このまま 奪っ て。 在宅勤務で夫が子ども部屋を占拠! 夫婦の不仲が奪った息子の居場所…気付けばゲーム三昧、屁理屈の日々

ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』歌詞の意味を解釈!意味深な表現に注目!

このまま 奪っ て

・毎月400時間近くの労働時間 ・月の残業時間が余裕で100時間超え。 その上サービス残業 ・にも関わらずボーナスが2~3万のお小遣い程度 こういった仕打ちを受けながらも、なぜか人はその会社にい続けてしまう。 「どうせ俺なんか他にいくところがないから・・・。 仕方ない我慢しよう」 こんな感覚に陥ってしまうのです。 しかしこれは大きな誤解です。 誤解というようりも典型的なブラック企業の「プロパガンダ手法」に陥らされているだけなのです。 プロパガンダで労働者を封じ込めるブラック企業 ちょっと堅苦しいワードかもしれませんね。 「プロパガンダ」 一体どうゆう意味なのか? プロパガンダ(羅・英: propaganda)は、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為である。 通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。 (参照:) プロパガンダとは本来、政治用語です。 簡単に言えば、ウソや事実を誇張して語ることで、国民を国家に有利なように考え・行動を偏らせていく政治手法です。 煽動の手法とも言えます。 これが「会社に殺される」事とどう関係があるのか? 人間が冷静さを失う瞬間は、自分に余裕が無い時とされています。 特に時間もない、金も無いという状態は選択肢も狭められ、冷静さを失うどころか積極性がなくなりネガティブな思考に陥りがちです。 この弱った心理状態を作り上げたところで、都合のいい情報を流されると、偏った考えでさえも面白いほどに受け入れてしまうというのが典型的なプロパガンダの手法です。 有名な例だと世界では独裁者のアドルフ・ヒトラー、日本ではオウム真理教の麻原彰晃がとった定番中の定番パターンです。 実はこの手法、驚くほどに会社が社員を飼いならす手法に類似しています。 そして厄介なのがプロパガンダは、水面下で仕掛けられているのでなかなか気づきにくいという点。 また強いチカラを持った側(会社)から一方的に、弱い立場(社員)に情報が浴びせられるので扇動操作がなされやすい。 「何かおかしい」と感じながらも、辞めずに頑張ってしまうという背景にはこんなブラック企業のプロパガンダが潜んでいるのです。 度が過ぎたためあなたは「会社に殺される」と感じている とはいえプロパガンダも度が過ぎると「おかしい」と感じる深度が深くなっていきます。 ましてこのままでは「会社に殺される」と感じたあなたはその状態を抜け出すチャンスと言えます。 このまま今の会社で働き続けるのは非常に危険。 上の図を見て下さい。 上記は人口10万にあたりの自殺率の図表です。 男女ともに世界先進国の中では、韓国に次いで自殺率が高いことが分かります。 韓国の場合は年金や核家族の問題での自殺が多いようで、日本のそれとは毛色が若干違います。 (参照:) その証拠に日本では、若者、中年の自殺が多いのが特徴です。 特に労働の中枢である20歳~40歳までの人の死因1位が「自殺」なのは驚きです。 最近の電通の一件などもあり、会社の人材使い潰しが話題に上がってきています。 低賃金、長時間拘束の仕打ちをうけ、「まだまだ頑張れる」「我慢がたりない」などのプロパガンダを吹き込まれれば、頑張ってしまうのが日本人の気質。 挙げ句の果てには、後にも先にも行き場を失って出た行動の結果がこの表に現れているのではないでしょうか? おかしいと感じた時点で、「会社を辞める」という対処法を取ることがいかに大事なことか。 大企業、有名企業が安心なわけではない もしかしたらあなたは、うちの会社に限っては・・・という思いがあるのかもしれません。 ネームバリューがあったり、地元では名のしれた企業であったりと理由は色々あるかもしれません。 ですが安心しないで下さい。 ぶっちゃけた話し、労基法は万能に機能しているわけではありません。 労働基準法違反で訴訟されている事件なんて氷山の一角で、まだまだグレーな部分をすり抜けらて泣き寝入りしている人は大勢います。 それは大企業でもです。 今後法律が変わって、徐々に整備がされてくる可能性はあるのでしょうが、実態としてはまだまだ機能していないのが実態。 逃げて下さい。 会社に殺される前に。 対処法は逃げるだけ 今の現実を変える方法は一つしかありません。 それは「逃げること」です。

次の

秒針を噛む ずっと真夜中でいいのに。 歌詞情報

このまま 奪っ て

【いますぐ脱出せよ!】あなたから柔軟な発想を奪っている10の本能• 本能があなたの柔軟な発想を邪魔してしまう理由• 理解すれば応用できる「10の本能」• 過剰なリスク回避からの解放。 あなただけの視点を掴め! 【いますぐ脱出せよ!】あなたから柔軟な発想を奪っている10の本能 今回の記事は2018年に発売され世界中で読まれている 「 」 の内容をビジネスや人生について応用していく内容でお届けします。 実際の著書は間違った思い込みから抜けるために、データや統計などを用いて 実際の姿を書いた本ですが、その中で出てくる 「10の本能」は社会生活に おいても 私たちの新しい視点を邪魔する部分があると取り上げています。 長く大人をやってますと考えが凝り固まってガンコになったり新強い発想ができない、 そればかりか新しい発見や事実を素直に受け入れることができないなど厄介な問題が出てきます。 私たちが習って以降の研究で 「新たな発見」がされてアップデートされているのですが 私たちはそれを知らずにその後を過ごしてきています。 同じように習った時点で止まっている知識が、その後のアップデートされていることに 気づかず 「習ったものが全て」と盲目的に信じてしまっているためにこのようなことが起こります。 またテレビなどで聞きかじった 「曖昧な情報」を鵜呑みにしてしまって さもそれが真実のように頭の中で定着していることにも原因があります。 そのために世代間で同じ事柄に対しても認識が違うことがあって、 年齢を重ねるごとに長年自分の中で真実だったことが覆されて 新たなことを事実として受け止めることができなくなっているんですね。 既に先進国・途上国では分けられないほどに レベルが発展していることに気付いていないんです。 この 「分離本能」でいると仕事でもいつまでも「自分より下の実力」と思い込み いつの間にか追い抜かれているなんていう事実が待っているでしょう。 自分の方が優れているという思い込みは捨て去って周りは常に成長していると、 「どの世代からも教わる姿勢」ができるかどうかが未来に影響します。 2.ネガティヴ本能 人は流れる情報から ネガティブな部分にフォーカスしてしまう本能があり 改善に関するデータを集めようとしません。 今の新型コロナウイルスの状況がいい例ですが、毎日の感染者数やネガティブな ニュースばかりで状況の改善に関するニュースは少ない割合でしか流れず それにすらネガティブな注釈がつくことが見られます。 危機を煽ることによって意識を高める狙いはあるのかもしれませんが、 戦時中のプロパガンダにように戦争を肯定するような 煽動に心を乱されて しまうこともある怖い本能でもあります。 ネガティブな話題の裏にも必ずポジティブに捉えられる視点が存在します。 決して集団心理でネガティブに対してパニックにならず 冷静にポジティブな面を探す癖づけをしてください。 仕事においてもこの冷静さ、ポジティブを見つめる目は大切です。 3.直線本能 ある伸びているグラフを見ると人は 「そのまま伸びていく」 と思ってしまう本能です。 例として挙げられたのは「人口増加」のグラフです。 このままの勢いで伸びる続けると 「人口爆発」が起きるなんて言われていましたが 実際の研究では、1の「分離本能」でも書いた通りレベル1の国が多かった時は 「働き手」として子供を多く作ったり、避妊具の普及や性教育が行き届いておらず 人口が増加し続けました。 これまでの努力で1,000万人の命が救われているのに 目の前の数字だけで判断してしまいます。 大きな数字ほどそれだけで判断せず、過去と比べてどうなのか? それに目を向けることが非常に重要です。 仕事上で 今の実績だけにとらわれず広く見る視点がなければ そのうち大きな損失をしてしまいかねません。 多角的に物事を見る目を養いましょう。 6.パターン化本能 これは宗教や文化を例に出していますが、その宗教や文化の地域は全体が そうだと思い込む本能があります。 しかし 所得レベルでこの考え方は変わっているんです。 例えば敬虔なクリスチャンは避妊をすること自体が神聖な行為を害するもの とその教義の中で教えていますが 所得の高い高僧なクリスチャンは相談にくる女性に避妊具を渡しています。 1の分離本能のままでいるとアフリカの経済成長に 欧米が抜かれることも現実に起こりうるのです。 それほど経済レベルは世界的に大変動していきますし、してきました。 中国やインドの経済発展がいい例ですね。 しかしその現実・変化から目を背けていると経済動向そのものを見誤ります。 後発だった企業がグングンと発展していくかもしれません。 物事に「絶対」はありません。 常にアンテナをはって情報に敏感でいることが時代に取り残されない手段です。 8.単純化本能 これは例えると、「経済発展には民主主義が必要」と言う本能が生む思い込みです。 実は民主主義というのは「ある程度経済が成長した状態」でないと 導入がしづらいものと言われています。 独裁政権、一党独裁などで開発に思いっきり注力することで成長する国もあります。 マレーシアが良い例です。 このようにある程度成長があった国が、その後対抗政党ができて 与党と野党が意見を戦わせて 国民に信を問うのが民主主義です。 しかし実際は2012年から2016年で成長を遂げた10か国のうち 9か国は非民主国家だったというのも興味深い事実ですね。 ビジネスにおいても業務がスリム化されたり変化がありますが 発展していくために「単純化した考え」は足元をすくわれる危険が潜んでいます。 是非ともゴールからしっかり逆算してプランを練ってくださいね。 9.犯人探し本能 人間は何か問題が起きると 「何かのせい」にしようとする本能です。 わかりやすい例として、 二酸化炭素(CO2)排出量の問題。 環境会議では中国・インドが排出量が多いとやりだまに挙げられますが インドの担当者は言います。 「確かに今の数字はそうかもしれない。 ただ我々が経済発展するまでの間に この状況にしたのは?」と。 会議を行った時点と、世界的な問題に発展するまでの部分は別で考えなければ ならないのに今の数字で犯人探しをしてしまうと間違った答えしか導けません。 対策は現状をみてリサーチした上で「緩やかに行われなければならない」 と説いています。 これは今起きている新型コロナウイルス対策にまさに言えることではないでしょうか? 対策を行う人の中にこの「 」を読んだ人がいることを願います。 そしてビジネスでは問題が起きて、焦って雑な対応になってしまい かえって大火事に発展することもあります。 問題・トラブルの時こそ冷静な判断が必要になってきます。 日頃から想定してトラブルシューティングを作成しておくなど管理者不在でも 誰もが同水準の対応ができるよう共有しておきましょう。 過剰なリスク回避からの解放。 あなただけの視点を掴め! 人間はどうしても「変化を恐れる」生き物です。 長い間培ってきた知識が間違っていることを認められない。 だってそれを元に判断してきたこともあるかもしれないから。 そうやって身についた危機回避する本能で生きています。 しかしここまで読んでいただいて、 その本能がいかに、考えること、調べること、検討することを邪魔してしまったか。 著者のハンス・ロスリングは命をかけてこの著書を完成させました。 執筆途中で末期の膵臓癌を宣告され余命宣告をされます。 そして2017年に他界するまで、全ての仕事を断りこの著書の完成に全てを注いだんです。 死に直面した彼が最後にどうしても伝えたかったこと。 これらの言葉を私たちは忘れることなく次の世代へ伝えていく必要がある。 私はそう感じています。 あなたの中にこびりついた「本能という鎖」を解き放って、 何度でもこのページを読み返してください。 そして自分が縛られていた思考から自由になり柔軟に自由に 新しい発想で明日を創り上げて行ってください! あなたならきっとできる! 著書が気になった方は是非読んでいただくことをおすすめします。

次の

在宅勤務で夫が子ども部屋を占拠! 夫婦の不仲が奪った息子の居場所…気付けばゲーム三昧、屁理屈の日々

このまま 奪っ て

2019年、文部科学省は「2018年度のいじめ認知件数は約54万件にのぼる」という調査結果を報告している。 この数値は2017年度比で約13万件増加しているが、施設別に見ると小学校での増加が特に多い。 また、「いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命,心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき」「いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき」と定義される「重大事態」は602件あった。 こちらも前年度比88件増加しており、いじめ行為の深刻化に歯止めがかからない状況だ。 『学校が子どもを殺すとき』 (論創社) 長年ウェブと生きづらさをテーマに取材を進めているライター・渋井哲也氏の 『学校が子どもを殺すとき』 (論創社)より、一部を抜粋する。 その文書では、いじめはこう定義されていた。 (1)自分より弱い者に対して一方的に、(2)身体的・心理的な攻撃を継続的に加え、(3)相手が深刻な苦痛を感じているものであって、 学校としてその事実(関係児童生徒、いじめの内容等)を確認しているもの。 なお、起こった場所は学校の内外を問わないもの。 86年以前でも、いじめやいじめに起因した自殺は起きていたし、メディアで報道されることもあった。 しかし、文部省はいじめに対するアクションを起こしてこなかった。 そんな文部省が、いじめに対して本腰を入れることになったのが、86年だと言える。 この定義を【86年の定義】としておく。 調査の直前には、世間を騒がせたいじめ自殺が起きている。 「このままじゃ、『生きジゴク』になっちゃうよ」 86年2月1日、東京・中野区の中野富士見中学校2年の男子、裕史(享年13)が、父親の実家に近い岩手県盛岡市のJR盛岡駅前にあるショッピングセンターのトイレ内で首吊り自殺をした。 「家の人へ、そして友達へ」と書かれた遺書が残されていた。 突然、姿を消して申し訳ありません。 遺書では実名)とかにきけばわかると思う。 俺だってまだ死にたくない。 だけどこのままじゃ、「生きジゴク」になっちゃうよ。 ただ、俺が死んだからって他のヤツが犠牲になったんじゃいみないから。 だから、もう君達もバカな事をするのはやめてくれ。 最後のお願いだ。 裕史は、10人ぐらいのグループのなかでパシリ(使いっ走り)をしており、ちょっとしたことでメンバーに殴られていた。 担任は知っていたが、指導をしていない。 さらに、教室で葬式ごっこの対象になった際には、教師も参加していたことがわかった。 このいじめ自殺事件は、今日まで代表的ないじめ事件として語りつがれている。

次の