モッピー カード。 【モッピー】『ゲーム』で楽しくポイント稼ぎしてみよう。

【祝TOKYUポイントルート開通】ハピタス・モッピー→ANAマイル交換が楽に!

モッピー カード

ようこそブログにお越し下さいました。 寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」()です。 今日は、 突然開通した「TOKYUポイントルート」について。 現在でもANAマイルを貯めている陸マイラーにとっては メインのポイント交換ルートとなっている 「ソラチカルート」。 この夢のようなルートが閉鎖されて以降 (ソラチカショック)、全体の交換レートが最高81%にまで落ち込むと共に、ANAマイルにまで辿りつくポイント交換回数が増えて今日に至っていました。 特にハピタスの場合は 6回も交換が必要になってしまい(モッピーの場合は4回)、それまで不動と思われていた陸マイラー1番人気ポイントサイトの座をモッピーに明け渡していた感があります。 私自身もそうですが、 メインのポイントサイトとして「ハピタス」を利用していた者としては、この状況は決して喜ばしいものではなかったです。 だってANAマイルに辿りつくまで 6回もポイント交換を繰り返すわけですよ T-T 「もういいや」・・・と思いますよ正直。 「ハピタス」は保証制度が非常に充実しているので、本当に安心してポイ活ができる。 なので今でも「初心者に1番オススメできるポイントサイトはどこ?」と聞かれれば躊躇なく「ハピタスですね」と答えます。 それくらい自身を持ってオススメできます。 ただ、ANAマイルが最終目的の人には、6回ものポイント交換をしなければならないことが理由で(自分でもメンドクサイと思ったので)、手を挙げてオススメ出来ない部分がなんとなくあったというのが正直なところ。 「TOKYUポイントルート」の利用で交換3回でANAマイル! 「TOKYUポイントルート」というのはこちらです! 「ハピタス」「モッピー」から、「. 交換回数3回でOKなので、従来の交換回数(ハピタス)からすれば半減です。 因みに今までの交換ルートはこちら。 今までのルートで「面倒くさいなぁ」と思っていた点は、交換回数が多いのはもちろんですが、• もちろんそれ以外の交換箇所においてもそれぞれ少し時間がかかります。 仮に毎月ポイ活で得た10,000ポイントを交換すればソラチカルートより「600マイル」少なくなってしまいます。 しかし、 交換作業の少なさと早さを考えると、私は「TOKYUポイントルート」を迷わず選びます。 なので、毎月どんなに頑張っても上限は18,000マイル、年間最大216,000マイルしか貯めることが出来ません。 これだけ貯めれば十分・・・とも言えますが、ポイ活も慣れてくるとこれ以上マイルを稼ぐ事も十分可能になります。 そういう時、「TOKYUポイントルート」は交換上限が非常に緩いのが特徴。 よって理論的には、毎月最大75,000マイル、年間だと90万ANAマイルを稼ぎ出す事も可能になります。 「ハピタス」「モッピー」の両方から「.money」にポイントを集約して流し込むような使い方にも余裕で対応してくれるので、ポイントの管理が非常に楽になることは間違いありません。 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の発行が必要! 「TOKYUポイントルート」を使うためには、ANAカードの1つである「」を発行しておく必要があります。 他のTOKYUカードではNGなので、必ずこのカードを発行しましょう! 年会費が2,000円必要ですが、初年度は無料。 2年目以降も、年会費割引制度を利用すれば「751円(税別)」の年会費となり、更に、所有しているだけで毎年1,000ANAマイルがもらえるので、持っているだけでもお得です! ANAカードに入会するなら「マイ友プログラム」を利用しよう! このプログラムに登録してからANAカードを発行すると、 たったそれだけで 「最大5,500マイル」もらえるという非常に有難いプログラム。 利用しない手はありません。 通常入会ボーナスマイルと合わせると無視できないレベルのマイルを頂くことができますよ! 発行するカードの種類によって、プレゼントされるマイルは異なりますが、この記事でオススメした「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」なら 「 500マイル」いただけます。 あとは普通にANAカードを申し込むだけでOKです。 注意 ・既にANAカードを持っている人や過去に持っていた方は対象となりません。 ・マイ友プログラムのボーナスマイルは、発行したANAカードが手元に届いて約10日後までに積算されます。 ・から登録した日から3カ月以内に入会しない場合は、対象外になります。 ・オンライン入会でも紙の申込書での入会でも対象になります。 ・ポイントサイト(、など)を経由しての申込みもOKです。

次の

モッピーでクレジットカードを発行して大量ポイントを稼ぐ方法

モッピー カード

モッピーは他のポイントサイトと比較してマイルを貯めやすいポイントサイトでもあります。 なぜなら、貯めたポイントをマイルに交換しやすいポイントサイトだからです。 特にJALマイルへの交換率が実質80%となるで他のポイントサイトと一線を画しており、JALマイルに強いポイントサイトとして陸マイラーに注目されてきました。 そして今度はANAマイルの交換率でも最強となる「エクスプレスキャンペーン」を繰り出してきたので、ANAマイルにも強いポイントサイトになりつつあります。 今のところ、JALとANAの両方のマイルに実質80%以上で交換できるポイントサイトはモッピーだけです。 最強ANAマイル交換率86. 3%! キャンペーン期間 2019年7月1日(月)~終了時期未定 キャンペーン期間は終了時期未定。 常設のキャンペーンとなっています。 キャンペーン内容 キャンペーン期間中に特定の条件を達成すると、エクスプレスボーナスとしてモッピーからドットマネーを経由してTOKYU POINTに交換したモッピーポイントが15%増量になります。 エクスプレスボーナスの1,500Pは、条件達成後、翌月末頃にモッピーポイントで付与されます。 エクスプレスボーナス獲得条件 条件1:モッピー公式プリペイドカード 「POINT WALLET VISA PREPAID」をお持ちの方 条件2: 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」をお持ちの方 条件3: 「JALドリーム」マークのついた広告を合計15,000P以上利用された方 条件4: モッピーから ドットマネーに10,000Pを交換された方 条件5: ドットマネーから TOKYU POINTに10,000マネーを交換された方 注意事項• エクスプレスボーナスは、お1人さま月1回・10,000P申請分のみ対象となります。 キャンペーン期間中の合計交換ポイント数ではございません。 エクスプレスボーナスは条件達成後、翌月末頃にモッピーポイントで付与いたします。 以下の場合はキャンペーン対象外となります。 モッピー以外のサービスからドットマネーに交換したポイントで、TOKYU POINTに交換された場合• キャンペーン期間外にモッピーからドットマネーに交換したポイントで、TOKYU POINTに交換された場合• ボーナスポイントが付与される前に、モッピー及びドットマネーを退会された場合 エクスプレスボーナスがもらえるのは10,000Pを一括で交換した場合だけです。 キャンペーン期間中の合計交換ポイント数ではないのでご注意ください。 エクスプレスボーナスがもらえるのは1人1回だけです。 エクスプレスボーナス獲得への7ステップ エクスプレスボーナスを獲得するための5つの条件を達成するための流れを7ステップで解説します。 難しいことはありませんので、このステップに沿って確実にエクスプレスボーナスを獲得してください。 スポンサーリンク ステップ1:モッピーに無料会員登録する エクスプレスキャンペーンを利用してANAマイルを貯めるには、何はともあれ、ポイントサイトのモッピーに無料会員登録をしなければ何も始まりません。 モッピーを利用したことが無い人は、まずは会員登録をしてください。 モッピーはポイントを貯めやすいおすすめのポイントサイトです。 ANAマイルだけではなく、JALマイルも貯めやすいうえに友達紹介制度の大幅改善でますますポイント=マイルが貯めやすいポイントサイトに進化しています。 陸マイラーなら必ず登録しておきたいポイントサイトなので、是非、この機会に登録しておきましょう! お得な新規登録キャンペーン実施中! 当ブログの紹介でモッピーに新規登録をするとボーナスポイントがもらえるお得なキャンペーンを実施中です。 モッピーに新規登録をして簡単な条件をクリアするだけでもれなくボーナスポイントがもらえますので、是非、この機会に登録しておきましょう。 対象広告は「ドリームキャンペーン対象」のマークが付いた広告です。 予定反映「なし」の場合、広告のご利用(登録・申込など)後は予定明細に反映せず、確定反映の項目に記載の期日までに、ポイント確定明細に反映します。 予定反映「なし」の広告利用については、ポイント確定明細の「獲得日」が広告利用の対象となります。 ポイント確定明細の「獲得P」に反映されたポイントが、今月の広告利用分にカウントされます。 3つのエクスプレスボーナス獲得条件の中でも、このキャンペーン対象広告を15,000P利用することが一番大変かも知れませんが、モッピーには無料でポイントを貯められる広告がたくさんあるので、頑張ってキャンペーン対象広告を利用してポイントを貯めてください。 年会費が無料、または初年度無料のクレジットカードを選んで利用すれば、無料で大量のポイントを獲得することができます。 クレジットカード発行のやり過ぎに注意 クレジットカードの新規申込みをすると、クレジットカード会社による信用審査があります。 何枚ものクレジットカードを短期間に発行し過ぎると、審査落ちになってしまう場合があります。 審査落ちすると、信用情報にその記録が残り、その後のクレジットカード発行に影響しますので、やり過ぎないようにペースを考えて利用しましょう。 私は、1ヶ月に1枚を超えないようにしています。 それと、発行して直ぐに解約したり、全く利用せずに解約してしまうと信用情報に悪い影響があるかも知れないので、クレジットカードを発行したら小額でも構わないので実際に利用しておきましょう。 FX口座開設&取引広告 モッピーを経由してFX口座を新規開設して取引をするとポイントがもらえる広告です。 注意 以下の場合はキャンペーン増量の対象外なのでご注意ください。 モッピー以外のサービスからドットマネーに交換したポイントでTOKYU POINTに交換された場合• キャンペーン期間外にモッピーからドットマネーに交換したポイントでTOKYU POINTに交換された場合 ステップ7:エクスプレスボーナス1,500ポイント獲得 ここまでのステップをクリアすれば、条件を達成した翌月末頃にエクスプレスボーナスの1,500P(モッピーポイント)が付与されます。 なお、TOKYU POINTからANAマイルへの交換はエクスプレスボーナス獲得条件にはなっていませんので、お好きなタイミングでANAマイルに交換して大丈夫です。 ANAマイラーなら見逃し厳禁! ポイントサイトのモッピーが特別緊急企画として発表した「エクスプレスキャンペーン」を解説しました。 本キャンペーンのANAマイル交換率は現時点で 最強となる86. 3%です。 ANAマイルを貯める陸マイラーなら見逃し厳禁の確実に利用したいキャンペーンです。 ANAマイルとJALマイルの両方で魅力的なキャンペーンを実施するモッピーは陸マイラー必須のポイントサイトなので、まだモッピーを利用していない人は急いで登録しましょう!.

次の

モッピーでJALカード入会はお得?【6月】最新は最大7,500円+マイル獲得キャンペーンを開催中

モッピー カード

ポイントを貯められる案件が充実しているポイントサイト「モッピー」。 多種多様な案件でポイントを貯められて、ポイ活の場としてもにぎわっています。 その中で最も熱いジャンルの1つがクレジットカード発行案件です。 普段のお買い物に必要なクレジットカードを発行するだけで、大量のポイントがゲットできます。 そしてクレジットカードでも人気があるのが「ヤフーカード」です。 残念ながら現在は掲載がないのですが、少し前はお得にヤフーカードが発行できる案件が用意されていました。 今後復活する可能性も高いので、今回はモッピーのヤフーカード発行案件についてご紹介します。 「ポイントサイトを経由して、ヤフーカードをお得に発行する方法はないだろうか」と考えている方は、ぜひご覧ください。 クレジットカードとTポイントカード機能が一体化している• Yahoo! ショッピングで使えばさらにお得• キャンペーンを利用すればお得• 年会費永年無料で所持しやすい クレジットカードとTポイントカード機能が一体化している ヤフーカードは「Tポイントカード」とクレジットカードが一体化しています。 例えばクレジットカードとして利用すれば100円ごとに1Tポイントが、またTポイントカードとして提示すれば各提携店でポイントが貯まります。 1枚でクレジットカードとしてもTポイントカードとしても使えるのが、ヤフーカードのメリットです。 Yahoo! ショッピングで使えばさらにお得 大手ネットショッピングサービスの「Yahoo! ショッピング」で支払い時に利用すると、他のポイント特典と併せて3倍のポイント還元が受けられます。 普段のネットショッピング利用もお得になるのが、ヤフーカードのメリットです。 キャンペーンを利用すればお得 現在ヤフーカードでは、終了期間未定の常時キャンペーンを行っています。 2019年7月時点でヤフーカードを発行すれば、まず入会特典で4000ポイントがもらえます。 そして申し込み月を含む2か月目の末日までにお買い物に利用すれば1回利用につき2000ポイント、最大3回利用で6000ポイントがもらえます。 合計10000円分のTポイントがもらえるので、かなりお得なキャンペーンですね。 キャンペーン併用でたくさんTポイントが貯まるのも、ヤフーカードのメリットです。 もっと詳しい内容が知りたい場合は、公式ページをご覧ください。 年会費永年無料で所持しやすい ヤフーカードは発行料が必要ありません。 しかも年会費も永年無料です。 クレジットカードには年会費など、コストがかかるものが多いですが、ヤフーカードはコスト0で所持できます。 審査も簡単なので、気になる方は発行を検討してみてはいかがでしょうか。 モッピーのこれまでのヤフーカード発行案件について 2019年7月時点、モッピーを含め他のポイントサイトでもヤフーカードの発行案件は取り扱っていません。 しかし「もう掲載されないのかな」とあきらめるにはもったいない魅力が、ヤフーカードの発行案件にはありました。 例えばヤフーカードの紹介動画視聴完了後、ヤフーカードの発行完了14日程度で3000ポイントがもらえました。 ポイントもたくさんゲットできますが、14日以内というクレジットカード案件の中では比較的すぐポイントが付与されるのもよいところです。 これからの展望 これからヤフーカードの発行案件はどうなっていくのでしょうか。 個人的な見解も混ざりますが、例えばドコモのインターネットテレビサービスである「dTV」は、定員がすぐ来て案件掲載がなくなり、また復活する、を繰り返していました。 ヤフーカードも人気がある点では共通しているので、掲載元であるワイジェイカード株式会社の意向によっては今後再掲載される可能性もあります。 100%また掲載されるという太鼓判は押せませんが、ヤフーカード発行は人気案件です。 少し待てば、モッピーのヤフーカード案件+ヤフーカードのキャンペーンの併用による大量ポイントゲットも夢ではありません。 「今すぐヤフーカードを発行してみたい」という方は、もう少し発行を待ってみるとお得に発行できるチャンスが巡ってくるかもしれませんよ。 まとめ 今回はモッピーのヤフーカード案件についてご紹介してきました。 ポイントは次の4つです。

次の