オオゼキ チラシ 中央林間。 客の8割が常連。スーパー「オオゼキ」がここまで愛される理由

オオゼキ

オオゼキ チラシ 中央林間

1999年10月26日 - 2010年1月5日 本社所在地 〒155-0031 二丁目9番5号 本店所在地 〒156-0043 東京都世田谷区四丁目10番4号 設立 (50年) (株式会社大関総合食品) 事業内容 スーパーマーケットの運営 代表者 石原坂寿美江(兼) 資本金 1億円(2014年2月末時点) 発行済株式総数 1,265万1,000株 (2009年2月末時点) 売上高 814億2,993万1千円(2014年2月期) 営業利益 58億1,341万2千円(2014年2月期) 純利益 35億4,553万7千円(2014年2月期) 純資産 147億2,329万5千円 (2014年2月末時点) 総資産 315億2,014万8千円 (2014年2月末時点) 従業員数 1,029人(2009年2月末時点) 決算期 2月末日 主要株主 ひまわり株式会社 主要子会社 なし 関係する人物 佐藤達雄(創業者) 佐藤美喜雄(元社長) 外部リンク 特記事項:1997年3月に商号変更 株式会社オオゼキは、(主に)、に店舗展開する主体の、である。 (32年)2月 - 主体の個人商店として「大関食料品店」を創業。 (昭和33年)9月 - 「 大関総合食品」(おおぜきそうごうしょくひん)設立。 (昭和38年) - 店舗にのを導入。 (昭和40年)8月 - テナントを直営に変更し、スーパーマーケット業態に転換。 (昭和47年)9月 - 店開店。 チェーン展開開始。 (昭和50年)8月 - 資本金150万円で「 大関総合食品」(おおぜきそうごうしょくひん)に組織変更。 (9年)3月 - の額面変更目的で休眠会社の商号を「 株式会社オオゼキ」に変更し株式会社オオゼキが大関総合食品と株式会社麻溝酒店を合併。 (平成11年) - 株式上場。 これにより店舗展開が加速。 (平成16年) - 店頭市場が、へ移行。 (平成18年) - へ上場。 (平成20年) - 過去複数年度にわたる不適切なを行っていたことが判明したと発表。 (平成21年) - (MBO)を目的として、石原坂寿美江社長が新規に設立したひまわり株式会社がを実施する旨を発表。 買い付け期間は同年8月18日 - 10月1日。 (平成22年) - 上場廃止。 - 資本金を15億1,515万円から1億円へ減資する。 店舗 2016年6月時点ではに33店舗、に2店舗、神奈川県に2店舗、に1店舗を展開する。 各店舗の詳細は公式サイト「」を参照。 付記 (キャッシュバック)として「OZカード」を導入している。 は製のものを全店に導入している [ ]。 ギャラリー•

次の

【還元率5%!】オオゼキでお得に安く買う方法!ポイント5倍デーが毎週2回も開催される!

オオゼキ チラシ 中央林間

オオゼキは、電子マネーが利用できます。 🙂 オオゼキで利用できる電子マネーは次のようになります。 電子マネー決済の場合にはポイントが付きませんが、高還元率のクレジットカードと組み合わせれば鬼に金棒と言えるのではないでしょうか。 どこのオオゼキでもポイントカードは共通ですから、会社などの近くにあるオオゼキと自宅近くの大関の両方で利用することもできます。 また、日によってはポイント5倍セールもあるので、チラシは要チェックでしょう。 なお、クレジットカードで支払うと5倍ポイントの日でもポイントは通常通りです。 公式サイト 自社生産 オオゼキのお店では、肉も野菜も自社加工です。 つまり、パック等の処理をすべお店でしています。 人手も必要ですし、コストもかかるでしょう。 しかし、これがオオゼキのこだわりです。 単に「品質第一」とお経のように唱えているわけではありません。 公式サイト 寿司とパン お寿司もパンもちょっとしたスーパーなら自社生産しています。 しかし、先ほど述べた通り、オオゼキのこだわりは並大抵のものではありません。 外部業者でなく、自社で寿司屋以上の品質で寿司を握り、自社開発のパンを販売しています。 ここまでこだわりを見せるスーパーマーケットはちょっと他にないでしょう。 公式サイト オオゼキのまとめ オオゼキは駅チカなので、OLさんが夕食の食材を購入するのに最適です。 キャッシャバックカードを利用すれば、お得に買い物ができます。 オオゼキは働いている主婦の方にとって力強い味方ではないでしょうか。

次の

【還元率5%!】オオゼキでお得に安く買う方法!ポイント5倍デーが毎週2回も開催される!

オオゼキ チラシ 中央林間

食べて日本の飲食店を応援! 株式会社串カツ田中ホールディングス(本社:東京都品川区東五反田、代表取締役社長:貫 啓二、以下:串カツ田中)は、株式会社オオゼキ(本社:東京都世田谷区北沢、代表取締役社長:石原坂 寿美江、以下:オオゼキ)とのコラボ第二弾として『名物串カツ田中チーズ串』をスーパーマーケット オオゼキにて、2020年7月8日(水)~10日(金)の3日間限定で販売いたします。 飲食業界の景気が大きく落ち込むなか、消費者に直接購入いただける小売店へ商品提供をすることで、ご家庭でもお手軽に串カツ田中の串カツを召し上がっていただき、新たな客層を獲得することを期待します。 【取り組みの背景について】 この取り組みは、オオゼキの 「食べて日本の飲食店を守ろう!」に賛同し、第一弾として店舗での味を再現した『名物串カツ田中豚串カツ』を商品提供いたしましたが、好評につき第二弾として『名物串カツ田中豚串カツ』に加え新たに『名物串カツ田中チーズ串』を提供いたします。 ご家庭でも串カツを楽しんでいただくことを期待しています。 これらの取り組みは、当社の中食事業拡大の方針に合致すると考えております。 串カツ田中は、飲食店を支えて下さる企業をはじめとする皆さまと共に、困難な状況を乗り越えてまいります。 【株式会社オオゼキについて】 設立:1957年2月 資本金:1億円 代表取締役社長:石原坂 寿美江 本社:東京都世田谷区北沢2-9-5 事業内容:スーパーマーケットの運営 URL: 東京都、神奈川県、千葉県に店舗展開している。 経営理念は「お客様第一主義」「地域密着主義」「個店主義」。 【株式会社串カツ田中ホールディングスについて】 設立:2002年3月20日 資本金:3億円 代表取締役社長:貫 啓二 本社:東京都品川区東五反田1-7-6 藤和東五反田ビル5階 事業内容:飲食店の経営、FC開発 URL: グループ会社:株式会社串カツ田中、株式会社セカンドアロー 「串カツ田中」の単一ブランドで関東圏を中心に全国規模で飲食事業を展開。 「串カツ田中の串カツで一人でも多くの笑顔を生むことにより社会貢献し、全従業員の物心両面の幸福を追求する。 」が企業理念。 全国1,000店体制を構築し、串カツ田中の串カツを日本を代表する食文化とすることを目標にしている。 2008年に世田谷に1店舗目をオープン。 外食アワード2013受賞。 2016年東証マザーズ市場上場。 2019年東証一部上場。 2018年6月より国内全店規模で禁煙化実施。 全店舗数278店舗(海外2店舗を含む2020年7月8日時点)。 提供元:.

次の