パワーポイント 蛍光 ペン。 ペンで書き込みをする|パワーポイント(PowerPoint)の使い方

パワーポイントの蛍光ペン機能で見やすい資料作りを

パワーポイント 蛍光 ペン

蛍光ペンは、テキストや資料を文字をなぞるだけなので速く書け、便利です。 色もたくさん用意されていますから、色に意味を持たせて線引きすることができます。 一方、蛍光ペンのデメリットは、文字が書きにくいことです。 文字を書きたい場合は、ボールペンなどに持ち替えなくてはいけません。 学校の学習場面では、以下のようにアドバイスすることがあるそうです。 使用例1 赤:重要なところ、暗記するところ 青:次に重要なところ 緑:語句の説明部分 使用例2 赤:重要なところ、暗記するところ 青:説明 緑:間違えやすいところ、苦手だと思うところ 教科書や資格試験のテキストなどは、最初から重要なところは赤字で書かれているものがあります。 一般的に赤色が重要、次に青色とされることが多いようです。 教室の授業で、先生は重要なところは黒板に赤字で書かれますが、私は見にくいです。 黄色のほうが見やすいと思います。 私は、先生や先輩から、学習や暗記のためには「青」がベストと教わったことがあります。 大学の実験によれば、青色は、落ち着いて学習できる色だそうです。 集中力が上がり、学習効果が高かったそうです。 その後、私は青の蛍光ペンばかりを使っていましたが、現在、私が最も使う色は黄色です。 黄色かオレンジの蛍光ペンとシャープペンシルを使う 私は、重要度や活用の可能性などにより、蛍光ペンや多色ボールペンで色分けすることがありますが、黄色かオレンジの蛍光ペンでマークし、シャープペンシルで、書き込みをすることが多いです。 黄色、オレンジ、緑は、コピーに出ません。 赤、紫、青は、コピーすると、マークしたところが出てしまいます。 青は、1回だけ書くなら、コピーに出にくいですが、2回マークすると重なったことで色が濃くなりますから、コピーに出やすくなります。 黄色やオレンジは、コピーに出ませんから、それを利用した使い方もあります。 ・資料点検時に黄色かオレンジを使い、コピーを配布したり、提出したりする。 ・会議や説明会で重要事項だけでなく、説明があったところや自分の気付きなども含め、黄色かオレンジでマークし、コピーしてから、改めて、重要事項だけをマークして配布する。 社内で回覧する資料に蛍光ペンで線引きをする 会社で回覧する資料はコピーされることもあるため、私は、共有する資料のほとんどは、黄色またはオレンジの蛍光ペンとシャープペンシルの2種類で書き込んでいます。 ペンを持ちかえる時間がない? 説明が早いセミナーや説明会等では、書き込みが追いつかない場合があります。 ペンの色を使い分けたり、持ち替えたりしていると、忘れてしまうこともあります。 カラーコピーは高い コストがかかるため、カラーコピーは使用しないことが多いです。 社内で回覧するような場合は、記号の意味を表紙などに書いておきます。 マーカーの部分は、回覧中にコピーした人が確認して、各自の資料に書き込んでくれることもありますが、上司にわたす資料は、こちらでマークするようにしています。 私が最もよく使うのは、黄色の蛍光ペン、次に青です。 赤の蛍光ペンや赤ボールペンは、使用頻度が低いです。 黄色?オレンジ? 黄色は、セミナー会場の照明により、まったく見えないことがあります。 黄色は、夜間、車の中や列車の中の照明で、見えないこともあります。 こうした環境では、オレンジを使います。 蛍光ペン、色分けして使う場合 個人用の資料で、余裕があるときは、色分けすることがあります。 線を引いたり、囲んだりします。 黄色またはオレンジ:重要事項、指示事項等 青:内容説明、補足説明、業務に活用できそうなところ 緑:内容について調べたいところ、面白い(他に転用できそう)と思ったところ マーカーの使い方の例1 実行リスト、点検リストを埋める 実行したり点検したりした項目に色を付けていきます。 すべての項目に色が付いたら、終了したことが一目瞭然です。 また、作業途中、どのくらい残っているかも分かります。 マーカーの使い方の例2 たくさんのアイデアを出して、カテゴリー別に色分けします。 蛍光ペンは、多数の色がありますから、多くのカテゴリーに分けることができますが、3種類くらいにしておいたほうがよいと思います。 色が多すぎると、色と意味の対応が分からなくなってしまうことがあります。 仕事でアイデアをたくさん出して、商品化したり、改善したりするような場合、カテゴリー分けをし、優先度や重要度、他への転用などにより、さらに分類することがあります。 マーカーの使い方の例3 イベント会場図を担当ごとに色分けします。

次の

PowerPoint2016のハイライト機能について

パワーポイント 蛍光 ペン

パワーポイントを使ってプレゼンテーションを行う際は、注目させたいページを強調し、聴衆者にインパクトを残すことが重要です。 そんな時に便利なのが、「ペン機能」です。 ペン機能を使うことで、スライドショー中にポイントとなる箇所を丸で囲ったり、下線を引いたりなど、自由な書き込みができます。 今回はパワーポイントで発表をする時に便利なペン機能を紹介します。 プレゼン中にスライドショーから書き込める ペン機能は、実際のプレゼンテーションの際に利用できるよう、パワーポイントの編集画面ではなく、スライドショー画面で行います。 まずは、パワーポイントをスライドショーにして全画面表示させます。 スライドショーにすると、メニューなど表示されていたものがすべて無くなっているように見えますが、右下を見てみると、半透明となったアイコンが表示されていることがわかります。 その中にペンのようなアイコンがありますが、これがペン機能です。 アイコンをクリックし、[ペン]をクリックします。 右クリックメニューの「ポインタ オプション」からの選択も可能です。 すると、カーソルがペン先に変わります。 この状態で画面をクリック・ドラッグすることで、自由に円を描いたり、線を引いたりすることができます。 操作はマウスで行うため、文字をうまく書くことは難しいです。 あくまで既にスライドに記載されている内容の強調に利用しましょう。 [Esc]キーを押すと通常のカーソルに戻ることができます。 半透明の蛍光ペンを使おう ペンにはいくつか種類があり、たとえば蛍光ペンも利用できます。 ペンと同じく、スライドショーにした状態で右下のアイコンからペンのアイコンをクリックし、メニューの中から[蛍光ペン]をクリックします。 蛍光ペンはペン先が長方形になっており、黄色く太い線を引くことができます。 マウス操作であってもまっすぐ線が引きやすくなっています。 また、色が半透明になっているため、文字の上に蛍光ペンで線を引いても文字が消えないという特徴があります。 ショートカットキーを使ってスムーズに切り替えよう ペン機能はショートカットキーを使うことでもっと簡単に操作できます。 [Ctrl]キーと[P]キーを同時に押すことで切り替えられます。 蛍光ペンに関しては、オフィス2013では、[Ctrl]キーと[I]キーを同時に押すことで替えられます。 オフィス2010にはショートカットキーが割り当てられていません。 追記した内容を削除・保存する方法 ペン機能で書いた線はすぐに消去できます。 右下のアイコンからペンのアイコンをクリックし、[スライド上のインクをすべて消去]をクリックします。 すると、今まで書いたペンの内容がすべて消えます。 こちらもショートカットがあり、[E]キーを押すことで、ペンで書いた内容をすべて消すことができます。 ここでは、[Ctrl]キーを一緒に押す必要はありません。 一方で、スライドショーの最中に書いたペンの内容を保存する場合は、スライドショー終了時に表示される「インク注釈を保持しますか?」というポップアップ画面 で、[保持]をクリックします。 すると、ペンの内容が「図として保存」されます。 つまり、書いた内容を移動したり大きさを変形させたりすることが可能です。 ペン機能でプレゼンテーションをより魅力的に! パワーポイントの発表時に利用できる「ペン機能」について紹介しました。 ペン機能でスライドショー中にペンを書き込み、リアルタイムで強調することで、よりインパクトの強いプレゼンテーションを行うことができます。 連載記事一覧• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 1 Mon• 2016. 12 Thu• 2016. 23 Mon• 2016. 16 Thu• 2016. 23 Thu• 2016. 11 Mon• 2016. 26 Tue• 2016. 9 Tue• 2016. 29 Mon• 2016. 6 Tue• 2016. 27 Tue• 2016. 11 Tue• 2016. 24 Mon• 2016. 14 Mon• 2016. 28 Mon• 2016. 12 Mon• 2016. 26 Mon• 2017. 16 Mon• 2017. 27 Fri• 2017. 7 Tue• 2017. 22 Wed• 2017. 8 Wed• 2017. 15 Wed• 2017. 5 Wed• 2017. 19 Wed• 2017. 15 Mon• 2017. 22 Mon• 2017. 5 Mon• 2017. 13 Tue• 2017. 4 Tue• 2017. 20 Thu• 2017. 2 Wed• 2017. 18 Fri• 2017. 1 Fri• 2017. 13 Wed• 2017. 3 Tue• 2017. 16 Mon• 2017. 6 Mon• 2017. 13 Mon• 2017. 27 Mon• 2017. 11 Mon• 2017. 19 Tue• 2017. 25 Mon• 2018. 12 Fri• 2018. 24 Wed• 2018. 7 Wed• 2018. 13 Tue• 2018. 19 Mon• 2018. 26 Mon• 2018. 5 Mon• 2018. 13 Tue• 2018. 20 Tue• 2018. 28 Wed• 2018. 6 Fri• 2018. 10 Tue.

次の

資料の線引きは黄色かオレンジ色の蛍光ペン

パワーポイント 蛍光 ペン

本や書類を読むときに、重要と思われる箇所を蛍光ペンで強調することがあります。 また、学校の授業やセミナーでは、講師が重要な箇所を解説する際にアンダーラインをしたり、文字を囲ったりします。 蛍光ペンによるマーキングやアンダーライン、あるいは文字を線で囲むことで、重要なポイントを伝える手法は、プレゼンテーションでも活用したいものです。 パワーポイント2016より搭載された新機能[蛍光ペン]は、直線的で美しく線を引くことが可能です。 また従来の[ペン]機能に用意されている[蛍光ペン]は、手書きでメモを入れたり、文字を線で囲うことができます(オフィスのバージョンや利用環境により利用できない場合あり)。 本記事では、2つの[蛍光ペン]機能の違いを紹介します。 [蛍光ペン]機能の特徴 まず、新しい蛍光ペン機能についてセミナーで配布する資料をサンプルに説明しましょう。 まず[ホーム]タブの[フォント]グループにある「ab」という文字の下に黄色の線が表示されている[蛍光ペンの色]アイコンをクリックします。 マウスポインターが蛍光ペンの形になったことを確認したら、強調したい箇所をドラッグして選択します。 ドロップすると、選択した箇所が黄色でマーキングされます。 色を変更することも可能です。 色の変更は、[蛍光ペンの色]アイコンの右側にあるプルダウンをクリック。 すると色の一覧が表示されるので、好みの色を選択しましょう。 好みの色を選択すると、アイコンの下部にある線の色が選択した色に変更され、先程と同様に強調したい箇所をドラッグ&ドロップすれば、マーキングされます。 自由自在に使える[ペン]機能の蛍光ペン 続いて、従来より用意されている[ペン]機能は、蛍光ペンだけでなく、通常のペンや消しゴムなども備えており、さまざまなところにフリーハンドで線を引いたり文字を書くことができます。 まずは[校閲]タブを開き、[インク]グループにある[インクの開始]をクリックします。 すると、[ペン]というタブが表示されます。 タブ左側にある[書き込み]グループでツールを選びましょう。 [ペン]は、手書き感覚で使えるツールです。 スライド中にフリーハンドでアンダーラインを引いたり、文字を線で囲うといった使い方ができます。 タブの中央にある[ペン]グループで色や太さを変更することも可能です。 書き損じたときは、[消しゴム]によって消すことができます。 [書き込み]グループにある[消しゴム]をクリックすると、マウスポインターが消しゴムの形になるので、消したい箇所でドラッグします。 消しゴムのサイズ設定は[消しゴム]アイコンの下にあるプルダウンメニューをクリックすると表示されます。 また、[ペン]機能にも[蛍光ペン]があり、マーキングすることが可能です。 前述の[ホーム]タブにある[蛍光ペン]機能はテキストのみを強調するツールですが、[ペン]タブに用意された[蛍光ペン]はフリーハンド形式となります。 [ペン]機能はフリーハンドで描けるツールです。 よって、たとえば蛍光ペンとペンを併用すれば、下図のようなスライドも作成できます。 2つの蛍光ペンを使い分けよう 新しい[蛍光ペン]機能は、テキスト以外には使用できませんが、直線的なマーキングを行えるのがメリットです。 一方、従来の[ペン]機能にある[蛍光ペン]は使える場所の自由度が高く、フリーハンドで記入できることがメリットです。 しかし、フリーハンドなので、直線的なマーキングを行うのは難しいでしょう。 見た目を重視するのであれば新しい[蛍光ペン]機能を、描く場所を選ばずに使用したいならば従来の[ペン]機能にある[蛍光ペン]を、というように使い分けると良いでしょう。

次の