右手 指先 の しびれ。 指のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

右手のしびれの原因を紹介!考えられる病気について詳しく知ろう!

右手 指先 の しびれ

朝起きたら指先がしびれる! 朝起きたら 右手の指先がしびれていたんです。 とくに 薬指と中指がピリピリとしたしびれを感じます。 人差し指や小指はピリピリとまではしびれてませんが、触るとなんか違和感がある(感覚がにぶい?)といった状態です。 寝ているうちに手を圧迫したのかな?とも思いましたが、それならもっと全体的にしびれるだろうし、だんだんと弱まってくるはずです。 しかし今回の指先のしびれは、 ずっと同じようにピリピリとしたままだったんです。 1カ月ぐらい前から筋肉痛に悩まされる 実は1カ月ぐらい前から 右肩から右腕にかけて筋肉痛に悩まされていました。 最初は右肩の肩甲骨あたりが痛くなり、だんだんと上腕から前腕へと痛みが広がってゆきました。 とくに筋肉痛になるような理由もなかったので「もしかして四十肩?」と考えましたが、だんだんと肩より腕のほうが痛くなったので四十肩ではないと分かります。 管理人は釣りをするので、もしかしたらキャストするときに肩や腕を痛めてしまったのかなと考えます。 でも、それほどハードことはしていないし、これまで筋肉痛などにはなっていないです。 まあほっとけばそのうち治るだろうと楽観的に考えて放置していました。 なんせ管理人は病院が嫌いなのでサロンパスでごまかします。 ですが、この痛みはこの先おとずれる 「指先のしびれ」の前兆だったんです・・・ 腕の痛みがだいぶマシになったなと安心した頃に、ついに指先がしびれる症状が薬指と中指にあらわれました。 さすがにヤバイと感じた管理人は、あきらめて病院に行くことを決心します。 指先がしびれる原因とは? とはいっても病院の 何科に行けばよいのか分からないので、とりあえずネットで調べてみることにします。 すると指先のしびれの主な原因として以下のものがありました。 手根管症候群• 指神経麻痺• 脳障害• 頚椎椎間板ヘルニア• 脊柱管狭窄症 これを見てようやく管理人の体におこっている異常が、自分が思っているよりも 深刻な可能性があると気づきます。 めちゃくちゃあせりました!だって夕方になっても指先はしびれたままで改善する気配もなかったですから。 指先のしびれなら 整形外科でみてもらうと良いとの記載をいくつか見かけたので、とにかく整形外科に行ってみることにしました。 診断の結果は「頚椎症」でした。 診察してもらった結果ですが、 指のしびれの原因は「頚椎症(けいついしょう)」でした。 医者に症状を説明すると、あーハイハイという感じで… 「おそらく頚椎症ですね。 レントゲンを撮りましょう」 そして撮影したレントゲン写真を見ながら説明をしてくれたのですが、 頚椎の変形により椎間板(ついかんばん)が圧迫されて指先がしびれているみたいでした。 1ヵ月ぐらい前からあった肩から腕の痛みも「頚椎症」が原因とのことです。 (これからどうなるんやろう・・・) あまりにショックで医者の説明が頭に入ってこない状態でした。 左手ならまだしも、右手の指先がしびれたままだと生活に支障をきたしそうですから。 「先生、このしびれは治るんですか?」 おそるおそる医者に質問してみると・・・ 「ああ、薬で抑えることは可能ですよ。 そんなに状態も悪くないので薬で様子をみましょう」 そう言って処方してくれる薬の説明をしてくれたのですが、 薬で抑えることが出来ると言われてかなりホッとした瞬間でした。 処方してもらった薬 処方してもらった薬は以下の3点です。 リリカ 神経が原因となる痛みに効果がある薬で、指先のしびれを押さえるのに処方してくれました。 1日1カプセルを寝る間に飲みます。 ロキソマリン 解熱鎮痛剤です。 まだ腕に筋肉痛のような痛みがあったので、痛み止めに処方してもらいました。 いわゆるロキソニンのジェネリック薬です。 レバミピド 胃の粘膜を守る薬で、ロキソマリンと一緒に飲むように処方されました。 薬の効果は? 驚くことに リリカを飲んだ翌日には、かなり指先のしびれがマシになりました。 3日ぐらいで、ほとんど指先のしびれも感じなくなります。 さらにサロンパスでごまかしていた腕の痛みもロキソマリンを飲んだら一発でおさまりました。 こんなことなら早く病院に行ってればと後悔するほど、管理人には 処方された薬は絶大な効果があったんです。 とりあえずは指先のしびれも、腕の痛みもなくなってホッとすることができました。 その後・・・ 指先のしびれの原因である頚椎を治療したわけではないので、ずっと薬を飲み続けないとダメなのかなと不安がありました。 しかし頚椎を圧迫するような姿勢にならないよう気をつけることで、薬を飲まなくても指先はしびれなくなりました。 実は首のヘルニアで苦しんでいる知人がいたので、今回の頚椎症にはかなりビビッていました。 それがまさか薬だけでこんなに回復するなんて不幸中の幸いでしたよ。 管理人のように薬を飲むだけで回復するようなケースもありますからね。

次の

手のしびれは何科?緊急受診か見極められる5つの知識【医師が解説】

右手 指先 の しびれ

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん) 手首には指の神経が束になった 手根管(しゅこんかん)という部分があります。 手根管はトンネルのように狭くなっているので、神経が圧迫されやすい部分です。 ここで神経が圧迫されると、親指から薬指の内側半分までのどこかでしびれや痛みを生じます。 これが手根管症候群です。 原因は解明されておりませんが、 女性に多い病気なので女性ホルモンに関連しているとも言われています。 また、甲状腺や糖尿病などの病気と関連することも知られています。 手根管症候群の場合、• 親指から薬指の内側半分まででのみしびれが生じる• 手にひらだけにしびれが生じる• 夜間や早朝に強いしびれが出る などの特徴があり、これらの特徴があれば手根管症候群と考えられます。 治療法としては、手根管への刺激を減らすため、固定装具を使って手首を固定します。 手首をよく使う方に多い病気ですので不便になると思いますが、患部を安静に保つことが重要です。 痛みが強い場合は痛み止めやステロイド注射なども行います。 慢性化している場合は手術により圧迫をとることもあります。 指神経麻痺(ししんけいまひ) 指神経には 正中神経と 尺骨(しゃっこつ)神経という2本の神経があります。 これらの神経のどこか一部を常に圧迫するような動作をすると指にしびれが発生することがあります。 例えば楽器を演奏する際にいつも親指関節部分に楽器が当たった状態になるとか、仕事で使うドライバーの柄がいつも親指の付け根あたりに当たるなど、特殊な動作が原因になります。 慣れているように思うかもしれませんが、大会前で演奏の猛特訓をした時や仕事が急に忙しくなった時に発症する場合があります。 指神経麻痺は、どこか一点を強く押した時にしびれが発生するので、しびれのある指から手首にかけてのどこかを押してみて、しびれが強くなる部分を探します。 その部分にいつも負担をかける動作をしていれば、それが原因となります。 その動作を控えたり、負担が軽くなるような工夫(手袋を付けてみるとか)で改善されます。 ちょっとした工夫で改善される可能性のある症状ですので試してみましょう。 血行不良 長時間正座をした時に足がしびれたという経験は誰もがあるのではないでしょうか。 これは、体重で足の血管を圧迫して血行不良を起こし、末端神経が圧迫されて起こるしびれです。 腕を枕がわりにして眠り、起きた時に腕の感覚がないというのも同じで 血行不良が原因となっています。 このような場合のしびれは、圧迫を解くことで次第に改善されていきます。 しかし、血行不良によるしびれは一時的な圧迫によるものばかりではありません。 ストレスなどが原因で自律神経のバランスが乱れたりすると、血行不良となり慢性的にしびれを感じることがあります。 しびれということで、手足の神経や脳神経などを調べてもらっても原因が見つからない場合は、血行不良によるしびれである可能性が高くなります。 強いストレスで自律神経がバランスを崩さないよう生活リズムを変えてみましょう。 また全身的に血行をよくするよう心がけましょう。 血行を良くするには、お風呂でゆっくり体を温める・姿勢を良くする・軽い運動を日課にする、といった方法があります。 脳障害 脳の障害が原因で指先にしびれが出ているということもあります。 ここでは脳障害により指先にしびれが生じる代表的な4つの原因を紹介していきます。 脳梗塞 脳内の血管が詰まり脳に血液が行き渡らなくなることで生じます。 血管の詰まった箇所によって、指先のしびれが生じることがあります。 しびれの他にも言語障害や健忘症などの症状が出たらすぐに病院に行きましょう。 一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ) 突然 片側の手足がしびれが出たり、 片目だけに異常が現れたりします。 数分から長くても30分程度でおさまります。 脳内の血管に一時的に血栓が詰まったり、急激な血圧低下で脳の血流が悪くなることで生じます。 これは脳梗塞の前触れともなる発作ですので、すぐに改善しても放置せず、必ず脳神経外科を受診しましょう。 脳出血 片側の手足のしびれや頭痛・嘔吐などの症状が現れます。 脳内の動脈瘤の破裂や出血により生じます。 原因は 動脈硬化・高血圧・脳腫瘍など様々です。 早急に脳神経外科の受診が必要です。 脳腫瘍(のうしゅよう) 手足のしびれが段々と強くなる場合、脳腫瘍の可能性があります。 早朝に強い頭痛としびれが生じることが多く、 吐き気・視覚異常なども併発することがあります。 脳にできた腫瘍が脳を圧迫することで生じます。 腫瘍が大きくなってくることで症状が強くなってきていると考えられますので、早急に脳神経外科で相談しましょう。 循環器系障害 血管などの循環器に障害が生じることにより指先にしびれが生じることもあります。 ここでは、代表的な2つの原因についてお伝えしていきます。 閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう) 足の冷えやしびれが生じ、歩行困難となることがあります。 休憩すると症状は改善されますが、歩行時にはまた現れます。 高血圧・糖尿病などが原因で動脈が硬化し、血流障害を起こしています。 脳梗塞につながる症状ですので、早急に循環器科を受診しましょう。 バージャー病 閉塞性動脈硬化症と同様で、足の冷えやしびれが生じ、歩行困難となることがあります。 足先の血行が悪くなり 潰瘍(かいよう)ができることもあります。 発症者の多くは喫煙者か喫煙経験者と言われています。 末梢血管の血流障害により血管が閉塞してしまい、閉塞した部分から先の神経細胞が崩壊し壊死すると切断するしかなくなります。 一刻も早く循環器科を受診しましょう。 まとめ 指先のしびれが現れる病気はたくさんありますね。 脳障害や循環器系障害では一刻を争う危険な病気もありますので不安になりますが、しびれの他に症状がない場合は危険な病気の可能性は低くなります。 まずは指先の神経の圧迫の可能性を考えて、しびれる部分やポイントを調べてみて下さい。 特殊な動作をよくしていないか、生活の中でストレスを感じていいないか考えます。 不安な時は迷わず医療機関で相談するようにしましょう。

次の

指のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

右手 指先 の しびれ

参考: 2. 手根管症候群 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)、あまり聞きなれない病気ですが、指先のしびれの原因として多い病気の一つです。 手の神経は手首の部分にある手根管という管を通って繋がっているのですが、その手根管の中で神経が圧迫されると、指先にしびれや痛みを感じるのです。 手根管で圧迫される神経は親指から薬指の中指側半分を支配している為、親指から薬指に強いしびれが現れ、小指にはしびれが出ない、手のひらにしびれを感じるが、手の甲側にはしびれを感じないといった特徴があります。 夜間と早朝にしびれが現れやすく、妊娠や出産時の女性が発症するケースが多いことから、女性ホルモンと何らかの関連があると言われていますが、詳しいことはまだ解明されていません。 手根管症候群の怖いところは、症状がすすむとしびれをあまり感じにくくなるところです。 結果、治ったと勘違いして、放置され、水面下で症状が進行してしまうケースがあります。 ですので、上記のような症状が出た時は早めに病院に行き、適切な処置を受けましょう。 参考: 3. 指神経麻痺 指神経麻痺とは、指の神経が刺激を受けることによって起こる感覚障害です。 指の神経には、正中神経と尺骨(しゃっこつ)神経という2本の神経がありますが、これらの神経のどこか一部を常に圧迫するような動作をするとしびれが発生します。 道具や楽器を継続して同じ動作で使用すると、指の一部に強い刺激があたり、その部分の指神経が圧迫されるのです。 この場合は、負担が軽くなるような工夫をすることで改善されます。 糖尿病 糖尿病の症状として、手足の指先にしびれが発生する場合があります。 私たちは食事をすると体内で必要なブドウ糖を生産し、膵臓で作られているインスリンで身体の細部にまで運んでくれるのですが、糖尿病になるとインスリンが正常に働かなくなり、血液に糖が溢れ、血管に負担をかけることによる血行不良でしびれが発生すると言われています。 この場合の特徴としては、 しびれが指先から中心部にひろがっていく、左右同時に発生する、全ての指でしびれを感じるといったものがあります。 症状が悪化すると、痛みに変わったり、指先から身体の中心部にまで症状が進行したりします。 さらに悪化すると、神経が麻痺してしまい、感覚がなくなってしまいます。 とても怖いですよね。 早めに病院に行って相談をしましょう。 参考: 5. 脳障害 脳梗塞などの脳障害の場合にも指先にしびれが出ることがあります。 脳梗塞とは頭の血管が詰まることで、脳に血液が行かなくなることで発症します。 動脈硬化により、脳に流れる動脈の内腔が細くなった部分があると、血圧の変動などにより、脳へ運ばれる血液の量、血流が減少します。 減少した血流の先が手足の感覚をつかさどる場所の場合、発作的に手足にしびれが出ます。 脳の病気が原因で指先がしびれる場合は、片手や片足など、両側に起きずに片側で起きる、激しいしびれはない、何かに覆われているような感覚がするといった特徴があります。 鈍いしびれの為、見逃しがちですが、頭痛や吐き気、食欲不振などが同時に現れたら、そのまま放置せずにすぐに病院に行って相談しましょう。 参考: 6. 狭心症 狭心症とは、心臓付近にある冠動脈が狭くなってしまうことで、心臓が正常に働かなくなることで発生する病気です。 その狭心症が原因で、指先にしびれが発生することがあります。 特徴としては、関連通と言われるものがあります。 これは臓器に何か問題が発生した際に脳が勘違いを起こして、違う部分の痛みだと認識をしてしまう現象です。 ですので、心臓付近の臓器に問題が起きた時は、関連通として、腕や手、肩や首などの上半身に症状があらわれ、痛みやしびれを感じるのです。 狭心症が原因の場合は、心臓に負担がかかっている時にしびれをかんじる場合が多いので、激しい運動などをした時は一気に血液が体内をめぐるので、注意が必要です。 ストレスが原因のことも 過度のストレスを受けると、血管が傷つき、緊張状態になり、身体に血液や酸素が運ばれにくくなります。 そういった時に大きな病気は発生しやすくなります。 それくらいストレスが私たちの身体に与える影響は大きいのです。 仕事や勉強、対人関係など、様々なことでストレスを抱えがちになる時もあると思いますが、日頃から自分に合った上手はストレス解消法を見つけておくのは、そういった時の一助となります。 いかがでしたでしょうか? 指先のしびれといっても色々な症状がありましたし、そのうち命にかかわる大きな病気もありました。 その場合そのしびれにどう対応できるかが大きなカギとなります。 違和感を感じたら、早めに病院にいきましょう。

次の