており、後部席を使用した状態の荷室容量は251L、後部席背もたれを倒せば959Lまで拡大します。 セカンドカーに個性を求めたいユーザーからも人気のある車種です。 エンジン音までイタリア車らしいフィアット・500 Twin Air スペック 新車価格 235. 0万円 中古車価格 59. 8〜158. 6万円 燃費(JC08モード) 24. 7m おすすめのポイント 排気量わずか875ccの直列2気筒にインタークーラー付きターボを装着したエンジンなので燃費効率が良く、JC08モードは直列4気筒1240ccのエンジンを搭載したPOPを大きく上回っています。 ボディサイズや室内装備はPOPと変わりありません。 キュートなデザインは都市圏で注目を集めるだけでなく、細い道路でもスイスイと走れる実用性を持っています。 POPよりもさらに個性的で経済的な車種を求めるユーザーにぴったりの1台です。 燃費効率が良い要因はエンジン構造の他にトランスミッションのディアロジックが大きく関わっています。 クラッチとマニュアルギア操作を自動制御でコントロールできるのでメカニカルロスが少なく軽量化に役立っています。 2気筒のため、バタバタとユニークなエンジン音を立てるところがいかにもイタリア車らしく、これも人気要因のひとつになっています。 インテリアは初代500の雰囲気を打ち出したビンテージデザインで、メーターフードやセンタークラスターなど全体的に丸味を帯びたデザインが特徴です。 センスよく乗りこなせば誰でも粋に見える車種です。 小回りが効くRRレイアウトのルノー・トゥインゴ スペック 新車価格 177. 0〜229. 0万円 中古車価格 115. 0〜145. 9万円 燃費(JC08モード) 21. 3m おすすめのポイント 細い路地や石畳の路面、急な坂道といったパリ独特の道路事情に合わせて開発した車種です。 2490mmのロングホイールベースを持ちながら最小回転半径は4. 3mと小さく、後部席は大人が足を組んでも膝下に余裕があります。 9L直列3気筒ターボモデルを選べば6速EDCトランスミッションがセットになっているのでAT限定免許でも運転できます。 経済性とフランスのエスプリが好きなユーザーにぴったりの1台です。 人気の理由 最小回転半径が軽自動車並に小さいのはエンジンをリアに積んでいるため、ハンドルの切り角度が大きく取れるからです。 RR(リアエンジン・リアドライブ)がトゥインゴ最大の特徴で、FFのようにセンターシャフトがないので室内はフラットになり、ボディサイズからは想像できないほどの広い空間を確保しています。 RRのレイアウトで気になるのは荷室容量ですが、エンジンやトランスミッションをコンパクトに設計していることから、4人乗車時でも最大219Lを確保、さらに後部席を倒せば1336mmのフラットフロアになって980Lまで拡大します。 エクステリア、インテリアともにドイツ車ほど生真面目ではないけれど、イタリア車ほどイケイケではない、ほどよいセンスでまとめているところが人気につながっています。 スイッチ類は機能よりもデザインを優先しており、ステアリングは下部を水平にしたスポーティタイプ、メーターパネルからセンタークラスターまでをカラーパネルで囲っており、ブルー、ルージュ、ブランの3色から選べます。 小粋なセンスが光る車種です。 【実用性のステーションワゴン】外車・輸入車のおすすめ人気車3車種! 輸入車の中でも欧州車は1台で日常生活からレジャーまで対応できるオールラウンドな車種が揃っています。 日本と似ていますが、異なるのは操縦性能を重視していることです。 そのため、ミニバンのようなボディ形状よりも2BOXハッチバックやステーションワゴンが大半を占めます。 マルチユースの車内空間とブランドの風格を備えたメルセデス・ベンツBクラス スペック 新車価格 364. 0万円 中古車価格 69. 8〜287. 0万円 燃費(JC08モード) 17. 2m おすすめのポイント ステーションワゴンよりもやや背が高く、多彩なシートアレンジができるのでマルチに使える車種です。 ラゲッジルームは後部席を使用した状態で488L、後部席を前倒させると1547Lの広いスペースとなります。 また後部席は2:1の左右分割機能を備えており、人乗車でも長い荷物を積むことができます。 エクステリア、インテリアともにメルセデス・ベンツの風格を備えているので、国産ステーションワゴンと一線を画したいユーザーにぴったりの1台です。 人気の理由 ユーティリティ性というだけでなく、メルセデス・ベンツのブランドに相応しい装備を持っていることが人気の最大要因です。 とくに安全面では国産車には見られない装備があり、そのひとつがPRE-SAFEです。 危険回避のために急ブレーキや急ハンドルを切った際、電動シートベルトテンショナーを作動させてドライバーと助手席同乗者の身体を固定させ、サイドウインドウなどを自動的に閉めて車内への異物進入を防止すると同時に乗員の身体の一部が出ることを防ぎます。 パッシブセーフティで一歩先を行く装備です。 走行面では快適性と経済性を向上させる機能が満載されています。 エクステリアはいかにも「ベンツ」ですが、エアロダイナミクスに優れており、cd値は0. 25を記録、燃費運転や快適性重視など走行パターンを選べるダイナミックセレクトも装備されています。 ボディサイズもそれほど大きくないので、比較的誰でも気軽に運転できる車種にまとめられています。 北欧デザインと安全性能の伝統を継承するボルボV40 スペック 新車価格 299. 0〜455. 0万円 中古車価格 117. 7〜278. 0万円 燃費(JC08モード) 15. 9〜20. 2〜5. 5m おすすめのポイント 実用性のあるステーションワゴンにもデザインセンスが欲しいというユーザーにぴったりの1台です。 ボルボはV40を「5ドアクーペ」と称しており、あえてワゴンと呼んでいません。 Aピラーからルーフに流れるラインは確かにスタイリッシュなクーペそのものですが、荷室容量を犠牲にせず、後部席使用状態で335Lとたっぷり容量を取っているところが実用性の高いボルボらしいところです。 人気の理由 スウェーデンのコングロマリット、ボルボが乗用車部門のボルボ・カーズをフォードに売却してからしばらくは低迷していましたが、フォードが中国のジーリーホールディングに売却後はボルボ本来の特色を取り戻し、品質の高い車種を次々に販売開始しました。 北欧特有のデザインが日本人の感受性に合うこともあって、ボルボはV40に限らず全体的に人気が急上昇しています。 V40にもボルボ統一のスカンジナビアンデザインが取り入れられています。 陽光を柔らかく取り入れるキャビン設計に加え、体全体をしっかりと包むシートにはクラフトマンシップを感じさせるステッチ、フローティングタイプのセンタースタックには北欧家具を思わせる木目パネルが使用されています。 ボルボ伝統の安全性も進化しました。 追突回避・軽減ブレーキシステムを始めとして最先端のアクティブセーフティに加え、パッシブセーフティでは衝撃の際、乗員をシートベルトで瞬時に固定して防護するシステムを備えています。 単なる人間工学の観点だけでなく感受性まで考慮した車種といえます。 ルノー・カングーは運転する楽しさも備えたワゴン スペック 新車価格 249. 0〜259. 9万円 中古車価格 58. 0〜199. 9万円 燃費(JC08モード) 14. 4m おすすめのポイント 5人乗りのワゴンですが、ボディサイズは日本の5ナンバーミニバンよりも大きく、ボンネットを設けているので運転席のヒップポイントは乗用車並という、際立った個性を持っている車種です。 国産のコンパクトワゴンやミニバンは機能性に優れていることは認めても、もっと乗ることが楽しくなる個性が欲しいと思っているユーザーに最適の車種です。 価格が国産5ナンバーミニバンより安い点も魅力のひとつです。 人気の理由 荷室高1155mm、荷室幅1121mm、荷室長611mmという大容量のラゲッジスペースが人気の最大要因です。 後部席背もたれを前倒させると荷室長は1803mmまで広がり、床面がフルフラットになるのでいろいろな荷物を乗せられることに加え、寝具さえあれば大人2人が車中泊することもできます。 また後部ドアは両側がスライド式、バックドアは左右横開きなので小さな子供や高齢者でも乗降がスムーズになり、後ろのスペースが少ない場所でも荷物の積み下ろしをラクに行えます。 搭載しているエンジンは1. 2Lの直列4気筒でターボチャージャーが装着されています。 このエンジンだけを見るとややパワー不足に思えますが、フランス車の面白いところはアンダーパワーでもシフトチェンジを頻繁に行ってパワーピークを引き出すことにあります。 カングーにも6速MTと6速EDCが設定されており、どちらを選んでも小気味良い運転を味わえます。 実用性重視のタイプに見えますが、じつは運転の楽しさもしっかり備えたフランスの人気車種です。 【快適性のセダン】外車・輸入車のおすすめ人気車3車種! 外車・輸入車の快適性最上級はセダンにあります。 ラゲッジルームとキャビンを分離することは室内の静粛性を保つだけでなく、乗員と荷物の空間を独立させることが気分的な快適性にもつながるからです。 輸入車の快適性は上を見ればキリがありませんが、ここでは国産クラウンと同程度の価格帯、ボディサイズを選びました。 EクラスやSクラス並の快適性を持つメルセデス・ベンツCクラス スペック 新車価格 449. 0〜578. 0万円 中古車価格 146. 0〜358. インテリアの質感はEクラスやSクラスに匹敵するほど高いクオリティを保っており、走行性能や安全機能は最先端技術が投入されています。 このCクラスは「アジリティ」と呼ばれる俊敏性をテーマに開発しました。 乗員の快適性や安全性と同時に運転する楽しみを求めたいユーザーにぴったりの1台です。 人気の理由 高いブランド力はそれだけで人気を集める要因になりますが、そのブランド力を維持しているのはつねにメルセデス・ベンツの最先端技術です。 走行性能では上級モデルで採用されているAIR BODY CONTROLサスペンションが設定されました。 エアスプリングと電子制御ダンパーの組み合わせにより、乗員の快適性を確保すると同時にSportモードを選択すればセダンとは思えないほどの俊敏性を発揮、爽快な走りを味わえます。 搭載しているエンジンはダウンサイジング化により1. 5〜1. 6L(クリーンディーゼルは2. 0L の直列4気筒ターボ装着タイプです。 エンジン性能だけではややアンダーパワーとなるものの、電子制御9速AT、9G-TRONICを装備しているのでピークパワーを効率良く、滑らかに引き出せます。 「ベンツ」と聞くだけで拒絶感を保つユーザーも1度はステアリングを握ってみる価値のあるセダンです。 オーソドックスなボディの中に端正な造形美を持つアウディ・A4 スペック 新車価格 447. 0〜558. 0万円 中古車価格 158. 0〜354. 0万円 燃費(JC08モード) 15. 5〜16. 5m おすすめのポイント 欧州カテゴリーのDセグメントでメルセデス・ベンツCクラスと激しくトップ争いをしているのがA4です。 ボディサイズがややCクラスよりも大きいこと、スタンダードなセダンのエクステリアを持ちながらFFのレイアウトであることが特徴のひとつで、Cクラスよりも広い車内空間が欲しい、あるいはCクラスの先鋭的で強い存在感がイヤ!というアンチ「ベンツ」派にぴったりの1台です。 人気の理由 A4の人気を支えている理由のひとつに端正なボディラインと造形美があります。 水平基調としながらも微妙な曲線で構成されているショルダーラインやルーフライン、チリ(各ボディパーツの隙間)がほとんど見られずボディと一体化しているクラムシェル型ボンネットなど、そのエクステリアだけで所有する満足感を与えてくれます。 インパネ回りは操作性重視の典型的なジャーマンデザインで、上質な装備による気品に包まれています。 FFレイアウトなので前部席、後部席とも足元に余裕があることも人気要因です。 メーターパネルには12. 3インチの液晶モニターで構成するバーチャルコクピットが設定されています。 ナビやスピードメーター、ガソリン残量など各種情報を表示、ステアリングのスイッチで情報切り替えができるので運転に集中できます。 その他、レーザーマトリクスLEDヘッドライトやナイトビジョンなど、まるでSFの世界に出てくるようなネーミングの装備が用意されています。 外見はオーソドックスでも中身は最先端技術がぎっしり詰まった車種です。 元祖ラグジュアリー系代表格のキャデラック・ATSセダン スペック 新車価格 495. 0〜527. 4万円 中古車価格 238.. 0〜398. キャデラックは元祖ラグジュアリー系だけにミドルクラスのATSセダンでも十分なパフォーマンスを発揮します。 左ハンドルというデメリットはあるものの、アメ車独特のラグジュアリー感に惹かれるユーザーであれば試乗してみる価値は十分にあるセダンです。 人気の理由 日本国内では人気薄ですが本国アメリカでは絶大な人気を誇っています。 人気要因はキャデラックという単なるブランド力ではなく、快適性と走行性を向上させる様々な機能です。 その代表的な機能がマグネティックライドコントロールです。 これはキャデラック独自の磁性流体減衰力制御システムで、路面状況に合わせて1000分の1秒単位でダンパーの減衰力を調整、快適な乗り心地だけでなく安定した操縦性にも役立っています。 搭載しているエンジンは直列4気筒2. 0Lにターボチャージャーが装着されています。 最高出力203kW(276PS)は十分なパワーといえますが、これをさらに効率よく引き出すのが8速ATです。 また強い荷重がかかる前輪ブレーキにはブレンボ製が採用されました。 インテリアではパドルシフトにマグネシウム、インパネにはカーボンファイバーを使い、シートには本革とフレンチステッチを用いるなど先端素材とクラフトマンシップを融合させて上品な空間を作り出しています。 アメ車アレルギーを払拭する実力を持った1台です。 【趣味性・スポーティーカー】外車・輸入車のおすすめ人気車3車種! 欧州では車社会の普及や技術発展にレースが重要な役割を果たしただけに、市販車にも多くのスポーツタイプがあります。 欧州スポーツカーも快適性と同じく上を見るとキリがないので、ここでは一般ユースも十分に可能な車種を選んでいます。 ハイパワーのシルキー6(シックス)を搭載したBMW・240i スペック 新車価格 698. 0万円 中古車価格 259. 8〜439. 0Lを搭載した240iです。 BMWの直列6気筒はシルキー6と呼ばれるほど滑らかさとハイパワーを両立させたエンジンで、最高出力は250kW(340PS)に達します。 ボディサイズが長くなり、フロントの重量配分が多くなることから敬遠されがちな直6を熟成させて使い続けているところにスポーティな走行性能を強く打ち出しているBMWらしさが感じられます。 人気の理由 BMWの中では比較的小さい部類のボディサイズなので日本国内で運転しやすいことが人気理由のひとつに上げられます。 ハイパワーを支える足回りにはBMW独自のアダプティブMサスペンションを240i専用にチューンしたタイプが装着されています。 ステアリングの切り角度と速度によってギアレシオを変化させるバリアブルスポーツステアリングもついており、ゆったりとしたクルージングからワインディングロードでポテンシャルを発揮させるスポーティ走行まで楽しめる仕様になっています。 コクピットは他の2シリーズとレイアウトに大きな違いはありませんが、シートに座った瞬間、スポーツモデルであることが実感できます。 身体を包み込むようなセミバケットタイプはホールド性と快適性を両立させており、センターコンソールの膝元にはコーナリングの最中でも姿勢をサポートするニーパッドが装着されています。 都市圏をハイギアードで低速走行していてもスポーツマインドが感じられる1台です。 F-1 と同じローンチコントロールを装備するルノー・ルーテシアR. スペック 新車価格 334. 0万円 中古車価格 123. 7〜257. 搭載しているエンジンがターボチャージャー付きの1. 6Lなので最高出力こそ162kW(220PS)と標準値ですが、ややローギアードで設定している6速EDCを操作することでパワーピークをキープする楽しさが生まれます。 ドイツのスポーティカーのようにハイパワーでボディを引っ張るのではなく、あくまで運転スキルを活かせる車種を求めるユーザーにぴったりの1台です。 人気の理由 ホットハッチといってもベース車は2BOXハッチバックのルーテシアです。 スポーツシートやレッドステッチのステアリング、アルミペダルなどスポーティカーのエッセンスを控えめに混ぜているものの、強いインパクトはありません。 女性でも違和感なく操縦できる雰囲気があり、実際、アクセルを踏み込まない限りは2000回転で最大トルクを発揮するのでファミリーユースにも十分対応できる懐の深さがあります。 ただし、アクセルを最高出力のピークとなる6000回転まで踏み込むと一気に異次元の世界に突入、ホットハッチのヤンチャな表情を見せます。 またスポーツマインドを沸き立たせる機能のひとつがローンチコントロールです。 F-1からフィードバックされた技術で、左足ブレーキの停止状態からパワーロスせずにスタート、最適のタイミングでシフトアップを行う機能です。 妻や子供にカモフラージュ目的で「とりあえず家族で使える車だから」と説得しつつ、スポーティな車を欲しがる中高年男性から人気を集める車種です。 官能的なエグゾーストノートが魅力のアルファロメオ・ジュリエッタヴェローチェ スペック 新車価格 424. 4万円 中古車価格 278. 0〜379. 0万円 燃費(JC08モード) 10. 5m おすすめのポイント 欧州カテゴリーのCセグメントに属するジュリエッタのホットモデルです。 一般的なグレードでも十分に甲高いエグゾーストノートを楽しめますが、走行性能まで伴うタイプが欲しいユーザーにはヴェローチェがおすすめです。 インタークーラー付きターボチャージャーのエンジンはショートストローク型に変えられ、排気量は1. 7L、最高出力は177kW(240PS)まで引き上げられています。 イタリアのじゃじゃ馬を乗りこなしたいユーザーに最適のスポーティカーです。 人気の理由 艷やかなイタリアンデザインが人気を集める理由です。 ブラックで統一されたインテリアはダッシュボードにカーボンパネルを使い、メーターリングやエアコンアウトレットなどをシルバーモールで加飾、モノトーンの中にさり気なくステアリングやシフトブーツに赤いステッチを織り交ぜるといった粋な配色を施しています。 エクステリアやインテリアよりも艷やかさでユーザーを魅了するのはアルファ特有のエグゾーストノートです。 小気味よく吹け上がる回転とシンクロする甲高いサウンドはまさに「イタリアの官能」と呼ぶに相応しい音です。 パワーを体感させるドイツ車、スキルで車を操る面白さのフランス車とは違った、スポーティカーの真髄を感受性に訴えてくる1台です。 中古車業界第1位の 中古車マッチング 最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の 約6割もの人が、中古車を選択しています! 中古車販売シェアNO. 1の では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。

次の

ラグジュアリー重視の高級車といえばコレ!内装ランキングTOP5

インテリア 車 おすすめ

ヴォクシーの車内に高級感を出し、また雰囲気を一気に変えてくれるカスタムアイテムが、インテリアパネルです。 内装用の強力両面テープで貼り付けるだけなので、友人や家族と楽しく・簡単にドレスアップ作業をすることができます。 やはり、ドレスアップを自分でするのも楽しみの一つだと思うので、見た目だけでなく、取り付けが簡単なのもインテリアパネルのおすすめポイントです。 シルクブレイズのインテリアパネル 車のドレスアップをしたことがある人や、ドレスアップ本を見たことがある人なら、説明不要な知名度のシルクブレイズです。 ヴォクシーだけでなく、多くの車のドレスアップアイテムを製造・販売しています。 パネルカラーは3色から選べるので、ボディーカラーなどと色のバランスを考えて選ぶといいです。 セカンドステージのインテリアパネル セカンドステージは逆にインテリアパネルに特化したメーカーと言えます。 それゆえ、セカンドステージも自社製品のインテリアパネルに、絶対の自信を持っています。 他社にはないカラーもあり、7色から選べるようになっています。 また、エアコン送風口、シフトノブ周辺パネルなどのセット販売もしています。 インテリアパネル以外の購入も考えている人は、セット販売の方が価格も安いので、個別で購入しないように注意してください。

次の

車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】【自動車Webマガジン】

インテリア 車 おすすめ

高級車といえば、エクステリアや内装のクオリティは購入の決め手となる、重要なポイントの一つであると考えられます。 高級車の場合には、長時間のドライブでも心地よさを感じるような、快適なプライベート空間が求められます。 内装の評価の基準は、豪華さ、エレガント(上品)さ、素材の上質感、ブランド力やコンセプト、デザインの好み、押しの強さ等、十人十色です。 特にデザインについては、メッキパーツを多用した、ゴージャスで押しの強いデザインが好みの方や、上品で落ち着いたデザインが好みの方など、個人差が大きいように思います。 そこで今回は客観的な評価基準を用いて、内装クオリティの優れた高級車をランキング形式でまとめてみました。 車種につきましては、ラグジュアリーの王道である「セダン」、人気上昇中の「SUV」、そしてスポーツカークラスの「クーペ」の3つに分けてみました。 さっそく1位から順番に見ていきましょう! 2018年6月25日更新• セダン部門• ~セダン部門~ メルセデス・ベンツ Sクラス(2017)• 新車価格:1025~3297万円• 内装評価値:9. 2ポイント セダン部門の第1位は、高級車ブランドの老舗「メルセデス・ベンツ」の最上級セダンです。 ラグジュアリーカーとしての最高峰の快適性、内装の質感、先駆的なハイテク装備などを有しています。 価格帯が998万円~3297万円と幅広いのが特徴で、エントリーグレードはハイブリッドモデル 300h となっています。 特にSクラスマイバッハの後席は、ファーストクラスのおもてなし空間となっています。 ~セダン部門~ ボルボS90• 新車価格:664~842万円• 内装評価値:9. 0ポイント セダンの第2位は、安全性への徹底したこだわりを持つ、スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」のラグジュアリーセダンです。 SUV部門1位のXC90と同様に、北欧デザインをベースとした 温かさのある内装空間が高く評価されています。 見た目の雰囲気が気に入った方にオススメできます。 日本では限定500台販売となっていて、プレミアムな車として価値があるのではと思います。 ~セダン部門~ メルセデス・ベンツ Eクラス(2017)• 新車価格:1025~3297万円• 内装評価値:8. 9ポイント セダン部門の第3位は、メルセデス・ベンツのEクラスです。 このEクラスは、セダン部門1位のSクラスの「上品さ」と、Cクラスの「スポーティさ」を融合したデザインとなっています。 youtube. ~セダン部門~ BMW 5シリーズ(2017)• 新車価格:617~1017万円• 内装評価値:8. 8ポイント セダン部門の第4位は、BMWのミドルクラスのセダンである5シリーズです。 ラグジュアリーセダンとして、快適かつ上質な室内空間を持ち、同クラスのセダンの中ではラゲッジルームが特に広いところもセールスポイントとして挙げられます。 BMWといえば、個人的には内装のクオリティは二の次という印象があります。 でも、ライバル車の質感が全体的に上がってきている中、そうは言ってられない状態になり、2シリーズのグランツアラーあたりから力を入れていることが明確にわかります。 ~セダン部門~ アウディ A8(2017)• 新車価格:1129~2240万円• 内装評価値:8. 8ポイント セダン部門の第5位は、アウディの最上級セダンであるA8です。 2010年から発売されているモデルですが、近々フルモデルチェンジが予定されています。 ハイテクのフラッグシップカーとして、レベル3の自動運転技術が搭載される予定です。 ~SUV部門~ ボルボ XC90(2017)• 新車価格:774~909万円• 内装評価値:8. 9ポイント SUVの第1位は、安全性への徹底したこだわりを持つ、スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」のラグジュアリーSUVです。 V40と同じく、トールハンマーを模したLEDヘッドライトが採用され、北欧デザインならではのシンプルで温かみのある内装が特徴的です。 最先端の安全装備やドライバー中心の設計はもとより、室内空間やラゲッジスペースの広さ、直感的な操作感、燃費効率の良さも高評価されています。 ~SUV部門~ アウディ Q7(2017)• 新車価格:804~929万円• 内装評価値:8. 8ポイント SUV部門の第2位は、アウディのラグジュアリーSUVであるQ7です。 全幅1. 97メートル、全長5メートルの大きなSUVであり、広い後席スペースと積載スペースを持ちます。 一方で粘り強いハンドリングも持ち味となっていて、ワゴンクラスのクルマのように俊敏な走りを実現しています。 マトリクスLEDヘッドライト装着で夜間のドライブでも視界がクリアです。 youtube. ~SUV部門~ メルセデス・ベンツ GLSクラス(2017)• 新車価格:1070~1500万円• 内装評価値:8. 6ポイント SUV部門の第3位は、メルセデス・ベンツのGLSクラスです。 ボリュームたっぷりの3列シートの室内空間があり、SUVらしからぬしなかやな乗り心地を実現しています。 内装クオリティは8. 6ポイントと高い値ですが、新設計のEクラスやGLCクラス等と比べるとやや見劣りする面もあります。 youtube. ~SUV部門~ ランドローバー レンジローバー ディスカバリー(2017)• 新車価格:779~1031万円• 内装評価値:8. 6ポイント SUV部門の第4位は、イギリスの自動車ブランド「ランドローバー」のディスカバリーです。 このランキングで、過酷な道を走り抜けることに最もこだわったオフロード用の高級SUVです。 日本では2017年4月から限定販売モデルが販売されています。 ~SUV部門~ メルセデス・ベンツ GLC(2017)• 新車価格:597~769万円• 内装評価値:8. 5ポイント SUV部門の第5位は、メルセデス・ベンツのラグジュアリー・コンパクトSUVです。 洗練されたインテリアのクオリティと、快適で静かな室内空間、そして充実した安全装備が評価ポイントです。 SUVとクーペが融合したスタイルの「GLC クーペ」も人気があります。 youtube. ~クーペ部門~ レクサスLC(2018)• 新車価格:1300~1450万円• 内装評価値:8. 9ポイント クーペ部門では、レクサスの新開発ラグジュアリー・クーペが第1位となりました。 スポーツとラグジュアリーが見事に調和したハイレベルなクーペとして、国産ラグジュアリーカーの中では唯一無二といっていいほど高く評価されています。 ~クーペ部門~ アウディ R8(2017)• 新車価格:2456万円~• 内装評価値:8. 7ポイント クーペ部門の第2位は、アウディのスペシャリティ・クーペであるR8です。 R8は価格的にも、スーパーカーのカテゴリーに属すると思われますが、洗練されたデザイン・クオリティが高く評価されている模様です。 youtube. ~クーペ部門~ ポルシェ 718 ボクスター(2017)• 新車価格:658~904万円• 内装評価値:8. 3ポイント クーペ部門の第4位は、スポーツカーの開発で世界トップクラスの評価を得ている「ポルシェ」のオープンクーペです。 日本の街中に適したボディサイズを持ち、山道のワインディングでスポーツドライブを気軽に楽しめる一台です。 youtube. ~クーペ部門~ シボレー コルベット(2017)• 新車価格:994~1485万円• 内装評価値:8. 3ポイント クーペ部門の第5位は、アメリカの自動車メーカー「シボレー」の高性能スポーツカーです。 独特のアスリートルックスのエクステリアが示すように、とてもパワフルなエンジンとスポーティなハンドリングを持ち味とします。 特にZ06やグランスポーツのコーナリングでは、スーパーカーに劣らないパフォーマンスを発揮します。 youtube. コミコミ1000万円を超えるような高級車がズラリと並びましたが、ランキングを見返すと、 メルセデス・ベンツがライバルの中で頭一つ抜けていることがわかります。 また、アウディも次点で評価が高く、レクサスやボルボが上位に食い込んでいることや、BMWの近年のラグジュアリー感アップも見逃せないところです。 実はこの他にも、今回のランキングには入っていない、いわばスーパー・ラグジュアリークラスの車も存在します。 その中でもラグジュアリーの筆頭に挙がるのが、ロールスロイスシリーズです。 ラインナップにはゴーストII(3275万円~)、ファントム(5167万円~)などがあり、VIP送迎用のおもてなしカーとしても世界中で活躍しています。 そしてライバル的存在である、ベントレーのフライングスパー(1945万円~)やミュザンヌ(3470万円~)、新開発SUVのベンテイガ(2695万円~)も人気があります。 また、スポーツカーの極みである「スーパーカー」としては、フェラーリ・ランボルギーニ・マクラーレンなどの自動車メーカーが挙げられ、加速・旋回・減速のパフォーマンスのすべてが超高性能なことに加えて、個性的でスポーティな内装を持ちます。 ちなみにこの手の最高級車は日本の街中では軒並み大きすぎるサイズのため、保管スペースの制限(機械式駐車場はよほど大きなスペースでないとダメ)や狭い道での取り回しに難があり、出先の道幅や傾斜も考慮する必要がある、といった欠点もあります。 最近の高級車で要注目なのが、フルモデルチェンジが間近に迫ったレクサスLSです。 LCからデザイン面でも革新的な変化のあったレクサス車ゆえに、LSの内装の質感も大きく向上しているのではと思います。 今後はアウディA9やBMW 9シリーズといった近未来のデザインが採用されたラグジュアリーカーにも要注目です。 近未来の高級車は、スイッチ類が見えないように収納されている、スッキリとしたデザインが特徴です。 本記事が皆さまの参考になりましたら幸いです。 以下の記事も人気があります。 クルマを買い替える予定の方は、(無料)がオススメです!下取りと比べてひと手間かかりますが、古いクルマでも高値査定が期待でき、次車購入時の足しとなる特効薬として 非常に効果的です。

次の