法人カード ランキング 2018。 法人カードおすすめランキング。2020年発行済の全法人カード100枚の人気ランキング

ステータスや格付けでクレジットカードを選ぶ(2020年版)!社会的信用度の高いステータスカードを持って、周りからの信用を得よう。

法人カード ランキング 2018

POINT 法人カード選びで気を付けたい3つのポイント• 自分の会社の規模に合わせた法人カードか• 法人カードの年会費は大きな負担にならないか• 法人カードのサービス内容は合っているか 1. 自分の会社の規模に合わせた法人カードか 法人カードは、種類やラインナップによって「大企業向け」、「中小企業向け」、「個人事業向け」など、同じ法人カードカテゴリでも対象となる企業規模が異なります。 大企業向け法人カード 大企業向けのカードは、「コーポレートカード」と表現されることが多く、社内での経費の引き落としに利用されるほかに、社員に「福利厚生」の一環として無料で発行されるという使い方もあります。 そのため、一般的な法人カードのイメージとはちょっと異なる、特殊なカードでもあります。 大企業向けの法人カードはそもそも中小企業や個人事業主を対象としていないので、申し込んだとしても当然審査に落とされてしまいます。 個人事業主や中小企業の方は、申し込みの前に「大企業向け」とされる法人カードではないかを確認しましょう。 中小企業、個人事業主向け法人カード 中小企業や個人事業主向けのクレジットカードは、一般的に「法人カード」または「ビジネスカード」と表現されることが多く、中には法人格を持たない個人でも発行できるクレジットカードもあります。 コーポレートカード 大企業向け法人カード は、社員の福利厚生の一環として個人利用を目的に発行されることもありますが、法人カード、ビジネスカードは完全に「経費専用」のカードですので、個人的な目的では原則使用しません。 自分が事業に必要なカードを探す際は、「大企業向け」か「中小、個人向け」か確認し、企業規模に合ったものに申し込みましょう。 法人カードの年会費は大きな負担にならないか 法人カードの年会費は、一般カードと変わらないレベルで抑えられているものから、高額なものまで幅広くあります。 また、法人カードという枠の中でも「一般法人カード」よりもランクが上の「法人ゴールドカード」もありますので、まだ事業を始めて間もないような方やこれから事業を始めたいという方は、できるだけ年会費が負担にならないカードから選び、事業が軌道に乗り様々なビジネスサービスを利用したい方は、ハイクラスのカードから選んだ方が良いと言えます。 年会費は儲けがあろうとなかろうと、固定費として必ず毎年必要になるものですので、希望のサービスさえ最低限付帯しているカードであれば、見栄を張らずに支払える年会費設定の法人カードが「賢い選択」と言えます。 法人カードのサービス内容は合っているか 一般カードでも同じことが言えますが、せっかく年会費を支払って決済手段として持つのですから、ついてくるサービスがより「事業に合っている」、「役立つ」法人カードの方がいいですよね。 例えば、会社用に車は用意していないけれど、その代わりにレンタカーをよく利用するというケースでは、ビジネス会員向けの優待特典として「レンタカー割引」がついているカードがお得です。 逆に、素晴らしいサービスがたくさんついていても、自分の会社には合っていない、全く利用しないというのでは「無駄」ですので、法人カード選びの一つの基準として「サービス面が合っているか」を重視してみてください。 POINT 法人カードの特徴• 経費の支払いに気兼ね無く利用できる• 経費管理がしやすくなる• 法人カードならではのサービスがある• ポイントがたまり経費削減につながる 1. 経費の支払いに気兼ね無く利用できる 法人カードの大きなメリットは、事業決済を気軽にできるということです。 あらかじめ断っておきますと、個人事業主の方が事業決済を個人のカードで行うことは、必ずしもカード会社から禁止されている行為ではありません。 しかし、事業の内容が「仕入れ」を行なって「販売する」、といった「仕入れ」と「販売」がセットになっているような場合は、多くのクレジットカード会社で禁止されている「現金化目的の商品購入」と疑われてしまうことも考えられます。 現金化を目的とした商品購入 いわゆるクレジットカード現金化 も、見かけ上は商品を購入し、それを売るといった行為ですので、普通の事業として行なっている仕入れなのか、そうでないのかをカード会社からは判断しづらくなっています。 カード会社から誤解を受け、最悪の場合カードが利用停止になってしまうようなことがないように、個人的な買い物とは別の「法人カード」で経費を決済するのがおすすめです。 経費管理がしやすくなる 個人向けのクレジットカードを事業決済に利用していると、カードの明細書が届いた時に「個人の買い物」か「事業に必要な経費」なのかが分からなくなってしまい、管理がしづらいと感じるシーンも出てくると思います。 個人向けとは別に、事業決済専用の「法人カード」を持っていれば、使った履歴は全て事業に必要な経費と判断できるので、個人用との仕分けが必要なくなります。 また、クラウド会計サービスと連携してクレジットカードの明細が自動で反映されるものもありますので、そういったサービスと併用するとさらに経理の負担が少なくなります。 上記のサービス以外にも、一部の法人カード、ビジネスカードと呼ばれるカードの中には決済内容をカテゴリ別に分類し、どの項目に費用が集中しているかなどを分析してくれるものもありますので、経費削減先の目安をつける時などに役立ちます。 法人カードならではのサービスがある 法人カードやビジネスカードには、たとえ「一般法人カード」であっても、「個人向けカード」とは異なる特別な特典やサービスがついていることが多くあります。 一般向けカードでも、ホテルやレストランなどの優待サービスは受けられますが、ビジネス向けはさらにお得な「法人向け限定」の割引サイトを利用できるというサービスも多く、出張のコスト削減にも役立ちます。 そのほか、レンタカーの割引サービスや、カードランクによっては専用の「コンシェルジュ」がレストランの手配などを代行してくれるサービスもついており、忙しいビジネスマンの強い味方になります。 一部サービスは一般カードでも用意されていますが、ビジネス専用に使うことでより「活用シーン」が増えるサービスもありますので、自分の事業で使いそうな特典・サービスのある法人カードを上手に見つけてくださいね。 ポイントがたまり経費削減につながる 意外と注目していない方もいるかもしれませんが、現金決済と比べた大きなメリットが「ポイントが貯まる」ことです。 法人カードはポイント還元率が良いものは少ないですが、それでも「0. 例えば、事業決済で年間200万円の経費が必要だった時、0. 1万円あれば、取引先のお中元やお歳暮の費用にあてたり、消耗品の購入や会食の足しになったりますよね。 どんどん経費を利用することでポイントが貯まり、「経費削減」にもつながりますので、法人や個人事業主こそカードを使うべきとも言えます。 法人カードの注意点 法人向けクレジットカードを利用する際には、注意しておきたいことが2つあります。 個人的な買い物をしないようにする• 領収書は念のため保管しておく 1. 個人的な買い物をしないようにする これは法人カードを作る目的からすると当たり前のことですが、「個人的な買い物」に法人カードを使うことはやめましょう。 出先などでついつい利用してしまうこともあるかもしれませんが、基本的に法人カードは「事業決済」専用のカードですので、個人の買い物をして振り分けが必要になるのでは本末転倒です。 さらに、個人的な買い物を法人カードで決済し続けると、今度は「これも個人の買い物では?」と税務調査などで疑われてしまうリスクが格段に上がります。 トラブルを防ぐという意味でも、法人カードは本来の目的にのみ使うようにしてください。 領収書は念のため保管しておく 法人カードは利用明細書が発行できるので、帳簿などは利用明細書をもとにつけているという方も多くみられます。 領収書などがもらえない場合に利用明細書で代用することがあると思いますが、基本的に領収書やレシートを受け取った場合は、念のため保管しておいた方がいいでしょう。 というのは、あくまでも利用明細書は利用明細であって「領収書」ではありませんので、帳簿資料として不十分と判断されることも考えられるからです。 利用明細があれば領収書はいらないと思ってしまいがちですが、いつ提出を求められるかも分かりませんので、いざという時のために備えておいた方が無難です。 こちらも読まれています 法人カードのまとめ 法人カードには、大企業向けのカードと中小企業・個人事業主向けのカードがあります。 どちらも「法人カード」というカテゴリですが、申し込み対象が企業規模によって異なりますので、せっかく選んだのに対象の企業規模ではなかったということがないようにしましょう。 また、法人カードには個人向けカードにはない様々な特徴があり、ビジネスをしている人には有難いサービスも多数用意されています。 カードを利用する上で注意していきたいことももちろんありますが、法人向けカードは上手に活用すれば経費の手間も省け、さらにコストカットの効果もあるというメリットづくしです。 自分の事業にはどんなサービスが向いているか、年会費は支払える範囲かなどをしっかりと見極め、ぜひ本記事でご紹介したランキングも参考にしながら、ぴったりの1枚を見つけてくださいね。

次の

法人カード人気ランキング!おすすめ10枚

法人カード ランキング 2018

2020年2月28日 金 プレスリリース 報道各位 2019年の移住相談の傾向、ならびに移住希望地域ランキング公開: 1位:長野県、2位:広島県、3位:静岡県 2002年より都市住民への移住支援・情報提供を行っている特定非営利活動法人・100万人のふるさと回帰・循環運動推進・支援センター(認定NPO法人ふるさと回帰支援センター/東京都千代田区、理事長高橋公)は、ふるさと回帰支援センター(東京)窓口の来場者を対象に、地方移住に関するアンケートを毎年実施しております。 このたび2019年(1月~12月)の調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。 <調査概要> 調査対象:ふるさと回帰支援センター(東京)窓口利用者(相談者)、主催・共催セミナー・相談会等参加者 調査手法:上記対象者へのアンケート(相談カード) 調査時期:2019年1月6日~12月27日 回 答 数 :11,458件 <主な調査結果> 1.年間の相談件数が4万9千件超え。 ふるさと回帰支援センターで行う移住相談会やセミナーは年間で545回と昨年の実績を上回った。 首都圏での移住相談会やセミナー開催を行う自治体は増加傾向にあり、セミナーや相談会も単独ではなく複数の自治体での開催が増加。 県を越えての繋がりのあるテーマで連携して共同開催を行うなど、工夫を凝らしたセミナーも増えてきた。 4月以降に年金だけでは今後の生活費に不安を抱えたシニア層による生活コストを下げるための地方移住の相談も増えている。 また、9月にセンターが取り上げられたNHKのドキュメント番組放送後には、相談はしないものの、資料だけを求める来訪者も多かったことから、今後もこうしたシニア層の相談は増加すると思われる。 長野県は77市町村と2番目に多い自治体のそれぞれの魅力を発信するため「出張相談デスク」をうまく活用し効果を上げている。 また年代別のランキングでも20歳代以外はすべて1位となっている。 一方、昨年6位だった広島県が2位に上昇。 広島県は、瀬戸内ライフ、新しい働き方、カープ移住や食をテーマにした移住相談会を開催するなど、広島の資源や魅力を再確認しながら多様な暮らし方の提案・発信を行い、若年層を中心に来場者を増やしている。 年代別でも20歳代以下でトップになったほか、全ての年代で5位以内に入り、幅広い年代へのアプローチが効果をあげているものと思われる。 3位の静岡県も首都圏からのアクセスの良さなどからすべての年代で5位以内をキープ。 70歳代以上からの支持が高かったことで、4位の北海道とは僅差で3位となった。 4.地方移住セミナー等のサクラ動員について 昨年8月にふるさと回帰支援センターによる「民間企業によるイベント等へのサクラ動員への注意喚起」を契機として、年末の新聞報道にあったように地方創生ビジネスによる暗部が明るみになった。 今回、トップ3入りした広島県は2014年の移住相談員をセンターに配置後、セミナー企画・運営等を民間企業に一括委託せず、県庁職員一丸で企画・運営を行ってきている。 こうした地道な取り組みによってノウハウが蓄積され、2位という結果につながったものと思われる。 ふるさと回帰支援センターでは地方移住は人口減少対策としてではなく、地域の担い手づくりの手段として捉え、数字を追うのではなく、今後とも各自治体と連携のもとに、「地域の仲間探し」という人材探しの視点を持ち取り組んでいく。 詳細はこちら 【本件に関するお問い合わせ】 認定NPOふるさと回帰支援センター事務局 嵩(かさみ)和雄 TEL:03-6273-4415 FAX:03-6273-4025 MAIL: 新着トピックス• カテゴリ• アーカイブ•

次の

法人クレジットカード人気ランキング 2020

法人カード ランキング 2018

2020年2月28日 金 プレスリリース 報道各位 2019年の移住相談の傾向、ならびに移住希望地域ランキング公開: 1位:長野県、2位:広島県、3位:静岡県 2002年より都市住民への移住支援・情報提供を行っている特定非営利活動法人・100万人のふるさと回帰・循環運動推進・支援センター(認定NPO法人ふるさと回帰支援センター/東京都千代田区、理事長高橋公)は、ふるさと回帰支援センター(東京)窓口の来場者を対象に、地方移住に関するアンケートを毎年実施しております。 このたび2019年(1月~12月)の調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。 <調査概要> 調査対象:ふるさと回帰支援センター(東京)窓口利用者(相談者)、主催・共催セミナー・相談会等参加者 調査手法:上記対象者へのアンケート(相談カード) 調査時期:2019年1月6日~12月27日 回 答 数 :11,458件 <主な調査結果> 1.年間の相談件数が4万9千件超え。 ふるさと回帰支援センターで行う移住相談会やセミナーは年間で545回と昨年の実績を上回った。 首都圏での移住相談会やセミナー開催を行う自治体は増加傾向にあり、セミナーや相談会も単独ではなく複数の自治体での開催が増加。 県を越えての繋がりのあるテーマで連携して共同開催を行うなど、工夫を凝らしたセミナーも増えてきた。 4月以降に年金だけでは今後の生活費に不安を抱えたシニア層による生活コストを下げるための地方移住の相談も増えている。 また、9月にセンターが取り上げられたNHKのドキュメント番組放送後には、相談はしないものの、資料だけを求める来訪者も多かったことから、今後もこうしたシニア層の相談は増加すると思われる。 長野県は77市町村と2番目に多い自治体のそれぞれの魅力を発信するため「出張相談デスク」をうまく活用し効果を上げている。 また年代別のランキングでも20歳代以外はすべて1位となっている。 一方、昨年6位だった広島県が2位に上昇。 広島県は、瀬戸内ライフ、新しい働き方、カープ移住や食をテーマにした移住相談会を開催するなど、広島の資源や魅力を再確認しながら多様な暮らし方の提案・発信を行い、若年層を中心に来場者を増やしている。 年代別でも20歳代以下でトップになったほか、全ての年代で5位以内に入り、幅広い年代へのアプローチが効果をあげているものと思われる。 3位の静岡県も首都圏からのアクセスの良さなどからすべての年代で5位以内をキープ。 70歳代以上からの支持が高かったことで、4位の北海道とは僅差で3位となった。 4.地方移住セミナー等のサクラ動員について 昨年8月にふるさと回帰支援センターによる「民間企業によるイベント等へのサクラ動員への注意喚起」を契機として、年末の新聞報道にあったように地方創生ビジネスによる暗部が明るみになった。 今回、トップ3入りした広島県は2014年の移住相談員をセンターに配置後、セミナー企画・運営等を民間企業に一括委託せず、県庁職員一丸で企画・運営を行ってきている。 こうした地道な取り組みによってノウハウが蓄積され、2位という結果につながったものと思われる。 ふるさと回帰支援センターでは地方移住は人口減少対策としてではなく、地域の担い手づくりの手段として捉え、数字を追うのではなく、今後とも各自治体と連携のもとに、「地域の仲間探し」という人材探しの視点を持ち取り組んでいく。 詳細はこちら 【本件に関するお問い合わせ】 認定NPOふるさと回帰支援センター事務局 嵩(かさみ)和雄 TEL:03-6273-4415 FAX:03-6273-4025 MAIL: 新着トピックス• カテゴリ• アーカイブ•

次の