ドッカン バトル ベジータ の 系譜。 「ベジータの系譜」カテゴリのテンプレパーティ【ドッカンバトル】|GAMY

[ドッカンバトル]無敵を誇るサイヤ人の頂 超サイヤ人4ベジータのキャラクター評価

ドッカン バトル ベジータ の 系譜

DFはそんなに高いほうではないと言いましたが、それでも他のキャラクターとは比較にならないほど高いです。 7倍 極大ダメージというのは本来、必殺技倍率4. 25倍なので実は超特大ダメージにも劣るのですが、このベジータは1ターンATK超大幅上昇のおかげで超絶特大ダメージすら越える必殺技倍率です。 そしてもちろん超必殺技は6. 7倍という異次元領域です。 もちろんサポートとも相性が良いです。 突っ立っていてもDF10万なのに超必殺技後はDF20万にも行きます。 1ターン目でこれは異常です。 対する火力のほう弱くはないですが、フェス限LRの火力としてはえっ?て感じです。 また、アクティブスキルと噛み合っていません。 パッシブスキルが上がりきる前に発動するからです。 それこそ対となる悟空にかなり遅れをとってます。 フェス限LRでなんでこんな性能にしたのかちょっと理解できませんね。 7倍の威力ですし、その超必殺技を安定させるこの気力性能は強すぎます。 カテゴリ評価 「ベジータの系譜」「純粋サイヤ人」「邪悪龍編」 悟空と同じでどこでも間違いなくスタメンです。 初動は気になりますが、それでも強すぎます。 潜在スキルの振り方 会心14 連撃12 連撃の1ターンATK大幅上昇は普通の必殺技になり、倍率は6. 25倍です。 なので、半々にしてみました。 会心はアクティブスキルでも抽選されるのでちょい多めで、超サイヤ人4孫悟空より連撃の旨みが小さいということもありますし。

次の

ドッカンバトル インフィニットドラゴンヒストリー ベジータの系譜編

ドッカン バトル ベジータ の 系譜

1,2ターン目からでも強くなるステータスは、バトルロードなどの短期決戦でも余裕で通用。 避ける程に溜まる気力と優秀なリンクで、必殺を撃ち漏らすことも無く、毎ターン超必殺も簡単。 2万 DEF17万からの超 or 高確率回避はヤバい!!! 技上げ 初期名義は 超サイヤ人ゴッド イベント 『神と神』でドロップする、 SR超サイヤ人孫悟空をドッカン覚醒させて可能。 メダル集めがめんどくさいので注意。 潜在解放 全属性に等倍で攻撃できる火力を伸ばす 『会心』全振り。 悟空伝・ドラゴンヒストリー 尻上がりに敵が強くなる 『 悟空伝』では、超高確率回避を敵が弱い段階で使ってしまうが、安心してステータスを上げていける真・身勝手悟空。 癖のないシンプルに強い性能はどのカテゴリに入れても活躍できるが、一番合うのはリーダー補正値とリンク的に 「神次元」か 「第7宇宙代表」 後は、できるだけ1枠目に攻撃するだけ。 必殺効果 「ガード無効」により、自身だけでなく後続もそのターンは属性無視の等倍で攻撃可能になる、地味に優秀なスキル! 悟空伝なら、体属性多めにすると苦戦する力属性みたいな、苦手属性戦を緩和できるのは大きい効果。 あと、気を付けないといけないのが、一部の強敵が持っているスキル 「回避無効」 長所が殺されるステージでは、全力でアイテム必須!! バトルロード 段階を踏んで強くなっていく性能だが 『 極限バトロ』でも通用する、短期戦の超エース!!! 評価 決してぶっ壊れではなく、フェス限でもない。 大きなイベント前の空白期間を埋めるだけの、SALE石もない 『 伝説降臨』でセルラン1位!!.

次の

【ドッカンバトル】4周年記念LR超4コンビがめちゃ強?!

ドッカン バトル ベジータ の 系譜

【ゆずれない決着】魔人ベジータの考察です。 リーダー評価:7. 0点 サブ評価:8. 50倍 必殺技 『ダークインパクト』 必殺技倍率 5. が実装されています。 気玉取得と必殺追加効果でATK,DEFを大爆発させる、通常ガシャ産キャラクターとしてはトップクラスの地力を誇るキャラクターです。 極限による高ステータス、通常ガシャ産でありながら1. 取り敢えず、気玉6個・気玉10個取得時におけるATK,DEF値がどの程度になるか見てみましょう。 御覧のように、例えば『』カテゴリでリーダーのと並べば、虹なら特攻抜きの気玉6個からでも『 ATK210万・DEF15万』という値を叩き出せます。 昨今では『ATK,DEF無限上昇』効果のバーゲンセールにより、長期戦なら高いATK,DEFも出せるというタイプのキャラは増えて来ましたが、初手からここまで凄まじいATK,DEFを出せるキャラというのはほんの一握りです。 フェス限定キャラクターであってもそうそう見られる値ではなく、これと互角以上となると2019年登場の最新フェス限を引っ張り出すレベルですから、短期戦でも長期戦でも、今の最高難易度イベントの最前線で余裕で通用しまくるレベルです。 そして、『vs孫悟空の系譜』だったり、気玉を更に大量取得出来れば、その遥か上を行くポテンシャルをも引き出せます。 『』は特攻対象となるキャラも多く、特にイメージしやすいのは『』で、ここなら常時特攻が発動するのでATK,DEFは更に一段上を行きます。 実戦レベルで『ATK300万・DEF20万』なんて値を叩き出すことも十分可能なポテンシャルを秘めており、リーダースキルも並みのキャラクターとは一線を画する水準で、通常ガシャ産キャラクターとしては間違いなくトップ集団の中に混じって来たキャラクターです。 ただ、気力リンクは多くのカテゴリでリーダーとは噛み合わず、変換持ちなので安定度は高いと言えど2,3個程度で終わってしまうケースもあるでしょうから、やはり安定度には若干欠ける部分もあります。 このベジータは属する6カテゴリのリーダー全てと効果の高い気力リンクが全く繋がらず、の変身後とだけようやく短期決戦が合うという感じなので、多くの編成では気力リンクをぶった切りやすいです。 自分は変換した気玉を自分で取れば気力問題は自己解決出来ますが、例えば2番目に置くと1番目と3番目のキャラは明らかに気力不足に喘ぐことになるので、『』カテゴリ以外では順列縛りの気も感じやすいでしょう。 しかし、前述したようにこのベジータの気玉変換は『色固定』なので裏のターンから調整しやすい部分もありますし、気力リンクに関しても1番目や3番目に置いて他の2人がリンクさえしていれば、自分は変換した気玉を取って自己完結すればいいだけなので、そこさえ守れば別に邪魔になることも無いでしょう。 『最低限』『平均値』『ハマった時』全てが非常にハイレベルで、通常ガシャ産キャラクターとしては文句無しのパワーアップを遂げています。 これだけの力を持ち、同名カードとしても最強、大乱戦のリーダーとしてまで価値が高いのですから、解放適正は非常に高いです。 スキルに関しては、流石にこれだけのパワーが出せるのであれば『会心』はしっかり伸ばしたいです。 場合によってはATK300万前後が出るケースすらありますし…。 ただ、『連続攻撃』も1発引くだけでDEFが6万、7万と上がるケースもあるので普通に美味しく、大乱戦でも採用価値の高いキャラクターなので『連続攻撃』を捨ててしまうのも勿体ないです。 会心・連撃半々か、会心やや多め程度が無難な所でしょう。 【相性の良いキャラクター一例】 〇 ここと並べることを思い描いているユーザーも少なくないでしょう。 『速と力気玉が両方消える』ということは他の気玉もつながりやすくなりますし、片方しか大量取得が狙えない場合でも、先制攻撃が激しいならフェス限を1番目に置いて『全属性ガード』を狙うも良し、そうでないなら自分が1番目で大量取得して2番目をフェス限に守らせても良し、柔軟な対応が可能です。 ここで組ませて使う人は多いでしょう。 〇 『』におけるリーダーとしての価値も非常に高いです。 サブの性能も素晴らしいですが、リーダーとしての価値も十分にあります。 〇 『サイヤ人の誇り』リンクは系譜カテゴリや好敵手カテゴリだと割と機能します。 要するに強いベジータのカードが多いというだけの話ですが…。 【老界王神は使うべき?】 基本的にイベントでの技上げが出来ないので素材が14枚必要、かなり重いですが、これだけの強さであれば技上げする価値は十分にあるでしょう。 特に技レベル14にならないとDEF大幅上昇の効果が解禁されないので、使うなら技レベルMAXは絶対欲しいです。 一応、ブウ編の物語イベントが進んだ際にドロップ産同名カードが出る可能性とかも無くは無いですが、憶測以上のものでは全くありませんから期待は出来ません。 【引けたら当たり?外れ?】 正確には覚醒前を引き当てることになります。 気力回りの使いにくさはあるものの、完全に2019年フェス限に迫る程の圧倒的なATK,DEFに加えて、リーダーとしての運用価値も通常ガシャ産キャラクターとしてはトップクラスで、 間違いなく当たりと言えるキャラクターに進化しました。 個の性能・リーダースキル含め、通常ガシャ産キャラクターとしてはトップ集団の一員となったことは間違いないでしょう。 3周年フェス、4周年フェスと『周年フェスで2度もピックアップされた』という、フェス限でもないのに周年フェスに縁深いキャラクターですが、その立ち位置に相応しいだけの力も手に入れたでしょう。

次の