ゲーム バランスブレイカー。 バランスブレイカーズ改|ボードゲーム通販

バランスブレイカーとは (バランスブレイカーとは) [単語記事]

ゲーム バランスブレイカー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年3月) ゲームバランスは、ゲームの解説として使用される用語のひとつ。 ゲームの難易度と快適さについてのバランスを指す。 概要 [ ] ゲームバランスは、ゲームを成立させるために取られた均衡(バランス)を総称したもので、特にやの難易度についてのバランスを指す。 ゲームバランスにはさまざまな要素が関わっているが、主要なものとして難易度と快適さのバランスがある。 ゲームが易し過ぎたり、逆に難し過ぎたりする場合にはゲームバランスは良いとは言えない。 のの場合は、「操作的快楽」「攻略的快楽」「上達的快楽」の3つを ゲーム性と呼び、これらのゲーム性を効果的にプレイヤーに与えるように設計されたゲームのことを「ゲームバランスが高い」と評価するのだと述べている。 ゲームバランスはコンピュータゲームを面白くするために欠かせない。 ゲームシステムが一定のゲーム性を持つものであれば、あとはゲームバランスがそのゲームの楽しさを決める、とも言える。 しかし、「楽しさや面白さとは何か」ということを判断するのは難しいため、ゲームバランスという言葉は、しばしば曖昧に使用されている。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

バランスブレイカーズ改|ボードゲーム通販

ゲーム バランスブレイカー

バランスブレイカーとは、その名の通り均整を傾ける存在の総称である。 概要 その物全体のから見てに強すぎるために、他のもののを破壊してしまうもののこと。 例えて言うなら、 「にがいるようなもの」である。 例えばの中でのものならばそののの規模から見てどう考えても強すぎるために それ一つで全てがぶっ飛んで台しになってしまうような代物のことである。 というのが近いかと思われるが、意図的にそのような設定がされている物もある。 ではに調整のやによってできてしまうもので、それによっての根底を覆してしまうものもある。 中にはのなど最初から投げ捨てているもの(のはその最たるものであると思われる)や、のが庭用でオマケで使えたり、の2周以降のお楽しみ要素のようにが崩壊するようなものを調整で、いは意図的にが崩壊するようになっていることに意味があるものもあり、これをバランスブレイカーということは少ない。 また、自体が難しいため救済のために入れてあるような内とは別の意味でを取っているものもある。 通常、全体のを整合するためにそういったバランスブレイカーはできるだけ作られないようにされるのだが、元々のをした結果がバランスブレイカーという場合もある。 通例、においては23個ぐらいは存在している場合が多いが、上述の救済的やだったり意図的にそうなっている場合も多く、数が僅かであれば自分で縛るということもできるのであまり問題視されないことが多い。 をつまらなくしない程度のバランスブレイカーは往々にしての記憶に残り、時にそのの名物になる場合もある。 一方、対戦要素が重要な位置を占めているではこれが一つでもあると全体が崩壊してしまう危険があり、特にでは致命傷になる。 バランスブレイカーの中にはどころかそのものを破壊しかねない要素()が含まれているものもあるが、それはごく僅かな例……だと思う。 同類項として「」が挙げられる。

次の

ゲーム用語/バランスブレイカー

ゲーム バランスブレイカー

バランスブレイカーとは、その名の通り均整を傾ける存在の総称である。 概要 その物全体のから見てに強すぎるために、他のもののを破壊してしまうもののこと。 例えて言うなら、 「にがいるようなもの」である。 例えばの中でのものならばそののの規模から見てどう考えても強すぎるために それ一つで全てがぶっ飛んで台しになってしまうような代物のことである。 というのが近いかと思われるが、意図的にそのような設定がされている物もある。 ではに調整のやによってできてしまうもので、それによっての根底を覆してしまうものもある。 中にはのなど最初から投げ捨てているもの(のはその最たるものであると思われる)や、のが庭用でオマケで使えたり、の2周以降のお楽しみ要素のようにが崩壊するようなものを調整で、いは意図的にが崩壊するようになっていることに意味があるものもあり、これをバランスブレイカーということは少ない。 また、自体が難しいため救済のために入れてあるような内とは別の意味でを取っているものもある。 通常、全体のを整合するためにそういったバランスブレイカーはできるだけ作られないようにされるのだが、元々のをした結果がバランスブレイカーという場合もある。 通例、においては23個ぐらいは存在している場合が多いが、上述の救済的やだったり意図的にそうなっている場合も多く、数が僅かであれば自分で縛るということもできるのであまり問題視されないことが多い。 をつまらなくしない程度のバランスブレイカーは往々にしての記憶に残り、時にそのの名物になる場合もある。 一方、対戦要素が重要な位置を占めているではこれが一つでもあると全体が崩壊してしまう危険があり、特にでは致命傷になる。 バランスブレイカーの中にはどころかそのものを破壊しかねない要素()が含まれているものもあるが、それはごく僅かな例……だと思う。 同類項として「」が挙げられる。

次の