一台のパソコンで複数のiphone。 一台のパソコで複数のiTunesライブラリを管理する方法

一台のパソコン(iTunes)で複数のiPhoneを利用する時に注意する事

一台のパソコンで複数のiphone

私的なことですが、前回の記事でを書き、すでに持っていたiPod touchと併せて2台のiPodを使うことになりました。 その際に、一台のPCで複数のiPodを管理する方法を少し調べてみたので、今回はその方法を備忘録的にエントリーしておきたいと思います。 公式サイトの解説によると、これを実現するには「Windowsのログインユーザーアカウントを使い分ける」「各iPod用にiTunesのプレイリストを作成する」「各iPod用に複数のライブラリを用意する」の3通りの方法があるようですが、ここでは一番手軽に実行できて管理も楽そうな3番目の方法をメモしておきます。 iTunesでの複数ライブラリの作り方 1、[Shift]キーを押し続けながら、iTunesを起動します。 2、ダイアログが表示されたら「ライブラリを作成」をクリックします。 3、新しいライブラリファイルに名前をつけて保存すると、この新しいライブラリでiTunesが開きます。 以降、iTunesを通常通り起動するとこのライブラリが起動するようになります。 4、iTunesが起動したら、[編集]-[設定]から「詳細」タブを開き、「ライブラリへの追加時にファイルを [iTunes Media] フォルダーにコピーする」のチェックが外れていることを確認します。 チェックが入っている場合は、外しておいてください。 以下に、その方法を説明します。 1、[Shift]キーを押し続けながら、iTunesを起動します。 2、ダイアログが表示されたら「ライブラリを選択」をクリックします。 3、開きたいiTunesライブラリのフォルダを選択します。 4、フォルダの中にある「iTunes Library. itl」を開くと、そのライブラリでiTunesが起動します。

次の

複数のiPhoneを1台のMacで管理する方法

一台のパソコンで複数のiphone

同期させず手動で設定する方法 音楽や動画の同期は自宅のパソコンで行ない、会社のパソコンではスケジュールやアドレスを同期、ついでに充電をするという場合を想定してみます。 自動で同期しなくなり、手動で各ファイルの追加や削除が出来るようになります。 もし、画面左側にサイドバーが表示されていなければ、画面左上の四角いアイコンをクリックし、「メニューバーを表示」をクリック。 画面上部にメニューバーが表示され、その中の「表示 V 」をクリックし、「サイドバーを表示 S 」をクリックすると、左側にサイドバーが表示されます。 会社のパソコンでも 1〜4 の手順を再度行う。 デバイスのページ上部メニューにある情報タブを選択。 アドレスやカレンダーなど同期させたい項目にチェックを入れ、画面右下の 「同期」 をクリック。 どういたしますか?」 という小窓が表示されるので、「キャンセル」をクリック。 この際、絶対に「次回から確認しない」にチェックを入れないこと!• 例えば会社や友人の家、インターネットカフェ、ホテルなどの外出先で充電したいという場合に役立つ方法をご紹介します。 やり方は上記手順1〜2を参照• 充電が終わってケーブルを抜く際もそのまま抜いて問題ありません。 例えば、インターネットカフェやホテルに設置された、不特定多数の人が利用するパソコンにはiTunesが入っていないことが一般的ですので、それらの場所ではケーブルを持ち歩いていれば自動同期を気にせず充電することが出来ます。 例えば、「書斎のパソコンに入っている曲をリビングで聞きたい」という場合に凄く便利な機能です。 詳しくは下記ページでご紹介します。 iPodやiPhoneの管理はiTunesで行うのが基本だが、パソコンと同期させて管理というのは結構面倒だと感じる人も多いと思う。 特に、基本は同期で管理してるけど一時的に音楽を手動で入れたいなんて言う時は本当に面倒。 そんな時に役立つのが、iTunesを使わずに音楽やビデオをiPodやiPhoneにインポートできる というフリーソフト。 iTunesほど容量も食わず、動作も軽いのでノートPCなどにも気軽に入れられる。 これを使えばiTunesの同期を気にせず、気軽にiPodやiPhoneの音楽やビデオ、プレイリストの管理が可能。 また、このソフトはパソコンにインストールする必要が無く、USBメモリなどにソフトを入れて持ち歩けるので、iTunesが入っていないパソコンに入っている音楽を気軽にiPodやiPhoneにインポートすることができるのが素晴らしい。

次の

一つのiTunesで複数のiPhoneを同期する方法

一台のパソコンで複数のiphone

私的なことですが、前回の記事でを書き、すでに持っていたiPod touchと併せて2台のiPodを使うことになりました。 その際に、一台のPCで複数のiPodを管理する方法を少し調べてみたので、今回はその方法を備忘録的にエントリーしておきたいと思います。 公式サイトの解説によると、これを実現するには「Windowsのログインユーザーアカウントを使い分ける」「各iPod用にiTunesのプレイリストを作成する」「各iPod用に複数のライブラリを用意する」の3通りの方法があるようですが、ここでは一番手軽に実行できて管理も楽そうな3番目の方法をメモしておきます。 iTunesでの複数ライブラリの作り方 1、[Shift]キーを押し続けながら、iTunesを起動します。 2、ダイアログが表示されたら「ライブラリを作成」をクリックします。 3、新しいライブラリファイルに名前をつけて保存すると、この新しいライブラリでiTunesが開きます。 以降、iTunesを通常通り起動するとこのライブラリが起動するようになります。 4、iTunesが起動したら、[編集]-[設定]から「詳細」タブを開き、「ライブラリへの追加時にファイルを [iTunes Media] フォルダーにコピーする」のチェックが外れていることを確認します。 チェックが入っている場合は、外しておいてください。 以下に、その方法を説明します。 1、[Shift]キーを押し続けながら、iTunesを起動します。 2、ダイアログが表示されたら「ライブラリを選択」をクリックします。 3、開きたいiTunesライブラリのフォルダを選択します。 4、フォルダの中にある「iTunes Library. itl」を開くと、そのライブラリでiTunesが起動します。

次の