レン デックス。 レンデックス(LENDEX)登録方法・口座開設|ソーシャルレンディング投資・確定申告

LENDEX(レンデックス)の評判を評価検証!ちゃんと償還されました!

レン デックス

ソーシャルレンディングとは、お金を必要とする「借り手(企業)」と、お金を貸して運用したい「個人投資家」をマッチングさせるサービスです。 出典: ソーシャルレンディング事業者は、インターネットを利用してウェブサイト上で投資家からお金を集め、お金を必要とする企業に融資します。 たとえば、借り手に対して13%の金利で融資を行い、ソーシャルレンディング事業者が3%の手数料を取得すると、投資家には10%の利回りが配分されます。 借り手企業は、返済額とともに、金利を毎月支払う必要があります。 ソーシャルレンディング事業者は支払われた利率から報酬として数%を取得し、残りを投資家に配分するのです。 個人から資金を集めるという仕組みなので、ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの一種です。 小口の投資家の資金を集めて大口の資金に代えることで、大きな収益機会を狙えます。 ソーシャルレンディングの投資は融資で、さらに担保を設定することで安全性を高めることができます。 担保が設定されている• 東急リバブルが担保物件の査定を行っている• 小口から投資でき短期案件が多い• 利息を毎月分配• 仮に事業者による資金の返済が難しくなっても、設定している担保を売却することで、元本や利息に充てることが可能です。 担保物件は必ずしも思った価格で売れるわけではありませんが、いざという時の返済可能性を高めることができます。 レンデックスは、ファンドの組成に東急リバブルの査定結果を利用。 東急リバブルに担保となる物件の査定を依頼し、担保の査定価格の80%を上限にファンドを組成します。 担保が設定されていることで、返済が滞った際の貸し倒れ(企業がお金を返せない)リスクが軽減されるのです。 レンデックスでは、これまで貸し倒れは一件も起こっていません。 また、遅延も起こっていません。 遅延とは、決められた期間が過ぎても、借り手から資金が返済されないことです。 レンデックスでは、案件数を抑え、厳選した案件のみを取り扱っています。 それが、貸し倒れや遅延が起こっていない大きな理由と考えられます。 ただし、今後も貸し倒れや遅延が必ず起こらないとは言い切れません。 現在、何も問題が起きていなくても、いずれは貸し倒れやリスクが起こる可能性もあります。 大切なのは、ソーシャルレンディング事業者がどのように対処するかということです。 レンデックスは、これまで貸し倒れや遅延を起こしていないので、どのような対応を行うか未知数ですが、貸し倒れや遅延が発生した際の最終的な元本償還額や情報公開までの速度などを確認する必要があります。 大手不動産仲介業者の東急リバブルによる物件価値の査定を利用することで、担保価値の評価は信頼性が高いと言えるでしょう。 ただ、他のソーシャルレンディング事業者でも、物件の担保設定を行う時は、第三者に担保評価を依頼することが通常です。 第三者機関であるの東急リバブルの名前を出して評価額を記載している点は、投資家に対する情報開示姿勢として評価される点です。 しかし、東急リバブルと資本提携をしているわけではありません。 担保評価を行っているのみなので、過度に評価しないようにしましょう。 10万円以上からでなければ投資を受け入れない事業者もあるので、レンデックスは比較的取り組みやすいソーシャルレンディングです。 また、レンデックスの案件は1年以内の短期投資が中心。 ソーシャルレンディングは基本的に途中で解約できません。 レンデックスは先の見込みにくい長期の案件は避け、より確実な1年以内の短期投資を中心としているのです。 少しでも早く投資の成果を得られるようにしているのです。 満期まで利息を待ちたくない投資家にとっておすすめの配分方法といえます。 できるだけ投資家に利益を還元するような仕組みになっているのです。 レンデックスでは、以下の5つの手数料が無料です。 会員登録手数料• 口座開設の手数料• 口座管理の手数料• 案件申込時の手数料• レンデックスから顧客口座への振込 ただし、顧客の銀行口座からレンデックス口座への振込は、顧客負担になります。 募集金額が少ない• 元本割れのリスク• 運営会社(レンデックス)のデフォルトリスク• 担保が設定されている上に高い利回りが期待できるレンデックスの人気は上昇。 規模が小さい案件では、申し込むのが難しい場合もあります。 1日で満額終了になる案件もあるので、そのような案件に投資したい場合は、その日の間に申し込む必要があります。 レンデックスの新規募集ファンドの開始時刻は、15時からというのが多くなっています(一部12時)。 平日の午後の場合、仕事をしているサラリーマンなどは申し込みづらいでしょう。 当日の夜に申し込むと、小規模の案件では出資できない可能性があります。 募集規模を調べ、1億円以上のファンドを狙ってみるのもいいでしょう。 万が一借り手の事業者が貸し倒れ(資金が回収できないこと)を起こしても、レンデックスが返済を肩代わりすることはありません。 また貸付企業が返済不能(債務不履行) になった場合、担保を売却するなどにより貸付額を回収しますが、市況によっては担保価値が大幅に下落し、担保割れが発生することもあります。 レンデックスは、国内の不動産に特化したファンドを募集しているため、国内の不動産市況の影響を大きく受けます。 大幅に不動産市況が悪化したら、貸付金の返済可能性に影響するリスクがあるのです。 そのため、 不動産以外を投資対象にしているソーシャルレンディングにも分散投資をするようにしましょう。 幅広く分散投資をすることで、リスクを軽減できます。 レンデックスのファンドに投資する際は、かならず余裕資金で行うようにしましょう。 しかも、大部分の案件に担保が設定されています。 利回りの高さと担保が設定されているというのは、レンデックスの大きな魅力です。 それでは、実際の案件を見てみましょう(2019年8月時点)。 出典: このように10%前後の高い利回りが期待できることが分かります。 もちろん、利回りの高さだけで案件を選ぶのではなく、物件や担保の見極めも大切です。 また、ソーシャルレンディングは元本保証の金融商品ではないため、1つの案件に資金を集中させるのではなく、複数の案件に分散投資することをおすすめします。 WEBで仮登録• 仮登録後マイページにログイン• 本人確認の画像をアップ• レンデックスでの審査後、認証コードを郵送• 認証コードを入力したら本登録完了 1. WEBで仮登録 レンデックスのサイトから「新規口座開設」ボタンを押し、規約・同意事項に関する書類をダウンロードします。 仮登録後マイページにログイン 登録したメールアドレスに届いた確認メールの「メール確認用アドレス」の項目に、記載されたアドレスをクリック。 本人確認の画像をアップ 基本情報の登録、本人書類のアップロード、銀行口座の登録などを行います。 レンデックスでの審査後、認証コードを郵送 レンデックスの審査で本人確認および銀行口座を確認し、審査が終了すると「認証コード発行」のメールが送られてきます。 その後、レンデックスに登録した住所に簡易書留で「認証コード」が郵送されます。 送信すれば本登録完了です。 口座開設の際に注意すべき点は以下の3つです。 口座開設可能なのは本人名義のみ• マイナンバーの登録が必要• 海外への移住や75歳以上になるなど、条件を満たさなくなった時点で原則解約の対象になります。 また、レンデックスだけでなく、ほとんどのソーシャルレンディングでは投資を開始すると、満期まで途中解約ができません。 すぐにお金が必要になることがないような余裕資金で投資するようにしましょう。 雑所得とは、給与所得や事業所得など他の所得区分に該当しない所得のことです。 ソーシャルレンディング以外では、アフィリエイトなどネットでの収入、セミナーの講演料などが該当します。 総合課税とは、他の所得と合算して税金を計算する制度です。 株式や投資信託、FX(外国為替証拠金取引)などは申告分離課税なので、総合課税の対象にはなりません。 税率も一律20. 315%(所得税15. 総合課税は、ソーシャルレンディングの利息以外にも、給与所得や不動産所得など他の所得金額の合計額に対して課税されます。 平成27年分以降の所得税の税率は以下の通りです。 出典: これに住民税の10%を足した税率が総合課税額になります。 レンデックスの分配金は源泉徴収 レンデックスの分配金は、源泉税を控除した金額が口座に振り込まれます。 つまり、源泉徴収されているのです。 これは、顧客が支払うべき所得税の前払いとして、レンデックスが所轄の税務署に納付しているものです。 ただ、総合課税は他の所得と合わせて所得税率が決まります(住民税は一律10%)。 所得税率より源泉徴収率が高かった場合は還付を受けられますし、源泉徴収率より所得税率が高かった場合は、不足分を納税しなければいけません。 ただし、年間20万円を上回らない雑所得は確定申告をする必要はありません。 レンデックスの利益だけでなく、雑所得全体で20万円を上回るかどうかという点をチェックするようにしましょう。 個人的にクラウドクレジットとレンデックスがおすすめです。 【厳選2社!】はじめてのソーシャルレンディングにおすすめの会社 — りん@ぐうたら夫(運用320万円) AutoinvestR ブログ更新! 【元本保証も】リスクの少ない資産運用まとめ こんな時こそ、値動きで損することのない投資に注目! レンデックスであれば、安定して定期収入が得られます。 この手のソーシャルレンディングには500万円ほど投資していて、一切損なし。 まだ10万円でしか運用していませんが、着々とお金が増えていってますね。 ただし、募集枠がすぐになくなる案件も多いので、募集金額には注意しておいた方がいいでしょう。 また、担保の査定評価を東急リバブルに依頼しているということで信頼性もあります。 実際、これまで遅延や貸し倒れは起きていません。 ただ、レンデックスの事業開始は2017年開始で歴史が浅いことから、今後も遅延や貸し倒れが絶対に起きないという保証はありません。 ファンドや担保の内容を確認し、複数の案件に分散投資してリスクを軽減させましょう。 レンデックスは、 最短2ヵ月・一口2万円から投資できます。 まずは、短期の案件で少額から始めてみてはいかがでしょうか。

次の

レンデックス(LENDEX)登録方法・口座開設|ソーシャルレンディング投資・確定申告

レン デックス

LENDEX(レンデックス)の特徴 クラウドファンディングには色々なタイプが存在しますが、LENDEX(レンデックス)は不動産担保を活用した融資を募る「ソーシャルレンディング」というタイプに分類されます。 一般的なソーシャルレンディング業者とは大きく変わりませんが、LENDEXならではの大きな特徴として• 1年以内の短期投資中心• 東急リバブルの査定結果を利用 という点が、他社と大きく異なる部分です。 1年以内の短期投資中心 LENDEXの取り扱う案件は、 1年以内に元金の返済が見込める短期投資です。 ソーシャルレンディング業者の多くは、当初は1年以内の短期融資の案件が多いのですが、ある程度実績を積み上げると償還期間を2年・3年と長期化する傾向にあります。 もちろん、長期投資で高利回り運用を行いたい投資家も多いので、償還期間の長い案件を好んで選択する人もいます。 しかし、 リスクが見えにくいソーシャルレンディング投資においては、償還期間が長期化すると元金が返済されない可能性が高まると私は考えています。 上記の理由から、ソーシャルレンディングにおいては、見通しの立てやすい3ヶ月・6ヶ月・1年以内で投資額が回収できる案件を厳選した方が安心です。 LENDEXは「1年以内の短期投資中心」で案件を展開しているため、• 短期間で資金を回収したい方• 満期1年以内の定期預金の代替商品を探している方 にもおすすめです。 東急リバブルの査定結果を利用 LENDEXのもう一つの特徴として、投資案件の不動産担保評価には「 東急リバブルの査定結果を利用している」というものがあります。 「東急リバブル」と言えば、東急不動産グループの販売会社であり、業界でもトップクラスの大手業者です。 不動産特化型ソーシャルレンディングのリスクとして、 不動産担保評価をどこまで信頼して良いのか?という問題があります。 例えば、募集金額1億円の案件に1. 2億円相当の不動産担保が付いていたとしても、担保評価が甘く実際は8,000万円の担保価値しかないようなものだったら、貸し倒れが生じた場合に投資額を全額回収できない恐れがあります。 その点、レンデックスが査定結果を依頼している「東急リバブル」は業界大手であり、担保価値の精度には信頼性があると考えて良さそうです。 しかし、LENDEXと東急リバブルが資本提携をしている(東急リバブルから出資を受けている)わけではなく、LENDEXはあくまでも独立系の業者であり、「信頼のおける東急リバブルの査定結果で担保評価していますよ」というだけにすぎません。 LENDEXのサイトを見ると、業務提携先として「東急リバブル」の名前を全面的に押し出している印象を受けます。 しかし、東急リバブルとLENDEXは特別な関係にあるわけではなく、東急リバブルはあくまでも担保評価の外部委託先となるので注意です。 LENDEXではその後、担保評価額の算出方針を「 当社独自の査定価格と、第三者の査定価格とを比較し、いずれか低い方」と改めました。 独自の査定価格と第三者評価を両方実施し、より保守的な方を評価額に採用するという方針は大きな改善です。 一方で、担保評価を実施する会社が「東急リバブル」から「第三者」とやや不透明な言い回しになっている点には注意が必要です。 現在も業務提携先として「東急リバブル」の名前は挙げていますが、現在募集している案件の第三者評価がすべて、東急リバブルによるものかどうかはわかりません。 LTVは80%まで 逆に、LENDEXの安心できる点としては、 投資案件の募集額を担保評価額の80%を上限にしているということです。 つまり、担保評価額が1億円の不動産の場合、LENDEXでの募集金額は最大8,000万円までとなります。 これは、市況が悪化して不動産価格が20%下がった状態で貸し倒れが起こっても、担保を売却すれば全額回収できることを意味しており、安全性の高さの証明となります。 もちろん、「担保評価額の80%」という数値はファンドの募集金額となっているため、担保物件が他にも抵当がついている可能性も考えられます。 わかりやすく言うと、抵当権の順位が2位になっている場合は、例え募集金額が担保評価額の80%以内におさまっていたとしても注意が必要だということです。 口座開設手数料は無料 LENDEXでの投資をはじめるにあたって、 口座開設手数料や維持必要は無料です。 入金・出金時にのみ振込手数料が発生します。 では、LENDEXがどこから収益を得ているのかというと、 借り手の借入利率と、貸し手(私たち)の利回りの差です。 例えば、 LENDEXで利回り10%の案件に投資をする場合、仮にLENEXの手数料を3%とすれば借り手となる業者は年利13%で資金調達していることになります。 LENDEXで募集される案件の資金使途は短期資金ばかりなので、金利は当然高めの設定となります。 しかし、利回りがあまりに高すぎるということはそれだけリスクをはらんでいるということにもなりますので、慎重な見極めが必要になってくるでしょう。 最悪の場合、元本割れが発生する可能性もありますので、もしそうなったとしても利益が出せるよう、分散投資をしっかりと行うことが重要です。

次の

レンデックス(LENDEX)評判とぶっ飛び高利回り!実績積み上げリスク回避 | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

レン デックス

Contents• また、投資口座を開設するためには一定の条件や審査があるので、こちらも合わせて確認してみましょう。 ・LENDEX レンデックス の口座開設条件 1.申請の時点で20歳以上75歳未満の方 2.日本国内に在留資格を有しており、居住地が日本国内の方。 3.LENDEX レンデックス の取引約款等に同意できる方。 4.LENDEX レンデックス の審査に通った方。 法人口座の場合は個別に対応しているようなので、問い合わせてみてください。 申し込み・投資開始までの流れ LENDEX レンデックス での投資開始までの大まかな流れは、下記の通りになります。 4、サービス利用開始 LENDEX レンデックス 投資家登録 1、取引規約確認 それでは、準備が整ったら早速口座開設を申し込みましょう。 まず、LENDEX レンデックス の公式ページにアクセスし、「口座開設」というボタンをクリックします。 LENDEX レンデックス では、最初に取引規約を確認します。 4つある取引規約や同意書をダウンロードして読み、問題がなければ下の「上記規約に同意の上、投資家申請を行う」というボタンをクリックして次へと進みます。 書類をすべて読まなければクリックできませんので注意してください。 2、投資家申請 続いては「外国の重要な公人もしくはその親族ではありません」というところにチェックを入れ、資産状況や投資経験についての質問に答えていきます。 この際に重要となるのが、金融資産の項目です。 一定の審査基準があるので、100万円以上ないと審査に落ちてしまう可能性があります。 主な収入源や年収に関しても質問があるので、正直に答えましょう。 全ての項目に答えたら、「次へ」をクリックしましょう。 3、ログイン情報入力 次はログイン時にも必要となるユーザー名とメールアドレス、パスワードを決定します。 IDは自分で決めることができ、他の人と被っていなければ問題ありません。 IDとパスワードが決まったら登録情報を確認して、「確認メールを送信する」をクリックします。 すると、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、記載されている「メール確認用アドレス」というURLをクリックしてください、 そうするとメールアドレスの確認というページが開くので、「基本情報の登録」をクリックして引き続き登録作業を行ってください。 4、基本情報 続いては姓・名や住所などを入力していきます。 全て入力し終わったら「次へ」をクリックしてください。 5、勤務先登録 続いて勤務先を登録します。 職業と勤務先名称、電話番号を入力したら「次へ」をクリックしてください。 6、金融機関および口座情報登録 次は金融機関と口座情報を登録します。 必要事項を入力したら「次へ」をクリックしてください。 登録情報確認が出てくるので、問題がなければ「投資家申請」をクリックしてください、そうするとメールが届くので、文中に記載されているURLをクリックしてログイン画面からログインします。 7、マイページ ログインするとマイページに移動するので、左上の「本登録手続き」にある「本人確認書類を送付」をクリックして、本人確認書類と銀行口座の画像を送付します。 本人確認の書類の種類を選んで「本人確認画像の送付」をクリックすると、画面が切り替わります。 同様に、「口座確認画像の送付」をクリックすると画面が切り替わります。 それぞれの画像を送付したら、入力は終了となります。 書類の確認が終わりましたらおおよそ2、3営業日の後に認証コードが届きます。 認証コードが発行されるとメールが届きますので、認証コードが手元に届くまで大切に保管しておきましょう。 8、認証コードの入力 登録した住所に認証コードが届いたら、先んじて届いているメールの文中にあるURLをクリックしましょう。 するとマイページが開くので、ログインして認証コードを入力し、「送信」をクリックします。 これで登録はすべて完了となります。 後は資金を口座に入金して投資が開始できます。 まとめ LENDEX レンデックス は国内不動産を中心としているソーシャルレンディングで、高い利回りと概ね不動産担保が設定されているという安心感が特徴です。 担保となる不動産も、業務提携している大手不動産の東急リバブルが査定しているので、その価値評価には信頼があります。 投資額も2万円からというファンドを中心に取り扱っているため、資金が乏しくても投資がしやすいという点も人気の理由です。 また、先行きが不安な長期案件は避け、1年以内の短期投資を中心としていることが、特に投資初心者からは高評価となっています。 2017年7月にソーシャルレンディング事業を開始したばかりですが、今後の成長が見込まれる事業者です。

次の