賞与 の 所得税 計算。 賞与にかかる所得税の計算法。算出率の表から簡単に計算できます

賞与に対する源泉徴収税額が分かる計算方法【例で解説】

賞与 の 所得税 計算

賞与の所得税の計算のキホン 賞与の所得税の計算方法のキホンについて計算シミュレーションとともに説明します。 賞与は年3回以下の臨時の支給金 そもそも、 賞与とは一般的に夏季と年末の2回支払われ、 ボーナスや特別手当などともいわれる臨時の支給金のことです。 通常正社員は月給の倍以上を支給されますが、会社の業績により減額されたりなくなることもあります。 支給回数が年4回以上の場合は賞与ではなく「給与」と同じ扱いになるため所得税の算出方法が変わります。 所得税の税率は、前月の社会保険料額と扶養親族の数によって異なります。 詳しい所得税額の計算方法を、以下で見ていきましょう。 1前月の給与から社会保険料を差し引く まずは、 前月の給与(総支給額) から、社会保険料(健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険)を差し引いて、 所得税の課税対象額 を求めます。 042% =8,770円9005… よって小数点以下を切り捨てて、 所得税は8,770円と求められる。 所得税算出ツールを2つ紹介 ここまで所得税の計算方法を解説しましたが、いちいち計算するのが面倒と感じる方もいるかもしれません。 この章では、所得税を簡単に求められる算出ツールを2つご紹介します。 1WEB上の所得税計算シート Web上の計算シートです。 賞与額、前月の月給、扶養家族数といった計算に必要な金額を入力するだけですぐに所得税額を算出できます。 ダウンロードの手間がかかりますが、オフラインでも作業ができる、外部に賞与額が漏れる心配が少ないといった利点があります。 いずれの場合も、税率を求めるために、「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」ではなく、 「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」を用います。 月額表は、 税率ではなく税額を求めるための表である点が、「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」とは異なります。 賞与額が前月の給与の10倍以上の場合 賞与額が前月の給与の10倍以上の場合も特殊な計算方法が必要です。 この場合の計算方法は以下の5ステップです。 そのため、賞与が前月の給与の10倍以上支払われた場合は控除すべき税額が支給金額に対して過剰に少なくなってしまうため、上記の方法で調整されるのです。

次の

ボーナスに対する賞与所得税とは?基礎知識や計算方法など詳しく解説

賞与 の 所得税 計算

この記事の目次はこちら• 所得税が引かれる仕組み 毎月のお給料から所得税が引かれている方と引かれていない方がいると思います。 それはなぜかということから説明しますね。 所得税は、毎年変更される「 源泉徴収税額表」によって計算されます。 その中に「甲欄」というものがあって、甲欄に適用されれば所得税が少なくなります。 甲欄になるには「扶養控除申告書」を会社に提出しなければなりません。 この用紙は会社から配布されますので忘れずに提出してください。 甲欄に適用されると、社会保険料控除後の お給料が88,000円未満の場合は所得税を引かれません。 しかし、「扶養控除申告書」を提出していない人は「乙欄」に適用となり、社会保険料控除後の給料額が88,000円未満であっても所得税が引かれてしまうのです。 まずこれが引かれている人いない人の違いです。 また、同じ給料額でも扶養親族の人数によって引かれる税額が変わってくるので、これも引かれる人引かれない人がでてくるポイントですね。 ボーナスの所得税について 毎月のお給料から所得税を引かれていない方でも、ボーナスの明細書では所得税が引かれているという方もいますよね。 その理由は、 毎月のお給料とボーナスの所得税の計算方法が違うからです。 ボーナスの所得税計算方法は少し複雑になります。 甲欄適用の人ですと、前月の社会保険料控除後の給料額と扶養親族の人数によって税率が変わります。 例えば前月の社会保険料控除後の給料額が87,000円で扶養親族が一人の場合、ボーナスに所得税はかかりません。 084%」の所得税がかかります。 ですから、前月の給料で所得税を引かれていなくてもボーナスでは所得税が引かれてしまうのです。 これが、ボーナスが少額でも所得税が引かれる仕組みです。 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」(平成29年分)が下記サイトにありますので、ご自分で計算してみたい方は参考にして下さい。 ボーナスで引かれた所得税は戻ってくる!? パートさんで扶養控除の範囲内、いわゆる103万円以内の年収で働いている場合、毎月のお給料やボーナスで引かれた所得税は戻ってきます。 所得税は、年収の概算で仮納付しているものですから、年末調整や確定申告で返還されます。 しかし、103万円以上の年収がある場合は必ず戻ってくるとは言えません。 その場合はできるだけ控除額がふえるように、年末調整に必要な保険料控除証明書等を準備しておいてください。 パートさんですと、「会社で年末調整をしてくれない」という方もいるかと思います。 その場合は、自分で確定申告をすれば支払った所得税は戻ってくるので、面倒でも税務署に行くことをおすすめしますよ。 まとめ:しっかり申告しよう。

次の

ボーナスに対する賞与所得税とは?基礎知識や計算方法など詳しく解説

賞与 の 所得税 計算

これは勿論、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険などの社会保険料がごそっと引かれるからですが、それ以外でも賞与にも勿論所得税(というか源泉徴収税ですが)もかかります。 ここでは一発計算のシミュレーションを活用して、社会保険料や所得税(源泉徴収税)がどれほどになるか、手取りはどれほどになるか、また各々の具体的な計算方法も見てみましょう。 賞与の計算方法 賞与(ボーナス)に限りませんが、額面の金額から「健康保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」といった社会保険料が引かれ、更に源泉徴収税が引かれて実際の手取り額が決まります。 (ということから、以下所得税ではなく源泉徴収税として解説しています) 賞与の一発シミュレーション 以下、ボーナスの社会保険料、源泉徴収税、手取り額が分かる、一発計算のシミュレーションです。 「協会けんぽ」 (平成28年度)を例にしたものでので、会社の保険組合に入っている場合には参考値としてみてください。 難しいものではありませんので、ここでしっかり押さえておけば今後色々と活用できます。 社会保険料 社会保険料は、• 健康保険• 厚生年金保険• 雇用保険 とありますが、健康保険料、厚生年金保険料の計算には標準賞与額、雇用保険料は「賞与の額面の金額」を使います。 健康保険: 「標準賞与額」で計算• 厚生年金保険: 「標準賞与額」で計算• 雇用保険料: 「賞与の額面」で計算• 標準賞与額 = 賞与の額面の金額から1,000未満を切り捨てた額 例えば、賞与の額面が21万5200円だったとすると、1,000未満の200を切り捨てて、21万5000円が標準賞与額になります。 1)該当年度を選ぶ• 2)続いて保険料額表を選択• 3)会社の所在する都道府県を選択 ここでは例として「東京都」を選ぶと、以下の様な表が表示されます。 この表の上段に「健康保険料の率」 (右隣りに厚生年金保険料の率)が表示されています。 1)「介護保険第2号被保険者に該当しない場合」について• 39歳まではこの数値が健康保険料の率• この場合では、健康保険料率は9. 2)「介護保険第2号被保険者に該当する場合」について• 40歳~65歳の場合には、この数値が健康保険料の率• この場合では、健康保険料率は11. 39歳まででは以下の計算です。 ここでは一般の被保険者として、17. 厚生年金保険料も 会社と折半で支払う、ということから以下の計算です。 平成28年4月1日から平成29年3月31日までの雇用保険料率は、前年に比べて引き下げになっていますね。 平成28年では、以下の表になります。 国税庁 - 以下のような表となりますが、税率は以下2点から求めます。 1)前月の給与ー前月の社会保険料• 2)扶養親族の数 例えば、• 前月の給与から社会保険料を引いた額が20万円• 扶養親族が2人 という場合には、• つまり、賞与の源泉徴収税は以下ですね。 給料に対する社会保険料• 給料に対する社会保険料の算出は「標準報酬月額」を用います。 詳しくは以下の記事を見てみてください。 スポンサーリンク モデルケース ではいくつか例を見てみましょう。 Aさん30歳、扶養なしの場合• Aさんの場合• 30歳• 会社:東京都 一般事業• 一般の被保険者• 賞与額面:400,000円• 前月の給料:200,000円• 扶養:0人 賞与の1,000未満を切り捨てた「標準賞与額」も額面に同じ。 賞与に対する社会保険料• 賞与に対する源泉徴収税• Bさんの場合• 42歳• 会社:大阪 一般事業• 一般の被保険者• 賞与額面:752,100円• 前月の給料:400,000円• 扶養:3人 賞与の1,000未満を切り捨てた「標準賞与額」は「752,000」。 賞与に対する社会保険料• 賞与に対する源泉徴収税• 社会保険料は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険• 賞与の源泉徴収税率は以下2点から求める• 1)前月の給与ー前月の社会保険料• 2)扶養親族の数 賞与の社会保険料や所得税、というか源泉徴収税は、こうして求めるんですね。 ボーナスもらうと額面と手取りの差がかなり激しくて、結構「ガクッ」としてしまいますが、これだけ色々と引かれているなら納得(?)です。 ここでのシミュレーションは中小企業が加入する協会けんぽを例にしてますが、大企業などが加盟する保険組合などと保険料も異なることから、ある程度の目安、参考として見てください。 協会けんぽの場合も、端数の取り扱いは独自で決められるなどの取り決めが合ったりしますので、こちらも大凡の目安として見てみてくださいね。 簡単にこれぐらいの社会保険料だ、所得税(源泉徴収税)だ、手取りなんだ、と知りたい時には、是非活用してみてください。 Popular Posts This Week! 社会保険料には、健康保険料や厚生年金保険料などがありますが、さて、給料からどれぐらい引かれるかが良く分かり... 会社勤めとなると、ほぼ強制的に、というか知らない間に払っている厚生年金保険料。 給料明細を見ると、厚生年... ボーナスのシーズンになると、いくら貰えるだろうと何に使おうなどと、もう心のなかはウキウキですね! そ... 大事な大事な保険証。 保険証を無くしたり会社に就職する退職するなど、保険証が新しくなる場合、その発行にか... 医療保険は、会社勤めをしていると「社会保険」、自営業の場合では「国民健康保険」などとなんとなく理解して... 働いていると必ず気になる厚生年金の保険料の支払い。 将来的に年金となって返ってくるとは思いつつも、いつま... 先行きが不透明感ただよい、今後どうなるかわからない、と心配な年金ですが、将来の生活設計を考える上では「どれ... 会社を退職したり就職したりする時に必ず必要となる保険証の切り替え。 切り替えはしっかりしておかないと何か... 保険証といえば、社会保険に国民健康保険。 この保険証を紛失した!となれば、いやー、これはかなり焦ります... 保険証の返却では、基本は直接手渡しでお返しする、となりますが、手渡しで返却できない!という場合も出てきます... 最近の投稿• カテゴリー•

次の