東 すま 小学校 いじめ 教師 柴田。 神戸新聞NEXT|総合|【詳報】東須磨小・教員間暴力 校長会見「4人中2人は前校長と親しい関係」

東須磨小いじめ事件!隠蔽は仁王校長、藤原教頭!加害者4人実名判名か? | 今!読みましょう

東 すま 小学校 いじめ 教師 柴田

Contents• 東須磨小学校で教師による教師のイジメ動画流出!なぜいじめが起こる? 神戸市教委は被害者や加害者の氏名までは公表しなかったが、たちまちネット上で実名が公表され、いじめの現場を撮影した動画までが拡散されてしまった。 いわゆる炎上であり、ネット社会の恐さでもある。 炎上したためか、マスコミでも多くとりあげられている。 しかし、センセーショナルな事件ゆえに、「東須磨小だけの問題」とか「東須磨小の一部教員だけの問題」で済まされる可能性もある。 ワッと騒いでスッと忘れるのも、ネット社会の特徴だからだ。 そうやって早く忘れ去られてしまうことを、実は神戸市教委は期待しているのかもしれない。 文部科学省(文科省)にしても、自分のところまで火の粉が飛んでこないうちに下火になることを願っていることだろう。 しかし、これは「東須磨小学校だけのこと」で済ましておける問題ではない。 ここまで悪質な例は珍しいかもしれないが、教員同士のいじめは、多くの学校に存在するのが現実だ。 いじめまでいかない「嫌がらせ」は横行している、と言ってもいい。 その最大の要因は、学校がストレス社会になっているからである。 ストレスの発散手段としていじめや嫌がらせが横行し、さらにストレスを助長させているのである。 出典:ヤフーニュース.

次の

教師いじめ加害者の処分と今後は?謝罪文内容や逮捕の可能性といつかも調査!

東 すま 小学校 いじめ 教師 柴田

神戸市立東須磨小学校で教員同士のいじめが発覚 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教諭が同僚の教諭4人から繰り返し を受け、羽交い締めにされて激辛カレーを無理やり食べさせられたと訴えています。 — 毎日新聞 mainichi 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かった。 加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていたという。 (佐藤健介) 引用:神戸新聞 いじめをしていたのは誰?名前は特定してる? 調べによると、東須磨小学校で教員同士のいじめをしていた加害者教員は、• 30代の男性3人• 女性1人 ということが、発覚しています。 詳しく教育委員会から発表があったわけではないですが、すでにネットでは特定されていますね。 すでに、いじめの現場の動画や写真も流出しています。 これは「犯罪」いじめではない。 集団暴行。 教師でも人でもないただの「人の形した生物」 こんな人達に教えられる生徒は、 同じように染まるか?反面教師になるか? 懲戒免職一択で。 市の税金無駄遣いするな。 >神戸市立東須磨小学校での教員間のいじめ問題 — wynn3939114 wynn3939114 それにしても、小学校の女の先生って、すごく優しいイメージないですか? それなのに、ような、こんなをするとは。 しかも、しているので、さらに大問題になりそうです。 さらに、児童生徒にも手を出して、暴行していたことも発覚!! 教育現場に期待とか無理~ってなりますね。 名前・・・佐次田英和• 年齢・・・30代• 性別・・・男• 生年月日・・・分かり次第追記します• 住所・・・分かり次第追記します• 担任クラス・・・分かり次第追記します• Facebook・・・分かり次第追記します 今回の集団いじめに加わっていた唯一の女性教師。 もしかして、一番の黒幕教師だったのかもしれません。 いじめをしていた理由は何? それにしても、ここまでのは何なのでしょうか? どう考えてもやりすぎしか感じられません。 加害者教師4人は、「人間関係のトラブル」と話していたそうです。 でも、動画を見てみると、トラブルどころか一方的にターゲットにしてるようにしか見えないですね。 最初のいじめ発覚後、続々と出てくる新事実。。。

次の

神戸新聞NEXT|総合|【詳報】東須磨小・教員間暴力 校長会見「4人中2人は前校長と親しい関係」

東 すま 小学校 いじめ 教師 柴田

Contents• 東須磨小学校で教師による教師のイジメ動画流出!なぜいじめが起こる? 神戸市教委は被害者や加害者の氏名までは公表しなかったが、たちまちネット上で実名が公表され、いじめの現場を撮影した動画までが拡散されてしまった。 いわゆる炎上であり、ネット社会の恐さでもある。 炎上したためか、マスコミでも多くとりあげられている。 しかし、センセーショナルな事件ゆえに、「東須磨小だけの問題」とか「東須磨小の一部教員だけの問題」で済まされる可能性もある。 ワッと騒いでスッと忘れるのも、ネット社会の特徴だからだ。 そうやって早く忘れ去られてしまうことを、実は神戸市教委は期待しているのかもしれない。 文部科学省(文科省)にしても、自分のところまで火の粉が飛んでこないうちに下火になることを願っていることだろう。 しかし、これは「東須磨小学校だけのこと」で済ましておける問題ではない。 ここまで悪質な例は珍しいかもしれないが、教員同士のいじめは、多くの学校に存在するのが現実だ。 いじめまでいかない「嫌がらせ」は横行している、と言ってもいい。 その最大の要因は、学校がストレス社会になっているからである。 ストレスの発散手段としていじめや嫌がらせが横行し、さらにストレスを助長させているのである。 出典:ヤフーニュース.

次の