ミステリオ。 [WWE] レイ・ミステリオ辞めるの?辞めないの?、ビンスのオフィスの禁止事項、他

ミステリオ応援感想『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(ネタバレ途中から)

ミステリオ

この項目では、シリーズの悪役について説明しています。 その他の項目については「」をご覧ください。 ミステリオ 出版の情報 出版者 初登場 『』 13号(1964年6月) クリエイター 作中の情報 フルネーム クエンティン・ベック Quentin Beck 所属チーム 著名な別名 ダニエル・バークハート Daniel Berkhart ,フランシス・クラム Francis Klum 能力 特殊効果、変装の名人 手品・催眠の名人 化学・ロボット工学の知識 ハイテク武器 ミステリオ Mysterio は、シリーズに登場する代表的なのひとり。 特殊効果のエキスパートで、SFXやバーチャル・リアリティといった映像技術、強力な酸性ガスなどのハイテク装置を武器に戦いを繰り広げる。 初代 [ ] 原作漫画 [ ] 本名は、クエンティン・ベック Quentin Beck。 幼いころから映画を作るのが夢だったクエンティンは、短い映像作品をいくつも撮っていた。 そして10代になると自費でモンスター・スリラー映画を撮影できる程の腕も身に付けていた。 その後、成人した彼はハリウッドのスタジオで、スタントマン兼特殊効果デザイナーとして働き始めた。 彼の人生は順調に進んでいるように見えたが、ある時から裏方として働くことに退屈を覚え始めてしまった。 しかし、俳優・監督としてスターになれるような容姿にも才能にも恵まれていなかった。 そんなある日、友人からの助言を聞いたクエンティンは、特殊効果と映像作りの才能を利用してスーパーヒーローになれば有名になれると気づいたのだった。 デイリー・ビューグルがスパイダーマンを悪党だと報道したことを知った彼は、彼を捕らえれば新聞が自分をヒーローとして世に知らしめてくれるだろうと考えた。 しかし、実際のスパイダーマンは全く悪事を働かないので、自らが彼になりすまして犯罪を行うことになった。 それに加えて、スパイダーマンは悪党だということをメディアに思い込ませ、自分がヒーローだと主張しスパイダーマンを挑発した。 次第にその思惑に気づいたスパイダーマンは、ミステリオが油断して犯罪の内幕を明かすのを録音し、その上で彼自身も倒して録音テープと共に警察に引き渡した。 汚名を着せられ、スーパーヒーローになるという夢も壊されたミステリオは、以降本格的に犯罪者の道を歩みだすことになる。 1964年発行の第13号で初登場を果たし、やと並んでスパイダーマンを代表する古い悪役の一人として、度々スパイダーマンの前に立ちはだかってきた。 1964年発行のアメイジング・スパイダーマン アニュアル1号にて、ドクター・オクトパス、、、、のスパイダーマンの宿敵5人と共に、悪のヒーローチーム(邪悪なる6人)を結成し、初代メンバーとしてスパイダーマンと対戦した。 2010年発行の『フューチャー・ファウンデーション』では、と協力して幻覚を見せるロボットを作り、スパイダーマンやの面々を苦しめた。 ハリー・オズボーンやメイおばさん、数多くのヴィランの死を何度もストーリー中に偽装している。 映画 [ ] 詳細は「」を参照 2019年公開の映画『』に登場する。 役を演じるのは。 アニメ [ ]• 1960年代のアニメ『』ではクリス・ウィギンスが声を担当。 1981年のアニメ『スパイダーマン』ではマイケル・ライが声を担当した。 『』ではピーター・カレンが声を担当した。 吹き替えはが担当。 1990年代のアニメ『』ではが声を担当した。 吹き替えは高瀬右光が声を担当した。 『』ではが声を担当した。 『』ではポール・シェアーが声を担当した。 ゲーム [ ]• (SFC) - 3面のボスとして登場。 (PS) - が声を担当。 吹き替えはが担当。 (GBA) - ラスボスとして登場。 メインヴィラン。 (PS2・DS・GC) - が声を担当。 二代目 [ ] 本名は、ダニエル・バークハート Daniel Berkhart。 1975年発行のアメイジング・スパイダーマン第141号で登場。 クエンティンの旧友で、彼が死を偽装していた間にミステリオとして登場していた。 1996年発行のスペクタキュラースパイダーマン第241号以降は、ジャック・オ・ランタン マッド・ジャックとも呼ばれる としても登場している。 三代目 [ ] 本名は、フランシス・クラム Francis Klum。 2002年発行の『Spider-Man and the Black Cat』第1号で登場。 上記の2人と異なり、テレポーテーションなどの能力を持つミュータントで、特殊技術を一切用いない。 アニメ『アルティメット・スパイダーマン』にも登場し、メアリー・ケイト・ワイルズが声を担当した。 脚注 [ ].

次の

ジェイク・ギレンホール、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ミステリオ役に手応え ─ ヒーロー映画は「ずっとやりたかった」

ミステリオ

〔ミステリオ〕 俺が負けると思ってんだろひっくり返すからじっくり見とけ ひっくり返す 俺のマイメンはBeatsにRhyme しっかりやるぜ お前がどんな奴かは知ってる BAZOOKAチャンピオン カリスマの少年 こいつぶち殺す アリスターオーフレイム 〔9for〕 いつまでこれで上がる? リスナーのレベルが下がって来てる ギャグなんだろ? 突き通せギャグラッパー 頭かち割るジャックハンマー わかってんだろ BAZOOKA それはどうでもいい 俺も言われたぜ 高ラのチャンプ 踏み込んで壊そうぜ音楽のジャンル 〔ミステリオ〕 ギャグを突き通す 顔面がブサイク海坊主 がっちりやりたいスキル勝負 iPhone スティーブジョブズ iPhone4 9for スキル無い方 ナイフとフォーク ハチミツとリンゴ ジャパニーズHIPHOP お前ら上がってくB-BOY 〔9for〕 相変わらずださすぎるよな Wheat Catがほら泣いてるぜ それがわかるかな? iPhone4s 俺の後ろには 大名行列 最高に持ってく お前の情熱 込める小節 お前は確かにぶっ飛んでる ボコボコ 複雑骨折 〔ミステリオ〕 大行列らしいぞ俺んとこガラガラやから全員上がってこいよ 何?Catが泣いてる? 俺の手メコは最高だぜ 手メコ テメーこの野郎 怒るぞ そうそう ガチギレ それでもHIPHOP愛してる 〔9for〕 じっくり見とけって最初に言ったのに あちらこちらに居すぎじゃないかな? じっくり確かにこれは ミーとケイ 止める息の根 ラップ意味もねぇ 事をやってる耳と目 までジャックするけど ミステリオ マイクチェックワンツー Let's Get It On 一発Rhymeでチェックメイト 〔ミステリオ〕 一発チェックメイト GOシュート ビーダマン 騙されんなやビーダマン こいつ顔面死んだわ 一言調子に乗んな 俺様相手に超死にそうじゃん パンチはピコピコハンマーわかるか?昼飯ならおにぎり 〔9for〕 言われちまった調子に乗んな 9for持ってる今日イチのオーラ こいつはNo doubt お前のやり方それが気に食わねぇ U-22 若手の最強 お前には似合わねぇ これが若手のフィーバーって分かってんの?みんな 黙って退きな かかって来いや ミステリオ vs 9for【感想・解説】 変則型vs正統派の勝負。 ミステリオはサンプリングからスタート。 「俺が負けると思ってんだろひっくり返すからじっくり見とけ」 第4回高ラ"T-Pablow vs MCニガリ"のニガリが使ったフレーズです。 のちに第11回高ラの決勝でCore-boyが9forに放ったことからの引用です。 1バース目は固めにいったミステリオですが、9forの"突き通せギャグラッパー"から本来のスタイルがドンドン出てきます。 9forも7~8文字とケツにきっちり落とす脚韻でスタイルを崩さず、固めかつパンチのあるワードで会場を盛り上げていきます。 ビーダマンかーい!!ってなりましたもん。 ギャグを入れつつ、しっかりライムを落とすところもミステリオのすごいところですね。 9forも的確なアンサーと固いライムでどんどん詰め寄りますが結果、この勝負は延長。 延長戦もお互いがスタイルを崩さず、9forが気迫で押し切って勝利となりました。 先日、KOK2017予選最終で見てきましたが、決勝で惜しくも敗北でした。 CIMAの壁は高かったですね。

次の

[WWE] レイ・ミステリオ辞めるの?辞めないの?、ビンスのオフィスの禁止事項、他

ミステリオ

トム・ホランドが主演するが、公開から13日目(7月10日)で早くも興収20億円超え、観客動員137万を突破。 累計世界興収はすでに6億ドルを超える特大ヒットとなっている。 今回は、その人気の秘密に迫った。 そのことが実生活にどういう影響を与えたのかが、今作の冒頭では明らかにされており、アイアンマンや姿を消したキャプテン・アメリカらへの追悼も泣かせる形で描かれている。 初々しい恋に、まさかの新カップル誕生!? さらにピーターは、 アイアンマン/トニー・スタークの死から少しも立ち直れていない。 だからこそ、現実逃避するかのように夏休みのヨーロッパ旅行を目いっぱい楽しもうとする。 ニック・フューリーからの電話を無視したり、わざとスパイダースーツを忘れていったりするのもその現れ。 また、この年頃には5年の年月は長く、旅行中に MJに告白したいピーターの前に、泣き虫少年から立派なイケメンへと成長したブラッドという強力なライバルも立ちはだかる。 そんな中、飛行機の座席が隣同士になったことから親友ネッドとベティがカップルに。 プラハでは2人の距離がグッと縮まる起死回生のチャンスが訪れるも、 手を繋ぎたいけれど繋げない…というシーンのもどかしさはまさに青春映画。 MJもツンデレで、素直じゃない一面があり、「スーパーヒーロー映画史上、かつてなかったタイプの恋愛関係」とトムホも断言している(公式プログラムより)。 ヒーローと恋の間で葛藤…トム・ホランドの確かな演技力 前作ではアイアンマンことトニーに何とか認めてもらいたくて、アベンジャーズの一員になりたくて、背伸びばかりしていたピーター。 でも、そうはいかないのがヒーローの宿命だ。 その重圧に押しつぶされそうになるピーターを結果的に救ったのは、いまは亡きトニーであり、彼をよく知る ハッピー・ホーガンであったことは感涙ポイント。 その辺りの父親代わりの師を失った悲嘆や、ヒーローとしての葛藤などを、トムホは実に繊細に演じており、彼が身体能力の高さだけでスパイダーマンに選ばれたわけではないことがよく分かる。 トニーにスカウトされる『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から、改めてふり返ってみたくなるだろう。 怪優ジェイク・ギレンホールがハマリ役 カウボーイや映像パパラッチなど、様々な作品でカメレオンぶりを発揮してきたジェイクの出演が発表されたとき、これは強力な、クセのあるヴィランになりそうと誰もが思ったはず。 とはいえ、公開前に解禁された情報は、コミックと同じ ミステリオ/クエンティン・ベックではあるものの、別次元の地球からやってきたヒーローとしてトニー亡き後のピーターを導く、というものだった。 だが、その事前情報も、マルチバースも、エレメンタルズも実は全てがフェイク! ミステリオはまさかの自作自演ヒーローだった。 サングラスをかけると、どことなくトニーを思わせる雰囲気もあり(ロバート・ダウニー・Jrとは『ゾディアック』で共演)、ピーターも私たちも、フューリーまでもコロッと騙されてしまった。 ミステリオことベックは、『シビル・ウォー』に登場したAR技術「BARF」の開発者でありながら、そのサイコぶりからトニーに解雇され、逆恨みしていたのだ。 サム・ライミ監督の『スパイダーマン』のとき、トビー・マグワイアの代役候補として名前が上がったジェイクだが、結果的に今回のマッドなヴィランを演じてくれて大正解。 ハリウッド映画のメイキングでよく目にするパフォーマンスキャプチャーのスーツ姿で、 「人は信じたいものを信じる」と真顔で言い放つ彼は観る者にも大きな問いを投げかける。 MCUはこうした現実世界の問題を盛り込んでくるのが、特にうまい。 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は全国にて公開中。 《text:Reiko Uehara》.

次の