キンキ キッズ の ブンブブーン 動画。 【KinKi Kidsのブンブブーン】千葉雄大と“車中泊”を学ぶ! 堂本光一、剛に「お前買えよ!」とキャンピングカー購入をゴリ押し

KinKi Kidsのブンブブーン 尼神インター

キンキ キッズ の ブンブブーン 動画

2月29日放送のバラエティ『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)に、俳優・千葉雄大が出演。 KinKi Kidsの堂本光一&堂本剛がゲストの希望に沿った企画に付き添う『ブンブブーン』。 キャンピングカーさながらのことを乗用車でできたりとかする動画が好きで。 インドアなんで、アウトドアなことにスゴく今、興味があって……」と、語った。 まず登場したのは、「旅とキャンピングカー」をテーマにした書籍を多数執筆している車中泊専門家・浅井祐一氏。 さっそく、剛が「これ、聞くほどでもないかもしれないけど、(車中泊は)人気あるんですか?」と質問すると、「そうですね。 普段、車中泊することが、震災の時の練習じゃないですけども……」「時間とか場所とかにとらわれずに車中泊っていろんなとこ行けるんで。 それもまた魅力の1つ」と、回答した。 剛&千葉は「いいよな。 この日、一行が訪れたのは国内最大級の屋外キャンピングカー展示場「RVランド」(茨城県・常総市)。 ここでは、3台の車を見ていくといい、最初は初心者でも扱いやすいワゴンタイプの「バンコン」(日産 エルグランド)をチェック。 浅井氏は「中にキャンプの装備がついていて。 冷蔵庫も。 実はこれ、僕の車なんですけど」と、3人を車内へ誘導した。 天井を開けると、大人2人が寝られる就寝スペースに早変わりする仕様になっていたが、光一は「えぇ~、大人2人でこんな狭いところで寝て、何しよう」と、ニヤリ。 その光一と千葉が天井に移り、「2人はちょっと……なかなかの密着度ですね」(光一)、「でも……あっ、(脚が)伸ばせる!」(千葉)と、実際の寝心地を体験。 剛は千葉が出演した深夜ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、昨年11月~12月放送)を思い出したのか、「いいね、いいね。 新車で買うと500万ぐらいの車なんですけど。 僕は中古で買ったので、150万円とか」と明かせば、千葉は「いいです。 欲しいです。 これで、仕事中の待ち時間とかも充実しそうじゃないですか」と、1台目から前のめりに。 次は、小型トラックをベースにしたキャンピングカー「キャブコン」(VANTECH ZiL)。 居住スペースが広いにも関わらず、普通自動車免許で運転できる優れものであり、車内にはトイレ・シャワールーム、冷蔵庫、2口コンロ付きキッチン、家庭用エアコンも完備していた。 浅井氏は「乗車定員と就寝定員というのがあるんですけど。 乗車定員が6。 6人が移動できて。 で、5人が寝られる」と、運転席の上に位置するスライド式就寝スペースについて説明。 剛と千葉が協力してベッドを引き出す間、光一は「俺、ドラマの時よくここで寝てたわ~」と、懐かしんだ。 ゲストの千葉だけでなく、「車にしてはスゴく広いんだけど。 なんかこのちょっとした狭さが、ワクワクするんだよね」(光一)、「逆にそれはいい。 男友だちだけで楽しそうやな~」(剛)と、少年のように目を輝かせるキンキ。 さらに、浅井氏は「日常的に立てるじゃないですか。 これがスゴく重要で。 かがまない。 着替えたりする時も立ってできるので。 さっきの『バンコン』だと、屋根上げないと、あぁいうことができないので、ちょっと大変なんですけど。 これはスゴく楽ですね。 生活っていうと、やっぱりこれぐらいのサイズがあると……」と、補足した。 「RVランド」の阿部和英社長によると、販売価格は「このクラスになるとフル装備になるんで、だいたい800万から900万」とのこと。 光一に「じゃあ、一括(払い)でいきますか?」と聞かれた千葉は「……もうちょっと考えます」と、決断を先延ばしにした。

次の

【KinKi Kidsのブンブブーン】千葉雄大と“車中泊”を学ぶ! 堂本光一、剛に「お前買えよ!」とキャンピングカー購入をゴリ押し

キンキ キッズ の ブンブブーン 動画

Song• Artist• Album• Hold My Hand• Writers• Licensed to YouTube by• WMG on behalf of East West Records UK Ltd ; SOLAR Music Rights Management, IMPEL, LatinAutor, EMI Music Publishing, CMRRA, ARESA, UMPG Publishing, LatinAutor - SonyATV, ASCAP, LatinAutor - UMPG, Abramus Digital, UMPI, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, Sony ATV Publishing, BMI - Broadcast Music Inc. , Reservoir Media Publishing , BMG Rights Management US , LLC, LatinAutor - PeerMusic, and 19 Music Rights Societies• Song• Perfect Day Chris Lord Alge Mix• Artist• Hoku• Licensed to YouTube by• UMG; LatinAutor, Abramus Digital, PEDL, LatinAutor - Warner Chappell, AMRA, Warner Chappell, EMI Music Publishing, Kobalt Music Publishing, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, Muserk Rights Management, ASCAP, UMPI, and 15 Music Rights Societies Show more Show less.

次の

【動画】キンキキッズのブンブブーンで髙嶋政宏とシルビアUSJで結婚記念日の思い出作り

キンキ キッズ の ブンブブーン 動画

KinKi Kidsのブンブブーン ジャンル 演出 監修 城間康男 出演者 (・) ほか ナレーター () 製作 プロデューサー (制作統括) 中村峰子 宇賀神裕子、中村和宏 塩谷亮 () 制作 放送 音声形式 放送国・地域 日曜昼時代 2014年10月から2018年3月まで 放送期間 - 放送時間 13:30 - 14:00 放送分 30分 回数 140 土曜朝時代 2018年4月から2020年3月まで 放送期間 2018年 - 放送時間 11:21 - 11:50 放送分 29分 土曜朝時代(第2期) 2020年4月から 放送期間 2020年 - 放送時間 土曜日 11:05 - 11:50 放送分 45分 『 KinKi Kidsのブンブブーン』(キンキキッズのブンブブーン)は、でから放送されている。 1996年10月からの『』 、2001年4月からの『』および2004年からの『』と系で18年続いてきた夜の音楽番組に代わり、新しく昼に放送されるKinKi Kidsの冠番組である。 開始当初は、2人が運転する車にゲストが乗車してロケ地に向かうまでのトークも見どころの1つとなっていた が、数回で行われなくなり、KinKi Kidsの2人のオープニングトークから始まる形式に変更した。 また初期には「迷い店」「自腹プレゼントショッピング」など特定のコーナーが放送されていたが、スタッフと光一との話し合いの結果 、2015年4月放送分より行われなくなり、現在の「ゲストのやりたいことを一緒に体験する」形式となった。 行く先々で立ち寄るお店の取材・撮影交渉も2人が行う。 フジテレビ(関東地区)では放送開始からまでは毎週 13:30 - 14:00()に放送されていたが、2018年4月14日より放送日時が毎週 11:21 - 11:50(JST)に移動し1分短縮となった。 また、テレビ情報誌『』では12月号から毎号本番組のレポートが掲載されている。 には『 KinKi Kidsのブンブブーン ご飯のおともは オレコレ! SP』と題し、番組初となる85分拡大スペシャルが放送された。 4月より放送日時が毎週土曜日 11:05 - 11:50(JST)となり、16分繰り上げ・拡大となった。 出演者 [ ]• (・) ナレーション• () サブ司会• (フジテレビアナウンサー) ゲスト• を参照 放送リスト [ ] 放送日はフジテレビでの放送日。 2019年4月現在、フジテレビ系列局で放送実績が無いのはとトリプルネット局のの2局となっている。 スタッフ [ ]• ナレーション:(フジテレビアナウンサー)• 制作統括:(2019年4月27日-、以前はCP)• 監修:城間康男• 構成:山内浩嗣、、津曲ラッキー 裕之 、、狩野孝彦、長谷川優• TP:斉藤伸介(以前はTD)• CAM:袖垣竜也、大尾庸介、渡春男• 音声:山崎勝彦• 照明:石井雄二郎、畑中悠佑• 美術制作:楫野淳司• 編集:財城敬・迫田香織・長池志文・山口香織・丸山美穂(いずれも)• MA:鈴木久美子(IMAGICA)• 音響効果:千本洋()• CG:秋里直樹• ペイント:吉澤真純(IMAGICA)• TK:槇加奈子• リサーチ:高木美嘉• 広報:瀬川ネリ• WEB MASTER:城増美(以前はWEB)• メイク:大平真輝• スタイリスト:渡邊 辺 奈央• 技術協力:、IMAGICA、デジタルサーカス• 協力:、 、gusuku、、Orange• AP:加藤万貴• デスク:富張明子• ディレクター:深澤ボン(深沢一浩、以前は演出)、嘉納一貴、阪本玲以、亀池晃弘• 演出:• プロデューサー:中村峰子(2019年4月27日-)、宇賀神裕子、中村和宏• チーフプロデューサー:塩谷亮(2019年4月27日-)• 制作著作: 過去のスタッフ [ ]• CG:瀬井貴之、小倉敦之• 広報:• ディレクター:日下真行、黒岩栄治、平田亮輔、橋本薫• 演出:松本真樹• チーフプロデューサー: 注釈 [ ]• この回での編集部を訪れたことがきっかけで剛に雑誌『ひよこクラブ』の連載のオファーが入り、連載が決まった。 MCの堂本剛、ゲスト予定だった柔道家のがインフルエンザで病欠し、児嶋一哉が急遽出演した。 この回もMCの堂本剛がインフルエンザで病欠。 のが代わりに出演した。 この回でに撮られた写真を気に入り、剛がその場で自ら事務所やレコード会社に電話をして掛け合い、KinKi Kidsの36枚目のシングル『』のジャケット写真に採用された。 しかし第118回の永野芽郁ゲスト回では、退院直後に収録現場へ向かった剛が番組終盤にサプライズで登場。 自身の口から病状説明と謝罪も行った。 10:25 - 11:50に85分の拡大版を放送。 2014年10月26日から2018年3月25日までは日曜 13:30 - 14:00、2018年4月14日から2020年3月28日までは土曜 11:21 - 11:50に放送。 2015年3月までは日曜 1:45 - 2:15(土曜深夜)に放送。 2015年3月までは月曜 14:30 - 14:59に放送。 2015年3月までは火曜 0:35 - 1:05(月曜深夜)、2019年3月までは火曜 1:25 - 1:55(月曜深夜)、2020年4月までは火曜 0:55 - 1:25(月曜深夜)に放送。 2015年3月までは火曜 0:35 - 1:05(月曜深夜)、9月までは金曜 16:20 - 16:50に放送。 2015年3月までは火曜 0:40 - 1:10(月曜深夜)に放送。 2015年3月までは火曜 0:55 - 1:25(月曜深夜)に放送。 2015年3月までは火曜 1:00 - 1:30(月曜深夜)に放送。 2014年12月までは火曜 2:29 - 2:59(月曜深夜)、2015年3月までは火曜 2:27 - 2:57(月曜深夜)、10月6日までは火曜 2:42 - 3:17(月曜深夜)、2017年9月までは土曜 2:10 - 2:40(金曜深夜)、同年10月7日より2018年9月29日までは土曜 10:25 - 10:55に放送。 2018年10月13日よりドラマ「」編成のため30分遅れで継続。 2015年3月までは水曜 14:55 - 15:25、9月までは日曜 9:30 - 10:00に放送。 2015年3月までは木曜 0:40 - 1:10(水曜深夜)に放送。 2019年3月までは木曜 1:30 - 2:00(水曜深夜)に放送。 2020年3月まで木曜 0:55 - 1:25(水曜深夜)の放送だったが、4月23日放送分より時間枠を拡大。 2015年3月までは木曜 1:35 - 2:05(水曜深夜)、2016年3月までは日曜 12:30 - 13:00に放送。 2015年3月までは金曜 0:45 - 1:15(木曜深夜)、2017年3月までは金曜 0:55 - 1:25(木曜深夜)に放送。 2015年3月までは金曜 15:56 - 16:25に放送。 2014年11月は土曜未明(金曜深夜)に放送。 2015年3月までは水曜 0:40 - 1:10(火曜深夜)に放送。 その後は水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜)に放送され、10月22日から現時間帯に移動。 2015年3月までは金曜 1:43 - 2:13(木曜深夜)に放送。 2015年3月までは火曜 0:40 - 1:10(月曜深夜)、2016年9月までは木曜 0:30 - 1:00(水曜深夜)、2017年3月までは木曜 16:20 - 16:50、2017年9月までは月曜 1:55 - 2:25(日曜深夜)、2017年10月から2018年3月までは土曜 2:30 - 3:00(金曜深夜)、2018年4月16日から2019年4月1日までは月曜 1:55 - 2:25(日曜深夜)、2019年4月4日から2019年9月までは木曜 2:00 - 2:30(水曜深夜)、2019年10月から2020年4月9日までは木曜 1:30 - 2:00(水曜深夜)、2020年4月16日から4月30日までは木曜 1:55 - 2:40(水曜深夜)に放送。 2020年5月14日から現在の時間で放送。 2015年3月までは木曜 0:50 - 1:20(水曜深夜)、2015年9月4日までは金曜 15:53 - 16:23に放送。 2016年3月までは火曜 0:50 - 1:20(月曜深夜)、同年4 - 9月は木曜 15:50 - 16:20に放送。 同年10月1日より現時間帯に移動。 2014年12月1日 - 5日までは連日放送。 の()の関連会社。 出典 [ ]• 2014年8月30日. 2016年7月10日閲覧。 、、2014年11月1日、2016年7月9日閲覧。 2014年8月30日. 2016年7月10日閲覧。 、テレビドガッチ、2014年10月25日、2016年7月9日閲覧。 KinKi Kids「ジャニーズ 2016 Message! 」『ザテレビジョンzoom!! 』第23巻、、2016年1月14日、 82-83頁。 とれたてフジテレビ 2018年2月27日. 2018年2月28日閲覧。 とれたてフジテレビ 2019年5月8日. 2019年5月10日閲覧。 マイナビニュース. 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 インタビュー. 2017年3月14日閲覧。 2015年9月15日. 2015年9月16日閲覧。 2015年9月27日. 2015年9月28日閲覧。 インタビュー. 2017年3月14日閲覧。 2016年1月20日. 2016年3月13日閲覧。 2016年3月9日. 2016年3月13日閲覧。 2016年3月21日. 2016年7月9日閲覧。 2016年6月13日. 2016年7月10日閲覧。 2016年7月31日. 2016年9月13日閲覧。 2016年9月11日. 2016年9月13日閲覧。 2016年11月20日. 2017年4月2日閲覧。 2017年4月15日. 2017年6月4日閲覧。 音楽ナタリー 2017年3月28日. 2017年4月2日閲覧。 2017年6月4日. 2017年6月4日閲覧。 2017年7月9日. 2017年7月30日閲覧。 2017年8月14日. 2017年8月14日閲覧。 2017年8月13日. 2017年8月14日閲覧。 2017年8月13日. 2017年8月14日閲覧。 2017年9月18日. 2017年9月25日閲覧。 2017年9月25日. 2017年9月25日閲覧。 2017年10月2日. 2017年10月16日閲覧。 2017年10月16日. 2017年10月16日閲覧。 ザテレビジョン 2017年10月30日. 2017年11月7日閲覧。 ザテレビジョン 2017年11月6日. 2017年11月7日閲覧。 ザテレビジョン 2017年11月27日. 2017年12月5日閲覧。 ザテレビジョン 2017年12月4日. 2017年12月5日閲覧。 2019年9月までは新潟総合テレビ。 2018年3月17日. インタビュー. 2018年3月29日閲覧。 参考文献 [ ]• 番組HPより引用 [ ]。 外部リンク [ ]• - フジテレビによる番組公式サイト 日曜13:30 - 14:00枠 前番組 番組名 次番組 1. KiNKi KiDS with 35万人ファン 世紀のLIVE - 2. KinKi Kids'96 1996. 13 yoyogi white theater - 3. KinKi Kids'97 LAWSON PRESENTS - 4. us - 5. KinKi Kids 3 days Panic! at TOKYO DOME '98-'99 - 6. KinKi KISS Single Selection - 7. 風雲再起近畿小子2001台北演唱會 〜KinKi Kids Returns! 2001 Concert Tour in Taipei〜 - 8. -ISM - 9. KinKi Kids Dome F Concert 〜Fun Fan Forever〜 - 10. KinKi KISS 2 Single Selection - 11. KinKi Kids Dome Tour 2004-2005 -Font De Anniversary. - - 12. - 13. - 14. KinKi Kids concert tour J - 15. KinKi Kids 2010-2011 〜君も堂本FAMILY〜 - 16. King・KinKi Kids 2011-2012 - 17. KinKi Kids Concert -Thank you for 15years- 2012-2013 - 18. KinKi Kids Concert 2013-2014「L」 - 19. 2015-2016 Concert KinKi Kids - 21. MTV Unplugged: KinKi Kids - 23.

次の