アラレちゃん 漫画 最終回。 80年代『週刊少年ジャンプ』再アニメ化してほしい漫画ランキング 2位「北斗の拳」

Dr.スランプ アラレちゃん(TVアニメ動画)の最新話/最終回ネタバレ速報【あにこれβ】

アラレちゃん 漫画 最終回

鳥山明氏の漫画「ドクタースランプ」(Dr. SLUMP)… この漫画の最終回のあらずじをご存知でしょうか? 最終回でも、いつものように新発明をする千兵衛… アラレが「ほよ?なにつくってんの?」と聞くと、それは天を貫くような超巨大なロケットだったのです。 なんと連載開始時から、最終回で打ち上げるために計画していたとのこと… 4年近くも連載が続くと思わなかったと、悪ぶる千兵衛の態度に不満げな鳥山先生でしたが、最終回を任されたいと作者想いなところもみせる千兵衛に鳥山先生はすべてを委ねることにしたのです。 大フィナーレを飾るために全ての才能を注ぎ込んだすごいロケットだと、ドヤ顔で主張する千兵衛… 打ち上げをみんなで見学するべく、アラレに「キーン」と村をひとっ走りさせてペンギン村の住人を集めさせます。 そして「センベエさんの発明じゃろくなもんじゃない」と言う村人たちの前で、ついにロケットは発射されました。 そして、宇宙から逆噴射で戻ってきたロケットから投下され、パラシュートカプセルには大感動の仕掛けが… のはずが、小さいロボットが出てきて「サイナラ」と言うだけだったのです。 一人大興奮の千兵衛をよそに、あまりのしょーもなさに怒る村人… 結局、いつもと同じ千兵衛の空回りでロケット打ち上げは終了したのでした。 あまりの失敗に思い悩む鳥山先生は結局、アラレに最後のページをお願いするのしかなく… やっぱり「バイちゃ!!」で終ったのです。 最終回を感じさせない、普段と同じテイストのブレないギャグにほっとすると同時に、これで終わり、という寂しさも感じてしまう最終回でした。 Sponsored Links.

次の

Dr.スランプ全18巻(アラレちゃん)最終回・感想や思い出(ネタバレ注意)・小説下書・禁酒1日目。

アラレちゃん 漫画 最終回

最終回の簡単な内容紹介、あらすじ。 鳥山明先生の漫画「Dr. スランプ」は1980年から1984年までのあいだ、週刊少年ジャンプで連載されました。 テレビアニメーションも人気になりました。 このアラレちゃんが終了すると、少年ジャンプでの連載もフジテレビでのアニメ放送も「ドラゴンボール」に変わり、鳥山明さんの人気はますます上昇していきます。 「Dr. スランプ」はとにかくいろんな登場人物がちょこまかと現れる、ナンセンスなギャグ漫画で、優しさがあります。 そんな物語の最終回はというと、アラレちゃんと同じく主人公である則巻千兵衛博士が、「連載当初から考えていた『最終回用メカ』」というものを発明するのです。 完成されたその巨大で複雑なメカを見に、ペンギン村のみんなが集まります。 千兵衛さんがスイッチを押すと、最終回用メカはロケット噴射され、みんな一体何が起こるんだとワクワクハラハラして見守ります。 で、結局最後は、地上に戻ってきたロケットの蓋が開いて、小さなロボットが現れて、「おしまい」と書かれた旗を振って、千兵衛さんひとり感激する中、みんなにボコボコに怒られてしまいます。 そして最後の最後の一コマは、それまで「Dr. スランプ」にちょっとでも登場したキャラクターが全員あつまって、読者への感謝のごあいさつを述べて終わるというものでした。 このキャラクターたちが読者にあいさつをして終了するというのは、「ドラゴンボール」でも同じでしたね。 好きだった登場人物、キャラクターに関して。 ガッチャン二人と、ねじ式くんとウルトラマンくん。 ガッチャンは、そもそもアラレちゃんと千兵衛さんが過去にタイムスリップしたときに持って帰ってきた卵からうまれた天使です。 本来はもっとたくさん増えている神様の計画だったのですが、タイムスリップで持って帰ってきてしまったために二人にしかなっていません。 ちなみにガッチャンのうんちはソフトクリームです。 現在の文庫版などでは著作権の問題から、多くの箇所の絵を変更されているそうですが、当初の連載やジャンプコミックス単行本では、様々な漫画や映画のパロディがありました。 中でも傑作なのは、アラレちゃんたちのクラスメートに、ウルトラマンくんという子と、そしてつげ義春先生の「ねじ式」に登場するキツネのお面を被った汽車の車掌の子がいることです。

次の

ドクタースランプアラレちゃんの最終回を教えてください。(漫画のほう)

アラレちゃん 漫画 最終回

スランプ アラレちゃんのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 スランプ アラレちゃんのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら よりお問い合わせください。 スランプ アラレちゃんのストーリー・あらすじ 地球上のどこかに、ひょっこり浮かぶゲンゴロウ島。 そこには、のんびりとした雰囲気の漂うペンギン村がありました。 天才科学者を自称する発明家・則巻センベエ博士も住人のひとり。 ある日のこと、博士が完成させたのは女の子型のアンドロイドでした。 その子の名前はアラレちゃん。 上手く作れたと喜んだのもつかの間、アラレちゃんはとんでもない女の子でした。 ド近眼の目に、空手チョップで地球をパカッと真っ二つに割ってしまうほどの、めちゃんこパワーの持ち主だったのです!あいさつは「んちゃ!」で、驚いた時には「ほよよ!」とフシギな口癖…センベエはそれでも妹として育てようとするのですが、無邪気でイタズラ好きのアラレちゃんは、毎日のように大騒動を起こします。 個性豊かなペンギン村の住人たちを巻き込んで、パワフルでハチャメチャな毎日がスタートします!(TVアニメ動画『Dr. この頃(1981年春アニメ)の他の作品•

次の