推し が 武道館 アニメ 動画。 ありそうで結構少ないジャンル by ぺろ

推し武道館 アニメ 動画1話~最新話 無料視聴!放送地域/北海道/岡山/愛知/などで見れない時に見る方法|VOD劇場

推し が 武道館 アニメ 動画

ぺろ さんの感想・評価 3. 9 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 3. 5 キャラ : 4. 0 状態:観終わった ありそうで結構少ないジャンル 7人グループの地方アイドルのその中で1番人気がない子を推しにしている ドルヲタのコメディです。 アイドルがメインキャラクターで進んでいくジャンルは多いですが、 ファン側がメインというのはおもしろい考えだと思いました。 生活のすべてを推しの為につかう「えりぴよ」という20歳の女性が 中心キャラクターとなりヲタ友や推しと心を通わしていくのが見ていて とても楽しいです。 ライブを見に行くためにフリーターになり、バイト代のすべてをチェキ券に してしまう行動力がみていて清々しいですね! わたしはアイドルに詳しくないのですが、あそこまで一途に 応援できる何かがあるだけで楽しく生きていけるというのが若干羨ましいです! 現実には地方アイドルが何組あるかわからないのですが、1度見に行ってみるのもおもしろいかもしれませんね! アニメは全12話 原作はマンガで現在6巻まで発売中です! マンガ読んでいないのですが買いたくなりました!.

次の

推しが武道館いってくれたら死ぬ|全話アニメ動画まとめ

推し が 武道館 アニメ 動画

岡山を舞台に、オタクが全力で推しを応援していく物語。. 番組内容 おしゃれ人間が集うガールズフェスタに出演することになった『Cham Jam』。 れお推しのオタク仲間、くまさに誘われたえりぴよは返事を渋る。 なぜなら人気メンバーでもなく、事務所にも推されていない舞菜がランウェイを歩く可能性は低いから! わずかな希望を胸に、肩身の狭い思いをしながら会場に来たえりぴよが目にしたものは…。 推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那 推しが武道館いってくれたら死ぬ 音楽 OPテーマ 「Clover wish」 歌:Cham Jam EDテーマ 「桃色片想い」 歌:えりぴよ CV:ファイルーズあい 推し武道館 アニメ 動画2話ストーリー性 ファンにとったら、自分が応援してる人、グループが武道館、横浜アリーナとかでライブしたらこれ以上嬉しい事はないだろう。 オシャレなオタク達が集うカフェで自分の推しのメンバー、キャラクターなどについて語るのは楽しいだろう。 主人公は事務所からも見放されたというか期待されてないアイドルの推しが出ないのでイベントへの参加を見送のを考える。 だが、行ってみたら驚愕の光景が。 友達の推しは人気アイドル。 確かに人気やマイナー関係なくインディーズ時代を知っている者からしたら、子供の成長を見守る親の様な気分なのだろう。 私もアニメ限定だが推しのキャラクター、声優さんはいる。 もちろん、歌ったりするから武道館ライブなどもありえるのだ。 新人だった時から有名になり人気が出てくる様になるとまるで自分の事の様に嬉しいものです。 このアニメはオタクあるあるの宝庫だと言えます。 コアなテーマとも言えるのですが、ネタは尽きることを知りません。 肩身が狭いアイドルファンを応援してくれるアニメになってくれたら私としてもこれ以上嬉しいことはありません。 これからもこういったファン目線のアニメが出てきたらいいなぁと思います。 ファン同士で話して笑う内容になって欲しいですね。 TBSで放送されるアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は岡山を舞台にしており、地元に住むオタクが全力で推しを応援していく今風のアニメです。 国民的アイドルのAKB48や乃木坂、日向坂などのアイドルグループの活躍が光る中、強力なファンの推しによって支えられているのも事実になります。 推しという言葉は、推しメンとも呼ばれ、AKBのファンがそれぞれグループのメンバーでファンを持っていたことに由来します。 またタイトルの武道館は、音楽などのアーティストにとって武道館は聖地ともいうべき場所で、そこで音楽を奏でることができるのが夢であり目標になります。 もちろんアーティストのメジャーデビューのきっかけになるので、ファンが推しがそこの舞台に立つことができた場合には死ぬほどうれしいのが事実です。 もっとも描かれるキャラクターは色っぽいところが見ごたえがあり、二次元に恋をしてしまう方が見れば確かに見た目の良さからものめり込む要素も満点になります。 ストーリーの中では人気メンバーがいれば、人気でないメンバーもおり、事務所も大人の都合で力の入れ具合が違ってくるのも事実です。 ただ推してくれるファンがいるため、たるまず努力して自分を磨いて頑張ろうとする純な姿勢もアニメでも視聴できるので、ある意味、感動を誘うシーンも豊富になっています。 推し武道館 アニメ 動画2話みどころ そもそもここで主人公が応援している女性アイドルグループは、人数が多いですね。 これは、原作があるのでしょうか。 それとも完全オリジナルなのでしょうか。 絵柄は、個性的で良い感じでした。 主人公の女性えりぴよさんが大好きな、サーモンピンク色を担当のまいなさん。 終始えりぴよさんの、まいなさん愛が強すぎました。 これって、本人が楽しければ正解なんですよね。 えりぴよさんは押しのために働いて、そのほとんどのお金を押しのために使っているのだと思います。 最初から最後まで、主人公のテンションがかなり高かったのですがこれは、主人公の個性を楽しむアニメかなと私は思いました。 一般的なアイドルマニアというのが、アイドル応援仲間のくまささんたちだと思うのですがそもそも、くまささんたちと友人になったいきさつはこれから分かるのでしょうか。 アイドルの追っかけって、したことがないのでちょっと分からないのですがグループで行動して応援した方が利点があるのか三人で行動しています。 なんとなく良いファンに多く囲まれていそうなグループである、Cham jam。 何かを誤解しているえりぴよさんは、まいなさんに接近アンドお近づきにこれからなれるのか。 シンプルな話しですが、ほのぼのと見れるアニメだなと思いました。 これからが、楽しみですね。 推し武道館 アニメ 動画2話感想やネタバレ 自分の推しが武道館の舞台に立ってくれたら嬉しいという気持ちは分かります。 このアニメは凄く面白そうですね。 いや、絶対に面白いに決まっています。 あらすじを読んだだけでもこんなにもわくわくさせてくれる気持ちになってしまいます。 このアニメの中にはCham Jamというアイドルグループが登場しており、主人公の推しメンである舞菜は人気がなく唯一応援しているファンがえりぴよだけというものだそうです。 現実のアイドルではあまりそういうことはないかも知れませんが、ちょっとびっくりですよね。 えりぴよは舞菜にあまり良い対応はされないようですが、それでも全力で全てをかけて推すということが素晴らしいです。 ちなみに東京の地下アイドルの話かと思いましたが、岡山が物語の舞台だそうです。 岡山のアイドル事情は分かりませんが、このようなアイドルたちが活躍しているのでしょうか。 地方で頑張っている女の子だからこそ、武道館に行けるように全力で応援し続けたいという気持ちも強いのではないかと思います。 エンディングテーマが桃色片想いということですが、これはもしかするとあややのカバー曲でしょうか。 名曲なので歌い継がれることは嬉しいですし、若い子にもこの曲を知ってもらえたら嬉しいです。 まとめ 推しが武道館いってくれたら死ぬ、今期にこんな面白いコンセプトのアニメがあるとは知りませんでした。 残念ながら初回はすでに終了してしまったようです。 大抵私はハマるアニメに限って初回を見逃してしまったりしがちです。 この作品はアイドルが主人公じゃなくて、アイドルを全力で推すオタクが主役です。 自分の推しメンに武道館に行ってほしいという主人公の願いがタイトルに込められているようです。 オタク目線でのアイドルアニメという発想が今までなかったので斬新ですし、アニオタ謙アイドルオタクの人もたくさんいるでしょうから、すんなりと世界観に入れるのではないでしょうか。 舞菜というあまり目立たないアイドルを応援しているのが女の子のオタクであるえりぴよ。 バイト代を全部推しの為に使うというリアルでいそうなキャラクターです。 男性のオタキャラも出演しつつも、主人公が女の子のオタクキャラで女の子のアイドルを推しているというのが凄く良いです。 私も現在は活動していない女性アイドルのファンをしていますが、このアニメがいると推しがいるって素晴らしいということを改めて実感することが出来そうですね。 2話からえりぴよたちと一緒に応援する生活をしてみようかなと思います。

次の

アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を配信している動画配信サービス

推し が 武道館 アニメ 動画

TBS:1月9日より 毎週木曜 深夜1:28〜• BS-TBS:1月11日より 毎週土曜 深夜2:00〜• TBSチャンネル:1月19日より 毎週日曜 深夜1:00〜 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』作品紹介 岡山県在住のえりぴよは、マイナー地下アイドル『ChamJam』のメンバー・舞菜に人生を捧げている熱狂的なオタク。 えりぴよが身を包むのは高校時代の赤ジャージ。 えりぴよが振り回すのはサーモンピンクのキンブレ。 えりぴよが推すのは舞菜ただ一人。 収入の全てを推しに貢ぎ、24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿はオタク仲間の間で伝説と呼ばれ、誰もが一目置く存在となっていた。 『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら…死んでもいい!』そう断言する伝説の女・えりぴよのドルオタ活動は、アイドルもオタクも巻き込んで今日も続く…! 引用: 基本情報・メインスタッフ• 放送期間:2020年1月〜1クール• 放送時間:24分 全12話• 公式HP:• 略:推し武道 おしぶどう• 原作:平尾アウリ 電子書籍「」• 監督:山本裕介• アニメーション制作:エイトビット.

次の