ごちそうさま です。 何げない日常に潜む日本の文化 ~「いただきます」「ごちそうさま」編~

「ごちそうさまでした」の意味と使い方・お礼・メール・返し

ごちそうさま です

ご馳走さま(ごちそうさま)は、に言うのである。 くだけてともいう。 発声の際に、手を合わせたり、軽くお辞儀することもある。 「馳走(ちそう)」とは、元来、「走りまわる」「馬を駆って走らせる」「奔走(ほんそう)する」ことを意味する。 古くは『』(項羽本紀)にもみられる語である。 これが日本にはいったのち、(世話をするためにかけまわるので)世話をすること、面倒をみることといった意味が生まれた。 さらに、用意するためにかけまわることから、心をこめた(食事の)もてなしや、そのためのおいしい食物といった意味が、中世末から近世始めにかけて生まれた。 これに「御」付けられてとなり、接尾語「様」がついて挨拶語となった。 では初出として『』(1809-1813年)の一節「其節はいろいろ御馳走さまになりまして」を挙げている。 食事前の挨拶は「」。 脚注 [ ]• 鎌田正・ 米山寅太郎 (2011), 『新漢語林』 第2版, 大修館書店• 小学館国語辞典編集部(編)(2006), 『精選版 日本国語大辞典』, 小学館. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [日本食品薬化/食育大事典].

次の

知ると誰かに言いたくなる「ごちそうさま」の由来! 漢字にするとなぜ「走」が入る?

ごちそうさま です

「ごちそうさま」はなぜ走る? 1日3回、毎日口にする「ごちそうさま」。 食事の終わりに使う挨拶なのに、なぜ馬を走らせることを意味する馳や走が使われているのでしょうか。 com 飽食の時代と言われる現代からは想像ができないかもしれませんが、スーパーやコンビニもなく冷蔵庫もなかった時代は、食材を準備することはとても大変なことでした。 字の如く、馳走[走り回ること。 (デジタル大辞泉より)]して、食材を集め、食事の準備をし、お客さまをもてなしました。 そういったおもてなしに対する感謝の気持ちから、丁寧な意味をもつ接頭語「御」と、食事を準備してくださった方々への敬意を込めた「様」がつき、「御馳走様」となり、食事を頂いたあとの挨拶の言葉となりました。 そして、走り回って準備されたおもてなしの料理を「御馳走」と言うようになったのです。 com 以上のように、「ごちそうさま」は食事を準備してくださった方々への感謝の言葉として使われているんですね。 そのほか、例えばお土産などで食べ物を頂いた際など、まだ食べていなくても「ごちそうさまです!」と、感謝の気持ちを伝える表現として使われます。 com 食事にまつわる場面以外にも、「ごちそうさま!」が使われるシーン、思い浮かびませんか? そう。 ラブラブな惚気話を聞いた時ですね。 連想ゲームみたいですよね。 食事が終わった時に使う挨拶ということもあり、締めくくり感が出てしまうところはあるかもしれません。 惚気話をしてくれる間柄ということを鑑みれば、話を終わらせるつもりで使ったと誤解されるようなことは少ないかと思いますが、話の腰を折ることがないよう、タイミングを選び、茶目っ気たっぷりに使うのがいいですね。 いかがでしたか? 今は走り回って食材を集めるところから、なんてことはありませんが、お料理をするということはとても大変なこと。 栄養バランスも彩りも考えて毎日三食作ってくれていた母には頭が上がりません。 感謝の気持ちを込めて、残さず食べて、「ごちそうさま」と言いたいですね。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

「ごちそうさまでした」の意味と使い方・お礼・メール・返し

ごちそうさま です

ご馳走さま(ごちそうさま)は、に言うのである。 くだけてともいう。 発声の際に、手を合わせたり、軽くお辞儀することもある。 「馳走(ちそう)」とは、元来、「走りまわる」「馬を駆って走らせる」「奔走(ほんそう)する」ことを意味する。 古くは『』(項羽本紀)にもみられる語である。 これが日本にはいったのち、(世話をするためにかけまわるので)世話をすること、面倒をみることといった意味が生まれた。 さらに、用意するためにかけまわることから、心をこめた(食事の)もてなしや、そのためのおいしい食物といった意味が、中世末から近世始めにかけて生まれた。 これに「御」付けられてとなり、接尾語「様」がついて挨拶語となった。 では初出として『』(1809-1813年)の一節「其節はいろいろ御馳走さまになりまして」を挙げている。 食事前の挨拶は「」。 脚注 [ ]• 鎌田正・ 米山寅太郎 (2011), 『新漢語林』 第2版, 大修館書店• 小学館国語辞典編集部(編)(2006), 『精選版 日本国語大辞典』, 小学館. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [日本食品薬化/食育大事典].

次の