チャウグナー フォーン。 #CoCシナリオ #CoC 【CoCシナリオ】夜行バス

チャウグナー・フォーンの兄弟とは (チャウグナーフォーンノキョウダイとは) [単語記事]

チャウグナー フォーン

チャウグナー・フォーンの兄弟 s of とは、における種族の名前である。 概要 チャウグナー・フォーンの兄弟は に呼ばれれば山脈から降りてくるたちのである。 別名〈の姿をした〉。 たちの姿は小さなの姿をしており、大きさは様々である。 詳しい姿に関しては「」の記事を参考にしていただきたい。 彼らの胴には人類に似た形をしているがまだらな斑点がある。 のピー山脈のの中に棲んでいるといわれており、一見するとのような姿をしているが獲物が近づくと相手の血を吸うために動き出すという。 また、とそのは様々な共有を行なっているようでがを受けるとたちに分散されるという。 なお不可逆である。 登場作品:『恐怖の山/The Horror om the H』-・ベップ・ 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• ピー山脈.

次の

毒入りスープ 後日談

チャウグナー フォーン

チャウグナー・フォーン Chaugnar Faugn とは、におけるの一柱である。 別表記は、チャウグナル・ファウグン、クァウグナール・ウグン等。 概要 チャウグナー・フォーンは・ベップ・著『恐怖の山 /The Horror om the H』 1 にて言及されるである。 チャウグナー・フォーンはの山岳地帯にあるの台座に鎮座しているのような姿をしており、に崇拝されている。 になると動き出して犠牲者をむさぼり食うといわれている。 別名〈山の恐怖〉、〈〉、〈喰らうもの〉、〈丘よりきたる恐怖〉 チャウグナー・フォーンは胴体の端にのような口を持つ、の特徴を持ったのような姿をしているである。 の他にもやが組み合わさり奇妙な姿になっている。 チャウグナー・フォーンのはかきのように広がりが伸びている。 鼻は細い部分で直径での形に広がってる。 手はと同じ形をしており、膝に肱を置きながらは上を向いている。 は広くばり、胸とは太っているかのように突き出しているという。 のを被った半裸の太ったというといい過ぎか……。 のときには見かけによらならで素く動き、胴体を使って犠牲者の血を飲むために〈喰らうもの〉と呼ばれている。 チャウグナー・フォーンが行なうは非常に忌わしく、どんなを行っているか描写しようとするものはいないだろう。 しかし確かに崇拝はされているようだ。 おそらくチャウグナー・フォーンは他のからにやってきて、での種族族 に崇拝されていたという。 そして原初のと族が交配して小な が生まれ、彼らによる崇拝が続いているといわれている。 また、のも存在し、18世紀にのモンールへ移った「血の」はチャウグナー・フォーンのである。 は、の『の/ of the 』 3 で、チャウグナーとは関係別系統の頭人身、ヤグ・コシャを登場させている。 啓氏のエントリにて粗筋が紹介されている。 ジャドの王く、は古きの地でチャウグナー・フォーンと呼ばれ、更なるには ・と呼ばれていた…って、えぇ~~~ 『恐怖の山』に出てきた長老にしてもそうだが、 チャウグナーは自分のに出を教え込むでもあるのだろうか? 作中のの御使いは本物のさん の で、変わったところと言えば同行してきたといちゃついているだということぐらいだが、このがとんでもないくせ者なのだった… この作品は、『The l 』 0 に再録されている。 そして『ぞうのバ』も…? というを披露している。 が化するより前にこれを書いたことに驚嘆の念を禁じ得ない。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 族 脚注• 初出はウィアード・誌号、は・。 著者名はネイサン・ヒン Nhan Hindin、原案者らしい 題名はのヴェーチェル・ジー ゼイ の『』の一節から。

次の

毒入りスープ

チャウグナー フォーン

チャウグナー・フォーン Chaugnar Faugn とは、におけるの一柱である。 別表記は、チャウグナル・ファウグン、クァウグナール・ウグン等。 概要 チャウグナー・フォーンは・ベップ・著『恐怖の山 /The Horror om the H』 1 にて言及されるである。 チャウグナー・フォーンはの山岳地帯にあるの台座に鎮座しているのような姿をしており、に崇拝されている。 になると動き出して犠牲者をむさぼり食うといわれている。 別名〈山の恐怖〉、〈〉、〈喰らうもの〉、〈丘よりきたる恐怖〉 チャウグナー・フォーンは胴体の端にのような口を持つ、の特徴を持ったのような姿をしているである。 の他にもやが組み合わさり奇妙な姿になっている。 チャウグナー・フォーンのはかきのように広がりが伸びている。 鼻は細い部分で直径での形に広がってる。 手はと同じ形をしており、膝に肱を置きながらは上を向いている。 は広くばり、胸とは太っているかのように突き出しているという。 のを被った半裸の太ったというといい過ぎか……。 のときには見かけによらならで素く動き、胴体を使って犠牲者の血を飲むために〈喰らうもの〉と呼ばれている。 チャウグナー・フォーンが行なうは非常に忌わしく、どんなを行っているか描写しようとするものはいないだろう。 しかし確かに崇拝はされているようだ。 おそらくチャウグナー・フォーンは他のからにやってきて、での種族族 に崇拝されていたという。 そして原初のと族が交配して小な が生まれ、彼らによる崇拝が続いているといわれている。 また、のも存在し、18世紀にのモンールへ移った「血の」はチャウグナー・フォーンのである。 は、の『の/ of the 』 3 で、チャウグナーとは関係別系統の頭人身、ヤグ・コシャを登場させている。 啓氏のエントリにて粗筋が紹介されている。 ジャドの王く、は古きの地でチャウグナー・フォーンと呼ばれ、更なるには ・と呼ばれていた…って、えぇ~~~ 『恐怖の山』に出てきた長老にしてもそうだが、 チャウグナーは自分のに出を教え込むでもあるのだろうか? 作中のの御使いは本物のさん の で、変わったところと言えば同行してきたといちゃついているだということぐらいだが、このがとんでもないくせ者なのだった… この作品は、『The l 』 0 に再録されている。 そして『ぞうのバ』も…? というを披露している。 が化するより前にこれを書いたことに驚嘆の念を禁じ得ない。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 族 脚注• 初出はウィアード・誌号、は・。 著者名はネイサン・ヒン Nhan Hindin、原案者らしい 題名はのヴェーチェル・ジー ゼイ の『』の一節から。

次の